teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


大日如来句会・ご案内

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 9月20日(水)20時20分9秒
  出題です。

【大】
【日】
【如】
【来】
【当季雑詠】(何句でも。無季可。他季不可)

投句締切:9月23日(土)24:00(JST)
投句宛先:掲示板http://6911.teacup.com/3434/bbs
     下の方の「管理者へメール」からお願いします。

★整理の都合上、俳句の行には俳句以外の題とか記号とか俳号とか本名とかを
 書かないで下さい。
 また、空白行や題の行を置かず出題順に左詰で列挙願います。
 メールアドレスだけだとどなたか分らないので、★タイトルに俳号とか本名とか
お書き添えください。

この句会は互選です。投句のみ、選句のみの参加はご遠慮下さい。

 よろしくどうぞ。
 
 

高安宇良句会

 投稿者:月犬  投稿日:2017年 9月20日(水)17時03分37秒
  今回も早めの選句ありがとうございました。
結果です。間違いありましたら、ご一報ください。

高層の窓白露の痛さかな      なむ
安全を選ぶか曼珠沙華今宵     なむ
馬鈴薯の宇宙ドレミの歌歌ふ    なむ
優良な秋茄子を喰ふ寝るところ   なむ  月
短パンのガンマンぼくの秋彼岸   なむ

秋うらら動物園の目の高さ     ぽぽな ゆ苑百
安全ピン外して流れ星ひとつ    ぽぽな 朝海由ゆ苑亜
てのひらにリンゴ宇宙に宇宙船   ぽぽな む月亜亞
草の絮とぶ日当たりの良い方へ   ぽぽな 朝海む苑亜百
捨てられて月の発泡スチロール   ぽぽな む洋亞

町内の高いところで鵙が鳴く    月犬  由ぽ
安心な男と無花果食ふてをり    月犬  海京ゆ亜洋亞
夜霧から羅宇屋の妻の声がする   月犬  む
読書家の不良少女や夜の鹿     月犬  朝由ゆむ苑亜洋亞
弓ひけば弦は泣くなり秋の雨    月犬  海むぽ百

高麗駅を異国とおもふ秋燕     洋子  朝ゆ亜百
花野ゆく安吾の上着吊られあり   洋子  海
蛇は穴に宇多田ヒカルひかるこども 洋子
鰡さげてひいじいさんは不良らし  洋子  朝由月ぽ苑亜亞百
十六夜のおしぼり乾いてゐたりけり 洋子

財産は超高齢の案山子のみ     海太  朝由
団栗を高々百個拾ひけり      海太  月洋亞
法的に安心石榴打ち落とす     海太  由
人間が安つぽい俺にも霧笛     海太  月洋亞
日課なら秋風鈴と宇治茶です    海太  京
本来なら宇高連絡船より鰡     海太  朝
相性のとても良い水鮎錆びて    海太  由
撲ちなさい良心は数珠玉の中    海太
協力は惜しまぬ特に鶏頭花     海太  苑
会陰とは花野で真珠買ふことか   海太

登高の人下りてきし日暮かな    朝比古 ゆ苑亞百
安全な水の音してねこじやらし   朝比古 京ゆぽ亜洋
宇宙からこぼれてきたり流れ星   朝比古 苑
鬼灯を吹きて良子と恵子かな    朝比古 海由ゆ亞
一刻は未完に見えて雁の列     朝比古

みづうみに渡す浮橋天高し     亜紀  京ぽ
忘却といふは安易や烏瓜      亜紀  月
深海の宇宙のごとし秋気澄む    亜紀  亞
良し悪しの分からぬままに曼殊沙華 亜紀
蓮の実の飛んで見つかる良き枕   亜紀
良き習慣悪しき習慣温め酒     亜紀
窓際の予約テーブル秋桜      亜紀  朝京ぽ苑
二度三度推敲重ね夕かなかな    亜紀  朝

よーいドン一位と二位が高橋くん  苑を  海む洋
平安の薄墨色のすヽきの弧     苑を  京ゆぽ
満月の宇宙船より降りて来し    苑を
掛軸は良寛和尚秋澄めり      苑を  百
幸福なおほきな梨を賜りぬ     苑を  由月ぽ亜洋百

背の高い女にまずは木の実降る   亞子  海ゆ
安物のサンダルで来て松手入    亞子  朝海由京ゆむ月亜洋百
毬栗やページめくれば宇宙船    亞子  ぽ洋
厚切の奈良漬二百十日なり     亞子  海ゆむぽ苑
秋高しシャイな男の安全靴     亞子  由

天高く割目にエモきウォシュレット 京急
職安の後よろめきを見て秋の昼   京急  洋
押入れの字多田ヒカルへ鹿威し   京急  月
良きカルピスを舌に乗せ虫聞きぬ  京急  海苑百
満月にミサイル通過いい湯だね   京急  月

秋声の高音域を聴き取りぬ     由季  む亜
色鳥や四方に窓の保安室      由季  ゆ
花芒周りつづける宇宙ゴミ     由季  京ぽ百
すかすかのバスで良夜を出発す   由季  朝京むぽ苑亜洋亞
ひと筆に描く鴎の爽やかに     由季  京

忘れてもいいと紫苑の高さかな   百花  海亜
安請け合ひしてをりけふは望の月  百花  京月
宇宙項外せし秋思今もあり     百花
昔も今も良い子の夫の敬老日    百花  京
我が業を玉ところがす蓮の葉    百花  海由む

高圧線見えれば秋や高円寺     ゆかり 由京月亞
秋晴に安さ爆発してゐたる     ゆかり 朝む苑亞
秋晴れの上空にある宇宙かな    ゆかり 朝ぽ百
良縁の四角きものや秋深し     ゆかり
どの雨も果つ晩秋の石畳      ゆかり 月洋百
 

選句しました。

 投稿者:百花  投稿日:2017年 9月20日(水)16時34分35秒
  〇高麗駅を異国とおもふ秋燕
駅前の二本のトーテムポールを見た途端、異国です。

〇秋うらら動物園の目の高さ
目って髙かったり低かったり。お目の高い方から見下ろされたり。

〇登高の人下りてきし日暮かな
真っ暗にならないうちに下山、良いマナーです。

〇安物のサンダルで来て松手入
車から降りたら脱ぐ草履式のサンダル。

〇花芒周りつづける宇宙ゴミ
増えるばかりの宇宙ゴミ。花芒が同じお前もと。

〇秋晴れの上空にある宇宙かな
秋晴れ(^^♪

〇掛軸は良寛和尚秋澄めり
夢ならばさめても見まし萩の花今日のひと日は散らずやあらなむ

〇草の絮とぶ日当たりの良い方へ
生存を賭けて。

〇良きカルピスを舌に乗せ虫聞きぬ
残暑の舌に。

〇鰡さげてひいじいさんは不良らし
写真だけで判断していません?

〇どの雨も果つ晩秋の石畳
静かな景です。

〇弓ひけば弦は泣くなり秋の雨
女を泣かせてはいけませんが。

〇幸福なおほきな梨を賜りぬ
伊万里の新高♪
 

選句です。

 投稿者:亞子  投稿日:2017年 9月20日(水)14時38分28秒
  ◯高圧線見えれば秋や高円寺
澄んだ秋空に高圧線がそびえる高円寺。

◯団栗を高々百個拾ひけり
冬眠前のリスは平均一万個を隠すらしい。

◯登高の人下りてきし日暮かな
のぼっておりて日も沈む。

◯安心な男と無花果食ふてをり
「安心な男」って……。

◯秋晴に安さ爆発してゐたる
そうだ、安さは爆発するもんだった。

◯人間が安つぽい俺にも霧笛
霧笛への着地が何とも。

◯てのひらにリンゴ宇宙に宇宙船
教科書っぽいけれど。

◯深海の宇宙のごとし秋気澄む
宇宙は偏在せりと。

◯すかすかのバスで良夜を出発す
長距離バスの実感あります。

◯鬼灯を吹きて良子と恵子かな
そろそろ子付きの名前が復活しないか。

◯読書家の不良少女や夜の鹿
季語いいですね。

◯鰡さげてひいじいさんは不良らし
不良の年寄りが一番カッコイイということ。

◯捨てられて月の発泡スチロール
おぉ、月光の力で発光スチロール?
 

