teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


選句です。

 投稿者:なむ。  投稿日:2017年 1月 2日(月)15時11分48秒
  ◎外套の胸反らしをりホテルマン
たしかに、いつも姿勢だけはいい。

◎初夢のきみと反対向きに行く
不吉。

◎反物のざくざく裁たれ冬深む
あの鋏の潔さ。

◎透き通る傘の骨格冬銀河
寒い。

◎行く年の明治神宮大鳥居
来る年じゃないところがオツ。

◎初凪や神様の小さな寝息
可愛い神様。

◎田遊びに野蛮な神も交じりをり
だいたい野蛮か悪戯好き。

◎初夢に福原愛が出て困る
困るかも。

◎大みそか眉動かして合唱す
第九。

◎弟の指突つ込みし蜜柑かな
突っ込むなよ。
 
 

選句しました。

 投稿者:月犬  投稿日:2017年 1月 1日(日)17時24分3秒
  今年もよろしくお願いします。
以下選句です。
ゆかりさん、ファイルよろしく。

◯裏白は反るし干柿傾くし
 お供えでしょうね。たしかに裏白の反るのにはこまります。

◯ストールの朱より鎖骨あらはるる
 あら、なんともエロいなあ。

◯骨ある人肉ある人と姫初め
 まったく、なんのことやら。

◯冬の夜のダンスの背骨やはらかに
 あ、これもなにやらエロいなあ。三句ならんでおりますよ:笑

◯精一杯笑ひこらへて年暮るる
 いい一年だったということでしょうか、うらやましい。

◯精鋭の中にぽつんと冬の蝿
 役に立つのか?冬の蠅が。足手まといではなかろうか。それも良しと作者の愛:笑

◯東雲を七福神の帆走す
 おお、大きな初夢ですね。

◯ゆく年もくる年もなく初句会
 みしみし第二ですね。年越し句会でした。

◯大みそか眉動かして合唱す
 第九ですね、可笑しい。よく見つけました!

◯密柑山大型犬が下りてくる
 なんだか光景が目に浮かぶです。ジャパニーズ・ホラーの始まりという感じ。
 

選句

 投稿者:朝比古  投稿日:2017年 1月 1日(日)10時23分22秒
  ☆外套の胸反らしをりホテルマン
 矜持とホスピタリティー。

☆ストールの朱より鎖骨あらはるる
 ふとした艶っぽさ。

☆冬の夜のダンスの背骨やはらかに
 ダンサーの身体能力。

☆透き通る傘の骨格冬銀河
 無機質なものがふっと詩的空間に広がってゆく不思議。

☆傀儡師の妻は骨折してをりぬ
 お大事に。

☆精鋭の中にぽつんと冬の蝿
 冬の蠅になりたい。

☆初凪や神様の小さな寝息
 おだやかな正月。

☆神経を尖らせてゐる海鼠かな
 その昔、誰かが食べる前は平和だったのだけれど。

☆大年の海賊の旗揺れつづく
 宝船じゃないのね。

☆密柑山大型犬が下りてくる
 なぜだか平和的で癒される景色。
 

反骨精神句会・投句一覧

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 1月 1日(日)00時59分39秒
  今年もよろしくお願いします。投句一覧です。

【反】
ほんたうの伊勢海老ならばまづ反らぬ
海老反りにこらへる橋や大晦日
外套の胸反らしをりホテルマン
極月の反応のないものばかり
初夢のきみと反対向きに行く
年明くる反町駅を過ぎてより
反省も後悔もなき海鼠かな
反動で迎へてゐたり去年今年
反物のざくざく裁たれ冬深む
裏白は反るし干柿傾くし

【骨】
あばら骨見えたる山の眠りけり
ストールの朱より鎖骨あらはるる
骨ある人肉ある人と姫初め
冬の夜のダンスの背骨やはらかに
冬靄へ甲骨文字の蒐集家
透き通る傘の骨格冬銀河
粕汁や小骨の多い姉戻る
肋骨の強き伸縮初茜
肋骨は虫の名残や初茜
傀儡師の妻は骨折してをりぬ

【精】
つる草の眼科へ通ふ精神医
寒さうな妖精ならば連れ帰る
紙漉きし後の水より精霊が
出不精の猫と年越し雲呑麺
精を出せ金は出さぬと三が日
精一杯笑ひこらへて年暮るる
精鋭の中にぽつんと冬の蝿
精力も精神力も白朮火かな
超精密乾湿度計鏡餅
翻訳の精度あやしき三が日
無精髯ながなが摩り小晦日

【神】
行く年の明治神宮大鳥居
淑気かな神棚におくワンカップ
初凪や神様の小さな寝息
除夜の湯を神めく人と共にせり
神つてる否鬼つてる除夜の鐘
神経を尖らせてゐる海鼠かな
神奈川を抜けて静岡冬の海
田遊びに野蛮な神も交じりをり
東雲を七福神の帆走す
風邪声の出雲神話を語りそむ

【当季雑詠】
グロンサン内服液を屠蘇とする
ゆく年もくる年もなく初句会
鬼太郎の髪の暴れて神楽月
空白の時間を埋めて賀状書く
初夢に福原愛が出て困る
大みそか眉動かして合唱す
大年の海賊の旗揺れつづく
長椅子の毛布に寄りて来るチワワ
弟の指突つ込みし蜜柑かな
湯豆腐を食ふてそわそわしてをりぬ
密柑山大型犬が下りてくる

(以上)

10句選(特選、逆選なし)
選句締切:1月4日(水)23時(JST)
            ↑
 ★集計の方のご負担を考慮し時間を繰り上げました。
投稿先:みしみし第二
http://6911.teacup.com/3434/bbs
(返信とかスレッドとか難しいことを考えないで、そのまま書き込んで下さい。)

題に関わらず全体から選句数分選句にてお願い致します。
★★★整理の都合上、句の順番はそのままにして下さい。★★★
(人力で集計しているので、順番を変えられるとほんとに大変なんです!!!)

ではよろしくお願い致します。
 

反骨精神句会・ご案内

 投稿者:ゆかり  投稿日:2016年12月28日(水)23時08分18秒
  出題です。大晦日とかお正月にかかる訳ですが、お暇な方はお付き合い下さい。

【反】
【骨】
【精】
【神】
【当季雑詠】(何句でも。無季可。他季不可)

投句締切:12月31日(土)24:00(JST)
投句宛先:掲示板http://6911.teacup.com/3434/bbs
     下の方の「管理者へメール」からお願いします。

★整理の都合上、俳句の行には俳句以外の題とか記号とか俳号とか本名とかを
 書かないで下さい。
 また、空白行や題の行を置かず出題順に左詰で列挙願います。
 メールアドレスだけだとどなたか分らないので、★タイトルに俳号とか本名とか
お書き添えください。

この句会は互選です。投句のみ、選句のみの参加はご遠慮下さい。

 よろしくどうぞ。
 

一陽来復句会結果発表

 投稿者:月犬  投稿日:2016年12月28日(水)21時42分17秒
  結果発表です。間違いありましたらご一報ください。
一年間お疲れ様でした。
皆様のよいお年をお祈りいたします。

しんがりの一騎猛然冬木立       なむ  月苑
斜陽館主屋西側煤払          なむ
霙るるや来来軒の岡持へ        なむ  て苑
明けぬれば雪の復路となりにけり    なむ  て
凩の残党帰るアジトなし        なむ  月海苑け百

一葉忌まづ前略と認める        海太  ゆ
陽気な祖父紙漉く時の無言劇      海太
来賓は隣のオヤジ帰り花        海太  月百亜
復習と予習のあはひ根深汁       海太

有線にさくらと一郎こつごもり     苑を  む月海
花八手陽気な祖母がハミングす     苑を  む
来し方も行く末も空つ風まかせ     苑を  む
失ひしデータ復元せず寒月       苑を  朝む
そしてまた緋寒桜が咲いたのです    苑を  月洋

プードルの刈られし胴や降誕祭     朝比古 む月て苑由
落陽に寄り添ふやうに冬菫       朝比古 あ
裸木を擦り傷の膝抜けて来し      朝比古 ゆ洋け
ジャンパーを脱いで柔道整復師     朝比古 ゆあ由百
手袋を合掌させて仕舞ひけり      朝比古 むゆ海あて洋由百亜

声一つ吐き棄て寒き鴉かな       月犬  洋け
陽がさせば白鳥の頸うねるかな     月犬
格子戸に来客の影花八ツ手       月犬  洋由
雪踏んでマンモス復元の話など     月犬  あ苑由
暮らしの灯小さく点す聖夜かな     月犬  あ亜

ぬくぬくの毛皮のついた一張羅     洋子  朝亜
「あ」と言つて斜陽はじまる冬ごもり  洋子  む月て百
かいつぶり神父と樵来てゐたり     洋子  月海
癇にさはる花がら復活クリスマス    洋子  月海
たつぷりと漆喰の白みそさざい     洋子  ゆ

煤逃げの一案として観覧車       亜紀  むて苑由
一円までくずしてもらふ年の暮     亜紀  海け
雪女陽気なふりをしてゐたり      亜紀  朝ゆ海あ由け
来々軒まで小走りのちやんちやんこ   亜紀  月あ苑百
来館の時間は自由冬うらら       亜紀
復習の音楽室や日短か         亜紀  朝
真夜中のメールくるくる巻く毛布    亜紀
特大の鏡餅なり自撮り棒        亜紀  海

