teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


選句しやした!

 投稿者:あんこ  投稿日:2017年 3月21日(火)17時42分59秒
  〇どうだん散り初む一千一秒物語
どんな物語なんだろうと、想像が楽しいです。

〇たんぽぽとなかよし古い猫車
全体のフレーズがすき。画もいい。

〇古書店の梯子の軋み春時雨
梯子がよく出たなあ。

〇初蝶に古墳の森の暗さかな
鬱蒼とした古墳と頼りない初蝶の飛び具合の対比のよさ。

〇花さんしゅゆ高幡不動までのみち
春っぽいなあ。

〇いつまでも見比べてゐし斧と芹
斧と芹の感じの共通点も面白いけど、映像がまた面白い。

〇かげろふへ大量の斧しまはれし
恐い、恐すぎる。

〇ゴブリンの斧を滴る春の水
古くて長い物語のよう。

〇切株に斧刺さりたる夕霞
霞の中を時折煌めく斧の刃。

〇朧夜の物語めく銀の斧
いいえ、私が落としたのは金の斧です、とうそをつく。

〇桜餅三つ目に手を出してゐる
平和な休日の感じ。

〇暖かき雨が遠くの馬濡らす
東山魁夷の馬でせうか。

〇認証を春のマスクで押し通す
いいえ、このマスクも顔なんです!

〇紋様の伸びて完成蝶の羽
蝶の羽根をこういうふうに表現されるとビックリ、そして納得。

〇麗らかやピンクあふるる洋菓子店
麗らかとピンクと洋菓子店。ドンピシャ。
 
 

選句です。

 投稿者:苑を  投稿日:2017年 3月21日(火)16時26分47秒
編集済
  ○春宵の千本鳥居抜けてゆく
夜の鳥居。なんだか色っぽい。

○伝説の千本ノック暖かし
春の日差しのがらんとした練習場に立っている気分。

○千葉行の黄色い電車春の昼
菜の花畑へ向かっているような気分。

○たんぽぽとなかよし古い猫車
置き忘れられた猫車の回りにたんぽぽ。どこにでも飛んできて咲くたんぽぽは。

○古い猫新しい妻シクラメン
某画伯しか思い浮かばない。

○古書店の梯子の軋み春時雨
高いところに鄙びた全集とかがある。

○実はその水温むのが不快です
あーわかる。

○親不孝通り渡れば涅槃西風
よい取り合わせ。

○不参加の空席ひとつヒヤシンス
気になる空席。

○片栗の咲いて不穏な村となる
事件のはじまり。

○ゴブリンの斧を滴る春の水
ファンタスティック!

○ひとふりの手斧の行方月朧
事件の終わり。

○今夜なのね春の布団が届くのは
なんなの春の布団って、というバカバカしさが春なのね。

○暖かき雨が遠くの馬濡らす
春の牧場かな。

○麗らかやピンクあふるる洋菓子店
このベタベタ感がクリームみたいです。
 

選句

 投稿者:海太  投稿日:2017年 3月21日(火)08時00分2秒
  ◯花時の千石船を見送りぬ
千石イエス。

◯四字熟語千と一とがひこばえて
星野仙一。

◯千本の桜吹雪くや失語症
遠山金四郎。

◯千枚の鱗開きし春の鳥
田村魚鳥。

◯伝説の千本ノック暖かし
藤本定義。

◯古び行く伝統芸能水温む
竹本相生太夫。

◯山笑ふ赤子の古びゆく早さ
山部赤子。

◯親不孝通り渡れば涅槃西風
川口浩。

◯藤原不比等が好きと土筆摘む
橘三千代。

◯不老不死あるやもしれぬ山桜
秦始皇帝。

◯片栗の咲いて不穏な村となる
都井睦雄。

◯老いらくの恋とや不老松咲けり
猪瀬直樹。

◯いつまでも見比べてゐし斧と芹
斧定九郎vs芹洋子。

◯ヒーローに剣怪獣に鎌と斧
赤胴鈴之助vsカマゴン。

◯ひとふりの手斧の行方月朧
月形朧之介。
 

選句しました。

 投稿者:月犬  投稿日:2017年 3月20日(月)11時02分24秒
  ゆかりさん、ファイルよろしく。

◯春宵の千本鳥居抜けてゆく
 なにやら艶かしい。

◯千円で行ける寄り道春灯し
 はい、ホッピーセット400円に追加で中焼酎200円二回注文。百円の焼き鳥二本。
 外税だと千円超えます。

◯千葉行の黄色い電車春の昼
 連休最後の今日、暖かいし電車でどこかに行ってみたいなあ。

◯古い猫新しい妻シクラメン
 新しい妻ですか。いいですね:笑。古い妻もいるのか。

◯古びたる亀古びたる声で鳴く
 そうだと思う。

◯この小函門外不出残る雪
 何が入っているのかなあ。何にも入っていない小函だね、きっと。

◯実はその水温むのが不快です
 はい、私も不快です。

◯数学に不比等の呪ひ雪柳
 よく見つけましたね、その呪い。

◯不揃いなままに土筆の揺れてをり
 そうですね、だいたい不揃い。

◯片栗の咲いて不穏な村となる
 不穏な村っていいですね。村民の目つきが怪しくなるのか。

◯いつまでも見比べてゐし斧と芹
 これは字を見比べているのね。

◯断つ捌く手斧一丁遠雪崩
 勢いもあるし、叙情もあるし、危険な雰囲気もあるし、素敵っス。

◯今夜なのね春の布団が届くのは
 そう、今夜なのよ、うふふ。

◯通販の斧のいろいろ春の宵
 危ないなあ:笑。斧フェチっているのかもしれない。

◯紋様の伸びて完成蝶の羽
 たしかに。
 

選句です。

 投稿者:なむ。  投稿日:2017年 3月20日(月)08時56分41秒
  ◎千円で行ける寄り道春灯し
スナック「寄り道」生ビール80円。

◎千本の桜吹雪くや失語症
千本桜と失語症、白々と似合う。

◎伝説の千本ノック暖かし
砂押監督か。千本ノッコという声優もいたが。。。

◎古書店の梯子の軋み春時雨
巧い。

◎古着屋に軍靴軍服春ショール
浅草花やしき通り。

◎山笑ふ赤子の古びゆく早さ
そうなのです。成長とは老化のことなのです。

◎五色不動ずらり列べる春の寺
目青、目黄、目赤、目白、目黒。東京のは全部行きました。

◎親不孝通り渡れば涅槃西風
博多は天神、少林寺前あたり。

◎数学に不比等の呪ひ雪柳
級数、等号、不等号。あれは不比等だったのか。

◎不揃いなままに土筆の揺れてをり
あたりまえだが、これは俳句。

◎不老不死あるやもしれぬ山桜
あるかも。

◎切株に斧刺さりたる夕霞
思わず笑わされました。

◎桜餅三つ目に手を出してゐる
ふたつまでにしておくように。

◎暖かき雨が遠くの馬濡らす
雨のスタンドから見た向こう正面の返し馬ですね。

◎通販の斧のいろいろ春の宵
斧の題詠のほうに入っていても採ります。
 

選句しました

 投稿者:らくだ  投稿日:2017年 3月19日(日)16時25分31秒
  ◯砂丘から繰る数千のいかのぼり
 なんとも豪勢な広々とした景。

◯春宵の千本鳥居抜けてゆく
 あまりにも出来過ぎですが、たしかに春宵がいちばん怪しくて似合いかも。

◯千本の桜吹雪くや失語症
 千本あっても桜吹雪って景だけが豪勢で無音のイメージ。失語症で桜吹雪の凄さがより際立ちます。

◯古い猫新しい妻シクラメン
 「新しい妻」って^^; と思ってしまったので一票。

◯古書店の梯子の軋み春時雨
 一面の本と暗い通路のイメージと、古い梯子の軋む音。ついでに表も雨で薄暗い。渋さが好み。

◯古着屋に軍靴軍服春ショール
 無粋な軍靴軍服ときれいな色の春ショールが無造作に並んでいる、ほのぼの感。

◯初蝶に古墳の森の暗さかな
 ああ、ついて行くと異次元に誘い込まれますよ。

◯卒業の古式ゆかしき袴かな
 袴、カッコいいですよね、宝塚かな。それだと顔も姿もカッコいい。

◯この小函門外不出残る雪
 おお、あやしいお宝か?ルパン三世が狙うかも。

◯不参加の空席ひとつヒヤシンス
 ぽつんとひとつだけの空席に、ヒヤシンスがよく合う。

◯不老不死あるやもしれぬ山桜
 そんなふうに思える山桜なんでしょう。樹齢何年だろうか。もう妖かしの世界。

◯いつまでも見比べてゐし斧と芹
 いやー、思わずマジマジと見比べてしまったので一票^^;

◯ヒーローに剣怪獣に鎌と斧
 どっちの方が不利だろう?ってそういう問題じゃないか^^; 確かに、ヒーローに鎌だの斧だのじゃ様にならない。

◯認証を春のマスクで押し通す
 通ればいいんです。マスク外していられないほどしんどいんです。

◯紋様の伸びて完成蝶の羽
 羽化をじーっと観察していたのか。確かな写生句。
 

選句

 投稿者:朝比古  投稿日:2017年 3月19日(日)14時33分27秒
  ☆花時の千石船を見送りぬ
 千石船の情趣のよろしさ。

☆砂丘から繰る数千のいかのぼり
 砂丘っぽさ横溢。連凧が龍のように。

☆伝説の千本ノック暖かし
 鬼の砂押監督。長嶋さんも若かった。

☆たんぽぽとなかよし古い猫車
 ダンスでも始まりそうな。メルヘンチック。

☆古い猫新しい妻シクラメン
 なにやら艶やかな。妻も古くなるけどね。

☆古びたる亀古びたる声で鳴く
 古びたる声、亀鳴く声にろしき照応。以前、亀の鳴き声をテレビでやっていて聞いたけれど、結構切ないのです。

☆古書店の梯子の軋み春時雨
 脚立ではなくて梯子というところ、一昔前の古書肆の薫り。

☆初蝶に古墳の森の暗さかな
 春の軽い陰鬱。

☆卒業の古式ゆかしき袴かな
 ブルジョアとしての矜持を持って。

☆さへづりや斧の刃鈍く光りたる
 斧というもの、新品でも錆びていても、なべて鈍く光っている。

☆切株に斧刺さりたる夕霞
 牧歌的風景のほどよき癒し感。

☆けんけんぱした跡残る朧かな
 蠟石の跡だろうか。懐かしい。

☆今夜なのね春の布団が届くのは
 そんなに待ち遠しいか。うい奴。

☆暖かき雨が遠くの馬濡らす
 なんとなく良さそうなんだけど、少々材料が多い気も。

☆麗らかやピンクあふるる洋菓子店
 ラブホテルじゃなくて良かった。

 

