teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:170/2391 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

選句

 投稿者:朝比古  投稿日:2017年 6月11日(日)05時11分45秒
  通報
  ☆十薬の隙を這い出す蜥蜴かな
 隙が上手い表現。蜥蜴、十薬の隙よく見つけたね。

☆水掻きを隠す十指の汗ばめる
 隠すこともないけれど、ふっとそんな感覚に陥ることもある。

☆まだゐるよ瀧を眺めるあの二人
 滝の癒し効果。落語「野ざらし」のまくら的俳諧。

☆二親とゐる夕焼のシルエット
 二親という突き放した言いぶりから逆に愛情を感じる。

☆二塁ベース踏めず卯の花腐しかな
 雨天5回コールド3安打完封負け…って感じだろうか。悔しい負け。

☆密やかに二階はありて炎天下
 納戸と物干にしか使っていない二階。やっぱり階段上るの面倒だもの。

☆報告も連絡もせず梅雨に入る
 勿論相談もしない。組織じゃ生きずらい。

☆敗色の濃厚なりし豆御飯
 豆御飯美味しいけどね。

☆氷菓手に敗戦チーム集まりぬ
 あまり反省の色がないところに救いと諧味。…このチームこれからも勝てない気がする。

☆薔薇どれも腐敗してゆく気配あり
 栄華から没落へ。世の常だけれど、薔薇だと尚更。

☆紫陽花や風呂で大きな音が鳴る
 かっこーんと。桶にはケロリンと書いてあったりする。

☆夕暮のメモにまみれて冷蔵庫
 レシピ色々。西日に晒され、色褪せて。

☆冷奴もめんを好む男なり
 え、それって普通じゃなかったのかぁ。個人的には豆腐は絹より木綿が圧倒的に好き。

 
 
》記事一覧表示

新着順:170/2391 《前のページ | 次のページ》
/2391