一行のセリフ何度もカーペット     あんこ て亜
陽光の少し眩しく毛糸編む       あんこ むて洋由け亜
来客の気配に起きる炬燵かな      あんこ む洋け百亜
クリスマスソングの街を往復す     あんこ
さよならの色てのひらの龍の玉     あんこ 朝ゆて苑洋百

一陽来復うすうすと青き朝       百花
冬鳥の声の明るさ陽の中に       百花  あ苑
エントツが無くてもサンタさん来るよ  百花  朝
復興の声響かせて里神楽        百花  む苑
老眼や更けてかがよふ天狼星      百花

一掴みされてしまひし霜柱       けんじ 亜
冬凪や犬つれて来し陰陽師       けんじ
来週の次は来年クリスマス       けんじ 朝ゆ苑百
復唱を遮つてゐし寒鴉         けんじ て
右側が利き腕なのか枯蟷螂       けんじ 海あ洋由百

クリスマスカード毎年一人から     由季  朝ゆ海亜
湯ざめして陽気な歌を聞いてゐる    由季  朝海てけ
通天閣全容見えて寒波来る       由季  月て
山頂へ往復切符日短          由季  海
侘助や一番弟子と名乗りたり      由季  朝ゆあて苑け

バーカウンターの奥の聖樹のよく揺るる てふこ 朝月け百亜
陽性の何かが腹にクリスマス      てふこ むゆ洋由
来客のポインセチアに触れて去る    てふこ 朝ゆ海苑洋由け百亜
完璧な旅の復路の冬日かな       てふこ 亜
柚子湯出てひとりひとりのからだかな  てふこ むゆ月あ洋由亜

一応は謝つておく海鼠かな       ゆかり 朝あ由百
太陽が北風よりも明るくて       ゆかり
来客を装つてゐる師走かな       ゆかり け
復活を拒むものなき時雨かな      ゆかり け
助手席にポインセチアとポメラニアン  ゆかり あ洋亜
 

選句します

 投稿者:亜紀  投稿日:2016年12月28日(水)21時18分45秒
  〇クリスマスカード毎年一人から
毎年忘れずに届くんですね。

〇ぬくぬくの毛皮のついた一張羅
一張羅を着たおす。

〇バーカウンターの奥の聖樹のよく揺るる
ガード下、電車が通るたび。

〇一行のセリフ何度もカーペット
行ったり来たりして入れるセリフ。

〇一掴みされてしまひし霜柱
腕白な無敵の五歳児。

〇陽光の少し眩しく毛糸編む
ひかりたっぷりの窓際。

〇来客のポインセチアに触れて去る
なんとなく~。

〇来客の気配に起きる炬燵かな
気配というのは侮れない。

〇来賓は隣のオヤジ帰り花
ずいぶんと近い来賓。w

〇完璧な旅の復路の冬日かな
ゆっくりと旅の余韻に浸ります。

〇手袋を合掌させて仕舞ひけり
持ち主の性格まで見えてくる。

〇助手席にポインセチアとポメラニアン
ポメラニアンの名前はポニー。

〇暮らしの灯小さく点す聖夜かな
日常と非日常と。

〇柚子湯出てひとりひとりのからだかな
湯上りの湯気と柚子の香りがほのと。
 

選句しました。

 投稿者:百花  投稿日:2016年12月27日(火)22時16分34秒
  〇バーカウンターの奥の聖樹のよく揺るる
何せ、狭いので。

〇一応は謝つておく海鼠かな
社交術。。。学ばせていただきます。

〇「あ」と言つて斜陽はじまる冬ごもり
なんだかショックな詠みぶりです。

〇来客のポインセチアに触れて去る
ご機嫌でお帰りです。

〇来客の気配に起きる炬燵かな
女来と帯纏き出づる・・・

〇来週の次は来年クリスマス
ほんとに。

〇来賓は隣のオヤジ帰り花
ピシっと背広着てたので分からなかった、とか。

〇来々軒まで小走りのちやんちやんこ
来々軒が決まっていますね。

〇ジャンパーを脱いで柔道整復師
彼が柔道二段以上なのは確か。

〇さよならの色てのひらの龍の玉
指先ではなく掌へ置くとおセンチに。

〇右側が利き腕なのか枯蟷螂
大きな腕を振ってはいますが腕でしたか。

〇手袋を合掌させて仕舞ひけり
合掌という言葉をこんな風に使うなんてすてき。

〇凩の残党帰るアジトなし
もう堅気になりなさい。
 

選句しました

 投稿者:けんじ  投稿日:2016年12月27日(火)21時30分26秒
  ○バーカウンターの奥の聖樹のよく揺るる
なんか落ち着かない店ですね。

○声一つ吐き棄て寒き鴉かな
無頼、常に一匹狼を気取っているのか。

○一円までくずしてもらふ年の暮
年末にお釣りを貰いたくない気持ち、わかります。

○湯ざめして陽気な歌を聞いてゐる
新年早々寝込まないように気をつけましょう。

○陽光の少し眩しく毛糸編む
よく見えなくても手が覚えています。

○雪女陽気なふりをしてゐたり
油断大敵。だまされませんよ。

○裸木を擦り傷の膝抜けて来し
寒風になった気分。

○来客のポインセチアに触れて去る
何か言い残したことがありそうな。

○来客の気配に起きる炬燵かな
なぜかわかります。

○来客を装つてゐる師走かな
つい忙しいふりをしてしまいます。

○復活を拒むものなき時雨かな
悪しきものでなければいいですが。

○侘助や一番弟子と名乗りたり
あくまで自称。

○凩の残党帰るアジトなし
これまた一匹狼。
 

選句しました

 投稿者:由季  投稿日:2016年12月27日(火)18時35分41秒
  ○プードルの刈られし胴や降誕祭
「胴」が寒々しさを実感させます。

○一応は謝つておく海鼠かな
誰に何を誤るのか不明ですが海鼠ならでは。

○煤逃げの一案として観覧車
案だけで終わりそうな気もします。

○陽光の少し眩しく毛糸編む
眩しいけれど心地よい。

○陽性の何かが腹にクリスマス
栄養がすごくありそう。

○格子戸に来客の影花八ツ手
昭和の歳末の風情です。

○雪女陽気なふりをしてゐたり
雪女も大変なのですね。

○来客のポインセチアに触れて去る
色彩が見えます。

○ジャンパーを脱いで柔道整復師
頼りになりそうです。

○雪踏んでマンモス復元の話など
雪とマンモスは近い関係。

○右側が利き腕なのか枯蟷螂
じっさいは全部脚ですがそういえばそんな仕草に思えます。

○手袋を合掌させて仕舞ひけり
まだ少し手のふくらみが残っている。

○柚子湯出てひとりひとりのからだかな
湯上りのからだの存在感があります。
 

選句しました。

 投稿者:洋子  投稿日:2016年12月27日(火)18時24分49秒
  ◯声一つ吐き棄て寒き鴉かな

そういえばさいきん鴉見かけてない。

◯陽光の少し眩しく毛糸編む

チョッキ編みたい。

◯陽性の何かが腹にクリスマス

不吉なかたまり発見。

◯格子戸に来客の影花八ツ手

神楽坂あたりの粋筋でしょうか。

◯裸木を擦り傷の膝抜けて来し

白息の半ズボン少年がつぎつぎと。

◯来客のポインセチアに触れて去る

なんだか上機嫌でかえるお客さま。

◯来客の気配に起きる炬燵かな

あ。来たかも。

◯さよならの色てのひらの龍の玉

龍の玉!スゥイート。

◯そしてまた緋寒桜が咲いたのです

変化のないことがうれしい。

◯右側が利き腕なのか枯蟷螂

ぽきって折れそうな気配。

◯手袋を合掌させて仕舞ひけり

手袋のかたちってよく見るとセイントな気がする。

◯助手席にポインセチアとポメラニアン

昭和のハイカラ感。ケンとメリーのスカイラインかな。

◯柚子湯出てひとりひとりのからだかな

からだに歴史あり。
 

選句です。

 投稿者:苑を  投稿日:2016年12月27日(火)13時31分12秒
  ○しんがりの一騎猛然冬木立
つぎつぎと追い抜く様がとにかく格好いい。

○プードルの刈られし胴や降誕祭
あれはなんというか寒々しくて哀しい。生きとし生けるものすべてに平安がありますように。

○煤逃げの一案として観覧車
思ってみるだけで回り始める観覧車。

○冬鳥の声の明るさ陽の中に
目にはいるのは冬の明るさだけ。

○来客のポインセチアに触れて去る
あらってだけなんだろうけど、ドラマを感じる。

○来週の次は来年クリスマス
おお、そうだね。

○来々軒まで小走りのちやんちやんこ
らいらいちゃんちゃん、小走りだね。

○霙るるや来来軒の岡持へ
岡持の中身は温かいから一層寒そう。

○雪踏んでマンモス復元の話など
雪にマンモス。なんか大きくていい。

○復興の声響かせて里神楽
ストレートで素直な詠みぶりが今年の納めに相応しい。

○さよならの色てのひらの龍の玉
龍の玉で押さえたところがなかなか。

○侘助や一番弟子と名乗りたり
自分から。でも侘助だから嫌みがない。

○凩の残党帰るアジトなし
この世代への鎮魂として謹んでとらせていただきます。

 

選句です

 投稿者:松本てふこ  投稿日:2016年12月27日(火)02時35分2秒
  ★プードルの刈られし胴や降誕祭
寒々しさとめでたさ。

★一行のセリフ何度もカーペット
チョイ役だって頑張っている。

★煤逃げの一案として観覧車
いい案。「煤逃げ」は楽しい季語だって最近知りました。

★「あ」と言つて斜陽はじまる冬ごもり
印象深い冒頭の「あ」。冬に読むにはいいかも。

★湯ざめして陽気な歌を聞いてゐる
陽気なのは結構だけれど私の体を温めてくださいよ、と言うことかしら。

★陽光の少し眩しく毛糸編む
軽いまどろみ。

★通天閣全容見えて寒波来る
漢字を多く使って硬質なイメージを作り上げている。

★霙るるや来来軒の岡持へ
「へ」なのかなあという気もするのですが、
動きが印象づけられるから正解な気もしますね。

★復唱を遮つてゐし寒鴉
寒鴉の圧倒的存在感。

★明けぬれば雪の復路となりにけり
箱根だ!!!!