千古不斧句会・投句一覧

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月19日(日)14時06分41秒
  お待たせしました。投句一覧です。

【千】
どうだん散り初む一千一秒物語
レプリカの千手観音春彼岸
花時の千石船を見送りぬ
砂丘から繰る数千のいかのぼり
四字熟語千と一とがひこばえて
春キャベツ皿いつぱいの千切りに
春宵の千本鳥居抜けてゆく
千円で行ける寄り道春灯し
千円はいつも新札新社員
千駄木は暗き町なり恋の猫
千本の桜吹雪くや失語症
千枚の鱗開きし春の鳥
千葉行の黄色い電車春の昼
千離宮愛顧の椿弓で射る
伝説の千本ノック暖かし

【古】
エープリルフール古書店閑古鳥
このあたり古都あり水草生ふあたり
たんぽぽとなかよし古い猫車
境内の古き桜に触れてみし
古い猫新しい妻シクラメン
古き良き絵本を開き春の月
古びたる亀古びたる声で鳴く
古び行く伝統芸能水温む
古書店の梯子の軋み春時雨
古着屋に軍靴軍服春ショール
山笑ふ赤子の古びゆく早さ
山鳥の声に惹かれて古道行く
初蝶に古墳の森の暗さかな
卒業の古式ゆかしき袴かな
彼岸会や古傷隠す五体あり

【不】
この小函門外不出残る雪
花さんしゅゆ高幡不動までのみち
五色不動ずらり列べる春の寺
菜の花の現場不在証明せよ
実はその水温むのが不快です
親不孝通り渡れば涅槃西風
数学に不比等の呪ひ雪柳
藤原不比等が好きと土筆摘む
猫の子を不発弾と思ひ抱く
不参加の空席ひとつヒヤシンス
不揃いなままに土筆の揺れてをり
不揃ひの積み重ねられ春きやべつ
不老不死あるやもしれぬ山桜
片栗の咲いて不穏な村となる
老いらくの恋とや不老松咲けり

【斧】
いつまでも見比べてゐし斧と芹
かげろふへ大量の斧しまはれし
ゴブリンの斧を滴る春の水
さへづりや斧の刃鈍く光りたる
ヒーローに剣怪獣に鎌と斧
ひとふりの手斧の行方月朧
佳き形の斧琴菊の余寒かな
鍬と鋤まれには斧へ草矢うつ
切株に斧刺さりたる夕霞
断つ捌く手斧一丁遠雪崩
道具屋で古い斧買い街を出る
斧の音のなかつたやうに囀れり
斧を見て映画シャイニング
斧一本かざして鳥の恋捌く
斧出してアックマントは時代春
朧夜の物語めく銀の斧

【当季雑詠】
おぼろ夜の田端機関車庫機関車
お宝のひとつは絵画うららけし
かげろふや笑顔苦しむ様をする
けんけんぱした跡残る朧かな
ちぎり絵の紅き富士山あたたかし
高階の応接室や春霞
今夜なのね春の布団が届くのは
桜餅三つ目に手を出してゐる
時間軸ずらしてみたり亀の鳴
春うらら保温時間のとうに過ぎ
春星の窓餞別のメロンパン
暖かき雨が遠くの馬濡らす
暖かし哲学書でも読もうかな
鳥雲に入るかに見せて雲の下
通販の斧のいろいろ春の宵
認証を春のマスクで押し通す
紋様の伸びて完成蝶の羽
麗らかやピンクあふるる洋菓子店

(以上)

15句選(特選、逆選なし)
選句締切:3月22日(水)23時(JST)
            ↑
 ★集計の方のご負担を考慮し時間を繰り上げました。
投稿先:みしみし第二
http://6911.teacup.com/3434/bbs
(返信とかスレッドとか難しいことを考えないで、そのまま書き込んで下さい。)

題に関わらず全体から選句数分選句にてお願い致します。
★★★整理の都合上、句の順番はそのままにして下さい。★★★
(人力で集計しているので、順番を変えられるとほんとに大変なんです!!!)

ではよろしくお願い致します。
 

只今投句十一名

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月19日(日)00時19分34秒
   日曜の正午JSTくらいに開けます。まだの方、よろしくお願いします。
ええと、JSTはジャストじゃなくて日本標準時です。海外からの参加もお待ちしております。
 

全球凍結句会・訂正です

 投稿者:百花  投稿日:2017年 3月16日(木)10時26分53秒
  失礼いたしました。けんじさんの句が、4句になってしまってました。
お詫びして訂正いたします。

前掲記事は訂正いたしました。
 

千古不斧句会・ご案内

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月15日(水)23時28分5秒
  出題です。

【千】
【古】
【不】
【斧】
【当季雑詠】(何句でも。無季可。他季不可)

投句締切:3月18日(土)24:00(JST)
投句宛先:掲示板http://6911.teacup.com/3434/bbs
     下の方の「管理者へメール」からお願いします。

★整理の都合上、俳句の行には俳句以外の題とか記号とか俳号とか本名とかを
 書かないで下さい。
 また、空白行や題の行を置かず出題順に左詰で列挙願います。
 メールアドレスだけだとどなたか分らないので、★タイトルに俳号とか本名とか
お書き添えください。

この句会は互選です。投句のみ、選句のみの参加はご遠慮下さい。

 よろしくどうぞ。
 

全球凍結句会・作者発表

 投稿者:百花  投稿日:2017年 3月15日(水)23時19分5秒
編集済
  お待たせしました。作者発表です。

池之端左卜全似の柳           なむ   洋七
かひやぐら青空球児好児立つ       なむ   洋由
亀鳴くやジン一本の冷凍庫        なむ   月洋ゆ七海け
はだら雪微かにきしむ連結器       なむ   朝らあ亜
たつぷりと蕎麦湯のありて日永かな    なむ   朝洋亜苑

全方位男女交際春の蟻          海太   む由ゆ七
球審がポークと言つたから梅見      海太   け
羊蹄や愛の言葉に凍りつき        海太   朝由
結婚は墓場か四苦かシネラリア      海太
小遣値下げ蛍烏賊は譲れぬ        海太   朝月ら由七け

湖の全景見えて花の冷え         月犬   むあ由苑け
暖かな雨北半球を濡らしをり       月犬   朝海
蝶いまだ凍え飯舘村遠し         月犬   海
日永かな結び目ゆるむ登山靴       月犬   洋亜苑
朧夜のブエノスアイレスから悲鳴     月犬   朝らあ由ゆ亜七苑

永き日の全自動てふ機械かな       朝比古  む百
春の土正しく均し野球かな        朝比古  百
冷凍の餃子を焦がし鳥雲に        朝比古  亜け
結納の道具一式春灯           朝比古  む百ら由
子のそばを母は離れず雛納        朝比古  月むあ由

土恋しミドリ安全作業靴         らくだ  む
うつりゆく気球の影や春の山       らくだ  朝月む百洋亜七
山ほどのちりめんじゃこを凍らせる    らくだ  月洋ゆけ
結界と知らず手折りし桃の花       らくだ  朝月百由ゆ苑
数式の消されしセルも陽炎える      らくだ  あ七

満天星躑躅全力で咲くつもり       苑を   朝月ら
桜ちらほら門球のおぢいさん       苑を
冷凍のベジタブルから春の声       苑を   洋あ由七け
靴紐の結べばほどけ雲雀東風       苑を
ちりめんじやこちりめんじやこと睦み合ふ 苑を   月百洋らあ由七け

全巻を揃へて小さき春休         あんこ  け
虫出しの雷地球儀を滑る指        あんこ  む
白たんほぽ解凍できぬ言葉かな      あんこ  亜
かはるがはる結ぶおにぎり春の雨     あんこ  ゆ七け
春の宵温水プールの音ぼやけ       あんこ  ゆ

全身を脱毛したい花粉症         洋子   朝ゆ海
おぼろ夜のはだか電球まめ電球      洋子   むら亜海
きつちりと凍り豆腐の暮春かな      洋子
ぺんぺん草クロツキーモデル髪を結ひ   洋子
コヒーの滓かわきだす鷽のそら      洋子

チューリップ開き全室南向き       由季   朝百らあ亜七海苑
しやぼんだまひとつ離れて地球めく    由季   ゆ苑
冷凍の平らなご飯涅槃西風        由季   むあ海苑け
結界のしるしの石や蝶の昼        由季   月む百ゆ
青き踏む全権大使夫人かな        由季
結び目を手で探りたる朧かな       由季   月百洋七苑

完全に口開かるる蜆かな         けんじ
球根植う中央高き上木鉢         けんじ
凍ゆるむ正方形の菱形に         けんじ  朝百洋亜苑
結論はついに言はない蕗の薹       けんじ  百あ亜
旧友とここで散会竹の秋         けんじ  亜