選句しました。

 投稿者:洋子  投稿日:2017年 9月19日(火)19時20分8秒
  ◯よーいドン一位と二位が高橋くん

走ってる。

◯団栗を高々百個拾ひけり

まだまだ落ちてる。

◯安心な男と無花果食ふてをり

無花果にこのハゲー!とか言われてそう。

◯安全な水の音してねこじやらし

やばい水のことを思う。

◯安物のサンダルで来て松手入

元ヤン親方。

◯職安の後よろめきを見て秋の昼

よろめきなんて見ちゃって。

◯人間が安つぽい俺にも霧笛

霧笛が俺を呼んでいる。

◯毬栗やページめくれば宇宙船

雲のかたちが変化した。

◯すかすかのバスで良夜を出発す

「道をばら色で塗る」ゴッホ。

◯読書家の不良少女や夜の鹿

夜の鹿でねじふせ感あります。

◯どの雨も果つ晩秋の石畳

雨のいろいろ。

◯幸福なおほきな梨を賜りぬ

なつめろのように梨。

◯捨てられて月の発泡スチロール

すかすかの月に反応。
 

選句です。

 投稿者:亜紀  投稿日:2017年 9月19日(火)17時20分37秒
  ○高麗駅を異国とおもふ秋燕
巾着田のエキゾチックな景。

○秋声の高音域を聴き取りぬ
絶対音階の持ち主。

○忘れてもいいと紫苑の高さかな
丁度良い紫苑の高さ。

○安心な男と無花果食ふてをり
気を使わないのが良いですね。

○安全な水の音してねこじやらし
安心安全が一番とねこじゃらしも言うてをる。

○安全ピン外して流れ星ひとつ
詩情とは柔軟な発想のこと。

○安物のサンダルで来て松手入
安物のサンダルに反比例する腕前。

○てのひらにリンゴ宇宙に宇宙船
不揃いのりんご放れば。

○すかすかのバスで良夜を出発す
地方始発のバスは一路都会へと。

○草の絮とぶ日当たりの良い方へ
やっぱり日当りの良い方へ飛びたくなる。

○読書家の不良少女や夜の鹿
読書家の不良少女がナイス。

○鰡さげてひいじいさんは不良らし
大らかな自由さ。

○幸福なおほきな梨を賜りぬ
大きと瑞々しさが格別。
 

選句です。

 投稿者:苑を  投稿日:2017年 9月19日(火)10時30分30秒
  ○秋うらら動物園の目の高さ
目線はいつも動物たちのいるところ。

○登高の人下りてきし日暮かな
見ている作者に日暮感横溢。

○安全ピン外して流れ星ひとつ
ピンを外す危うさと流星はよく似合う。

○秋晴に安さ爆発してゐたる
秋晴もさくらやの時代も遠くなった気がする。

○宇宙からこぼれてきたり流れ星
映画の冒頭シーン。私は「Ted」を思い出したけど。

○すかすかのバスで良夜を出発す
長距離バスのようですがどこへ行くのか不気味でもあり。

○厚切の奈良漬二百十日なり
奈良漬の色も二百十日っぽいです。

○草の絮とぶ日当たりの良い方へ
明るく暖かい方へ。ふわふわの幸福感。

○読書家の不良少女や夜の鹿
夜の鹿の怪しさ。いいですね。

良きカルピスを舌に乗せ虫聞きぬ
○良きカルピスって可笑しい。いい夜なんでしょう。

○鰡さげてひいじいさんは不良らし
好きなことをしつづける人生。あやかりたい。

○協力は惜しまぬ特に鶏頭花
鶏頭には勝てそうにありませからね。

○窓際の予約テーブル秋桜
コスモスの見える席を予約したのはどんな人なんでしょう。
 

選句です

 投稿者:ぽぽな  投稿日:2017年 9月18日(月)21時30分32秒
  ○みづうみに渡す浮橋天高し
天橋立一度見て見たいです。

○町内の高いところで鵙が鳴く
町内が面白かったです。

○安全な水の音してねこじやらし
安全な水、いろいろ思うことありますね。

○平安の薄墨色のすヽきの弧
平安の薄墨色って素敵です。

○花芒周りつづける宇宙ゴミ
どのくらいあるんでしょうね。星みたいに光るのかな。

○秋晴れの上空にある宇宙かな
見える見える!

○毬栗やページめくれば宇宙船
図鑑は楽しいです。

○すかすかのバスで良夜を出発す
貸切!

○厚切の奈良漬二百十日なり
ああ、いい。

○鰡さげてひいじいさんは不良らし
我が家系にも。

○弓ひけば弦は泣くなり秋の雨
チゴイネルワイゼンかな。

○幸福なおほきな梨を賜りぬ
梨にも幸福感ありますね。

○窓際の予約テーブル秋桜
海の見える席。特別な日ね。

https://ja-jp.facebook.com/PoponaTsukino/

 

おや、

 投稿者:月犬  投稿日:2017年 9月18日(月)15時42分7秒
  宇多田ヒカルではなく、
字多田ヒカルであったか。
こういう仕掛けがあるわけですね:笑
 

選句です

 投稿者:月犬  投稿日:2017年 9月18日(月)11時03分28秒
  台風、みなさんご無事でしょうか。


◯高圧線見えれば秋や高円寺
 中央線の高円寺から先あたりってこんな感じ。うまい!

◯団栗を高々百個拾ひけり
 百個拾ってもまだまだ落ちている。

◯安請け合ひしてをりけふは望の月
 月の魔力で安請け合い:笑 月のせいにしちゃダメよ。

◯安物のサンダルで来て松手入
 親方さん。いい感じ。

◯人間が安つぽい俺にも霧笛
 霧笛でさらに安っぽくなる:笑

◯忘却といふは安易や烏瓜
 はい、烏瓜は忘れっぽいのです。というか、すぐ忘れたふりをする。

◯てのひらにリンゴ宇宙に宇宙船
 ブラッドベリ思い出す。太陽の金の林檎。

◯押入れの字多田ヒカルへ鹿威し
 押入れの宇多田ヒカルが秀逸。

◯優良な秋茄子を喰ふ寝るところ
 優良な秋茄子という無理矢理感がなんともいい味。で、寝るところときましたか:笑

◯鰡さげてひいじいさんは不良らし
 たんに釣り好きなだけの良きじじいかと。

◯どの雨も果つ晩秋の石畳
 果つ、と言い切ったところがいいです。で、晩秋の石畳への展開が見事。

◯幸福なおほきな梨を賜りぬ
 幸福な梨が素晴らしい。

◯満月にミサイル通過いい湯だね
 エラい人たち大騒ぎしてあれこれごまかしていますね。のんびり温泉行きたい。
 

選句です。

 投稿者:なむ。  投稿日:2017年 9月18日(月)07時12分6秒
  ◎よーいドン一位と二位が高橋くん
なんだか二人の走りが見える。

◎秋声の高音域を聴き取りぬ
いい耳持ってるなあ。

◎安物のサンダルで来て松手入
地下足袋に履きかえたところ。

◎秋晴に安さ爆発してゐたる
カメラの♪

◎てのひらにリンゴ宇宙に宇宙船
またひとり物理学者の誕生。

◎夜霧から羅宇屋の妻の声がする
煙管のぶつかり合う音も。

◎すかすかのバスで良夜を出発す
車内の隅々まで月光。

◎厚切の奈良漬二百十日なり
厚切じゃ美味しさが出ない。二百十日は効いています。

◎草の絮とぶ日当たりの良い方へ
幸せだなあ。

◎読書家の不良少女や夜の鹿
こういう嘘が好きです。

◎我が業を玉ところがす蓮の葉
仏典にありそう。

◎弓ひけば弦は泣くなり秋の雨
ヴィオロン。

◎捨てられて月の発泡スチロール
うむ、なるほど白い。
 

選句です

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 9月18日(月)02時21分6秒
  ○高麗駅を異国とおもふ秋燕
 確かに渡来人の集落があったことを思わせる駅名ですね。渡り鳥である「秋燕」を配したのは付き過ぎのような気も。

○秋うらら動物園の目の高さ
 動物の目の高さではなく、動物園の目の高さであるところが面白いです。

○登高の人下りてきし日暮かな
 そりゃあ下りてくる訳ですが、季語を逆ベクトルで用いたところがいいですね。

○背の高い女にまずは木の実降る
 背の高い女は木の実が降ってきたり蜘蛛の巣に顔を突っ込んだりろくなことがないのです。

○安心な男と無花果食ふてをり
 安全パイとかアッシーとか、まあドラマにほど遠い訳ですが、気がつくとかけがいのない人だったりもします。

○安全な水の音してねこじやらし
 「安全な水の音」って、なんだかいいですね。

○安全ピン外して流れ星ひとつ
 安全ピンを外したささやかな尖端と、わざわざひとつという流れ星との響き合い方がいいですね。

○安物のサンダルで来て松手入
 松の木用の地下足袋では道路を歩かないぜ、というこだわりでしょうか。

○色鳥や四方に窓の保安室
 なんの仕事の保安室なのか分からないが、目的上四方が窓で、通常は特に危険なことも起きないので、業務外の自然観察もし放題なのでしょう。

○平安の薄墨色のすヽきの弧
 薄墨色なので、実物の薄ではなく掛け軸とか屏風とかに描かれた、その筆致のことをいっているのでしょう。

○鬼灯を吹きて良子と恵子かな
 良子も恵子も昭和の一時期を感じさせる名前となってしまいましたね。今どきの人は鬼灯を吹いたりするのでしょうか。

○厚切の奈良漬二百十日なり
 なんだかすごいなあ。厚切の奈良漬で二百十日を感じさせるとは。ソース瓶で野分を感じさせるのと同じくらいすごいです。

○読書家の不良少女や夜の鹿
 「夜の鹿」がいやみなくらい巧いですね。


 