★さよならの色てのひらの龍の玉
「さよなら」「てのひら」の脚韻がキマっている。

★手袋を合掌させて仕舞ひけり
なんということはない景色だけど、
こう言い表すことによって現れる聖性。

★侘助や一番弟子と名乗りたり
侘助がしぶい。すっごくしぶい。
 

選句しました。

 投稿者:あんこ  投稿日:2016年12月26日(月)21時28分5秒
  〇一応は謝つておく海鼠かな
不承不承? 海鼠のどうしようもなさ加減がいい。

〇冬鳥の声の明るさ陽の中に
寒いからか、声がことさら明るく感じられるのでしょうか。
その発見が、さらに陽の中としたことで、鮮明になります。

〇落陽に寄り添ふやうに冬菫
可憐で淋しい。

〇雪女陽気なふりをしてゐたり
恐いのか? 芸人みたいな雪女なのか?
実体が見えるような見えないような。

〇来々軒まで小走りのちやんちやんこ
白息を吐きながら、懐かしい感じ。

〇ジャンパーを脱いで柔道整復師
施術に入るのか。腕前の程は。

〇雪踏んでマンモス復元の話など
その後ろにマンモスがいそうな感じがするのは、雪を踏む音が聴こえるからだろうか。

〇右側が利き腕なのか枯蟷螂
着眼点が面白かったです。不気味な生命感。

〇手袋を合掌させて仕舞ひけり
手袋を重ねただけだと思いますが、こういう視点で言われると
面白いなあと思うのです。

〇助手席にポインセチアとポメラニアン
字面のよさとリズムのよさ、映像の良さ。

〇暮らしの灯小さく点す聖夜かな
いかにも聖夜の句ですが、しみじみ沁みます。

〇柚子湯出てひとりひとりのからだかな
柚子湯という季語が、よく効いています。

〇侘助や一番弟子と名乗りたり
侘助で、古式ゆかしい道場を思い浮かべました。
 

選句

 投稿者:海太  投稿日:2016年12月26日(月)01時58分17秒
  ◯クリスマスカード毎年一人から
継続は惰性なり。

◯有線にさくらと一郎こつごもり
昭和も遠くなりにけり。

◯一円までくずしてもらふ年の暮
一円玉の旅がらす。

◯湯ざめして陽気な歌を聞いてゐる
ランバダで妊娠。

◯かいつぶり神父と樵来てゐたり
辛労神父。

◯雪女陽気なふりをしてゐたり
うちら陽気な鹿嶋市娘。

◯来客のポインセチアに触れて去る
ポインは赤ちゃんが吸うためにあるんやでぇ、
お父ちゃんのもんと違うのんやでぇ。

◯山頂へ往復切符日短
片道切符で遭難です。

◯癇にさはる花がら復活クリスマス
イブの夜の花柄パンティ。

◯右側が利き腕なのか枯蟷螂
私の枯れは右利き。

◯手袋を合掌させて仕舞ひけり
お袋も合掌させてしまったの。

◯特大の鏡餅なり自撮り棒
三大自撮→比内ぢどり薩摩ぢどり泉ちどり。

◯凩の残党帰るアジトなし
凩の残党、シリーズ化。
 

選句です。

 投稿者:月犬  投稿日:2016年12月25日(日)16時07分30秒
  ゆかりさん、ファイルよろしく。

◯しんがりの一騎猛然冬木立
 勢いある句。競馬だろうか。そういえば今日は有馬記念か。競馬はやらないけど、有馬記念くらいは知っている:笑

◯バーカウンターの奥の聖樹のよく揺るる
 破調なれど、気にならないね。

◯プードルの刈られし胴や降誕祭
 降誕祭とプードルが意外とマッチしているのが不思議。

◯有線にさくらと一郎こつごもり
 ひゃー、地味古いね。

◯「あ」と言つて斜陽はじまる冬ごもり
 あ。

◯かいつぶり神父と樵来てゐたり
 神父と木樵がなんの相談をしているのか、来年のモミの木の手配か。

◯通天閣全容見えて寒波来る
 大阪知らない。行ったこともない。そんなものなのか、通天閣って。

◯来賓は隣のオヤジ帰り花
 可笑しい。あれは隣のオヤジだったのか、澄ましてやがらあ。

◯来々軒まで小走りのちやんちやんこ
 ついでに懐手して、足には女物のサンダル。

◯癇にさはる花がら復活クリスマス
 癇にさはるなんて言葉、俳句で初めてお目にかかった。

◯そしてまた緋寒桜が咲いたのです
 そうですか、咲いたのですか。

◯柚子湯出てひとりひとりのからだかな
 ひとりひとりのからだという発見が素晴らしい。

◯凩の残党帰るアジトなし
 共産同凩派。ってありそうね、かっこつけだから。
 

選句です

 投稿者:ゆかり  投稿日:2016年12月25日(日)12時40分5秒
  ○クリスマスカード毎年一人から
 何かのきっかけで一人だけ外国人の知り合いがいたりしますよね。とりあえず飾ったりしそうです。

○一葉忌まづ前略と認める
 お金の無心でしょうか。

○陽性の何かが腹にクリスマス
 こう書かれると「陽性」ってずいぶん楽しいもののような気がします。

○雪女陽気なふりをしてゐたり
 雪女って商売なのでしたっけ。この雪女はそうなのかも知れません。

○裸木を擦り傷の膝抜けて来し
 真冬なのに半ズボンの少年っていましたよね。

○来客のポインセチアに触れて去る
 刑事のようでもあります。

○来週の次は来年クリスマス
 年の瀬ですね。

○ジャンパーを脱いで柔道整復師
 違う服装をしていると、誰だか気づくのに時間がかかりますよね。

○さよならの色てのひらの龍の玉
 俳句的断定ですね。

○たつぷりと漆喰の白みそさざい
 漆喰の質感とみそさざいの取り合わせがいいですね。

○手袋を合掌させて仕舞ひけり
 しまうとき、私だったら口を合わせて折り込んでばらばらにならないようにしますが、それで厚みが出るのを嫌う人は合掌させるのでしょう。

○柚子湯出てひとりひとりのからだかな
 銭湯でしょうか。

○侘助や一番弟子と名乗りたり
 花の名にしては人名のような面白さをうまくすくっていますね。

 

選句です。

 投稿者:なむ。  投稿日:2016年12月25日(日)09時52分20秒
  ◎プードルの刈られし胴や降誕祭
プードルをプードルたらしめる、あのカット。

◎煤逃げの一案として観覧車
それも一案。

◎有線にさくらと一郎こつごもり
ヒエー懐かしい。

◎「あ」と言つて斜陽はじまる冬ごもり
この「あ」はいい。

◎花八手陽気な祖母がハミングす
きよしこの夜。

◎陽光の少し眩しく毛糸編む
よきかな。

◎陽性の何かが腹にクリスマス
俳句なんかやってる場合じゃない、早く病院に行け。

◎来し方も行く末も空つ風まかせ
空っ風まかせ、発見です。

◎来客の気配に起きる炬燵かな
不精もの。

◎失ひしデータ復元せず寒月
あーあ、辛い。

◎復興の声響かせて里神楽
採るしかない。

◎手袋を合掌させて仕舞ひけり
脱いだかたち。

◎柚子湯出てひとりひとりのからだかな
同じような柚子それぞれの浮き方と、にんげんのからだの対比、とても面白い句です。
 

選句

 投稿者:朝比古  投稿日:2016年12月25日(日)08時26分4秒
  ☆クリスマスカード毎年一人から
 律儀な人。一生のお付き合い。

☆ぬくぬくの毛皮のついた一張羅
 寒い日はこれ。

☆バーカウンターの奥の聖樹のよく揺るる
 エアコンの前。

☆一応は謝つておく海鼠かな
 そのあと美味しく頂く。

☆湯ざめして陽気な歌を聞いてゐる
 ハッピークリスマス。

☆エントツが無くてもサンタさん来るよ
 マンションだから。

☆雪女陽気なふりをしてゐたり
 健気だなぁ。こういうやせ我慢的美意識、男はほろりと来る。

☆来客のポインセチアに触れて去る
 さらりと。

☆来週の次は来年クリスマス
 虚を突かれた感。ほどよく脱力。

☆失ひしデータ復元せず寒月
 明日からひとつひとつ手作業で。

☆復習の音楽室や日短か
 音楽室の郷愁。

☆さよならの色てのひらの龍の玉
 あれがさよならの色だったのか。腑に落ちた。

☆侘助や一番弟子と名乗りたり
 師弟愛。
 

一陽来復句会・投句一覧

 投稿者:ゆかり  投稿日:2016年12月25日(日)01時35分23秒
  お待たせしました。投句一覧です。

【一】(長音記号可)
クリスマスカード毎年一人から
しんがりの一騎猛然冬木立
ぬくぬくの毛皮のついた一張羅
バーカウンターの奥の聖樹のよく揺るる
プードルの刈られし胴や降誕祭
一応は謝つておく海鼠かな
一行のセリフ何度もカーペット
一掴みされてしまひし霜柱
一葉忌まづ前略と認める
一陽来復うすうすと青き朝
声一つ吐き棄て寒き鴉かな
煤逃げの一案として観覧車
有線にさくらと一郎こつごもり