につぽんの全域なべて霾れり       亜紀
球場へ向かふ人人鳥雲に         亜紀   む由苑
人間の赤子泣きをり凍てゆるむ      亜紀   月
簡単に至る結論亀鳴けり         亜紀   月ら
母の子の両側に咲くチューリップ     亜紀   あ
まなうらに咲く故郷の桜かな       亜紀
波音を聞くや効かずや猫の恋       亜紀
人力車行く黒塀や春灯し         亜紀   むらあゆ苑
ケセラセラぺんぺん草も言ふてをる    亜紀   月百洋ら由七

全行程徒歩で行くらし春の山       七    朝亜海苑け
ガラス球いくつも吊し修司の忌      七    む百洋あ由ゆ
解凍後乗れますとあり春の雲       七    ら海け
髪結いの亭主見ながら木の芽和え     七    百あ
笑ひ顔ばかり思ふ日蓬餅         七    あゆ苑

卒業歌緊張ながき全休符         百花   ら海
たんぽぽの球体移動はればれと      百花   月洋ゆ七
凍返ることばの裏のうらのうら      百花   海
結審へかかる一生復活祭         百花
よく見ればハート鈴生り花なづな     百花

全部入り主義者と下る春の坂       ゆかり  朝海
球場の個数で測る春の土砂        ゆかり  け
冷凍の浅蜊を戻し季語とせむ       ゆかり  ら海
連結の揺れ少し来る遅日かな       ゆかり  亜
剪定の長尺物や人の妻          ゆかり  海
 

すみません

 投稿者:苑を  投稿日:2017年 3月15日(水)23時04分28秒
  ○人力車行く黒塀や春灯し
黒塀を通りかかっての幻想か舞台か。

お手数かけました。また、やっちゃったね。
 

選句しました

 投稿者:けんじ  投稿日:2017年 3月15日(水)20時35分29秒
編集済
  ◯湖の全景見えて花の冷え
霧が晴れても寒すぎて長居できなそう。

◯全巻を揃へて小さき春休
小さな贅沢大きな満足。

◯全行程徒歩で行くらし春の山
健脚な人に計画を任せるとこうなります。

◯球場の個数で測る春の土砂
東京ドームで何杯分とか言われても実はよくわからない。

◯球審がポークと言つたから梅見
お腹が空きすぎて、なのか。

◯解凍後乗れますとあり春の雲
新手の詐欺では。

◯亀鳴くやジン一本の冷凍庫
凍らせているので氷は要らない。飲むのに時間がかかりそう。

◯山ほどのちりめんじゃこを凍らせる
後で食べやすいように小分けにしておきましょう。

◯冷凍のベジタブルから春の声
便利な世の中、春もインスタント。

◯冷凍の平らなご飯涅槃西風
何はともあれ御飯があれば安心。

◯冷凍の餃子を焦がし鳥雲に
羽根付きって書いてあったのにうまくいかない。

◯かはるがはる結ぶおにぎり春の雨
大きさは不揃い、でもおいしそう。

◯ちりめんじやこちりめんじやこと睦み合ふ
いっそ首輪にしてみては。

◯小遣値下げ蛍烏賊は譲れぬ
では酒のレベルを下げると言われそう。終わらない駆け引き。

 

苑をさーん

 投稿者:百花  投稿日:2017年 3月15日(水)20時26分19秒
  14句選ですので、あと1句入れて下さいね!
 

選句です。

 投稿者:苑を  投稿日:2017年 3月15日(水)16時29分25秒
  ○チューリップ開き全室南向き
とにかく明るい。不穏なくらい。

○湖の全景見えて花の冷え
湖畔に桜満開なのですね。

○全行程徒歩で行くらし春の山
春なんだもの歩きましょう。

○しやぼんだまひとつ離れて地球めく
なんだか哀しい。

○球場へ向かふ人人鳥雲に
侍ジャパンを見に行かん、な人人。

○凍ゆるむ正方形の菱形に
正方形が菱形になるって面白い!。

○冷凍の平らなご飯涅槃西風
涅槃西風がよろしき塩梅。

○結び目を手で探りたる朧かな
背中にある結び目でしょうか。

○結界と知らず手折りし桃の花
それはかなりやばいです。

○日永かな結び目ゆるむ登山靴
歩く続けているのですね。

○たつぷりと蕎麦湯のありて日永かな
たっぷりな時間。

○笑ひ顔ばかり思ふ日蓬餅
遠くにいる人の顔。

○朧夜のブエノスアイレスから悲鳴
甲高い女性の声なのだと確信。
 

選句

 投稿者:海太  投稿日:2017年 3月15日(水)04時14分8秒
  ◯チューリップ開き全室南向き
♪南に向いてる窓を開け  ジュディ・チューリップ。

◯全行程徒歩で行くらし春の山
靴破れて春山あり  徒歩。

◯全身を脱毛したい花粉症
♪痛っ、この痛ろー  橋雪男。

◯全部入り主義者と下る春の坂
山岡全八。

◯卒業歌緊張ながき全休符
尾崎ンチョー豊。

◯おぼろ夜のはだか電球まめ電球
スギじゃんvsつまり枝豆。

◯暖かな雨北半球を濡らしをり
小便小僧vs弁天小僧

◯解凍後乗れますとあり春の雲
ノンちゃんvs靴墨ジュン

◯亀鳴くやジン一本の冷凍庫
亀田鳴毅vsジン・キニシスギー

◯蝶いまだ凍え飯舘村遠し
蝶野凍洋vs菅野遠雄

◯凍返ることばの裏のうらのうら
♪ウララ、ウララ、ウラウララ  返本リンダ。

◯冷凍の浅蜊を戻し季語とせむ
浅蜊慎平。

◯冷凍の平らなご飯涅槃西風
平幹二凍vs沖雅風


◯剪定の長尺物や人の妻
長尺まさみvs人妻聖子
 

選句しました。

 投稿者:  投稿日:2017年 3月14日(火)23時38分37秒
  ○チューリップ開き全室南向き
しかも最上階!

○全方位男女交際春の蟻
猫も忙しい騒がしい。

○池之端左卜全似の柳
なさそで♪ありそな♪

○うつりゆく気球の影や春の山
ああ春だ。

○たんぽぽの球体移動はればれと
お酒になります。

○亀鳴くやジン一本の冷凍庫
ウォッカかアブサンが好み。

○冷凍のベジタブルから春の声
温泉に入りたい。

○かはるがはる結ぶおにぎり春の雨
明日の遠足、晴れるかなぁ。

○結び目を手で探りたる朧かな
フランス映画。

○ケセラセラぺんぺん草も言ふてをる
なるようになる~♪

○ちりめんじやこちりめんじやこと睦み合ふ
もぞもぞしてよゴリラ。

○小遣値下げ蛍烏賊は譲れぬ
旬です。美味いです。

○数式の消されしセルも陽炎える
まぼろしの二重帳簿。

○朧夜のブエノスアイレスから悲鳴
リアルっぽい。
 

選句しました

 投稿者:亜紀  投稿日:2017年 3月14日(火)22時25分1秒
  〇チューリップ開き全室南向き
明るく楽しい。元気いっぱい。

〇全行程徒歩で行くらし春の山
遠足とはそういうものでしょう。

〇うつりゆく気球の影や春の山
映像がありありと見えてくる。

〇おぼろ夜のはだか電球まめ電球
昭和へタイムスリップしたよう。

〇凍ゆるむ正方形の菱形に
菱形、上手い。

〇白たんほぽ解凍できぬ言葉かな
白が効いてきますね。

〇冷凍の餃子を焦がし鳥雲に
ちょっとした残念感。

〇はだら雪微かにきしむ連結器
はだら雪との取り合わせが絶妙。

〇結論はついに言はない蕗の薹
結論は言わないが花。

〇日永かな結び目ゆるむ登山靴
日がな一日歩いて歩いて。

〇連結の揺れ少し来る遅日かな
勤め帰りの日常の一コマ。遅日が良い。

〇たつぷりと蕎麦湯のありて日永かな
たっぷりの蕎麦湯がなんとなく嬉しい。

〇旧友とここで散会竹の秋
お互いに良き年を重ねて。

〇朧夜のブエノスアイレスから悲鳴
悲鳴って、只事じゃない。聴覚にもってきたところ巧し。
 

選句です

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月14日(火)22時16分47秒
  ○全身を脱毛したい花粉症
 そこまで無菌状態を保ちたいですか。

○全方位男女交際春の蟻
 以前は八方美人と言われていた中において、いわば新しい判断としての全方位男女交際とするところであります。

○ガラス球いくつも吊し修司の忌
 舞台装置でしょうか。「修司の忌」が効いていますね。

○しやぼんだまひとつ離れて地球めく
 地球のさびしさを感じます。

○たんぽぽの球体移動はればれと
 あれを球体移動といいますか。いいですね。

○亀鳴くやジン一本の冷凍庫
 濃い酒は冷凍庫でも凍らないのですよね。一時期私もストロワヤとかストリチナヤとかをすかすかの冷凍庫に入れていました。それにぶつける季語がすごいです。