選句

 投稿者:京急  投稿日:2017年 9月17日(日)23時34分51秒
  ☆みづうみに渡す浮橋天高し
みづうみがひらがななんで何か水エロい

☆高圧線見えれば秋や高円寺
高圧線×高円寺=エロい

☆安心な男と無花果を食ふてをり
無花果を食う作者の口元がエロい

☆安全な水の音してねこじやらし
ねこじやらし自体がエロいので、水音すれば倍加。

☆平安の薄墨色のすすきの弧
薄墨が非常にエロいし、すすきの弧のカーブもまた。

☆安請け合いしてをりけふは望の月
安請け合いがエロい。しかも望の月である。

☆安物のサンダルで来て松手入
安物サンダルは臭いフェチの好物でエロい。

☆花芒周りつづける宇宙ゴミ
宇宙の恥垢としてエロい。

☆日課なら秋風鈴と宇治茶です
宇治茶の立てる湯気がエロい。

☆すかすかのバスで良夜を出発す
すかすかのバスがエロい。何が始まるかわからない。

☆昔も今も良い子の夫の敬老日
良い子の夫がエロい。不倫ドラマが始まるようだ。

☆ひと筆に描く鷗の爽やかに
ひと筆の思い切りの良さがエロい。

☆窓際の予約テーブル秋桜
予約テーブルがエロい。窓際で見せびらかしたいものがあるはずだ。


 

選句です

 投稿者:由季  投稿日:2017年 9月17日(日)22時18分33秒
  ○高圧線見えれば秋や高円寺
高いという字が二回出てくるためか、秋高し感があります。

○財産は超高齢の案山子のみ
財産というよりは相棒ですね。

○町内の高いところで鵙が鳴く
町内だから、高いといってもそれほどでも。

○安全ピン外して流れ星ひとつ
解放されたんでしょうか。

○安物のサンダルで来て松手入
腕はきっと確か。

○法的に安心石榴打ち落とす
法的に安心でもバッシングされます。

○鬼灯を吹きて良子と恵子かな
私の世代ではありふれていた名前。姉妹かな。

○相性のとても良い水鮎錆びて
鮎と、相性がいい?ちょっと謎ですが気になる。

○読書家の不良少女や夜の鹿
なかなか魅力的な人物です。

○鰡さげてひいじいさんは不良らし
これもなかなか魅力的な老人です。

○我が業を玉ところがす蓮の葉
ころがしてしまいたいという願望?

○幸福なおほきな梨を賜りぬ
賜りたいです。黄色い色が幸福っぽい。

○秋高しシャイな男の安全靴
安全靴がいかにも。
 

選句

 投稿者:海太  投稿日:2017年 9月17日(日)10時47分45秒
  ◯よーいドン一位と二位が高橋くん
高橋一二(元巨人投手の誤植)

◯背の高い女にまずは木の実降る
背高降実(目立っていると狙われる)

◯忘れてもいいと紫苑の高さかな
不忘紫苑(良い思いをした事はいつまでも残る)

◯安心な男と無花果食ふてをり
安心浣腸(する事をすれば安心出来る)

◯安全ピン外して流れ星ひとつ
紐外逃犬(為された事に対する結果)

◯安物のサンダルで来て松手入
弘法刷毛(達人は物に拘らない)

◯花野ゆく安吾の上着吊られあり
不連続野(瓢箪から駒項参照)

◯鬼灯を吹きて良子と恵子かな
坂口戸田(プレタポルテ)

◯厚切の奈良漬二百十日なり
二度漬禁(清潔主義)

◯草の絮とぶ日当たりの良い方へ
風見草絮(風見鶏項参照)

◯良きカルピスを舌に乗せ虫聞きぬ
尺八三昧(目的外使用)

◯我が業を玉ところがす蓮の葉
蓮舫玉転(盛者必衰項参照)

◯弓ひけば弦は泣くなり秋の雨
哲也号泣(喜び事に感極まること)
 

選句

 投稿者:朝比古  投稿日:2017年 9月17日(日)06時46分5秒
  ☆高麗駅を異国とおもふ秋燕
 巾着田、彼岸花を見に行く駅というイメージ。異国っぽかったかな。

☆財産は超高齢の案山子のみ
 長期間毎年田んぼに立ち続けている。金のネックレスをしていたりして。

☆安全ピン外して流れ星ひとつ
 安全ピンで止まってたのね。なんとなく納得。

☆安物のサンダルで来て松手入
 この職人さん、次回は依頼したくないな。いや、現場で地下足袋に履き替えたりするのかしらん。

☆秋晴に安さ爆発してゐたる
 新宿東口、安さ爆発カメラのさくらや。懐かしい。

☆秋晴れの上空にある宇宙かな
 あの蒼穹の上に漆黒の宇宙。科学的事実を述べているだけだけど、秋晴れで良かった。

☆本来なら宇高連絡船より鰡
 宇高連絡船、こりゃまた懐かしい。船中のうどん、あまり美味しくなかったような記憶。

☆すかすかのバスで良夜を出発す
 月夜をリムジンに乗った気分で。

☆草の絮とぶ日当たりの良い方へ
 平和な景色。なんとなく癒し効果あり。

☆読書家の不良少女や夜の鹿
 この少女、やけに魅力的。

☆鰡さげてひいじいさんは不良らし
 堤防を肩で風切って歩いてゆく。

☆窓際の予約テーブル秋桜
 風がさわやか。

☆二度三度推敲重ね夕かなかな
 推敲は大事。でもやりすぎると焦点がぼけてくることも。


 

高安宇良句会・投句一覧

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 9月17日(日)05時08分5秒
  投句一覧です。

【高】
みづうみに渡す浮橋天高し
よーいドン一位と二位が高橋くん
高圧線見えれば秋や高円寺
高層の窓白露の痛さかな
高麗駅を異国とおもふ秋燕
財産は超高齢の案山子のみ
秋うらら動物園の目の高さ
秋声の高音域を聴き取りぬ
団栗を高々百個拾ひけり
町内の高いところで鵙が鳴く
天高く割目にエモきウォシュレット
登高の人下りてきし日暮かな
背の高い女にまずは木の実降る
忘れてもいいと紫苑の高さかな

【安】
安心な男と無花果食ふてをり
安請け合ひしてをりけふは望の月
安全な水の音してねこじやらし
安全ピン外して流れ星ひとつ
安全を選ぶか曼珠沙華今宵
安物のサンダルで来て松手入
花野ゆく安吾の上着吊られあり
秋晴に安さ爆発してゐたる
職安の後よろめきを見て秋の昼
色鳥や四方に窓の保安室
人間が安つぽい俺にも霧笛
平安の薄墨色のすヽきの弧
法的に安心石榴打ち落とす
忘却といふは安易や烏瓜

【宇】
てのひらにリンゴ宇宙に宇宙船
宇宙からこぼれてきたり流れ星
宇宙項外せし秋思今もあり
押入れの字多田ヒカルへ鹿威し
花芒周りつづける宇宙ゴミ
蛇は穴に宇多田ヒカルひかるこども
秋晴れの上空にある宇宙かな
深海の宇宙のごとし秋気澄む
日課なら秋風鈴と宇治茶です
馬鈴薯の宇宙ドレミの歌歌ふ
本来なら宇高連絡船より鰡
満月の宇宙船より降りて来し
夜霧から羅宇屋の妻の声がする
毬栗やページめくれば宇宙船

【良】
すかすかのバスで良夜を出発す
掛軸は良寛和尚秋澄めり
鬼灯を吹きて良子と恵子かな
厚切の奈良漬二百十日なり
昔も今も良い子の夫の敬老日
相性のとても良い水鮎錆びて
草の絮とぶ日当たりの良い方へ
読書家の不良少女や夜の鹿
撲ちなさい良心は数珠玉の中
優良な秋茄子を喰ふ寝るところ
良きカルピスを舌に乗せ虫聞きぬ
良き習慣悪しき習慣温め酒
良し悪しの分からぬままに曼殊沙華
良縁の四角きものや秋深し
蓮の実の飛んで見つかる良き枕
鰡さげてひいじいさんは不良らし

【当季雑詠】
どの雨も果つ晩秋の石畳
ひと筆に描く鴎の爽やかに
一刻は未完に見えて雁の列
我が業を玉ところがす蓮の葉
会陰とは花野で真珠買ふことか
弓ひけば弦は泣くなり秋の雨
協力は惜しまぬ特に鶏頭花
幸福なおほきな梨を賜りぬ
捨てられて月の発泡スチロール
秋高しシャイな男の安全靴
十六夜のおしぼり乾いてゐたりけり
窓際の予約テーブル秋桜
短パンのガンマンぼくの秋彼岸
二度三度推敲重ね夕かなかな
満月にミサイル通過いい湯だね

(以上)

13句選(特選、逆選なし)
選句締切:9月20日(水)23時(JST)

投稿先:みしみし第二
http://6911.teacup.com/3434/bbs
(返信とかスレッドとか難しいことを考えないで、そのまま書き込んで下さい。)

題に関わらず全体から選句数分選句にてお願い致します。
★整理の都合上、句の順番はそのままにして下さい。
(人力で集計しているので、順番を変えられると大変なんです!)

