teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:48/2265 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

選句します

 投稿者:せせい  投稿日:2017年 6月 7日(水)22時51分58秒
  通報
  〇たこやきの銅板並べ夕薄暑
季語は「夕白書」。工房を公開するみたいで季語と合って居ると思いました。

〇青銅(ブロンズ)の地獄の門へ蟻の列
季語は「蟻」。ロダンやリルケが思い浮かびました。蟻が芸術を解して居るみたいで。

〇銅銭の穴投げ四万六千日
季語は「四万六千日」。銭形平次かとも思いましたが、余興だったのかも知れません。

〇アジア象も西郷隆盛像も上野
無季の句でしょうか、面白い句だと思いました。コクゾウムシは夏の季語ですが、この句からも、そんな小さい物すら空想できました。「上野」と言う地名もいいですね。客観的な事実が結構俳句に成って居るところが面白いと思いました。

〇仏像に凭れてゐたるビキニかな
季語は「ビキニ(水着)」。もしかしたらビキニを着たマネキンが凭れていたのかも知れませんね。

〇緑陰を欲しがつてゐるダビデ像
季語は「緑陰」。「ダビデ象」と言う下5が印象的でした。

〇芸大と東大近し立葵
季語は「立葵」。事実の力だと思いました。季語との離れ具合もいいと思いました。実際は密着している側面も考察できそうですね。

〇悪人はなほもてもんじゃ焼く旱
季語は「旱」。親鸞の悪人正機ですね。それが「もんじゃ焼く」とユーモラスです。

〇人でなしも七割は水ところてん
季語は「ところてん」。「人でなしも」と言う上5の措辞が効いていますね。

〇佳き人の良き音たててシャワーかな
季語は「シャワー」。佳人薄命と言う言葉もありますが、ここでは積極的な意味で使われていますね。

〇乾草のにほひ水音だけきろく
季語は「乾草」。水音が印象的なフレーズに。

〇十薬の花の夜道も尽きにけり
季語は「十薬」。「尽きにけり」が淋しそうな、達成感に誇らしげであるような。

〇日替りのトッピングあり冷奴
季語は「冷奴」。トッピングが魅力的な様に見えました。
 
 
》記事一覧表示

新着順:48/2265 《前のページ | 次のページ》
/2265