○山ほどのちりめんじゃこを凍らせる
 職業的に冷凍しているのでしょうか。

○かはるがはる結ぶおにぎり春の雨
 結ぶのはおむすびで握るのがおにぎりではないところの違和感がいいですね。明日は晴れでしょう。

○結界と知らず手折りし桃の花
 罰が当たります。

○結界のしるしの石や蝶の昼
 それは結石。

○春の宵温水プールの音ぼやけ
 音がぼやけるという捉え方がいいです。

○笑ひ顔ばかり思ふ日蓬餅
 恋でしょうか。

○人力車行く黒塀や春灯し
 予定調和的ではありますが、色っぽいですね。

○朧夜のブエノスアイレスから悲鳴
 題が題だったせいか地球規模というか地球儀規模というか、すごい句ですね。
 

選句です

 投稿者:由季  投稿日:2017年 3月14日(火)21時45分4秒
  ○湖の全景見えて花の冷え
広々と寒々と。

○全方位男女交際春の蟻
こういう人いるなぁと思いました。

○かひやぐら青空球児好児立つ
渋い。季語に味わいがある。

○ガラス球いくつも吊し修司の忌
それらしい感じがします。

○球場へ向かふ人人鳥雲に
敵味方入り混じり。

○羊蹄や愛の言葉に凍りつき
どんな言葉なんでしょう。気になる。

○冷凍のベジタブルから春の声
カラフルなベジタブルが春らしい。

○結界と知らず手折りし桃の花
桃の花の華やかさがいいですね。

○結納の道具一式春灯
今でもそういうのあるのだろうか。

○ケセラセラぺんぺん草も言ふてをる
ぺんぺん草なら言いそう。

○ちりめんじやこちりめんじやこと睦み合ふ
発想がなんだか素敵。

○子のそばを母は離れず雛納
何でもひとりでやってみたい年頃。

○小遣値下げ蛍烏賊は譲れぬ
交渉しだいですね。

○朧夜のブエノスアイレスから悲鳴
地名が不思議な効果を生んでいる。
 

選句しました。

 投稿者:あんこ  投稿日:2017年 3月14日(火)17時24分40秒
  ○チューリップ開き全室南向き
とても明るく気持ちよい句。

○湖の全景見えて花の冷え
明るさから冷えへの繊細な反転。その美しさ。

○ガラス球いくつも吊し修司の忌
寺山修司ですね。

○冷凍のベジタブルから春の声
解凍し始めているのかな?

○冷凍の平らなご飯涅槃西風
日常的な視点が発見をもたらすのは、涅槃西風がいいからだと思います。

○はだら雪微かにきしむ連結器
新しい出発の音のようでもあります。

○結論はついに言はない蕗の薹
しかし、蕗の薹は知っている。


○髪結いの亭主見ながら木の芽和え
なんだか映画のようです。

○ちりめんじやこちりめんじやこと睦み合ふ
面白い言い方。ユーモアがいいです。

○子のそばを母は離れず雛納
母のそばを子が離れないのではなく、その逆というところがいい。
大事な雛を母子が大事にしまっている感じ。

○笑ひ顔ばかり思ふ日蓬餅
温かく切ない。そんなことを思う日っていい。

○人力車行く黒塀や春灯し
しみじみとした美しさ。

○数式の消されしセルも陽炎える
セルか陽炎に飛んだ発想が好きです。

○母の子の両側に咲くチューリップ
母と子ではなく、母の子のなので、どういう情景なのか?
とちょっと思うのですが、両側にひらくチューリップは
明るい歌みたいでいいと思います。

○朧夜のブエノスアイレスから悲鳴
なんだかブエノスアイレスと思ってしまうところが、たぶん最後の悲鳴。
そして、朧夜はこの地名とこんなに合うなんて。
 

選句しました

 投稿者:らくだ  投稿日:2017年 3月13日(月)22時50分40秒
  ◯チューリップ開き全室南向き
 チューリップはやっぱり日当り良好でないと。

◯卒業歌緊張ながき全休符
 次の出だしを間違えないように。初々しい感じがいいですね。

◯満天星躑躅全力で咲くつもり
 一つ一つは小さいから、「全力で咲くつもり」というのが可笑しくもかわいい。

◯おぼろ夜のはだか電球まめ電球
 なんか、昭和!という感じ。

◯解凍後乗れますとあり春の雲
 え、乗れるんですか?乗りたい!解凍したら乗れるというのが不思議ですが……^^;

◯冷凍の浅蜊を戻し季語とせむ
 なるほど、凍っていると季語にならないんですね。

◯はだら雪微かにきしむ連結器
 渋い。ちょっとだけ定刻から遅れていそう。

◯簡単に至る結論亀鳴けり
 どうでもよさそうなところがいい。

◯結納の道具一式春灯
 ちょっとひんやりしている春宵の座敷の景。
 幸せいっぱいと読むべきなのかもしれませんが、春灯からマリッジブルーっぽさを感じて、そこがいいと思いました。

◯ケセラセラぺんぺん草も言ふてをる
 そうそう、深刻になりすぎてはだめ。

◯ちりめんじやこちりめんじやこと睦み合ふ
 こういう句は大好物です。

◯小遣値下げ蛍烏賊は譲れぬ
 譲れないのが蛍烏賊というのがいじらしくて可笑しい。

◯人力車行く黒塀や春灯し
 あまりにも決まりすぎの景ですが、ここまで決めていただければ文句なし。

◯朧夜のブエノスアイレスから悲鳴
 よく分からない大げさ感が好き。悲鳴もスペイン語っぽいんでしょうか?
 

選句しました。

 投稿者:洋子  投稿日:2017年 3月13日(月)18時52分56秒
  ◯池之端左卜全似の柳

左ト全!
なるほどありそう。

◯うつりゆく気球の影や春の山

河口湖のあたりかな。

◯かひやぐら青空球児好児立つ

青空球児好児まだまだしぶとそうなオーラだしてる。

◯ガラス球いくつも吊し修司の忌

天井桟敷。

◯たんぽぽの球体移動はればれと

さいきん見かけない。

◯亀鳴くやジン一本の冷凍庫

渋い。

◯山ほどのちりめんじゃこを凍らせる

虫眼鏡でみるとけっこうコワイ。

◯凍ゆるむ正方形の菱形に

なるほど。

◯冷凍のベジタブルから春の声

ベジタブルの音が暗号めいている。

◯結び目を手で探りたる朧かな

背中に結び目があるとごろごろします。

◯日永かな結び目ゆるむ登山靴

ゆるんだまま歩くとネンザするかも。

◯ケセラセラぺんぺん草も言ふてをる

聞いてをる。

◯たつぷりと蕎麦湯のありて日永かな

贅沢な日永。

◯ちりめんじやこちりめんじやこと睦み合ふ

ちりめんじゃこという猫知ってます。

 

選句しました。

 投稿者:百花  投稿日:2017年 3月12日(日)21時15分35秒
  〇チューリップ開き全室南向き
いいですね、健康的で。引っ越したい。

〇永き日の全自動てふ機械かな
全自動主婦。

〇うつりゆく気球の影や春の山
つい色とりどりの空を見上げますが、地面に重なり合う影にも興趣がありますね。

〇ガラス球いくつも吊し修司の忌
修司には繊細な面もあったのですね。

〇春の土正しく均し野球かな
ピッチャーマウンドの高さも正しく。

〇凍ゆるむ正方形の菱形に
ゆるみ方が数式に則って。

〇結び目を手で探りたる朧かな
その後のことは知りませんが。。

〇結界と知らず手折りし桃の花
その後のことは知りませんが。。

〇結界のしるしの石や蝶の昼
一枚の石が結界の「しるし」。

〇結納の道具一式春灯
ああ懐かしい。。

〇結論はついに言はない蕗の薹
かすかな苦さが残るのも人生の機微。

〇髪結いの亭主見ながら木の芽和え
見ているのはその髪結いさん?

〇ケセラセラぺんぺん草も言ふてをる
そうでしたか、そうだったんですか。もっと早くそれを聞きたかった。

〇ちりめんじやこちりめんじやこと睦み合ふ
あのごちゃごちゃ重なっている状態をなんと優しく見ていることでしょう。
 

選句です。

 投稿者:なむ。  投稿日:2017年 3月12日(日)17時43分55秒
編集済
  ◎永き日の全自動てふ機械かな
永日が似合う。洗濯機かなんかだろうけど、我が家には全自動麻雀卓があります。なんとも日永です。

◎湖の全景見えて花の冷え
見えるなあ。

◎全方位男女交際春の蟻
春情っていそがしいよね。

◎土恋しミドリ安全作業靴
ミドリ安全.com。こんなメーカーよく知っていますねえ。

◎うつりゆく気球の影や春の山
見える、見える。

◎おぼろ夜のはだか電球まめ電球
このおぼろ夜の神社裏を知っています。

◎ガラス球いくつも吊し修司の忌
天井桟敷の美術っぽい。

◎球場へ向かふ人人鳥雲に
おお、待ちわびた球春。

◎虫出しの雷地球儀を滑る指
春雷、地球儀、指。俳句です。

◎冷凍の平らなご飯涅槃西風
タッパなのかラップに包まれているのか、ご飯の白さが見えます。

◎結界のしるしの石や蝶の昼
巧い。

◎結納の道具一式春灯
本物のスルメとか使った昔風の豪勢なやつ。

◎子のそばを母は離れず雛納
細かい作業です。ひとつひとつ丁寧に紙にくるんで大事に箱に戻します。

◎人力車行く黒塀や春灯し
置屋から料亭、待合。よきかな。
 

選句です

 投稿者:月犬  投稿日:2017年 3月12日(日)13時45分2秒
  ◯満天星躑躅全力で咲くつもり
 躑躅はちょっと狂った感じで好きじゃなけど、たしかに全力で咲いてますね。

◯うつりゆく気球の影や春の山
 いい光景。

◯たんぽぽの球体移動はればれと
 おお、あれを球体移動ととらえましたか!

