teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:327/2563 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

徹底取材句会・投句一覧

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 6月18日(日)00時43分22秒
  通報 編集済
  投句一覧です。

【徹】
さぼてんの花徹夜して園子温
一徹に閑かに待ちて蟻地獄
花擬宝珠徹子に訊いてからなら食ふ
糸とんぼ徹子の部屋へ来てゐたり
紫陽花が徹子の部屋にあふれをり
蛇を見よ徹頭徹尾蛇である
滝落つる徹底的といふ無心
徹頭も徹尾も兜虫なるぞ
徹夜して老鶯鳴き損なふ朝(あした)
撤収を余儀なくされし昼寝かな
桃鉄の夜を徹したる楸邨忌
梅雨寒や徹夜中継みる体力
梅雨寒を灯す武満徹かな
蠅が飛ぶ星一徹を避けて飛ぶ

【底】
あいの風いちばん底の田にをりぬ
このあたり底だな百足も這つてをる
もやもやの底くつきりと箱眼鏡
水槽の底より次々と海月
水無月を丸底フラスコすきとほる
底に居る蟻を見下ろしながら食べ
底光りする声の師や昼寝覚
底上げの長靴底上げのラムネ瓶
滴りのピューレピューロと平成の底
猫が来て午睡の底を覗きけり
白靴の底に裏面史顔面史
兵隊のやうにプールの底磨く
夜の底をけぶりて薔薇の花崩る
藍ゆかた天底離るにまかせをり

【取】
雨の音取り出す真夜の缶ビール
炎天や取締役の鬱血痕
夏蝶のふわり明るき取水口
取り敢へず食べて夏痩せ待つてをり
取り置きの書籍一冊梅雨夕焼
取り分を尺取虫の主張せり
取扱説明書だけあり麦酒
取扱品目になし竹婦人
取手競輪逃げてなんぼの暑さかな
取説を汚して仕舞ふ施設かな
手に取れば肉の冷たき蝸牛
鳥取に砂集まりて梅雨に入る
美しく取りあふ美しいあぢさゐ
病葉を取れど朽ちなむ滑り台

【材】
逸材といはれてけふの蝸牛
夏暁や句材にはかに光のなか
画材屋とコトリ屋ならぶ入道雲
角材の積まれてありぬ梅雨の月
緩衝材ぷちぷちぷちぷ旱梅雨
黒南風や廃材のごと酔ひつぶれ
材木が襲ふ幻想熱帯夜
材木のやや傾いてさみだるる
材木の青嶺に鳥を鳴かせし過去
材木座海岸までを白日傘
材料の多きレシピや梅雨籠
食材の全て持ち寄り夏料理
食材の鍋に踊りしキャンプ場
端居して晩飯と画材のにほひ
廃材の上に立ちたる羽抜鶏

【当季雑詠】
ところてんゆふべはおたのしみでしたね
一列に進む白壁蟻の列
花沙羅の落ちしと遺書を認める
海紅豆みて緑道を折り返す
含羞は極彩色の熱帯魚
金魚草子どもの顔で告白す
言ひそびれたる言の葉やラムネ飲む
枯れ井戸を慰めてゐし白雨かな
向き合うて屈む線香花火かな
紫陽花の内へ内へと朽ちにけり
十薬を辿つて歩く徹夜ハイ
少年の肢体を包む夏蒲団
船底をドックに曝す暑さかな
短夜の切取線上の鋏
停まるたびバスの車窓に額の花
梯子から梯子あをすももただよふ
湯あがりの肩に山椒魚の影
得恋用はなうた歌ひ星涼し
膝へ置くあんみつの盆滝の音
揚羽来て羽根振るはせて自己の位置

(以上)

14句選(特選、逆選なし)
選句締切:6月21日(水)23時(JST)
            ↑
 ★集計の方のご負担を考慮し時間を繰り上げました。
投稿先:みしみし第二
http://6911.teacup.com/3434/bbs
(返信とかスレッドとか難しいことを考えないで、そのまま書き込んで下さい。)

題に関わらず全体から選句数分選句にてお願い致します。
★★★整理の都合上、句の順番はそのままにして下さい。★★★
(人力で集計しているので、順番を変えられるとほんとに大変なんです!!!)

ではよろしくお願い致します。
 
 
》記事一覧表示

新着順:327/2563 《前のページ | 次のページ》
/2563