【陽】
「あ」と言つて斜陽はじまる冬ごもり
一円までくずしてもらふ年の暮
花八手陽気な祖母がハミングす
斜陽館主屋西側煤払
太陽が北風よりも明るくて
冬鳥の声の明るさ陽の中に
冬凪や犬つれて来し陰陽師
湯ざめして陽気な歌を聞いてゐる
陽がさせば白鳥の頸うねるかな
陽気な祖父紙漉く時の無言劇
陽光の少し眩しく毛糸編む
陽性の何かが腹にクリスマス
落陽に寄り添ふやうに冬菫

【来】
エントツが無くてもサンタさん来るよ
かいつぶり神父と樵来てゐたり
格子戸に来客の影花八ツ手
雪女陽気なふりをしてゐたり
通天閣全容見えて寒波来る
裸木を擦り傷の膝抜けて来し
来し方も行く末も空つ風まかせ
来館の時間は自由冬うらら
来客のポインセチアに触れて去る
来客の気配に起きる炬燵かな
来客を装つてゐる師走かな
来週の次は来年クリスマス
来賓は隣のオヤジ帰り花
来々軒まで小走りのちやんちやんこ
霙るるや来来軒の岡持へ

【復】
クリスマスソングの街を往復す
ジャンパーを脱いで柔道整復師
完璧な旅の復路の冬日かな
山頂へ往復切符日短
失ひしデータ復元せず寒月
雪踏んでマンモス復元の話など
復活を拒むものなき時雨かな
復興の声響かせて里神楽
復習と予習のあはひ根深汁
復習の音楽室や日短か
復唱を遮つてゐし寒鴉
明けぬれば雪の復路となりにけり
癇にさはる花がら復活クリスマス

【当季雑詠】
さよならの色てのひらの龍の玉
そしてまた緋寒桜が咲いたのです
たつぷりと漆喰の白みそさざい
右側が利き腕なのか枯蟷螂
手袋を合掌させて仕舞ひけり
助手席にポインセチアとポメラニアン
真夜中のメールくるくる巻く毛布
特大の鏡餅なり自撮り棒
暮らしの灯小さく点す聖夜かな
柚子湯出てひとりひとりのからだかな
老眼や更けてかがよふ天狼星
侘助や一番弟子と名乗りたり
凩の残党帰るアジトなし

(以上)

13句選(特選、逆選なし)
選句締切:12月28日(水)23時(JST)
            ↑
 ★集計の方のご負担を考慮し時間を繰り上げました。
投稿先:みしみし第二
http://6911.teacup.com/3434/bbs
(返信とかスレッドとか難しいことを考えないで、そのまま書き込んで下さい。)

題に関わらず全体から選句数分選句にてお願い致します。
★★★整理の都合上、句の順番はそのままにして下さい。★★★
(人力で集計しているので、順番を変えられるとほんとに大変なんです!!!)

ではよろしくお願い致します。
 

削除しました

 投稿者:ゆかり  投稿日:2016年12月25日(日)00時24分17秒
  看過できない書き込みがありましたので、管理人が削除しました(^^);
よろしくお願いします。
投句一覧、しばしお待ち下さい。
 

一陽来復句会・ご案内

 投稿者:ゆかり  投稿日:2016年12月21日(水)22時31分22秒
  出題です。

【一】(長音記号可)
【陽】
【来】
【復】
【当季雑詠】(何句でも。無季可。他季不可)

投句締切:12月24日(土)24:00(JST)
投句宛先:掲示板http://6911.teacup.com/3434/bbs
     下の方の「管理者へメール」からお願いします。

★整理の都合上、俳句の行には俳句以外の題とか記号とか俳号とか本名とかを
 書かないで下さい。
 また、空白行や題の行を置かず出題順に左詰で列挙願います。
 メールアドレスだけだとどなたか分らないので、★タイトルに俳号とか本名とか
お書き添えください。

この句会は互選です。投句のみ、選句のみの参加はご遠慮下さい。

 よろしくどうぞ。
 

保存容器句会結果発表

 投稿者:月犬  投稿日:2016年12月21日(水)21時02分28秒
  保存容器句会結果発表です。間違いありましたらご一報ください。


カーテンに冬日の当たる保健室    苑を  朝あ百海由亜洋ゆ
存分にひらきて椿落ちにけり     苑を  朝む百海て亜け
容赦なき雨の下なる石蕗の花     苑を
歳末や大器晩成とか言つて      苑を  百
赤いきつね緑のたぬき雪降れり    苑を  む百ゆ

若干の保温効かせて山眠る      なむ  亜
蓋を取るわが一存を待つおじや    なむ  け
着ぶくれの容積率を抱きとめる    なむ
炬燵から猫の食器と靴下と      なむ  あ百て亜け
凩の残党とのみ遺し死す       なむ  海

山眠る白く被ける保安林       百花
存るといふものを馬槽に冬三つ星   百花
はたき振るその玉容も十二月     百花
和のうつは洋の器や年用意      百花  む由苑
百歳の母の味見や年用意       百花  朝あ海亜洋

浮寝鳥なにかを保ちつつ吹かれ    朝比古 ゆ
存在を消したるごとく浮寝鳥     朝比古 あ亜洋け
容体を知らされてゐて花八手     朝比古
器から器に移し玉子酒        朝比古 由苑亜洋
霜の夜のパックの顔を剥がしけり   朝比古 あて亜

保育園児の保護者竹馬にて確保    海太  ゆけ
存外とは異存体質の海鼠の保存    海太
容姿良し許容範囲のねぶか受容    海太
器量なら名器の部類蒟蒻手淫器    海太

湯ざめしておとうとの保湿クリーム  洋子  て
虎の子なぞ知らぬ存ぜぬ水っ洟    洋子  む海
着ぶくれて嘴容れてゐたりけり    洋子  む由
かまど猫やきもちやきの土器づくり  洋子  あけ
踏切のむかう側から冬の靄      洋子  百苑ゆ

毛布ごと子を抱く夜間保育園     あんこ 朝む百て苑亜け
存分に話して締めの雑炊へ      あんこ 由て苑洋け
形容のできぬ関係冬木立       あんこ
枕辺の加湿器小さく今日のこと    あんこ て
貝殻の内の虹色クリスマス      あんこ 朝む由て苑洋

鮟鱇の顎の形の保たるる       けんじ 朝む百海由苑ゆ
年用意既存のもので間に合わす    けんじ 朝由ゆ
容赦なくジャンパーに腕通しをり   けんじ
聴診器仕組み単純玉子酒       けんじ 由
居心地の悪さうにをりインバネス   けんじ 朝あて

冬うらら保温クリームよく伸びて   亜紀  ゆ
存外の雪の量なり銀行員       亜紀  あ海由て苑洋
容量の中に星星聖樹の灯       亜紀  け
おでん種空の容器を携へて      亜紀  あゆ
毛糸いまほぐし終へたる真夜の窓   亜紀  け
皿全部拭いてしまひぬクリスマス   亜紀  朝あてけ
冬晴へ紙飛行機を一斉に       亜紀  む百洋

保健室から木守柿よく見ゆる     てふこ 朝百亜
『存在と時間』の上のみかんかな   てふこ む
美容整形終へて熊手を買ひに来る   てふこ 朝百海由洋
クリスマスイブの天使に性器あり   てふこ ゆ
石蕗咲くや密会に要る老眼鏡     てふこ 海由苑洋ゆ

浮寝鳥保管日数過ぎてをり      由季  け
存続となりし餅搗伸びる餅      由季  亜
競技場雪の容器となつてゐる     由季  朝む百海て苑洋ゆ
極月や煤の跡ある火焔土器      由季  む苑
雪もよひ洗つて返す器かな      由季  あ苑亜洋

松平容保眠る息白し         ゆかり
ぞんざいな存在として年の暮     ゆかり
松平容保しかと鷹放つ        ゆかり あ海
父のゐて安全器飛ぶ年の暮      ゆかり 海
窓のある建築窓のない師走      ゆかり
 