◯亀鳴くやジン一本の冷凍庫
 あれこれ蔵わずにジン一本だけという潔さ。まあ、ただの呑兵衛:笑

◯山ほどのちりめんじゃこを凍らせる
 大量のいただき物でしょうか。冷凍するしかないっすね。

◯人間の赤子泣きをり凍てゆるむ
 人間の赤子って、なんだかすごい言い方:笑

◯簡単に至る結論亀鳴けり
 案外そんなもの。亀も鳴くね。

◯結び目を手で探りたる朧かな
 なんの結び目か隠しているところがグー。

◯結界と知らず手折りし桃の花
 そりゃあかん。なにか恐ろしいことが起こる。

◯結界のしるしの石や蝶の昼
 その石を過ぎた蝶の影。いいですね。

◯ケセラセラぺんぺん草も言ふてをる
 ぺんぺん草ならきっとそう言う。

◯ちりめんじやこちりめんじやこと睦み合ふ
 鯛じゃなくてちりめんじゃこかあ。たしかに睦み合っているようにも見える。涅槃像も見えてきました:笑

◯子のそばを母は離れず雛納
 壊されてしまいそうで心配なのか。いや、大切に扱うことを教えているのでしょうね。

◯小遣値下げ蛍烏賊は譲れぬ
 季節のもの、小遣下げられてもこれは食べなきゃならぬ。
 

選句

 投稿者:朝比古  投稿日:2017年 3月12日(日)06時39分44秒
  ☆チューリップ開き全室南向き
 お部屋の向きは結構大事。

☆全行程徒歩で行くらし春の山
 バス乗継ぎの旅ではないのね。

☆全身を脱毛したい花粉症
 むずむず、花粉症の方のお気持ちなのでしょう。解るような気がする。

☆全部入り主義者と下る春の坂
 全部入りだと1,000円超になってしまうラーメンもあるからね、全部入り主義ってブルジョア。

☆満天星躑躅全力で咲くつもり
 満天星躑躅っぽさ横溢。

☆うつりゆく気球の影や春の山
 上手くて嫌味のない俳句。春がイイね。

☆暖かな雨北半球を濡らしをり
 俳句的な大きな視点。

☆凍ゆるむ正方形の菱形に
 分かるようで分からないもどかしさの愉悦。

☆羊蹄や愛の言葉に凍りつき
 心凍らせて。

☆はだら雪微かにきしむ連結器
 連結器ってとてもindustrialっぽいのになぜか詩的。

☆結界と知らず手折りし桃の花
 知らぬが仏。

☆たつぷりと蕎麦湯のありて日永かな
 幸せな時間。

☆小遣値下げ蛍烏賊は譲れぬ
 譲るな譲るなよ。

☆朧夜のブエノスアイレスから悲鳴
 地球の裏側から。
 

全球凍結句会・投句一覧

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月12日(日)00時49分2秒
  投句一覧です。

【全】
チューリップ開き全室南向き
につぽんの全域なべて霾れり
永き日の全自動てふ機械かな
完全に口開かるる蜆かな
湖の全景見えて花の冷え
青き踏む全権大使夫人かな
全巻を揃へて小さき春休
全行程徒歩で行くらし春の山
全身を脱毛したい花粉症
全部入り主義者と下る春の坂
全方位男女交際春の蟻
卒業歌緊張ながき全休符
池之端左卜全似の柳
土恋しミドリ安全作業靴
満天星躑躅全力で咲くつもり

【球】
うつりゆく気球の影や春の山
おぼろ夜のはだか電球まめ電球
かひやぐら青空球児好児立つ
ガラス球いくつも吊し修司の忌
しやぼんだまひとつ離れて地球めく
たんぽぽの球体移動はればれと
球根植う中央高き上木鉢
球場の個数で測る春の土砂
球場へ向かふ人人鳥雲に
球審がポークと言つたから梅見
桜ちらほら門球のおぢいさん
春の土正しく均し野球かな
暖かな雨北半球を濡らしをり
虫出しの雷地球儀を滑る指

【凍】
きつちりと凍り豆腐の暮春かな
解凍後乗れますとあり春の雲
亀鳴くやジン一本の冷凍庫
山ほどのちりめんじゃこを凍らせる
人間の赤子泣きをり凍てゆるむ
蝶いまだ凍え飯舘村遠し
凍ゆるむ正方形の菱形に
凍返ることばの裏のうらのうら
白たんほぽ解凍できぬ言葉かな
羊蹄や愛の言葉に凍りつき
冷凍のベジタブルから春の声
冷凍の浅蜊を戻し季語とせむ
冷凍の平らなご飯涅槃西風
冷凍の餃子を焦がし鳥雲に

【結】
かはるがはる結ぶおにぎり春の雨
はだら雪微かにきしむ連結器
ぺんぺん草クロツキーモデル髪を結ひ
簡単に至る結論亀鳴けり
靴紐の結べばほどけ雲雀東風
結び目を手で探りたる朧かな
結界と知らず手折りし桃の花
結界のしるしの石や蝶の昼
結婚は墓場か四苦かシネラリア
結審へかかる一生復活祭
結納の道具一式春灯
結論はついに言はない蕗の薹
日永かな結び目ゆるむ登山靴
髪結いの亭主見ながら木の芽和え
連結の揺れ少し来る遅日かな

【当季雑詠】
ケセラセラぺんぺん草も言ふてをる
コヒーの滓かわきだす鷽のそら
たつぷりと蕎麦湯のありて日永かな
ちりめんじやこちりめんじやこと睦み合ふ
まなうらに咲く故郷の桜かな
よく見ればハート鈴生り花なづな
旧友とここで散会竹の秋
子のそばを母は離れず雛納
春の宵温水プールの音ぼやけ
小遣値下げ蛍烏賊は譲れぬ
笑ひ顔ばかり思ふ日蓬餅
人力車行く黒塀や春灯し
数式の消されしセルも陽炎える
波音を聞くや効かずや猫の恋
母の子の両側に咲くチューリップ
剪定の長尺物や人の妻
朧夜のブエノスアイレスから悲鳴

(以上)

14句選(特選、逆選なし)
選句締切:3月15日(水)23時(JST)
            ↑
 ★集計の方のご負担を考慮し時間を繰り上げました。
投稿先:みしみし第二
http://6911.teacup.com/3434/bbs
(返信とかスレッドとか難しいことを考えないで、そのまま書き込んで下さい。)

題に関わらず全体から選句数分選句にてお願い致します。
★★★整理の都合上、句の順番はそのままにして下さい。★★★
(人力で集計しているので、順番を変えられるとほんとに大変なんです!!!)

ではよろしくお願い致します。
 

すみません

 投稿者:月犬  投稿日:2017年 3月 8日(水)22時39分36秒
  集計に間違いがありました。
元を直しています。

けんじさん、百花さんすみませんでした。
 

全球凍結句会・ご案内

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月 8日(水)20時38分35秒
  出題です。

【全】
【球】
【凍】
【結】
【当季雑詠】(何句でも。無季可。他季不可)

投句締切:3月11日(土)24:00(JST)
投句宛先:掲示板http://6911.teacup.com/3434/bbs
     下の方の「管理者へメール」からお願いします。

★整理の都合上、俳句の行には俳句以外の題とか記号とか俳号とか本名とかを
 書かないで下さい。
 また、空白行や題の行を置かず出題順に左詰で列挙願います。
 メールアドレスだけだとどなたか分らないので、★タイトルに俳号とか本名とか
お書き添えください。

この句会は互選です。投句のみ、選句のみの参加はご遠慮下さい。

 よろしくどうぞ。
 

団体旅行句会結果発表

 投稿者:月犬  投稿日:2017年 3月 8日(水)20時30分35秒
編集済
  結果発表です。間違いありましたらご一報ください。

団塊の世代で雲雀打ち上げよう    海太
世間体気にしてゐたる嫁菜飯     海太
旅ゆけば駿河の国で田螺鳴く     海太  むら亜
ねえ行くの行かないの蛇の出るところ 海太  月あ洋
白魚の白ならジンクホワイトで    海太  百

雛の夜を抜けて阿頼耶識の旅団    なむ  月亜ゆ
鞄のなかに数体の誕生仏       なむ  洋
旅荘から川へ無数のかざぐるま    なむ  あけ
雛壇の裏なる暗夜行路かな      なむ  百苑由
島唄やふらここ高く低く漕ぐ     なむ  あ苑

楽団員募集広告風光る        らくだ 朝百苑洋亜由
春昼の体重計は嘘をつく       らくだ 月あ亜
旅に出るまでは仔馬のままでいい   らくだ 朝あ洋亜由
行き先は白木蓮に告げてゆけ     らくだ 海洋由
枯色に色差すごとく雉あゆむ     らくだ

団地から遠足の子等こぼれ出づ    朝比古 む百海け
体幹を鍛へてゐたり猫の戀      朝比古
ガリ版の旅の栞や花菜風       朝比古 むけ
波音は行李の小豆春深し       朝比古 むら苑洋亜
部屋のやや暗きところの種袋     朝比古 む月あ苑亜由ゆ

桜咲く応援団に誘はれる       苑を  朝む百
体育教師明るし鳥曇に入る      苑を  朝洋
のどけしや駅前旅館から伴淳     苑を  む月海
虻飛んで行進曲の先頭に       苑を  朝む百洋
恋猫の目の金色が動き出す      苑を  朝あゆ

霾ぐもり静かに並ぶ弁護団      月犬  あ亜由け
全体の見えぬ花見とまたなりぬ    月犬  亜け
旅程にはなけれど朧の海に寄る    月犬  ら海
特朗普の兵の行進草朧        月犬
嗚呼だれも往きて還らぬ朧かな    月犬  む百海け

馬の仔の地団駄ふんでゐたりけり   洋子  月
ややこしい一体感や鳥の恋      洋子  ら海ゆ
蝌蚪生る田川飛旅子の鞄かな     洋子  月ら由
ざら紙の野ざらし紀行わらび餅    洋子  月
春の闇お相撲さんの匂いかな     洋子  む月亜ゆ

小粉団の花や再びインターホン    あんこ 月海洋
花守の体のすこし透けはじむ     あんこ 朝ら百苑洋由ゆけ
旅客機の腹の銀色石牡丹       あんこ け
団地行きバスに揺られる春大根    あんこ 月ら百苑亜由
沈丁のまるく香りし小学校      あんこ 由ゆけ