ではよろしくお願い致します。
 

高安宇良句会・ご案内

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 9月13日(水)23時12分42秒
  出題です。来場所は元気に活躍してほしいですね。

【高】
【安】
【宇】
【良】
【当季雑詠】(何句でも。無季可。他季不可)

投句締切:9月16日(土)24:00(JST)
投句宛先:掲示板http://6911.teacup.com/3434/bbs
     下の方の「管理者へメール」からお願いします。

★整理の都合上、俳句の行には俳句以外の題とか記号とか俳号とか本名とかを
 書かないで下さい。
 また、空白行や題の行を置かず出題順に左詰で列挙願います。
 メールアドレスだけだとどなたか分らないので、★タイトルに俳号とか本名とか
お書き添えください。

この句会は互選です。投句のみ、選句のみの参加はご遠慮下さい。

 よろしくどうぞ。
 

ゆかり 様

 投稿者:京急  投稿日:2017年 9月13日(水)21時42分18秒
  こちらこそよろしくお願いします。
皆さんエロくて、素晴らしいですね。
 

京急さん

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 9月13日(水)21時38分6秒
  こんな感じがワンサイクルです。ついてきて下さい。
あらためてよろしくお願いします。
 

柱状節理句会

 投稿者:月犬  投稿日:2017年 9月13日(水)20時40分12秒
  結果発表です。間違いありましたらご一報ください。

柱も梁もいま月光の大伽藍      なむ  亞
病状をぽつりと葡萄棚の下      なむ  朝苑月洋あ由
天高く泣きつつ植木等節       なむ
夕陽静かなり木守柿の倫理      なむ  百
犬の目に犬の目薬今朝の秋      なむ  苑ゆ百京海洋由亞

花野来て柱のごとき男かな      月犬  海
病状をたづねる電話夕紅葉      月犬  苑む
変節の男の握る鬼胡桃        月犬  ゆ亞
秋茄子をもいで理詰めの女かな    月犬  百京海由亜
銀漢の尾が触れさらに暗き森     月犬  け

虫の足柱頭の先敏感に        京急
新藁にゼラチン状が付着せり     京急  月海
夜長にはジャズと節足動物と     京急  あけ
理を尽しEDの秋乗り越えよ     京急  む海
ちょんの間のティッシュが軽舞秋の暮 京急  海

おしろいの花電柱にまとはりぬ    朝比古 洋亜
村芝居文字よれよれの果し状     朝比古 むゆ百海亞け
灯火親しむ寅造の節回し       朝比古 む
理科室に揮発してゆく朝の霧     朝比古 亜
水の秋バンドエイドの端剥がれ    朝比古 京海あ由け

花野へと倒れてみたい柱かな     亞子  朝苑月ゆ百洋由亜
賞状の巻癖強し牽牛花        亞子  苑むゆ洋
スーダラ節のハミング台風逸れ    亞子
秋高し理容室にはネジリン棒     亞子  む海
秋の空暮れ帯状の雲残る       亞子  ゆ

東区を行けば芒と電柱と       海太  亞
尋めゆきて柱のやうな毒茸      海太  京
坊主から尼へ花野で離縁状      海太  京
玄人に落鮎の状況を聞く       海太
武蔵国で聴く五輪節鉦叩       海太
洞穴よりぎすのひと節近づき来    海太
高邁な理屈をこねて放屁虫      海太
千年の古都理知的な鵙の声      海太
穂を上げよ秋の田に帆船のごと    海太
峡谷を渡れ爺婆鵙日和        海太  月由

鶏頭のまとわりついて柱時計     洋子
ゑのころ草甲状腺が腫れてゐる    洋子  京海由
露草へ人工関節来て座る       洋子  苑むあ由
大理石のトルソ鶏頭の微熱      洋子  苑月む京あけ
ワレモコウの揺れて時間はたつぷり  洋子  苑

円柱に皹美しき九月かな       苑を
秋暑し環状線に終着駅        苑を  月ゆ
かわいやの火恋し頃の貝殻節     苑を  京海
星飛んで数理情報科学の子      苑を
新築の家ばかりなり萩の雨      苑を  朝むゆあ

いなびかり柱の多き美術館      あんこ 苑むゆ洋け
簡潔な挨拶状やかりんの実      あんこ 洋亞亜け
秋夕焼厨にかをる鰹節        あんこ 朝苑む亞け
燈火親し神楽坂から理科大へ     あんこ む
虫すだくたつぷりと本広げをり    あんこ 朝苑百亞亜

円柱でつくられてゐし案山子かな   けんじ ゆ
賞状のわづかな折り目稲の花     けんじ あ亜
関節の動く人形星月夜        けんじ 朝百京海由亞亜
不義理なる男の啜るとろろ汁     けんじ 洋あ
残さるる葡萄の皮の多面体      けんじ 朝ゆ海あ亞

円柱に抱きついてみる秋の暮     亜紀  朝月ゆ百京け
状差しの転居葉書やつづれさせ    亜紀  由け
独唱の良き節回し月を待つ      亜紀  苑け
理想とか現実だとか馬肥ゆる     亜紀  百
ハワイアン音楽流し秋彼岸      亜紀  あ
目頭をやさしく圧して虫の夜     亜紀  朝ゆ百京洋あ由亞
白き壁見るとはなしに見て秋思    亜紀  苑月む百洋
鰯雲街のどんどん四角張る      亜紀  百あ由け

電柱の上につぎつぎ月が乗る     百花  朝亞
原状に復すあめつち烏瓜       百花  月あ由
教会は遠くにあれど万聖節      百花
ツイッターの料理かんたん松茸も   百花
無事に産み生まれ厄日の母と子よ   百花  京

柱から女あらはれ無月かな      由季  月百京海洋あ亜
月を待つ原状復帰されし部屋     由季  朝け
ロボットに関節多し秋の風      由季  朝亜
理容師の鋏一式冷やかに       由季  朝苑月ゆ洋亞亜
虫の夜の木目あらはに床柱      由季  朝月京あ亜け

魂柱を揺らしてゐたる秋思かな    ゆかり 亞
状態の遷移してゐる夜長かな     ゆかり
節穴でつながつてゐる夜半の秋    ゆかり 月百洋亜
理に落ちて理が立つてゐる秋の水   ゆかり
秋の蚊とウエストポーチの男来る   ゆかり 月む洋由亜
 

選句しました

 投稿者:けんじ  投稿日:2017年 9月13日(水)20時12分55秒
  ○いなびかり柱の多き美術館
展示出来る場所が増えて便利。

○円柱に抱きついてみる秋の暮
蝉になった気分。

○簡潔な挨拶状やかりんの実
長文がいいとは限りません。

○月を待つ原状復帰されし部屋
明日は引っ越し。この部屋での歳月がよみがえります。

○状差しの転居葉書やつづれさせ
というわけで引っ越しました。

○村芝居文字よれよれの果し状
気合入れすぎです。

○秋夕焼厨にかをる鰹節
お好み焼きかな。

○独唱の良き節回し月を待つ
独唱なのでやりたい放題。

○夜長にはジャズと節足動物と
地下のライブは椅子とか。後で捕まえます。

○大理石のトルソ鶏頭の微熱
寒暖のメリハリがいいです。

○鰯雲街のどんどん四角張る
これぞ柱状節理か。

○銀漢の尾が触れさらに暗き森
暗闇にどんどん目が慣れて異界に入っていきます。

○水の秋バンドエイドの端剥がれ
百均だとこんな感じ。

○虫の夜の木目あらはに床柱
ここが新居です。

 

選句します。

 投稿者:亜紀  投稿日:2017年 9月13日(水)17時30分48秒
  ○おしろいの花電柱にまとはりぬ
頼れるものがそこに。

○花野へと倒れてみたい柱かな
頼られてばかりだったのでたまには。w

○柱から女あらはれ無月かな
無月で一気に女性が際立った。

○簡潔な挨拶状やかりんの実
かりんの実の朴訥さがいいですね。

○賞状のわづかな折り目稲の花
庶民的な慎ましさ。

○ロボットに関節多し秋の風
それでも人間には敵わない。

○関節の動く人形星月夜
人形たちが動き出す時間。

○節穴でつながつてゐる夜半の秋
昔々の長屋のような。

○秋茄子をもいで理詰めの女かな
出来る女性のぶりっとした茄子の紺色。

○理科室に揮発してゆく朝の霧
そして理科室にこもる独特の匂い。

○理容師の鋏一式冷やかに
主のこだわりの道具一式。

○秋の蚊とウエストポーチの男来る
一癖ありそうな、事件の起きそうな。

○虫すだくたつぷりと本広げをり
秋の夜長の贅沢なひととき。

○虫の夜の木目あらはに床柱
日本家屋と虫の夜の癒しの相乗効果。
 

選句です。

 投稿者:亞子  投稿日:2017年 9月13日(水)10時08分58秒
  ◯魂柱を揺らしてゐたる秋思かな
魂柱とはバイオリンの内部のあの棒のことなんですね。勉強になりました。

◯柱も梁もいま月光の大伽藍
あえて大袈裟な感じがいい。

◯電柱の上につぎつぎ月が乗る
つぎつぎは変。ケンジ+タルホ?