選句しました

 投稿者:けんじ  投稿日:2016年12月21日(水)20時33分36秒
  ◯浮寝鳥保管日数過ぎてをり
凄く縮んている、あるいは巨大化しているので気をつけて。

◯保育園児の保護者竹馬にて確保
超高速な竹馬とか。急には止まれなさそう。

◯毛布ごと子を抱く夜間保育園
やっと寝たので起こさないように。

◯蓋を取るわが一存を待つおじや
よくわからない駆け引き。でも焦げてしまったので鍋の勝ち。

◯存在を消したるごとく浮寝鳥
会議中とかにやってみたい。

◯存分にひらきて椿落ちにけり
さあ存分に開くがいい、と鉄人が言う。

◯存分に話して締めの雑炊へ
さあ存分に話すがいい、というかそろそろ帰りますよ。

◯容量の中に星星聖樹の灯
聖樹の星って大きいけどスカスカなので、ということでしょうか。

◯かまど猫やきもちやきの土器づくり
何かもたつきますがそれがいいような。

◯炬燵から猫の食器と靴下と
ほかにもいろいろ見つかりそうです。

◯皿全部拭いてしまひぬクリスマス
ということで、すべて紙皿か食器持ち寄りでお願いします。

◯毛糸いまほぐし終へたる真夜の窓
これが毛糸玉になる頃には朝になります。
 

選句です

 投稿者:ゆかり  投稿日:2016年12月21日(水)20時17分21秒
  ○カーテンに冬日の当たる保健室
 安全な駆け込み先としての保健室のなにごともなさ、とでもいうべきものを感じます。

○冬うらら保温クリームよく伸びて
 冬うらら感があります。

○浮寝鳥なにかを保ちつつ吹かれ
 「なにかを保ちつつ」がうまいような、ずるいような…。

○保育園児の保護者竹馬にて確保
 なにが主語なのかわざと分かりにくく書いてあるけど、「確保」という警察用語みたいなのが楽しいですね。

○鮟鱇の顎の形の保たるる
 つり下げられてぶち切られたあとの顎でしょうか。

○年用意既存のもので間に合わす
 「既存」という固い言葉が意外にして飄逸ですね。

○競技場雪の容器となつてゐる
 エンデの『モモ』では競技場を耳と見立てていたけど、雪の容器という見立ても同じくらいインパクトがありますね。

○おでん種空の容器を携へて
 往年のおでんの屋台でしょうか。「おでん種」としたところが、いいのか悪いのか…。

○クリスマスイブの天使に性器あり
 あれは性器ではないことにするために包茎なのだという突っ込みを当然予想した断定なのでしょうね。

○石蕗咲くや密会に要る老眼鏡
 ううう、切ない。

○赤いきつね緑のたぬき雪降れり
 カラフルですね。これでクリスマスを迎えることもできそう。(哀しすぎる…)

○踏切のむかう側から冬の靄
 踏切の向こうは異界なのですね。


 

選句しました。

 投稿者:洋子  投稿日:2016年12月21日(水)19時02分9秒
  ◯カーテンに冬日の当たる保健室

冬日にゆれる白いカーテンがなにか眩しい。

◯存外の雪の量なり銀行員

雪のなかをてくてくとお金を貸しにゆくんでしょうか取り立てに行くんでしょうか。

◯存在を消したるごとく浮寝鳥

今オーラけしてます。

◯存分に話して締めの雑炊へ

まだまだ話たりないもう一軒行こう。

◯競技場雪の容器となつてゐる

しんしんとぽっかり。

◯美容整形終へて熊手を買ひに来る

ドスコイ感あり。暮らしを楽しんでいるひと。

◯器から器に移し玉子酒

こういうやりとりいいですね。

◯貝殻の内の虹色クリスマス

ひっそりとすてきなクリスマス。

◯石蕗咲くや密会に要る老眼鏡

なにかと眼鏡がないとね。

◯雪もよひ洗つて返す器かな

なんか雪もよひがいいですね。

◯冬晴へ紙飛行機を一斉に

それぞれどこに着地するかな。

◯百歳の母の味見や年用意

百歳のベロ!健在。
 

選句します

 投稿者:亜紀  投稿日:2016年12月21日(水)17時36分12秒
  ○カーテンに冬日の当たる保健室
柔らかく暖かい日差しですね。

○若干の保温効かせて山眠る
熟睡の基本ですね。

○保健室から木守柿よく見ゆる
窓をぼお~っと見ているのですね。

○毛布ごと子を抱く夜間保育園
毛布ごとに慈愛。

○存在を消したるごとく浮寝鳥
たゆたふ感半端ない。

○存続となりし餅搗伸びる餅
年末はこれがなくてはね。

○存分にひらきて椿落ちにけり
美しきままに。

○器から器に移し玉子酒
少しずつ冷まして。

○炬燵から猫の食器と靴下と
身に覚えのないものが次から次と。

○雪もよひ洗つて返す器かな
ていねいに洗ってお返し。

○霜の夜のパックの顔を剥がしけり
パックを剥がしてあとはしっとり。

○百歳の母の味見や年用意
まづはご意見番の意見を聞いて
 

選句です。

 投稿者:苑を  投稿日:2016年12月21日(水)11時35分48秒
編集済
  ○毛布ごと子を抱く夜間保育園
暖かさと切なさと。

○鮟鱇の顎の形の保たるる
実に鮟鱇。

○存外の雪の量なり銀行員
銀行員の唐突さがとてもいい。外でも掃いているのか、仕事で外回りか、なんだかわからないけど。

○存分に話して締めの雑炊へ
満足感、いいですね。

○競技場雪の容器となつてゐる
これは見えます。誰もいない雪の競技場って魅力的です。

○器から器に移し玉子酒
作るのも器。飲むのも器。玉子酒ですね。

○極月や煤の跡ある火焔土器
極月にある厳しさのようなもの。

○和のうつは洋の器や年用意
いかにも日本の年用意。

○貝殻の内の虹色クリスマス
素敵なクリスマスの句です。

○石蕗咲くや密会に要る老眼鏡
石蕗のおかげで悪徳感がなくなるんだなァ。

○雪もよひ洗つて返す器かな
きちんと洗って。よい関係になるのです。

○踏切のむかう側から冬の靄
踏切という郷愁。

 

選句です。

 投稿者:松本てふこ  投稿日:2016年12月21日(水)01時27分48秒
  ◯湯ざめしておとうとの保湿クリーム
色気づいてるのか、ただの乾燥肌か。
姉か、母の視点ですかね。

◯毛布ごと子を抱く夜間保育園
子供に摑まるように抱きつくことで、
疲れる日々を持ちこたえる親の姿。

◯存外の雪の量なり銀行員
銀行員の存在感が可笑しい。

◯存分にひらきて椿落ちにけり
春の季語なので選ぶか迷いましたが、
「存分にひらく」という表現が一番似合うのは
椿だな、と思ったので。

◯存分に話して締めの雑炊へ
たくさん話して、食べて、
最後はやっぱりお米食べなきゃね、という。
忙しい時期だけどしっかり時間を取った、
いい集まりだったことがわかる。