山笑ふ団塊ジュニア連れ立ちて    由季
体育の記憶ちりちり春の暮      由季  む苑け
三月の旅に洗濯物白し        由季  ゆ
アネモネやバスの行先確認し     由季  朝
春めきてみたらし団子歯で抜きぬ   由季  あけ
旅に出ると言ひ置き枝垂梅の下    由季  苑洋

春野なり神器三種の串団子      百花
俗にゐて俗体通す鶯菜        百花  らゆ
春ショール旅程は帰路の予約から   百花  むら亜
新入生行きも帰りも同じ道      百花  あ苑由
旧き良き木造家屋むめ香る      百花  ら

団長の振りたる小旗風光る      亜紀  朝海洋け
飼猫と体鍛へてをれば春       亜紀  海あ
旅人になりたくて吹くしやぼん玉   亜紀  朝らあ苑由
行く先はゆくゆく決める春の川    亜紀  朝百洋ゆ
白梅やあんこみたらし串だんご    亜紀  苑
廃船の傾いでゐたる黄沙かな     亜紀  む月百
うすらひの正体を知るポリバケツ   亜紀  朝ゆ
永き日のマウスパッドを滑りゆく   亜紀  海あ

団らんの中心にある春炬燵      けんじ
体操の反りの曖昧春椎茸       けんじ ゆ
旅立の朝に幾つも名草の芽      けんじ
行進の先頭に蒲公英の絮       けんじ 海苑亜ゆ
不都合なもの現るる春の土      けんじ 朝百ら由

団の字を横顔として春の海      ゆかり
鳥曇けふも体位のことばかり     ゆかり 月海
刻一刻春星として終はる旅      ゆかり 海
改行もやむなき春のうれひかな    ゆかり らけ
春泥として伊弉諾に返納す      ゆかり 百
 

選句しました

 投稿者:けんじ  投稿日:2017年 3月 8日(水)19時00分36秒
  ◯春めきてみたらし団子歯で抜きぬ
やっぱり団子はこう食べないと。焼き鳥と同じ。

◯団地から遠足の子等こぼれ出づ
がやがやと集合します。

◯団長の振りたる小旗風光る
なるべく高く振ってください。迷子続出します。

◯霾ぐもり静かに並ぶ弁護団
なんか怖くて胡散臭い。

◯花守の体のすこし透けはじむ
実は花の精とか。

◯全体の見えぬ花見とまたなりぬ
ではドローンで撮影しましょう。

◯体育の記憶ちりちり春の暮
運動が苦手な人にはこの「ちりちり」わかります。

◯ガリ版の旅の栞や花菜風
懐かしい。年齢がばれそう。

◯旅客機の腹の銀色石牡丹
空の高さを感じます。

◯旅荘から川へ無数のかざぐるま
すこし怖い。発電しているとか。

◯改行もやむなき春のうれひかな
とりあえず一休みしましょう。

◯沈丁のまるく香りし小学校
着実に春が来てます。

◯嗚呼だれも往きて還らぬ朧かな
毒ガスなのか。

 

選句です

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月 7日(火)23時35分8秒
  ○雛の夜を抜けて阿頼耶識の旅団
 阿頼耶識がぞわぞわと群をなして駐屯している感じが「旅団」にあって、じつに怖いです。

○ややこしい一体感や鳥の恋
 ぜんぜん一対一でない感じが、ほんとうに人間離れしてややこしいですよね。

○花守の体のすこし透けはじむ
 この句会、パターンのようにこんな感じの花守の句が毎年出されません?

○俗にゐて俗体通す鶯菜
 鶯菜とは、俗にしては質素ですね。

○体操の反りの曖昧春椎茸
 よくぞ春椎茸なんて変なものを持ってきましたね。しんなりとした質感がじつに上五中七と響き合っています。

○三月の旅に洗濯物白し
なんかきりりとした感じがあります。余寒に合いそうな白さです。

○行く先はゆくゆく決める春の川
 春の気分があります。

○行進の先頭に蒲公英の絮
 いつか吹くために絮を持っているのですね。

○うすらひの正体を知るポリバケツ
 庭に出しっぱなしで雨水がたまったようなあれですね。

○春の闇お相撲さんの匂いかな
 椿油のような匂いなのでしょうか。「お相撲さん」というゆるい言い方がじつに効いています。

○沈丁のまるく香りし小学校
 「まるく」がいいですね。

○部屋のやや暗きところの種袋
 先送りした生命が詰まっていそうです。

○恋猫の目の金色が動き出す
 目が幽体離脱するみたいな感じがいいです。

 

選句です

 投稿者:由季  投稿日:2017年 3月 7日(火)22時59分44秒
  ○楽団員募集広告風光る
明るい感じがします。

○霾ぐもり静かに並ぶ弁護団
大きな裁判なのでしょうね。重苦しい雰囲気。

○花守の体のすこし透けはじむ
花時が近づいているのでしょうか。

○旅に出るまでは仔馬のままでいい
なんだか切ないですね。

○旅人になりたくて吹くしやぼん玉
淡い願望のままで終わりそう。

○蝌蚪生る田川飛旅子の鞄かな
鞄、とワンクッション置いたところが巧み。

○行き先は白木蓮に告げてゆけ
白木蓮なら受け止めてくれるかも。

○新入生行きも帰りも同じ道
あたりまえですが新入生の真面目に歩く様子が可愛い。

○雛壇の裏なる暗夜行路かな
ただならぬ感じがします。

○団地行きバスに揺られる春大根
平和な暮らし。

○沈丁のまるく香りし小学校
沈丁香りはノスタルジックです。

○不都合なもの現るる春の土
二時間ドラマでしょうか。

○部屋のやや暗きところの種袋
明るいところには置かないでしょうね。
種袋の存在感があります。
 

選句しました

 投稿者:亜紀  投稿日:2017年 3月 7日(火)17時21分19秒
編集済
  ○楽団員募集広告風光る
学生時代にちょっと齧っただけだけどね。

○雛の夜を抜けて阿頼耶識の旅団
怪しさ満点。

○霾ぐもり静かに並ぶ弁護団
無言の圧力。

○春昼の体重計は嘘をつく
デザートは別腹の真相。

○全体の見えぬ花見とまたなりぬ
だんだんと人押し寄せて。

○春ショール旅程は帰路の予約から
おとなの休日。段取りは必須。

○旅に出るまでは仔馬のままでいい
いつまでも傍に置いておきたい。

○旅ゆけば駿河の国で田螺鳴く
古き良き日本の田園風景。

○行進の先頭に蒲公英の絮
引き寄せられるように野に出てゆく人々。

○団地行きバスに揺られる春大根
肝っ玉母さんのおつかい。長閑~。

○波音は行李の小豆春深し
聞くほどに穏やかになる音。

○春の闇お相撲さんの匂いかな
鬢付油のあまやかな匂い。

○部屋のやや暗きところの種袋
じっと出番を待っている。
 

選句しました。

 投稿者:洋子  投稿日:2017年 3月 7日(火)16時21分12秒
  ◯楽団員募集広告風光る

なぜか自衛隊員募集に似てる。

◯小粉団の花や再びインターホン

もしかして留守かな。

◯団長の振りたる小旗風光る

小旗がしょぼい。

◯花守の体のすこし透けはじむ

こんなふうに消えていけたらいいな。

◯鞄のなかに数体の誕生仏

仏さんをポケットにしまっていたオジさん思い出す。
すりきれた渋いチノパンはいてた。

◯体育教師明るし鳥曇に入る

むやみに明るいんですね。

◯旅に出ると言ひ置き枝垂梅の下

すきなタイプ。

◯旅に出るまでは仔馬のままでいい

ずっと仔馬だったらどうするんだろ。

◯ねえ行くの行かないの蛇の出るところ

この言いよう・・・。やってれば。

◯虻飛んで行進曲の先頭に

虻もやるねぇ。

◯行き先は白木蓮に告げてゆけ

たしかに白木蓮はガチかも。

◯行く先はゆくゆく決める春の川

うん。

◯波音は行李の小豆春深し

小豆のおと聞こえてきます。

 

選句です。

 投稿者:苑を  投稿日:2017年 3月 7日(火)10時17分14秒
  ○楽団員募集広告風光る
著名な楽団とは思えず。明るさがいいです。

○花守の体のすこし透けはじむ
花守の非在。花らしい。

○体育の記憶ちりちり春の暮
いろんな意味で体育苦手の私には実感あり。

○旅に出ると言ひ置き枝垂梅の下
なんだか可笑しい。言い置いてみたかったのね。

○旅人になりたくて吹くしやぼん玉
そうなのか。しゃぼん玉って少し悲しい。

○行進の先頭に蒲公英の絮
行進ってものは少し可笑しい。

○新入生行きも帰りも同じ道
そうそう最初は寄り道もなし。

○雛壇の裏なる暗夜行路かな
雛壇裏にはドラマがある。

○団地行きバスに揺られる春大根
外は大根畑。のどか。

○波音は行李の小豆春深し
ラジオの時代。

○島唄やふらここ高く低く漕ぐ
ふらここの時間。

○白梅やあんこみたらし串だんご
よいですなー。梅よりだんご。

○部屋のやや暗きところの種袋
明るいところには置かない。たいていやや暗。
 

選句しました。

 投稿者:あんこ  投稿日:2017年 3月 6日(月)21時30分24秒
  ○春めきてみたらし団子歯で抜きぬ
勢いよく、甘さも春めいて。

○霾ぐもり静かに並ぶ弁護団
静かなドラマを感じます。

○飼猫と体鍛へてをれば春
薄着になりますしね。猫も一緒ってのがいい。

○春昼の体重計は嘘をつく
で、鍛えてるのに~

○旅に出るまでは仔馬のままでいい
なんだろう、この柔らかい哀しみ。

○旅人になりたくて吹くしやぼん玉
儚くも美しい。旅人になりたいってのがいいです。

○旅荘から川へ無数のかざぐるま
鄙びていて、回る無数の色が幻想的。

○ねえ行くの行かないの蛇の出るところ
子どものつぶやきみたい。怖いものにつながっていく
イメージもいい。

○新入生行きも帰りも同じ道
当たり前なんだけど、新入生で何か異なる感慨がします。

○永き日のマウスパッドを滑りゆく
つい、いろいろネットサーフィンしてしまう。

○島唄やふらここ高く低く漕ぐ
島唄の感じと、ふらここの波が響き合っている。

○部屋のやや暗きところの種袋
音も暗く静か。

○恋猫の目の金色が動き出す
魔の時間。
 

選句

 投稿者:海太  投稿日:2017年 3月 6日(月)06時24分53秒
  ◯小粉団の花や再びインターホン
ピンポンダッシュか!

