teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:162/2391 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

選句

 投稿者:亞子  投稿日:2017年 6月14日(水)10時38分51秒
  通報 編集済
  ◯灼けてをる十円玉の平等院
焦げ色の十円玉になお平等院の灼けが……。

◯水掻きを隠す十指の汗ばめる
おっ隠していたのか。

◯短夜の東十条あたりかな
最近北区が気分らしい。

◯まだゐるよ瀧を眺めるあの二人
口語で旧で変テコリンな味わい。

◯密やかに二階はありて炎天下
暑過ぎて音がなくなるようなあの感じ。

◯報告も連絡もせず梅雨に入る
メガ級やれやれ。

◯敗北に北の字ありて帰省かな
あまり落ち込んでいない感じがよいです。

◯薔薇どれも腐敗してゆく気配あり
薔薇は「枯れ」じゃなくて「腐敗」がお似合い。

◯ふたりして事後の蜜豆三丁目
なんか「都々逸」ないい感じ。

◯ゆらゆらと媼のたたむ日傘かな
全体がゆらゆらです。

◯玉を巻く芭蕉正午の鐘が鳴る
どんどん暑くなる!

◯紫陽花や風呂で大きな音が鳴る
紫陽花と風呂の日常が合うのですね。

◯芒種なり路地に旧知の大鴉
そういう関係、わかります。
 
 
》記事一覧表示

新着順:162/2391 《前のページ | 次のページ》
/2391