◯競技場雪の容器となつてゐる
きれい!
ヨーロッパのサッカースタジアムを連想しました。

◯枕辺の加湿器小さく今日のこと
見舞いの風景でしょうか。
見舞われている側は眠っているのかしら。

◯炬燵から猫の食器と靴下と
暮らしの中からの把握だなと感じます。

◯貝殻の内の虹色クリスマス
心が浮き立つ、綺麗な取り合わせ。

◯居心地の悪さうにをりインバネス
豪華に装っている人を何となく可哀想なシチュエーションに
放り込みたくなる気持ち、分かります。

◯皿全部拭いてしまひぬクリスマス
張り切っている…明らかに張り切っている…
さあ来いサンタクロース!という気持ちなのでしょうか。

◯霜の夜のパックの顔を剥がしけり
顔を剥がす、という思い切った表現にはっとします。
 

選句しました

 投稿者:由季  投稿日:2016年12月20日(火)23時37分51秒
  ○カーテンに冬日の当たる保健室
典型的な光景ではありますがよい感じ。

○鮟鱇の顎の形の保たるる
吊られても、ということでしょうか。凄まじいです。

○存外の雪の量なり銀行員
銀行の前はいちはやく雪掻きされます。

○存分に話して締めの雑炊へ
お腹も満たされ満足。

○年用意既存のもので間に合わす
だんだんそうなります。あえて言ってみる可笑しさ。

○着ぶくれて嘴容れてゐたりけり
そういえば鳥のあの仕草ににています。

○美容整形終へて熊手を買ひに来る
淡々と並列されているところが怖いような。

○器から器に移し玉子酒
どんな器か目に浮かびます。

○聴診器仕組み単純玉子酒
そう言われればそんな気もします。

○和のうつは洋の器や年用意
日本の家庭はこんな感じです。

○貝殻の内の虹色クリスマス
綺麗なものでまとめた。

○石蕗咲くや密会に要る老眼鏡
細部まで見ない方がいい気もしますが。
 

選句

 投稿者:海太  投稿日:2016年12月20日(火)09時15分50秒
  ◯カーテンに冬日の当たる保健室
サボリ。

◯鮟鱇の顎の形の保たるる
ブラリ。

◯虎の子なぞ知らぬ存ぜぬ水っ洟
ズラリ。

◯存外の雪の量なり銀行員
ビックリ。

◯存分にひらきて椿落ちにけり
ポタリ。

◯競技場雪の容器となつてゐる
スッカリ。

◯松平容保しかと鷹放つ
カタモリ。

◯美容整形終へて熊手を買ひに来る
バッチリ。

◯父のゐて安全器飛ぶ年の暮
スルリ。

◯石蕗咲くや密会に要る老眼鏡
ジックリ。

◯百歳の母の味見や年用意
ユックリ。

◯凩の残党とのみ遺し死す
ポックリ。
 

選句しました。

 投稿者:百花  投稿日:2016年12月19日(月)22時58分10秒
  〇カーテンに冬日の当たる保健室
カーテン引いてあることが保健室らしさに。

〇保健室から木守柿よく見ゆる
ベッドに寝た状態で見える木守柿の、位置感あり。

〇毛布ごと子を抱く夜間保育園
夜間が効いている。子は児のほうが。

〇鮟鱇の顎の形の保たるる
顎ですねえ。

〇存分にひらきて椿落ちにけり
椿は春の季語だけどすてき。

〇競技場雪の容器となつてゐる
その外側も雪だろうけれど。

〇美容整形終へて熊手を買ひに来る
整形したけれど見破られている。

〇歳末や大器晩成とか言つて
来年に期待。

〇炬燵から猫の食器と靴下と
猫は飼っていないけど靴下はよくある。

〇赤いきつね緑のたぬき雪降れり
うぬ。。色合いがすてき。

〇冬晴へ紙飛行機を一斉に
へをにが上手。

〇踏切のむかう側から冬の靄
心理的なもやもやが寄せて来るよう。
 

選句しました。

 投稿者:あんこ  投稿日:2016年12月19日(月)22時34分52秒
  ○カーテンに冬日の当たる保健室
静かな時間が流れます。

○存外の雪の量なり銀行員
銀行員の飛び方がいいですね。存外という言葉もしっくり。

○存在を消したるごとく浮寝鳥
そこにあって、ないような。確かに。

○松平容保しかと鷹放つ
かくかくと詠まれていて、カッコイイ。

○おでん種空の容器を携へて
いい風情。

○かまど猫やきもちやきの土器づくり
調べがいいし、音の重なりがイメージの重なりにもつながっている。

○炬燵から猫の食器と靴下と
いかにも炬燵。他にも何か紛れていそう。

○居心地の悪さうにをりインバネス
存在感があるような、ないような。

○皿全部拭いてしまひぬクリスマス
クリスマスディナーの楽しい終り。

○雪もよひ洗つて返す器かな
義母にでしょうか。

○霜の夜のパックの顔を剥がしけり
違う顔になっていそう。

○百歳の母の味見や年用意
今でもお母さんが味についてOKを出すのね、年用意では。
 

選句です。

 投稿者:なむ。  投稿日:2016年12月19日(月)09時11分33秒
編集済
  〇毛布ごと子を抱く夜間保育園
あ、可愛い。眠ってるちっちゃい子ってすごく熱いんだよね。思い出します、好感。

〇鮟鱇の顎の形の保たるる
ふむ。誰かに似ている鮟鱇。

〇『存在と時間』の上のみかんかな
画集の上には檸檬、ハイデッガーには蜜柑。似合うと思う。

〇虎の子なぞ知らぬ存ぜぬ水っ洟
虎の子、久しぶりな言葉。懐かしさに一票。

〇存分にひらきて椿落ちにけり
人間もかくありたい。

〇競技場雪の容器となつてゐる
言いえて妙。

〇着ぶくれて嘴容れてゐたりけり
確かに。

〇極月や煤の跡ある火焔土器
ありそう。

〇和のうつは洋の器や年用意
漢字とカナの書き分けが周到というべきなのか、やりすぎなのか。

〇貝殻の内の虹色クリスマス
美しいから採りますが、季語クリスマスはちと甘すぎるかも。

〇赤いきつね緑のたぬき雪降れり
コンビニ帰り、いいね。

〇冬晴へ紙飛行機を一斉に
素晴らしい。夢に見そう。
 

選句

 投稿者:朝比古  投稿日:2016年12月18日(日)13時38分45秒
  ☆カーテンに冬日の当たる保健室
 セピア色の保健室。甘酸っぱい郷愁。

☆保健室から木守柿よく見ゆる
 無機質なベッドの上で、思索にふけったりする。

☆毛布ごと子を抱く夜間保育園
 現代の一風景。

☆鮟鱇の顎の形の保たるる
 そうかあれは残置したのではなくて、保っていたのか。

☆存分にひらきて椿落ちにけり
 俳句的視点と詠いぶりのよろしさあり。上手。

☆年用意既存のもので間に合わす
 間に合うのならそれが一番。

☆競技場雪の容器となつてゐる
 なぜだか詩的な空間。

☆美容整形終へて熊手を買ひに来る
 まだ顔面に包帯を巻いていたりする。

☆貝殻の内の虹色クリスマス
 きれいな世界観。

☆居心地の悪さうにをりインバネス
 一家言あるはずなのに、言えない状況なのかも。

☆皿全部拭いてしまひぬクリスマス
 楽しい時は儚く終了。

☆百歳の母の味見や年用意
 いいお正月を迎えられそうな気がする。長生きの人が元気な姿って無条件でいいな。
 

保存容器句会・投句一覧

 投稿者:ゆかり  投稿日:2016年12月18日(日)13時13分32秒
  お待たせしました。投句一覧です。

【保】
カーテンに冬日の当たる保健室
山眠る白く被ける保安林
若干の保温効かせて山眠る
松平容保眠る息白し
冬うらら保温クリームよく伸びて
湯ざめしておとうとの保湿クリーム
浮寝鳥なにかを保ちつつ吹かれ
浮寝鳥保管日数過ぎてをり
保育園児の保護者竹馬にて確保
保健室から木守柿よく見ゆる
毛布ごと子を抱く夜間保育園
鮟鱇の顎の形の保たるる

【存】
『存在と時間』の上のみかんかな
ぞんざいな存在として年の暮
蓋を取るわが一存を待つおじや
虎の子なぞ知らぬ存ぜぬ水っ洟
存るといふものを馬槽に冬三つ星
存外とは異存体質の海鼠の保存
存外の雪の量なり銀行員
存在を消したるごとく浮寝鳥
存続となりし餅搗伸びる餅
存分にひらきて椿落ちにけり
存分に話して締めの雑炊へ
年用意既存のもので間に合わす

【容】
はたき振るその玉容も十二月
競技場雪の容器となつてゐる
形容のできぬ関係冬木立
松平容保しかと鷹放つ
着ぶくれて嘴容れてゐたりけり
着ぶくれの容積率を抱きとめる
美容整形終へて熊手を買ひに来る
容姿良し許容範囲のねぶか受容
容赦なき雨の下なる石蕗の花
容赦なくジャンパーに腕通しをり
容体を知らされてゐて花八手
容量の中に星星聖樹の灯

【器】
おでん種空の容器を携へて
かまど猫やきもちやきの土器づくり
クリスマスイブの天使に性器あり
器から器に移し玉子酒
器量なら名器の部類蒟蒻手淫器
極月や煤の跡ある火焔土器
歳末や大器晩成とか言つて
聴診器仕組み単純玉子酒
父のゐて安全器飛ぶ年の暮
枕辺の加湿器小さく今日のこと
和のうつは洋の器や年用意
炬燵から猫の食器と靴下と

【当季雑詠】
貝殻の内の虹色クリスマス
居心地の悪さうにをりインバネス
皿全部拭いてしまひぬクリスマス
石蕗咲くや密会に要る老眼鏡
赤いきつね緑のたぬき雪降れり
雪もよひ洗つて返す器かな
窓のある建築窓のない師走
霜の夜のパックの顔を剥がしけり
冬晴へ紙飛行機を一斉に
踏切のむかう側から冬の靄
百歳の母の味見や年用意
毛糸いまほぐし終へたる真夜の窓
凩の残党とのみ遺し死す

(以上)

12句選(特選、逆選なし)
選句締切:12月21日(水)23時(JST)
            ↑
 ★集計の方のご負担を考慮し時間を繰り上げました。
投稿先:みしみし第二
http://6911.teacup.com/3434/bbs
(返信とかスレッドとか難しいことを考えないで、そのまま書き込んで下さい。)

題に関わらず全体から選句数分選句にてお願い致します。
★★★整理の都合上、句の順番はそのままにして下さい。★★★
(人力で集計しているので、順番を変えられるとほんとに大変なんです!!!)

ではよろしくお願い致します。
 

保存容器句会・ご案内

 投稿者:ゆかり  投稿日:2016年12月18日(日)10時42分39秒
  只今投句十一名ですが、なんと私、掲示板に出題を書くのを失念していましたね。正午頃開けます。よろしくお願いします。

出題です。

【保】
【存】
【容】
【器】
【当季雑詠】(何句でも。無季可。他季不可)

投句締切:12月17日(土)24:00(JST)
投句宛先:掲示板http://6911.teacup.com/3434/bbs
     下の方の「管理者へメール」からお願いします。

★整理の都合上、俳句の行には俳句以外の題とか記号とか俳号とか本名とかを
 書かないで下さい。
 また、空白行や題の行を置かず出題順に左詰で列挙願います。
 メールアドレスだけだとどなたか分らないので、★タイトルに俳号とか本名とか
お書き添えください。

この句会は互選です。投句のみ、選句のみの参加はご遠慮下さい。

 よろしくどうぞ。
 

持続可能句会・作者発表

 投稿者:百花  投稿日:2016年12月14日(水)07時51分43秒
  持続可能句会・作者発表です。
早めの選句のご協力、ありがとうございました。


貧乏も持病のひとつ石蕗の花      なむ   月百けゆ海
続篇の主役はつまり雪の駅       なむ
一府二県の認可携へ河豚調理      なむ
その一味ですが能ある鷹の爪      なむ
熱燗の首もて寿限無寿限無する     なむ   け