◯団地から遠足の子等こぼれ出づ
豆か!

◯団長の振りたる小旗風光る
安田サーカスか!

◯ややこしい一体感や鳥の恋
知恵の輪か!

◯飼猫と体鍛へてをれば春
暇か!

◯鳥曇けふも体位のことばかり
謝国権か!

◯のどけしや駅前旅館から伴淳
三木のり平も入れたらんか!

◯刻一刻春星として終はる旅
死んだんか!

◯旅程にはなけれど朧の海に寄る
耄碌したか!

◯行き先は白木蓮に告げてゆけ
鈴木真砂女か!ちょっと違ったか?

◯行進の先頭に蒲公英の絮
つかこうへいか!

◯永き日のマウスパッドを滑りゆく
欧米か!

◯嗚呼だれも往きて還らぬ朧かな
薩摩飛脚か!
 

選句しました。

 投稿者:百花  投稿日:2017年 3月 5日(日)18時11分17秒
  〇楽団員募集広告風光る
リズムが合わせられる方ならどなたでも。。

〇桜咲く応援団に誘はれる
容姿、年齢、不問、とか。。

〇団地から遠足の子等こぼれ出づ
拾ってください、記憶の中の団地の子等。。

〇花守の体のすこし透けはじむ
篝火の熱気のせいでしょうか。。

〇虻飛んで行進曲の先頭に
わらしべに結んであるのでしょうか。。

〇行く先はゆくゆく決める春の川
せっかちは大敵。。

〇雛壇の裏なる暗夜行路かな
裏が表になったときには。。

〇団地行きバスに揺られる春大根
膝の上も下も揺られて。。

〇春泥として伊弉諾に返納す
今更とは思いますが。。

〇廃船の傾いでゐたる黄沙かな
四千年も、ってことは無いでしょうが。。

〇白魚の白ならジンクホワイトで
踊り食いに限るとでも。。

〇不都合なもの現るる春の土
だから掘っちゃいけないって。。

〇嗚呼だれも往きて還らぬ朧かな
是非ご一緒にあちらで。。
 

選句です

 投稿者:らくだ  投稿日:2017年 3月 5日(日)14時36分31秒
  ◯ややこしい一体感や鳥の恋
 鳥から見れば人間のほうがややこしいかもしれない。

◯花守の体のすこし透けはじむ
 あらー、あちらの方だったんですね。でも花の下だとそれもありと思う。

◯俗にゐて俗体通す鶯菜
 それもまた悟りの境地。

◯春ショール旅程は帰路の予約から
 堅実なひとだ。でも、いわゆる団体ツアーじゃないってことですね。帰路を確保したらあとは目一杯好きなことする派か。

◯旅ゆけば駿河の国で田螺鳴く
 あはは、なんかバカにされてるようで、でも腹が立たない感じが好き。

◯旅人になりたくて吹くしやぼん玉
 タンポポの綿毛とかしゃぼん玉とか、ぽわーっと漂っていくものをみると旅に出たいと思う。
 代わりに飛ばすせつなさ。

◯旅程にはなけれど朧の海に寄る
 春の海はチャンスがあれば寄りたいです。

◯蝌蚪生る田川飛旅子の鞄かな
 鞄の中に生まれてずっと蝌蚪のままでいそうな感じがする。

◯改行もやむなき春のうれひかな
 改行しておさまったんでしょうか。

◯団地行きバスに揺られる春大根
 団地で降りるとは限らないけど、なんとものどかでゆかいな景。

◯波音は行李の小豆春深し
 音効さん。でもテクニック必須。

◯旧き良き木造家屋むめ香る
 そういう家には梅が一番似合う。

◯不都合なもの現るる春の土
 いろんな芽が出ると同時に、いろんな虫も出る。それともサスペンス劇場みたく白骨でも出たのかしらん?
 

選句です

 投稿者:月犬  投稿日:2017年 3月 5日(日)13時16分9秒
  ゆかりさん、ファイルよろしく。

◯小粉団の花や再びインターホン
 留守なんじゃない?反対に居留守使ってるのかなあ。

◯雛の夜を抜けて阿頼耶識の旅団
 難しい句だなあ、好き。

◯馬の仔の地団駄ふんでゐたりけり
 ふ~む、あれを地団駄と見るか。

◯春昼の体重計は嘘をつく
 そうかも知れぬ。

◯鳥曇けふも体位のことばかり
 なんのことやら:笑

◯のどけしや駅前旅館から伴淳
 はは、懐かしい名前。

◯蝌蚪生る田川飛旅子の鞄かな
 なんかありそうで可笑しい。

◯ざら紙の野ざらし紀行わらび餅
 三つ並べただけなのに、「ざら」→「ざら」→「わら」でいい味の世界が出現。

◯ねえ行くの行かないの蛇の出るところ
 行きます、ちょっと待ってくださいな、心の準備。

◯団地行きバスに揺られる春大根
 買い物帰りか、それとも団地に向かう行商のおばさんか。

◯春の闇お相撲さんの匂いかな
 なんだろう?相撲女子の句かなあ。

◯廃船の傾いでゐたる黄沙かな
 大正時代あたりの油絵みたいな感じの光景。

◯部屋のやや暗きところの種袋
 やや暗きというのがいいのかどうかね。その疑問を種子袋が救っている感じ。
 

選句です。

 投稿者:なむ。  投稿日:2017年 3月 5日(日)13時05分18秒
  ◎桜咲く応援団に誘はれる
嗚呼花の応援団。

◎団地から遠足の子等こぼれ出づ
リュックしょって二人また三人。ぽろぽろと。

◎体育の記憶ちりちり春の暮
ちりちり、いいね。

◎ガリ版の旅の栞や花菜風
いつの時代の話か、と思うけどあの匂い懐かしい。

◎のどけしや駅前旅館から伴淳
森繁だよ。

◎春ショール旅程は帰路の予約から
きちんとしてるなあ。

◎旅ゆけば駿河の国で田螺鳴く
虎造ぶし。いいね。

◎虻飛んで行進曲の先頭に
よきかな。ブラバン。

◎波音は行李の小豆春深し
音声さん、オヒョイか。。。

◎春の闇お相撲さんの匂いかな
鬢付け、甘ったるいんだ、あれ。

◎廃船の傾いでゐたる黄沙かな
見たかも。黄沙は付きすぎのようでいて、この場合はありですね。

◎部屋のやや暗きところの種袋
ふむ、見えます。

◎嗚呼だれも往きて還らぬ朧かな
こんなこと正面から嗚呼って言ってしまうところに一票。
 

選句

 投稿者:朝比古  投稿日:2017年 3月 5日(日)06時10分39秒
  ☆楽団員募集広告風光る
 手作りポスターかしらん。

☆桜咲く応援団に誘はれる
 嗚呼花の応援団。

☆団長の振りたる小旗風光る
 リーダーは苦労が多い。

☆花守の体のすこし透けはじむ
 花と同化してくる。

☆体育教師明るし鳥曇に入る
 風紀担当の場合が多いね。

☆旅に出るまでは仔馬のままでいい
 かわいい仔馬には旅をさせよ。

☆旅人になりたくて吹くしやぼん玉
 旅人と詩人は表裏一体。

☆アネモネやバスの行先確認し
 バスで行先を間違えると修復しにくいね。

☆虻飛んで行進曲の先頭に
 聖者の行進だろうか。虻、存外悲しい雰囲気が漂う不思議。

☆行く先はゆくゆく決める春の川
 急がず騒がず。たゆたう春の川の鷹揚さ。

☆うすらひの正体を知るポリバケツ
 青いやつ。

☆不都合なもの現るる春の土
 埋めちゃえ。

☆恋猫の目の金色が動き出す
 ぎらぎらと。
 

団体旅行句会・投句一覧

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月 5日(日)00時54分35秒
  投句一覧です。

【団】
楽団員募集広告風光る
桜咲く応援団に誘はれる
山笑ふ団塊ジュニア連れ立ちて
春めきてみたらし団子歯で抜きぬ
春野なり神器三種の串団子
小粉団の花や再びインターホン
雛の夜を抜けて阿頼耶識の旅団
団の字を横顔として春の海
団らんの中心にある春炬燵
団塊の世代で雲雀打ち上げよう
団地から遠足の子等こぼれ出づ
団長の振りたる小旗風光る
馬の仔の地団駄ふんでゐたりけり
霾ぐもり静かに並ぶ弁護団

【体】
ややこしい一体感や鳥の恋
花守の体のすこし透けはじむ
鞄のなかに数体の誕生仏
飼猫と体鍛へてをれば春
春昼の体重計は嘘をつく
世間体気にしてゐたる嫁菜飯
全体の見えぬ花見とまたなりぬ
俗にゐて俗体通す鶯菜
体育の記憶ちりちり春の暮
体育教師明るし鳥曇に入る
体幹を鍛へてゐたり猫の戀
体操の反りの曖昧春椎茸
鳥曇けふも体位のことばかり