◯東区を行けば芒と電柱と
東区の限定がおもしろい。

◯簡潔な挨拶状やかりんの実
簡潔なのががいちばん。

◯村芝居文字よれよれの果し状
むふふ、いかにも。

◯関節の動く人形星月夜
ベルメールか四谷シモンか?

◯秋夕焼厨にかをる鰹節
味覚の秋、まずは出汁。

◯変節の男の握る鬼胡桃
渋いですー。

◯理容師の鋏一式冷やかに
秋らしい。

◯犬の目に犬の目薬今朝の秋
上目使いの目が見えます。

◯残さるる葡萄の皮の多面体
多面体はなかなか言えない。

◯虫すだくたつぷりと本広げをり
夜長のいい感じ。

◯目頭をやさしく圧して虫の夜
目を閉じれば虫の音、ですね。
 

選句です

 投稿者:由季  投稿日:2017年 9月12日(火)22時33分40秒
  ○花野へと倒れてみたい柱かな
私も柱だったら花野へ倒れたいです。

○ゑのころ草甲状腺が腫れてゐる
ホルモンは大事ですね。

○原状に復すあめつち烏瓜
野分後か、人類滅亡後か。

○状差しの転居葉書やつづれさせ
いかにも状差しにそのままになっていそう。

○病状をぽつりと葡萄棚の下
葡萄棚の下って、何か話をするには適していそう。

○関節の動く人形星月夜
何故か少し痛そうです。

○露草へ人工関節来て座る
露草も、くきくきと折れ曲がり関節のよう。

○秋茄子をもいで理詰めの女かな
理詰めはあまり好かれないので損ですね。

○鰯雲街のどんどん四角張る
どんどん新しいビルが立つのでしょうか。

○峡谷を渡れ爺婆鵙日和
渡れと言われなくても山は高齢者で溢れています。

○犬の目に犬の目薬今朝の秋
PHが人間と違うらしいですよ。

○秋の蚊とウエストポーチの男来る
ウエストポーチがよっぽど目立っていたのか、そこに着目が可笑しい。

○水の秋バンドエイドの端剥がれ
よくわかります。まだ治りきっていないのに・・・。

○目頭をやさしく圧して虫の夜
ツボがありますね。虫の音にも癒されそう。
 

選句しました。

 投稿者:あんこ  投稿日:2017年 9月12日(火)21時06分6秒
  ○柱から女あらはれ無月かな
この世ならぬ美しさ。

○原状に復すあめつち烏瓜
烏瓜に無常さを感じます。

○賞状のわづかな折り目稲の花
もともとは丸まったり撓んでたのを伸ばしたのでしょうか。
その名残がある賞状と季語の関係がいい感じ。

○病状をぽつりと葡萄棚の下
もぎながら打ち明けて。短い表現に重みを感じます。

○夜長にはジャズと節足動物と
節足動物への飛び方がいい。

○露草へ人工関節来て座る
不思議な取り合わせ。

○大理石のトルソ鶏頭の微熱
冷たさと熱の対比。

○不義理なる男の啜るとろろ汁
でも、別れられないのかな。

○ハワイアン音楽流し秋彼岸
なんともしみじみ。

○鰯雲街のどんどん四角張る
高層ビルが増えていく感じがよく見える。鰯雲もよい。

○残さるる葡萄の皮の多面体
面白いところを見ている。

○新築の家ばかりなり萩の雨
静かな雨と家の風景。

○水の秋バンドエイドの端剥がれ
すぐに剥がれるんですよね。きれいな水の流れが見える。

○虫の夜の木目あらはに床柱
音が視覚を鮮明にする感じがリアルです。

○目頭をやさしく圧して虫の夜
滲む目薬を体感できます。
 

選句しました。

 投稿者:洋子  投稿日:2017年 9月12日(火)16時28分9秒
  ◯いなびかり柱の多き美術館

ルネ・マグリットの美術館かな。

◯おしろいの花電柱にまとはりぬ

花をつぶすといい匂いがするらしい。

◯花野へと倒れてみたい柱かな

そりゃそうかも。

◯柱から女あらはれ無月かな

岸恵子みたいなひとがあらわれそう。

◯簡潔な挨拶状やかりんの実

ミニマルなくらし。

◯賞状の巻癖強し牽牛花

賞状はさておきカレンダーはこまります。

◯病状をぽつりと葡萄棚の下

葡萄棚のしたってとても甘いにおいします。が。

◯節穴でつながつてゐる夜半の秋

節穴から出入りする虫たちの世界。

◯不義理なる男の啜るとろろ汁

とろろ汁がなかなか大人。

◯理容師の鋏一式冷やかに

ひんやりとしたものを時には包みたくなる。

◯犬の目に犬の目薬今朝の秋

犬用の目薬ってあるんですね。

◯秋の蚊とウエストポーチの男来る

アンガールズの田中と山根のふたり。

◯白き壁見るとはなしに見て秋思

なにかぼんやりゆるんでます。

◯目頭をやさしく圧して虫の夜

やれやれもう寝よう。
 

ゆかり 様

 投稿者:京急  投稿日:2017年 9月12日(火)11時07分43秒
  こちらこそ よろしくお願いします。  

京急さん

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 9月11日(月)09時11分56秒
編集済
  京急さん、ご参加ありがとうございます。
選評、「エロい」に重きを置いていらっしゃることは分かりましたが、もう少し句それぞれになんか書いて下さいませ。

追記

 加筆ありがとうございました。
 俳句と同じくらいの長さで何か書くって、逆にハードル高くないですか。今後ともよろしくお願いします。
 

選句

 投稿者:海太  投稿日:2017年 9月11日(月)04時59分2秒
  ◯花野来て柱のごとき男かな
柱小五郎。

◯柱から女あらはれ無月かな
柱由美。

◯ゑのころ草甲状腺が腫れてゐる
宍戸状。

◯新藁にゼラチン状が付着せり
新島状。

◯村芝居文字よれよれの果し状
安部状二。

◯かわいやの火恋し頃の貝殻節
火火火林。

◯関節の動く人形星月夜
ヨネヤマ継子。

◯秋茄子をもいで理詰めの女かな
山尾志茄里。

◯秋高し理容室にはネジリン棒
ねじめ理容一。

◯理を尽しEDの秋乗り越えよ
海太。

◯ちょんの間のティッシュが軽舞秋の暮
ティッシュ釜萢とちょんの間。

◯犬の目に犬の目薬今朝の秋
犬目弘。

◯残さるる葡萄の皮の多面体
葡萄静香。

◯水の秋バンドエイドの端剥がれ
バンドエイ二。
 

お初選句

 投稿者:京急  投稿日:2017年 9月10日(日)22時13分21秒
編集済
  円柱に抱きついてみる秋の暮    角柱でないゆえの衝動がエロい
柱から女あらはれ無月かな     そもそもがエロい柱ゆえのこと
ゑのころ草甲状腺が腫れてゐる   ホルモンへの挨拶がエロい
秋茄子をもひで理詰めの女かな   グラマラスなしをりがエロい
水の秋バンドエイドの端剥がれ   バンドエイドの端に出る白味の肌がエロい
無事に産み生まれ厄日の母と子よ  健やかにエロい。厄日と生命は無関係
坊主から屁へ花野で離縁状     屁自体の妙味がエロい
かわいやの火恋し頃の貝殻節    貝殻節がエロい
目頭をやさしく圧して虫の夜    行為の中にエロさを感じます。
虫の夜の木目あらはに床柱     木目は仏像も含め、エロい
犬の目に犬の目薬今朝の秋     目薬を与える所作がエロい
大理石のトルソ鶏頭の微熱     トルソに微熱を与える感覚がエロい
関節の動く人形星月夜       人形愛を思ふとエロい
尋めゆきて柱のような毒茸     ある種の毒茸の発色がエロい柱
 

選句しました。

 投稿者:百花  投稿日:2017年 9月10日(日)21時27分20秒
  〇円柱に抱きついてみる秋の暮
連れがあれば大丈夫、恥ずかしくありません。

〇花野へと倒れてみたい柱かな
ずっと同じところに立っているのって、大変よね。

〇柱から女あらはれ無月かな
女が月だったので?