着ぶくれて所持品検査の水曜日     月犬   亜け
枯野へと続く道なり車椅子       月犬
可憐とはいへども淋し冬菫       月犬
能面の裏黒々と積もる雪        月犬   朝あ亜
風花が交番に舞ふ午後だった      月犬   朝あ洋け

持ち込みしワインの空に雪明り     あんこ
冬うらら古墳へ道の続きをり      あんこ  亜
ペット可の部屋を見にゆく花八手    あんこ  月むせ亜けゆ由海
能力を疑はれたる鎌鼬         あんこ
兎うさぎ少し不思議なまなこして    あんこ  洋

左手に持ち替へてゐる海鼠かな     朝比古  百せ亜洋ゆ由
手続の後のサンタクロースかな     朝比古  月けゆ由
室咲の半可なひとつ愛でてをり     朝比古  む百
綿虫の本能きらりきらりかな      朝比古  あ由
短日や銀座に銀座らしき人       朝比古  百せあ亜けゆ海

冬萌や常時所持するハーモニカ     由季   月亜けゆ
続柄何と書かうかブロッコリ      由季   むあ洋ゆ海
許可されて入る枯野の広さかな     由季   朝月亜洋海
寒禽のこゑ使はれぬ能舞台       由季   あ海
赤蕪持つて生まれたものおほく     由季   洋
後続の五名冬田にさしかかる      由季   月せ亜洋ゆ

オカリナを密かに持ちてクリスマス   洋子   むあけ由
にお鳥や続・あの人の直筆展      洋子
着ぶくれてペット可の物件見てゐたり  洋子   月
ちゃんちゃんこ無能な人の気分かな   洋子   月百あけ由
ポインセチア背骨歪んでゐたりけり   洋子   あ

早口で痔疾地吹雪持統帝        海太   む
漏らしてもよき続柄襖ごし       海太   む百
欲といふ欠く可からざるもの枯木    海太   月
求めたる地力能力木の葉髪       海太   せ
不連続猥褻事件蒟蒻玉         海太   む洋
満開の樹氷に月光菩薩かな       海太   む百亜

持ち物はありませんよと山眠る     けんじ  百
ストーブを囲み続きの語らるる     けんじ  朝せ洋ゆ
不可逆なことばかりなり古日記     けんじ  月む百せ由
効能は一夜限りかクリスマス      けんじ  朝百亜
冬ざれやボブディランのやうな眉    けんじ  せあ洋

持ち物のひとつ手袋真くれなゐ     亜紀
続報を疑ふ耳の冷たさよ        亜紀   百せ海
続々と枯野へ向ふヘルメット      亜紀   朝月む百洋ゆ由海
小春日の増やしてゆける可動域     亜紀   朝ゆ由
能面の永続性を問ふ寒夜        亜紀   ゆ
富士山の冬夕焼や西新宿        亜紀
川に沿ふ歩道ゆらゆら冬の月      亜紀
録音の己が声聞く聖夜かな       亜紀   朝あ洋け由海

持ち前の根深の芯の堅さかな      百花   朝
うそ寒や続編として有る彼岸      百花   む由
セロリ噛み可はありがたき字なりけり  百花   あ
竜の玉能登に残れるゼウスの塔     百花   む
冬至梅ひらきて担ふ蕊の影       百花

持って来る葱は関東地方から      せせい  朝
続々と吉報凶報冬の夜         せせい  月亜
虎落笛可算名詞の焼肉か        せせい
能力の限界大根二個ほどの       せせい  朝け海
木枯らしは強し無理強いぜぬ様に    せせい

重ね着も持統天皇以来かな       ゆかり  せ
続々と替はる世の中花八手       ゆかり
可愛いは世界の言葉日向ぼこ      ゆかり
能力も実力もある寝酒かな       ゆかり  せ海
風邪なので鼻唄までで止めておく    ゆかり  朝せ由海
 

選句

 投稿者:海太  投稿日:2016年12月14日(水)04時20分58秒
  ◯貧乏も持病のひとつ石蕗の花
不治。

◯続々と枯野へ向ふヘルメット
残滓。

◯続柄何と書かうかブロッコリ
養子。

◯続報を疑ふ耳の冷たさよ
難局。

◯ペット可の部屋を見にゆく花八手
愛人。

◯許可されて入る枯野の広さかな
人工。

◯寒禽のこゑ使はれぬ能舞台
廃墟。

◯能力の限界大根二個ほどの
役者。

◯能力も実力もある寝酒かな
山頭火。

◯短日や銀座に銀座らしき人
シヅ子。

◯風邪なので鼻唄までで止めておく
音痴。

◯録音の己が声聞く聖夜かな
美紗。
 

選句です。

 投稿者:由季  投稿日:2016年12月13日(火)23時10分23秒
  ○オカリナを密かに持ちてクリスマス
チャンスがあればクリスマスソングでも。

○左手に持ち替へてゐる海鼠かな
どちらに持ち替えても気持ちのいいものではないです。

○うそ寒や続編として有る彼岸
前向きな捉え方のように思います。

○手続の後のサンタクロースかな
現実と夢のギャップ。

○続々と枯野へ向ふヘルメット
何故か仮面ライダーの対決シーンを思いました。

○ペット可の部屋を見にゆく花八手
他の条件があまりよろしくなかったりします。

○小春日の増やしてゆける可動域
増えてゆくことに希望があります。

○不可逆なことばかりなり古日記
確かにそうだなぁと。

○ちゃんちゃんこ無能な人の気分かな
なかなか悪くなさそう。

○綿虫の本能きらりきらりかな
光っていたのは本能だったのですね。

○風邪なので鼻唄までで止めておく
美声が聞けず残念。

○録音の己が声聞く聖夜かな
ちょっとした違和感が聖夜とあっている。
 

選句です

 投稿者:ゆかり  投稿日:2016年12月13日(火)22時40分38秒
  ○左手に持ち替へてゐる海鼠かな
 「げっ、キモい」とか言いながら持ち替えたのでしょうか。

○冬萌や常時所持するハーモニカ
 拳銃とかみたいなものを想起させる所持という言葉の選び方が落差を生んで楽しいですね。

○貧乏も持病のひとつ石蕗の花
 いえ、貧乏は神様のひとつです。

○ストーブを囲み続きの語らるる
 道中の話の続きなのか、食堂の話の続きなのか、浴場の話の続きなのか、いずれにせよ中心人物の話に一同耳を傾けているわけですね。読み手に任された空間設定の自由度がすてきです。

○手続の後のサンタクロースかな
 なんじゃ、手続きって…。税関で「申告するものはありません」とか言ってぐったりするサンタクロースなのか…。いや、いろいろあった日の最後の力を振り絞って家族のためにサンタクロースとなるのか。「手続」と「サンタクロース」の遠さだけでできていて、面白いです。

○続々と枯野へ向ふヘルメット
 不穏ですね。三里塚あたりでしょうか。工事現場ではないと思います。

○続柄何と書かうかブロッコリ
 不倫旅行でしょうか。

○ペット可の部屋を見にゆく花八手
 お、ついにお引っ越しでしょうか。

○小春日の増やしてゆける可動域
 まだ取り戻せます。季語がそう言っています。

○能面の永続性を問ふ寒夜
 これ、誰に問うているのでしょうね。自問なのか。

○後続の五名冬田にさしかかる
 先頭集団がいつもの足の遅くて口の悪い五人組を待っているような感じでしょうか。「五名」が妙に効いています。

○短日や銀座に銀座らしき人
 歴史のある街には、どんな職種にせよ「らしい」人がいるのでしょう。季語になんとも斜陽感があります。

 

選句しました

 投稿者:けんじ  投稿日:2016年12月13日(火)22時37分51秒
  ◯オカリナを密かに持ちてクリスマス
いつでもかくし芸が出来るよう準備してます。

◯着ぶくれて所持品検査の水曜日
いろいろとあらぬ疑いがかけられそう。

◯冬萌や常時所持するハーモニカ
いつ寂しくなってもいいように準備してます。

◯貧乏も持病のひとつ石蕗の花
特技でもあります。

◯手続の後のサンタクロースかな
パスポートとか検疫とか。

◯ペット可の部屋を見にゆく花八手
わくわく感が伝わります。

◯ちゃんちゃんこ無能な人の気分かな
これに炬燵があれば完璧です。

◯能力の限界大根二個ほどの
意外と能力が高いのか、ほどほどなのか。

◯短日や銀座に銀座らしき人
それっぽく見えます。

◯熱燗の首もて寿限無寿限無する
すると二本目を持ってきてくれるとかならいいな。

◯風花が交番に舞ふ午後だった
これがあの長い物語の始まりだった、なんて。

◯録音の己が声聞く聖夜かな
まさに他人。
 

選句しました。

 投稿者:洋子  投稿日:2016年12月13日(火)21時10分19秒
  ◯左手に持ち替へてゐる海鼠かな

もてあましてるのか遊んでるのか。

◯ストーブを囲み続きの語らるる

アルミのお弁当箱もならんでます。

◯続々と枯野へ向ふヘルメット

なんだなんだ。

◯続柄何と書かうかブロッコリ

続柄が曖昧ってたしかにブロッコリの気分。

◯許可されて入る枯野の広さかな

枯野に源泉でもあるのか?

