teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:25/2265 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

選句しました。

 投稿者:百花  投稿日:2017年 6月19日(月)18時32分33秒
  通報
  〇もやもやの底くつきりと箱眼鏡
箱眼鏡って不思議ですね。水中でなく、言葉に当ててもくっきりというのは無いんでしょうか。

〇底光りする声の師や昼寝覚
夢の中にも師が師が師が・ああ暑い。

〇猫が来て午睡の底を覗きけり
覗かれている夢を見ましたか。舐められていたりして?

〇雨の音取り出す真夜の缶ビール
グラスに移すときの楽しみ。

〇夏蝶のふわり明るき取水口
景が気持ちよく見えてきます。

〇手に取れば肉の冷たき蝸牛
子供の頃の触感が蘇ります。

〇鳥取に砂集まりて梅雨に入る
言われてみれば。。河川工事が進んで海岸線が後退しているのが普通ですが。

〇材木が襲ふ幻想熱帯夜
だいぶお疲れですね。お大事に。

〇食材の全て持ち寄り夏料理
真夏の闇汁かもしれない。大騒ぎでしょうね。

〇含羞は極彩色の熱帯魚
若冲が描けばやっぱり極彩色かも。ぽっと赤らんでは無しね。

〇枯れ井戸を慰めてゐし白雨かな
せめてもの慰めの一時。もの(枯井戸)にも情を語らせるのは兜太ではなく虚子風かと。

〇少年の肢体を包む夏蒲団
麻の夏布団、ちょっと動くと手や足が出て。どの位までが少年かしらん。

〇船底をドックに曝す暑さかな
此度のイージス艦の事故も・・大変ですね。

〇湯あがりの肩に山椒魚の影
宿の廊下に水槽が。。
 
 
》記事一覧表示

新着順:25/2265 《前のページ | 次のページ》
/2265