〇村芝居文字よれよれの果し状
毎年使っているので紙も字もよれよれに。

〇関節の動く人形星月夜
人形浄瑠璃の人形を思い浮かべました。星の夜はちょっともの悲しい。

〇節穴でつながつてゐる夜半の秋
なんの節穴がどこに? 節穴、おかしい。

〇秋茄子をもいで理詰めの女かな
茄子の理詰め料理!! 理詰め好き。

〇夕陽静かなり木守柿の倫理
木守柿の倫理、律義さがなんだか分かるような。

〇理想とか現実だとか馬肥ゆる
人ってあれこれ言ってみたいのよね。でも自然の勝ち。

〇鰯雲街のどんどん四角張る
ビルの林立が。

〇犬の目に犬の目薬今朝の秋
人用のとは違うんですね。

〇虫すだくたつぷりと本広げをり
天国てんごく。

〇白き壁見るとはなしに見て秋思
もうなんでも秋思の種。

〇目頭をやさしく圧して虫の夜
自分をいたわる、って大事。
 

選句です

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 9月10日(日)15時03分37秒
  ○いなびかり柱の多き美術館
 美術館に展示されているであろうすべての作品を無効化して不吉ですね。

○円柱でつくられてゐし案山子かな
 案山子コンクールとかでありそう。

○円柱に抱きついてみる秋の暮
 地下鉄銀座線の駅の円柱に実物大以上のワコールの広告がつるっと貼ってあったりすると、円柱ってただならぬものなのだなあと思うことがあります。

○花野へと倒れてみたい柱かな
 遺跡でしょうか。擬人化が面白いです。

○秋暑し環状線に終着駅
 「秋暑し」の時間帯に終着駅を意識すること、あるかなあ。ラッシュアワーの終わり頃だと大崎行きによく出くわしたものでしたが…。

○賞状の巻癖強し牽牛花
 蔓性植物で取り合わせたところが、付き過ぎのような気もします。

○村芝居文字よれよれの果し状
 同じ演目を何年もやっているのですね。

○変節の男の握る鬼胡桃
 「鬼胡桃」がじつに不吉でいいですね。

○理容師の鋏一式冷やかに
 自前の革ケースに一式入れている人、いますよね。

○犬の目に犬の目薬今朝の秋
 村山富市元首相のような犬ですね。

○残さるる葡萄の皮の多面体
 あれを多面体といいますか。すごく刺激的です。

○秋の空暮れ帯状の雲残る
 夜空に雲だけ帯光して見えるあの感じって、じつはあまり詠まれていないような気もします。

○新築の家ばかりなり萩の雨
 ずっと不況のはずなのに気がつくといつの間にか新築の家ばかりですよね。

○目頭をやさしく圧して虫の夜
 気持ちよさそうです。安らかに眠れそうです。

 

選句です。

 投稿者:なむ。  投稿日:2017年 9月10日(日)12時14分30秒
  ◎いなびかり柱の多き美術館
設計者出てこい。

◎賞状の巻癖強し牽牛花
癖を取ろうとすると皺皺になる。

◎村芝居文字よれよれの果し状
これは笑えます。

◎病状をたづねる電話夕紅葉
季語がいいですね。

◎秋夕焼厨にかをる鰹節
よきかな。

◎灯火親しむ寅造の節回し
旅ゆけば駿河の国に♪

◎露草へ人工関節来て座る
この酒豪の女性を知っています。

◎秋高し理容室にはネジリン棒
確かに。

◎大理石のトルソ鶏頭の微熱
好感のもてる印象対比。

◎燈火親し神楽坂から理科大へ
法政大よりいい感じ。

◎理を尽しEDの秋乗り越えよ
理を尽し、が可笑しすぎる。

◎秋の蚊とウエストポーチの男来る
うざったい感じ、来るなといいたい。

◎新築の家ばかりなり萩の雨
忽然と出来た街並。。

◎白き壁見るとはなしに見て秋思
わかります。
 

選句です

 投稿者:月犬  投稿日:2017年 9月10日(日)11時25分23秒
  ◯円柱に抱きついてみる秋の暮
 ああ、そういうことありますね。とくに子どものころなど。

◯花野へと倒れてみたい柱かな
 たまには柱も倒れたくなると思う。

◯柱から女あらはれ無月かな
 どんな女か。妖艶な女だとドキドキ。

◯原状に復すあめつち烏瓜
 世界をリセットするわけですか。

◯秋暑し環状線に終着駅
 大崎止まり。車庫に入ります、降りてください。

◯新藁にゼラチン状が付着せり
 う、気持ち悪い。エイリアンのヌメヌメか:笑

◯病状をぽつりと葡萄棚の下
 葡萄棚の下が秀逸。

◯節穴でつながつてゐる夜半の秋
 たしかに視線で繋がっていると思う:笑

◯大理石のトルソ鶏頭の微熱
 なんとなくわかる。いい感じの句。

◯理容師の鋏一式冷やかに
 冷やかで切れ味鋭く、静かに光って。

◯峡谷を渡れ爺婆鵙日和
 渡れ、わたれ。倒れるなよと自分に言い聞かせるワタシ。

◯秋の蚊とウエストポーチの男来る
 イヤなタイプ。来るなよ:笑

◯虫の夜の木目あらはに床柱
 なんとなく見つめているのでしょう。

◯白き壁見るとはなしに見て秋思
 物悲しい白。
 

選句です。

 投稿者:苑を  投稿日:2017年 9月10日(日)06時33分27秒
  ○いなびかり柱の多き美術館
いなびかりと柱は仲良し。美術館なら外廊下とかでしょうか。天井が高くて空間が広そう。

○花野へと倒れてみたい柱かな
そういう柱もあるでしょう。

○賞状の巻癖強し牽牛花
牽牛花の字面もあってます。

○病状をたづねる電話夕紅葉
○病状をぽつりと葡萄棚の下
あいつもこいつも。どちらもしみじみと感じる年頃なのです。

○秋夕焼厨にかをる鰹節
とにかく美味しそう。

○独唱の良き節回し月を待つ
もの凄くよい声で浪々と。。

○露草へ人工関節来て座る
少し不自由そうな動きと湿りと。

○大理石のトルソ鶏頭の微熱
色のコントラストも鮮やかで異国情緒あり。

○理容師の鋏一式冷やかに
鋏の秋。

○ワレモコウの揺れて時間はたつぷり
句またがりとカタカナの隙間感よきかな。

○犬の目に犬の目薬今朝の秋
猫の目ではダメな気がする。

○虫すだくたつぷりと本広げをり
たっぷりとしたよい夜。

○白き壁見るとはなしに見て秋思
秋思とは白いもの。
 

選句

 投稿者:朝比古  投稿日:2017年 9月10日(日)06時05分59秒
  ☆円柱に抱きついてみる秋の暮
 ちょうどよき太さだったのだろう。ふと我に返るとちょっと恥ずかしかったりする。

☆花野へと倒れてみたい柱かな
 柱の気持になった句は初めて見たかも。言われてみれば倒れたいと思っているような。

☆電柱の上につぎつぎ月が乗る
 「乗る」が上手。

☆月を待つ原状復帰されし部屋
 月を待つ風情で、実は次の賃借人を待っている。

☆病状をぽつりと葡萄棚の下
 根治を祈念。

☆ロボットに関節多し秋の風
 なぜだか痛風を思う。

☆関節の動く人形星月夜
 操り人形だろうか。そこはかとない哀愁。

☆秋夕焼厨にかをる鰹節
 削りたての感じ。美味しいお出汁になるのを待っている。

☆理容師の鋏一式冷やかに
 プロの七つ道具とはそういうものかも。

☆残さるる葡萄の皮の多面体
 こういうところを拾い上げられるのが俳句のよろしさ。

☆新築の家ばかりなり萩の雨
 新興住宅地の萩。渋い。

☆虫すだくたつぷりと本広げをり
 知的に豊穣な夜を待つ。

☆虫の夜の木目あらはに床柱
 床柱のある家って今やブルジョアかも。

☆目頭をやさしく圧して虫の夜
 ひと作業終えて、そろそろ寝る支度。

 

柱状節理句会・投句一覧

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 9月10日(日)00時25分17秒
  投句一覧です。

【柱】
いなびかり柱の多き美術館
おしろいの花電柱にまとはりぬ
円柱でつくられてゐし案山子かな
円柱に抱きついてみる秋の暮
円柱に皹美しき九月かな
花野へと倒れてみたい柱かな
花野来て柱のごとき男かな
鶏頭のまとわりついて柱時計
魂柱を揺らしてゐたる秋思かな
尋めゆきて柱のやうな毒茸
柱から女あらはれ無月かな
柱も梁もいま月光の大伽藍
虫の足柱頭の先敏感に
電柱の上につぎつぎ月が乗る
東区を行けば芒と電柱と

