teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:28/2265 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

選句

 投稿者:朝比古  投稿日:2017年 6月18日(日)07時16分4秒
  通報
  ☆もやもやの底くつきりと箱眼鏡
 箱眼鏡の箱眼鏡たる所以。

☆水無月を丸底フラスコすきとほる
 丸底が美しい。

☆取り置きの書籍一冊梅雨夕焼
 取り置きっていい言葉だなぁ。すでに死語に近いかもしれないけれど。

☆逸材といはれてけふの蝸牛
 フレンチレストラン用だろうか。

☆画材屋とコトリ屋ならぶ入道雲
 日常なんだけれどふと気付くと非日常的だったりする。

☆角材の積まれてありぬ梅雨の月
 積むか立て掛けるか。

☆黒南風や廃材のごと酔ひつぶれ
 泥酔ってやつね。

☆材木のやや傾いてさみだるる
 売り物は大事に。

☆材木座海岸までを白日傘
 鎌倉婦人の美しい所作。

☆材料の多きレシピや梅雨籠
 こういうレシピの時に限って調味に失敗したりする。

☆端居して晩飯と画材のにほひ
 画材の意外性。

☆金魚草子どもの顔で告白す
 純粋無垢を装って。

☆向き合うて屈む線香花火かな
 並ぶパターンも好きだけど。いずれにせよ淡い恋愛感情。

☆紫陽花の内へ内へと朽ちにけり
 言われてみれば…って本当にそうかな。
 
 
》記事一覧表示

新着順:28/2265 《前のページ | 次のページ》
/2265