◯後続の五名冬田にさしかかる

出発はいっしょだったのに。

◯赤蕪持つて生まれたものおほく

赤蕪がいい感じ。

◯兎うさぎ少し不思議なまなこして

いつも不思議そう。

◯冬ざれやボブディランのやうな眉

パティ・スミスが代理で出席してた。歌まちがえてはずかしそうにしてた。なんか不思議なおじいさんとおばあさん。

◯不連続猥褻事件蒟蒻玉

蒟蒻玉に一票。

◯風花が交番に舞ふ午後だった

お巡りさん。

◯録音の己が声聞く聖夜かな

自分の声ってなんであんなに気味わるいのかな。

 

選句です。

 投稿者:亜紀  投稿日:2016年12月13日(火)17時13分43秒
  2016/12/13(火) 16:18
○左手に持ち替へてゐる海鼠かな
長らく右手で持っていました。w

○着ぶくれて所持品検査の水曜日
早帰りの日だけど、検査に時間がかかりそう。

○冬萌や常時所持するハーモニカ
空き時間があれば吹いている、おじさんを知っています。

○続々と吉報凶報冬の夜
喜んだり、悲しんだり。

○冬うらら古墳へ道の続きをり
お散歩日和。

○ペット可の部屋を見にゆく花八手
庭付きの一軒家。

○許可されて入る枯野の広さかな
門を入ってからの広いこと、広いこと。

○効能は一夜限りかクリスマス
効きやすく冷めやすいところがグー。

○能面の裏黒々と積もる雪
黒と白と、動と静の対比とも。

○後続の五名冬田にさしかかる
実況中継に臨場感。

○短日や銀座に銀座らしき人
紳士、淑女の集うカフェ。

○満開の樹氷に月光菩薩かな
満開の樹氷が綺麗です~。
 

選句しました。

 投稿者:あんこ  投稿日:2016年12月13日(火)16時14分57秒
  ○オカリナを密かに持ちてクリスマス
オカリナの音とクリスマスの雰囲気がいいし、
出番を待っている感じもする。その雰囲気もまたいい。

○続柄何と書かうかブロッコリ
ブロッコリという響きと画像が、続柄と合っている。
迷う感じでどういう続柄なのか考えている感じも、
軽快でいい。

○セロリ噛み可はありがたき字なりけり
ちょっと複雑なんだけど、セロリの食感と妙に合っています。

○ちゃんちゃんこ無能な人の気分かな
明るい空虚感。

○寒禽のこゑ使はれぬ能舞台
冬の空気の澄んでいる感じ、能舞台の静けさと寒禽の声が
さらに冬という感じ。

○能面の裏黒々と積もる雪
能面の裏側からしんしんと積もりゆく雪に飛ぶ、
自在なイマジネーションにやられました。

○綿虫の本能きらりきらりかな
本能きらりきらり、しかも綿虫。いい。

○ポインセチア背骨歪んでゐたりけり
ポインセチアが合っていないような、でも合っていないような。
なんだか不思議な感じがすきです。

○短日や銀座に銀座らしき人
銀座の人、っていう把握がいい。短日も合っている。

○冬ざれやボブディランのやうな眉
眉がポイント高い。

○風花が交番に舞ふ午後だった
ドラマのはじまりのようです。

○録音の己が声聞く聖夜かな
録音された自分の声を聴く句はあるけど、
聖夜で寂しさ、静けさが感じられます。
 

選句です

 投稿者:せせい  投稿日:2016年12月13日(火)01時55分8秒
  〇左手に持ち替へてゐる海鼠かな
季語は「海鼠」。左利き?

〇重ね着も持統天皇以来かな
季語は「重ね着」。

〇ストーブを囲み続きの語らるる
季語は「ストーブ」。「続き」の重さを思いました。

〇続報を疑ふ耳の冷たさよ
季語は「冷たし」。続報を疑う耳の存在感。

〇ペット可の部屋を見にゆく花八手
季語は「八手の花」。マンションを購入しに行ったのでしょうか。

〇不可逆なことばかりなり古日記
季語は「古日記」。逆に可逆なことに対する思いの強さを感じます。

〇求めたる地力能力木の葉髪
季語は「木の葉髪」。水準の高さに驚いたのでしょう。季語とよく唱和し合って居る様な気が。

〇能力も実力もある寝酒かな
季語は「寝酒」。盤石の態勢を想起します。寝酒の力で天下を取るか。

〇後続の五名冬田にさしかかる
季語は「冬田」。「後続の五名」という具体性がばしっと決まって居たような気がしました。

〇短日や銀座に銀座らしき人
季語は「短日」。どんな人が銀座らしき人なのか想像力が逞しくなったような気がしました。

〇冬ざれやボブディランのやうな眉
季語は「冬ざれ」。時事的な話題が上手く句に。

〇風邪なので鼻唄までで止めておく
季語は「風邪」。~なのでという言い方がこの句では理屈として響かないほど、あとの「鼻歌までで止めておく」と言う措辞が立派ですね。ユーモラスで感服しました。
 

選句しました。

 投稿者:百花  投稿日:2016年12月12日(月)00時16分20秒
  〇左手に持ち替へてゐる海鼠かな
へえ・・それだけの話?

〇持ち物はありませんよと山眠る
そうは言っているけれど。隠してるんでしょう?と詰問する。

〇貧乏も持病のひとつ石蕗の花
そうでしたか、持病でしたか、あなたも。

〇続々と枯野へ向ふヘルメット
タイヘンだ、タイヘンだ、と、野次馬根性が出てきます。

〇続報を疑ふ耳の冷たさよ
耳が意思を持っている。

〇漏らしてもよき続柄襖ごし
何を漏らすのかしらん。あれやらこれやら。臭うかなあ。

〇室咲の半可なひとつ愛でてをり
どうも捨てられない間柄というのはあります。

〇不可逆なことばかりなり古日記
でも楽しくて読み返す。

〇ちゃんちゃんこ無能な人の気分かな
それって、ホッとすることだと思う。

〇効能は一夜限りかクリスマス
効能・・・サンタさんが空を飛べること。

〇短日や銀座に銀座らしき人
らしき人が目立つのは、らしくない人ばかりになったから。

〇満開の樹氷に月光菩薩かな
静かな夜です。
 

選句です。

 投稿者:なむ。  投稿日:2016年12月11日(日)15時06分4秒
  〇オカリナを密かに持ちてクリスマス
十数人で、これをやって一斉に吹いたらウケる。

〇早口で痔疾地吹雪持統帝
早速やってみましたが結構ムズい。

〇うそ寒や続篇として有る彼岸
意外と正篇かも。

〇続々と枯野へ向ふヘルメット
暴走族の集会か、三里塚の中核派か。

〇続柄何と書かうかブロッコリ
もちろんアブラナ科の長女と書く。

〇漏らしてもよき続柄襖ごし
ここだけの話、実は、と急に小声になる。

〇ペット可の部屋を見にゆく花八手
好感度A。

〇室咲の半可なひとつ愛でてをり
半可ものだけに可愛い。

〇不可逆なことばかりなり古日記
あたりまえ、なんだけどそのとおり。

〇竜の玉能登に残れるゼウスの塔
よく知ってるなあ、高山右近。

〇不連続猥褻事件蒟蒻玉
不連続だとニュースにもならないと思うが、蒟蒻玉に一票。

〇満開の樹氷に月光菩薩かな
美しい。



 

選句です

 投稿者:月犬  投稿日:2016年12月11日(日)13時05分26秒
  ◯冬萌や常時所持するハーモニカ
 どこででも吹いちゃうのか。

◯貧乏も持病のひとつ石蕗の花
 はい、そうです。

◯手続の後のサンタクロースかな
 入国手続きとかあるんかなあ。

◯続々と吉報凶報冬の夜
 あらら、入り乱れてどれが吉報だか凶報だかわからなくなりそう。

◯続々と枯野へ向ふヘルメット
 なんか建てちゃうのかなあ、せっかくの冬らしい枯野なのに。

◯ペット可の部屋を見にゆく花八手
 花八手ってなんにでも合いそう。けっこう便利な季語みたい。

◯許可されて入る枯野の広さかな
 ポケモンGO。レアなモンスターいそうでいない。

◯着ぶくれてペット可の物件見てゐたり
 おや、ここにもペット可。

◯不可逆なことばかりなり古日記
 たしかにそうだけど。後悔ばかりの人生かあ。

◯欲といふ欠く可からざるもの枯木
 枯木に欲はなかりけり、だと思うがなあ。

◯ちゃんちゃんこ無能な人の気分かな
 そんな感じ。

◯後続の五名冬田にさしかかる
 なんだかいいなあ。
 

選句

 投稿者:朝比古  投稿日:2016年12月11日(日)07時17分22秒
  ☆持ち前の根深の芯の堅さかな
 煮ると甘くて柔らかい。

☆持って来る葱は関東地方から
 深谷あたり。

☆ストーブを囲み続きの語らるる
 手を翳しながら。

☆続々と枯野へ向ふヘルメット
 少々不気味。

☆許可されて入る枯野の広さかな
 何事もコンプライアンス遵守の昨今。

☆小春日の増やしてゆける可動域
 痛気持ちいいストレッチ。

☆効能は一夜限りかクリスマス
 クリスマスの儚さ。

☆能面の裏黒々と積もる雪
 類句はありそうだけど、この世界観は捨てがたい。

☆能力の限界大根二個ほどの
 二個って言うかな…でも能力だから。

☆風花が交番に舞ふ午後だった
 ここからドラマが始まる。

☆風邪なので鼻唄までで止めておく
 本域は回復してから。

☆録音の己が声聞く聖夜かな
 あの違和感。
 

レンタル掲示板
/46