【状】
ゑのころ草甲状腺が腫れてゐる
簡潔な挨拶状やかりんの実
月を待つ原状復帰されし部屋
原状に復すあめつち烏瓜
玄人に落鮎の状況を聞く
秋暑し環状線に終着駅
賞状のわづかな折り目稲の花
賞状の巻癖強し牽牛花
状差しの転居葉書やつづれさせ
状態の遷移してゐる夜長かな
新藁にゼラチン状が付着せり
村芝居文字よれよれの果し状
病状をたづねる電話夕紅葉
病状をぽつりと葡萄棚の下
坊主から尼へ花野で離縁状

【節】
かわいやの火恋し頃の貝殻節
スーダラ節のハミング台風逸れ
ロボットに関節多し秋の風
関節の動く人形星月夜
教会は遠くにあれど万聖節
秋夕焼厨にかをる鰹節
節穴でつながつてゐる夜半の秋
天高く泣きつつ植木等節
灯火親しむ寅造の節回し
洞穴よりぎすのひと節近づき来
独唱の良き節回し月を待つ
武蔵国で聴く五輪節鉦叩
変節の男の握る鬼胡桃
夜長にはジャズと節足動物と
露草へ人工関節来て座る

【理】
ツイッターの料理かんたん松茸も
高邁な理屈をこねて放屁虫
秋茄子をもいで理詰めの女かな
秋高し理容室にはネジリン棒
星飛んで数理情報科学の子
千年の古都理知的な鵙の声
大理石のトルソ鶏頭の微熱
燈火親し神楽坂から理科大へ
不義理なる男の啜るとろろ汁
夕陽静かなり木守柿の倫理
理に落ちて理が立つてゐる秋の水
理を尽しEDの秋乗り越えよ
理科室に揮発してゆく朝の霧
理想とか現実だとか馬肥ゆる
理容師の鋏一式冷やかに

【当季雑詠】
ちょんの間のティッシュが軽舞秋の暮
ハワイアン音楽流し秋彼岸
ワレモコウの揺れて時間はたつぷり
鰯雲街のどんどん四角張る
峡谷を渡れ爺婆鵙日和
銀漢の尾が触れさらに暗き森
犬の目に犬の目薬今朝の秋
残さるる葡萄の皮の多面体
秋の蚊とウエストポーチの男来る
秋の空暮れ帯状の雲残る
新築の家ばかりなり萩の雨
水の秋バンドエイドの端剥がれ
虫すだくたつぷりと本広げをり
虫の夜の木目あらはに床柱
白き壁見るとはなしに見て秋思
穂を上げよ秋の田に帆船のごと
無事に産み生まれ厄日の母と子よ
目頭をやさしく圧して虫の夜

(以上)

14句選(特選、逆選なし)
選句締切:9月13日(水)23時(JST)

投稿先:みしみし第二
http://6911.teacup.com/3434/bbs
(返信とかスレッドとか難しいことを考えないで、そのまま書き込んで下さい。)

題に関わらず全体から選句数分選句にてお願い致します。
★整理の都合上、句の順番はそのままにして下さい。
(人力で集計しているので、順番を変えられると大変なんです!)

ではよろしくお願い致します。
 

ご挨拶

 投稿者:らら  投稿日:2017年 9月 9日(土)01時55分53秒
  これからもずっと拝見いたしますが、
微力ですので、投句は気まぐれにということでおゆるしを。
 

ららさんありがとうございます。

 投稿者:海太  投稿日:2017年 9月 6日(水)23時12分41秒
  過分なお言葉感謝申し上げます。
これからもよろしくお願い致します。
 

柱状節理句会・ご案内

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 9月 6日(水)19時40分5秒
  出題です。

【柱】
【状】
【節】
【理】
【当季雑詠】(何句でも。無季可。他季不可)

投句締切:9月9日(土)24:00(JST)
投句宛先:掲示板http://6911.teacup.com/3434/bbs
     下の方の「管理者へメール」からお願いします。

★整理の都合上、俳句の行には俳句以外の題とか記号とか俳号とか本名とかを
 書かないで下さい。
 また、空白行や題の行を置かず出題順に左詰で列挙願います。
 メールアドレスだけだとどなたか分らないので、★タイトルに俳号とか本名とか
お書き添えください。

この句会は互選です。投句のみ、選句のみの参加はご遠慮下さい。

 よろしくどうぞ。
 

ららさん、いらっしゃいませ

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 9月 6日(水)19時34分25秒
   以前からこちらはご覧になっていた由、今後ともよろしくお願いします。
初参加のご挨拶など、よろしくお願いします。
 

月犬さん

 投稿者:ぽぽな  投稿日:2017年 9月 6日(水)11時38分52秒
  いつも集計をありがとうございます!
みなさまお祝いのお言葉をいただきまして、ありがとうございます!
みなさんとご一緒できて光栄です☆
引き続き良い一日を!おやすみなさい(夜なり)

https://ja-jp.facebook.com/PoponaTsukino/

 

伊達公子句会

 投稿者:月犬  投稿日:2017年 9月 6日(水)11時19分14秒
  結果発表です。早めの選句、みなさまありがとうございます。
午前中に集計終わるなんて、奇跡(笑)のようです。
間違いありましたら、ご一報ください。

名も知らぬ飛蝗の木乃伊さま神社   なむ  ら洋
なかんづく女衒の達が扇置く     なむ
公人燈火親しき仲にもあの一書    なむ
虫の音に五爵公候伯子男       なむ  ら
目玉焼きダブルでとろり今朝の秋   なむ  ぽ

日独伊同盟の過去霧深し       らら  百
達筆の恋文白き曼珠沙華       らら  ぽ海
教会の鐘の音に降る公孫樹の実    らら  む百洋亞
花野より今宵も手拍子足拍子     らら  海
朝顔の蔓宙を這ひ宙つかみ      らら

伊太利亜の港のをんな鰯雲      苑を  ゆ
達人が包丁を研ぐ秋日和       苑を  ぽ
公衆電話ボックスに一葉落つ     苑を  月亞
草の絮吹けば子守唄に変はる     苑を  亜あけ
月夜かな羊羹に刺す爪楊枝      苑を  朝む百ぽ亜あけ由洋海

うっすらと木乃伊にほつれ月あかり  ぽぽな 朝百ゆ由亞
配達の人朝顔に触れてゆく      ぽぽな 朝ら苑あけゆ由亞
公道をそれて銀木犀の風       ぽぽな む百亜あ洋
雨粒にひかり継子のしりぬぐい    ぽぽな あ
秋を歩む鳥の名をよく知る人と    ぽぽな 苑あけ洋亞

長き夜の伊呂八以呂波の筆遣い    月犬
友達の彼女に渡す月夜茸       月犬  ゆ
秋の虹消えて人民公社かな      月犬
子も眠り妻も眠りて温め酒      月犬  朝む
猫の眼に湖がある九月かな      月犬  朝らむ百ぽ亜あけゆ海

到来や伊予の薫りの青蜜柑      朝比古 む
君達と呼ばれてゐたり休暇明     朝比古 百月ぽ苑ゆ由洋海亞
公園に人影ひとつ月明り       朝比古
焼菓子の砂糖の光り秋桜       朝比古 むあけ
写真機の暗幕捲り秋の昼       朝比古 らむ亜あ亞

無月なり伊万里の皿のくわりんたう  洋子  む苑亜けゆ由海
颱風や俵屋宗達かくまひぬ      洋子  月亞
井の頭公園ぬけて鉦叩        洋子  苑海
撫子は雲のにほひのしてゐたり    洋子  ら
赤蜻蛉およげたいやきくんおよげ   洋子  ら月あ

月よ今もんじゃは紀伊半島の形    亞子  むゆ洋海
友達の友達に聞く鹿の事       亞子  朝らむぽ苑由洋海
ハチ公の尻尾は太し二日月      亞子  百けゆ洋
秋うららまばたきわすれ赤子の目   亞子  百月あ
星月夜エンドロールはのぼりゆく   亞子  月ぽ苑亜海

星月夜木乃伊の部屋を後にして    由季  ぽけ洋
爽やかや日々上達の卵焼       由季  月ぽ亜けゆ亞
虫の夜に滑り込みたる公用車     由季  らぽ苑亜あけ洋
子規庵に少年ふたり鉦叩       由季  む月苑亜ゆ海亞
秋の潮満ちてあふるる伊達眼鏡    由季
公家顔の高校教師葛の花       由季  ら亜けゆ洋亞

開幕のベル仲秋の紀伊國屋      けんじ 海
達人の構え蟷螂の横座り       けんじ 月亞
次々と色鳥公園の南口        けんじ
きちきちばつた感情を持つ電子機器  けんじ 亜
夜半過ぎどの草むらにも鈴虫     けんじ

秋思ふと伊太利と紙に書きしより   あんこ 月ぽ
達人と呼ばれし男秋夕焼       あんこ
終点の公団住宅夜食提げ       あんこ 朝ら百洋
撫子を一途な風のとほりけり     あんこ 百亜由亞
誤変換されて背高泡立草       あんこ 亜由

秋日濃し古地図片手に紀尾井町    亜紀  朝百月由海亞
天高し伊達政宗の前に立ち      亜紀  朝百苑あ由
公文式ドリル片づけゐのこづち    亜紀  ら百由
練習曲は子犬のワルツ秋の薔薇    亜紀
秋晴の写真に笑ふ親子かな      亜紀
贅肉を筋肉に変へつづれさせ     亜紀  朝海
片隅の整地ローラー秋の暮      亜紀  むゆ
水出しの緑茶いただく野分後     亜紀  あ海
謹呈の句集拝読夕かなかな      亜紀  朝百

いろはのい・以・伊・移・意・秋深む 百花  ら
人知れず月下に唸る俳人達      百花
公達の秋の扇がかくす口       百花  朝らゆ
萩月の菓子に小さき蝶結び      百花  らむけゆ
溝蕎麦の紅の透けゆく水の音     百花  ぽ

祝言を伊賀で挙げたる秋茄子     海太  月苑亞
月光を派手に伊太利亜人と浴ぶ    海太  朝ぽ苑け由
野球場に達者なプレー秋の風     海太
ぽり公と呼ばれむつつり太閤忌    海太  洋
ぽんぽんろん子の倍満や震災忌    海太
なんたつてコスモス明日つて日曜   海太  苑亜
様々な霧のトンネル家出中      海太  むあ由

木賊刈る伊東ゆかりの小指かな    ゆかり 月
速達を開けずに捨てる曼珠沙華    ゆかり 朝月ぽ苑け由洋
公文式の赤き筆入蚯蚓鳴く      ゆかり
囮いまぴかぴかの拡張子かな     ゆかり
職人の頭巾に菊と書かれをり     ゆかり 朝月苑由
 

選句しました。

 投稿者:亞子  投稿日:2017年 9月 6日(水)10時51分33秒
  ぽぽぽん(ぽぽなさま)ブラボー!!

◯うっすらと木乃伊にほつれ月あかり
浮かびあがっている。

◯祝言を伊賀で挙げたる秋茄子
三つの名詞のバランスよし。

◯君達と呼ばれてゐたり休暇明
新任の女性教師かな。

◯爽やかや日々上達の卵焼
日々やれば。

◯達人の構え蟷螂の横座り
達人がノーマルとはかぎらない。

◯配達の人朝顔に触れてゆく
さりげなくていい景色。

◯颱風や俵屋宗達かくまひぬ
宗達だったらわたくしもかくまいたい。
かくまって虎の絵を描いてもらいたい。

◯教会の鐘の音に降る公孫樹の実
音が聞こえてきます。

◯公家顔の高校教師葛の花
歴史の先生におられました。

◯公衆電話ボックスに一葉落つ
めっきり減りましたが。

◯子規庵に少年ふたり鉦叩
狭い縁側から足をおろして
ぶらぶらさせてます。

◯撫子を一途な風のとほりけり
色気は二の次よ。

◯写真機の暗幕捲り秋の昼
修学旅行のクラス全員記念写真という感じ。

◯秋を歩む鳥の名をよく知る人と
ひとり思い浮かんだ。

◯秋日濃し古地図片手に紀尾井町
「濃し」になんともいえぬ実感。
 

すごい

 投稿者:らら  投稿日:2017年 9月 6日(水)05時17分47秒
  毎回、海太さんの書いた講評が面白くて、つい、おじゃましてしまいましたが、
今回の海太さんの選句の書き出し、第一字を拾ってゆくと、縦にお祝の言葉になっている。
皆様、とっくにお気づきでしょうけど・・・

ぽぽなさん、すごい!
海太さん、 すごい!
 

選句

 投稿者:海太  投稿日:2017年 9月 6日(水)01時54分44秒
  ◯開幕のベル仲秋の紀伊國屋
祝 開幕、ヨッ!紀伊國屋っ!

◯月よ今もんじゃは紀伊半島の形
第 二次変形、第三次は津軽・下北半島。

◯無月なり伊万里の皿のくわりんたう
六 個ほど皿に並べてみたい。

◯君達と呼ばれてゐたり休暇明
十 分に英気を養いました。

◯達筆の恋文白き曼珠沙華
三 枚書いて行き詰まる。

◯友達の友達に聞く鹿の事
回 り回って馬にも聞く。

◯井の頭公園ぬけて鉦叩
角 を曲がれば轡虫。

◯花野より今宵も手拍子足拍子
川 の中では平泳ぎ立ち泳ぎ。

◯子規庵に少年ふたり鉦叩
俳 人予備軍。

◯月夜かな羊羹に刺す爪楊枝
句 に成らずして、苦になった。

◯秋日濃し古地図片手に紀尾井町
賞 でたい紀伊・尾張・井伊の足跡。

◯水出しの緑茶いただく野分後
受 付で緑茶引換券を貰ってね。

◯星月夜エンドロールはのぼりゆく
賞 の取れそうな映画でした。

◯猫の眼に湖がある九月かな
記 しておこう、猫の眼を写真に収めて。

◯贅肉を筋肉に変へつづれさせ
念 願の体脂肪率10%台に。
 

選句しました。

 投稿者:洋子  投稿日:2017年 9月 5日(火)21時33分7秒
  ◯月よ今もんじゃは紀伊半島の形

もんじぁ屋で言う?月よ!って。酔狂。

◯星月夜木乃伊の部屋を後にして

え?しかと?

◯名も知らぬ飛蝗の木乃伊さま神社

ヘンな神社。

◯君達と呼ばれてゐたり休暇明

君達!なんて最近よばれないなぁ。

◯速達を開けずに捨てる曼珠沙華

なんか訳あり。

◯友達の友達に聞く鹿の事

駱駝のことも聞きたい。

◯ハチ公の尻尾は太し二日月

尻尾ぱたぱたとかしてそう。

◯ぽり公と呼ばれむつつり太閤忌

ハチ公もぽり公も愛されています。

◯教会の鐘の音に降る公孫樹の実

やっぱりベチャっとか落ちるのかな。

◯公家顔の高校教師葛の花

いました。

◯公道をそれて銀木犀の風

ついそちらのほうへ。

◯終点の公団住宅夜食提げ

今夜は「草枕」読むらしい。

◯虫の夜に滑り込みたる公用車

黒のなかへ黒。

◯月夜かな羊羹に刺す爪楊枝

爪楊枝が異物にみえてくる。

◯秋を歩む鳥の名をよく知る人と

ついていきます。
 

選句です。

 投稿者:由季  投稿日:2017年 9月 5日(火)20時59分47秒
  ○うっすらと木乃伊にほつれ月あかり
昨日にはなかったほつれだとしたら怖い。

○月光を派手に伊太利亜人と浴ぶ
派手かつお洒落。

○天高し伊達政宗の前に立ち
像と言わなかったのがいいですね。

○無月なり伊万里の皿のくわりんたう
ちょっと高級なかりんとう。

○君達と呼ばれてゐたり休暇明
まんざらでもない。

○速達を開けずに捨てる曼珠沙華
残念なお便りだとわかっている。

○配達の人朝顔に触れてゆく
さりげなさがいいです。

○友達の友達に聞く鹿の事
鹿の事、のとぼけ具合。

○公文式ドリル片づけゐのこづち
あれはもう本当に機械的に片付ける感じ。

○撫子を一途な風のとほりけり
あるかな、と思いつつも撫子がよい。

○月夜かな羊羹に刺す爪楊枝
独特の感触ですね。

○誤変換されて背高泡立草
誤変換されたまま増殖していく。

○秋日濃し古地図片手に紀尾井町
地名が渋いです。

○職人の頭巾に菊と書かれをり
それが粋なのでしょう。

○様々な霧のトンネル家出中
様々がちょっと面白かった。
 

選句です

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 9月 5日(火)20時56分3秒
  ○うっすらと木乃伊にほつれ月あかり
 ときどきは動くので…。

○伊太利亜の港のをんな鰯雲
 ううむ、港々に女あり、ですね。

○月よ今もんじゃは紀伊半島の形
 月島ですね。

○無月なり伊万里の皿のくわりんたう
 ずいぶん高級な普段使いですね。

○君達と呼ばれてゐたり休暇明
 休暇中に古い森田健作のDVDボックスでも観たんでしょう。

○爽やかや日々上達の卵焼
 美味しそうですね。

○配達の人朝顔に触れてゆく
 これ、人為的に触れてゆくのかなあ、狭隘で自ずと触れるのかなあ。後者に一票。

○友達の彼女に渡す月夜茸
 横恋慕ですね。

○ハチ公の尻尾は太し二日月
 二日月と比べたらなんだって太いです。

○公家顔の高校教師葛の花
 生き物として弱そうです。

○公達の秋の扇がかくす口
 うまい具合に秋の扇を使っていますね。

○子規庵に少年ふたり鉦叩
 今思うと、子規ってすごく少年っぽいですよね。

○萩月の菓子に小さき蝶結び
 高級感があります。

○猫の眼に湖がある九月かな
 これ、いいなあ。

○片隅の整地ローラー秋の暮
 重いコンダラのことですね。
 

レンタル掲示板
/50