【旅】
ガリ版の旅の栞や花菜風
のどけしや駅前旅館から伴淳
刻一刻春星として終はる旅
三月の旅に洗濯物白し
春ショール旅程は帰路の予約から
旅に出ると言ひ置き枝垂梅の下
旅に出るまでは仔馬のままでいい
旅ゆけば駿河の国で田螺鳴く
旅客機の腹の銀色石牡丹
旅人になりたくて吹くしやぼん玉
旅荘から川へ無数のかざぐるま
旅程にはなけれど朧の海に寄る
旅立の朝に幾つも名草の芽
蝌蚪生る田川飛旅子の鞄かな

【行】
アネモネやバスの行先確認し
ざら紙の野ざらし紀行わらび餅
ねえ行くの行かないの蛇の出るところ
虻飛んで行進曲の先頭に
改行もやむなき春のうれひかな
行き先は白木蓮に告げてゆけ
行く先はゆくゆく決める春の川
行進の先頭に蒲公英の絮
新入生行きも帰りも同じ道
雛壇の裏なる暗夜行路かな
団地行きバスに揺られる春大根
特朗普の兵の行進草朧
波音は行李の小豆春深し

【当季雑詠】
うすらひの正体を知るポリバケツ
永き日のマウスパッドを滑りゆく
旧き良き木造家屋むめ香る
枯色に色差すごとく雉あゆむ
春の闇お相撲さんの匂いかな
春泥として伊弉諾に返納す
沈丁のまるく香りし小学校
島唄やふらここ高く低く漕ぐ
廃船の傾いでゐたる黄沙かな
白魚の白ならジンクホワイトで
白梅やあんこみたらし串だんご
不都合なもの現るる春の土
部屋のやや暗きところの種袋
恋猫の目の金色が動き出す
嗚呼だれも往きて還らぬ朧かな

(以上)

13句選(特選、逆選なし)
選句締切:3月8日(水)23時(JST)
            ↑
 ★集計の方のご負担を考慮し時間を繰り上げました。
投稿先:みしみし第二
http://6911.teacup.com/3434/bbs
(返信とかスレッドとか難しいことを考えないで、そのまま書き込んで下さい。)

題に関わらず全体から選句数分選句にてお願い致します。
★★★整理の都合上、句の順番はそのままにして下さい。★★★
(人力で集計しているので、順番を変えられるとほんとに大変なんです!!!)

ではよろしくお願い致します。
 

団体旅行句会・ご案内

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月 1日(水)21時31分34秒
  出題です。

【団】
【体】
【旅】
【行】
【当季雑詠】(何句でも。無季可。他季不可)

投句締切:3月4日(土)24:00(JST)
投句宛先:掲示板http://6911.teacup.com/3434/bbs
     下の方の「管理者へメール」からお願いします。

★整理の都合上、俳句の行には俳句以外の題とか記号とか俳号とか本名とかを
 書かないで下さい。
 また、空白行や題の行を置かず出題順に左詰で列挙願います。
 メールアドレスだけだとどなたか分らないので、★タイトルに俳号とか本名とか
お書き添えください。

この句会は互選です。投句のみ、選句のみの参加はご遠慮下さい。

 よろしくどうぞ。
 

終末時計句会結果発表

 投稿者:月犬  投稿日:2017年 3月 1日(水)21時22分30秒
  集計です。間違いありましたら、ご一報ください。

終電の無人の窓の春の燭      なむ
末吉をそつと上巳の段に置く    なむ
亀鳴かず春の時雨となりにけり   なむ  海
貝寄風や計器の針が落ち着かぬ   なむ  てけ由
春の季語ほとんど酒の名となりぬ  なむ  百ゆ

青き踏む中途半端な終り方     海太  け由
末つ子が可愛いなんて塾朧     海太
ある時は寄居虫ある時は羅漢    海太  む百洋
オギノ式計算機あゝひなまつり   海太
まだ早いいやもう遅いクロッカス  海太  由

いろいろのこと終らせて猫の恋   朝比古 月海洋亜由ゆ
ひりひりと末梢神経てふ朧     朝比古 洋七
午後四時の再放送や春眠し     朝比古 ゆ
計る人ちよいちよい春の競技場   朝比古 むて
春の夢指のあはひを砂零れ     朝比古 百あ亜け

沈丁花終りのページ捲りをり    あんこ 亜け
末黒野や麓の街の光りだす     あんこ 亜け
春の雨父の時計を裏返す      あんこ 朝月百亜け由ゆ
透明な計量カップ春の風邪     あんこ て海洋亜由ゆ
チューリップ終りの方は寝てゐたり あんこ 朝て洋七ゆ

芋植うることも今年で終りとす   月犬  朝
行く末は暗いふらここ漕ぐばかり  月犬  洋
花の島正午の時報鳴りにけり    月犬  てあ
虫出しの雷や深夜の大時計     月犬  む
朧夜のコロシアムから獅子の声   月犬  てあ

つばくらめ終の住処へついてくる  洋子  朝て百あ海亜由
週末は蜆を食べて生きてゐる    洋子  朝百由ゆ
紫雲英田にねてゐる犬の時間割   洋子  む月百海亜七け由
水草生う砂時計の砂のひつそり   洋子  あけ
おほつぶのたんぽぽ地球は平たい  洋子  あ七

終りあることの安らぎ揚雲雀    百花  朝月海亜ゆ
蕗味噌や末席に居る実力者     百花  てけゆ
浅春のめくるトランプ時事ニュース 百花
計り売る蜆パックの一円差     百花  む海ゆ
下萌や野草の名札ならび立ち    百花

終刊となりし雑誌や春の雪     亜紀  朝むて七
しやぼん玉すぐにお終ひ繰返し   亜紀  朝む百洋七け由
末席に控へてをればつくしんぼ   亜紀
時価といふ今に価値あり草萌ゆる  亜紀
永き日の計器の針の恙なし     亜紀
高音の発声練習冴返る       亜紀
霾るや半音上げて歌ふ歌詞     亜紀  む七由
駒音に少し遅れて春の月      亜紀  むて海洋

引鶴の声終幕の大団円       けんじ 月海亜
末法の世にもいくつも木の実植う  けんじ 月
風車時折何か呟けり        けんじ 百あ海洋
計画のまたも見直し二月尽     けんじ 朝月七
蛇出づと穴の次々塞がるる     けんじ 百

スケート場終日流すビートルズ   由季  朝むてゆ
受付の椅子末端に花の冷      由季  亜
白梅や時計ちらちら見る男     由季  月ゆ
鳥曇血圧計に腕預け        由季  朝月てあ洋
わたくしの前で区切られ春の列   由季  朝む百亜七け

くりかえす繰り言終わる木の芽時  七   海洋
世も末じゃ世も末じゃ世や虻唸る  七   むて百
時間です空欄のまま鳥帰る     七   月海
蛇穴を出れば時計狂いだし     七   月あ洋亜
早春の少年少女眼嵌め       七

終日禁煙てふ看板やかぎろへる   てふこ
うららかや漢方の名に末の文字   てふこ あ洋
花時の安請け合ひをしてしまふ   てふこ 朝あ七由
計算をせぬ物言ひや花菜漬     てふこ 月七
港すぐそこなる河津桜かな     てふこ あ海七ゆ

なほ点る春闇最終退場す      ゆかり あ
端末の壁紙として残る鴨      ゆかり む七け由
バリヤーのごとく固有時ねこやなぎ ゆかり
中国四千年の計量スプーン春の風  ゆかり 月百
痕跡をなほし春一番と知る     ゆかり け
 

選句です

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月 1日(水)20時58分48秒
  ○いろいろのこと終らせて猫の恋
 例えば自分の恋は終わって猫の恋を聞いているのは切ないですね。「いろいろのこと」がいろいろに読めます。

○スケート場終日流すビートルズ
 「レボリューションNo9」とか「ユー・ノウ・マイ・ネーム」とか変な曲も流すのでしょうか。

○終りあることの安らぎ揚雲雀
 何につけ終わりがないのは地獄です。

○週末は蜆を食べて生きてゐる
 平日はお酒をがんがん飲んでいるのでしょうか。めりはりのある暮らしですね。

○蕗味噌や末席に居る実力者
 どの世界の実力者なのか明確にしていないところがいいですね。

○午後四時の再放送や春眠し
 優雅ですね。

○春の雨父の時計を裏返す
 状況は分かりませんが、時間軸から自由になりたかったのでしょうか。

○白梅や時計ちらちら見る男
 犯罪のにおいがしますね。待ちぶせでしょうか。

○計り売る蜆パックの一円差
 一円差って、何グラム違うのでしょうね。

○透明な計量カップ春の風邪
 これ、すごく風邪の気分があります。

○チューリップ終りの方は寝てゐたり
 せがんで連れて行ってもらった映画とかでしょうか。「チューリップ」で年齢をほのめかすあたりが、もう少しひねりたい気もします。

○港すぐそこなる河津桜かな
 絵が浮かびます。

○春の季語ほとんど酒の名となりぬ
 「チューリップ」とか「鳥の巣」とか…。
 

選句しました。

 投稿者:由季  投稿日:2017年 2月28日(火)23時49分48秒
  ○いろいろのこと終らせて猫の恋
状況がよくわかりませんが気になる句。

○しやぼん玉すぐにお終ひ繰返し
その通りですね。

○つばくらめ終の住処へついてくる
何故か燕に好かれる家があります。

○青き踏む中途半端な終り方
どこで終えても中途半端な気がします。

○週末は蜆を食べて生きてゐる
蜆の栄養を過信しているのが可笑しい。

○端末の壁紙として残る鴨
季語としては無理がありそうだけれど面白い。

○花時の安請け合ひをしてしまふ
花時だしオッケー。

○紫雲英田にねてゐる犬の時間割
好きな人が通る時間とかあるのです。

○春の雨父の時計を裏返す
色々裏返す句はありますがこれは良い味わい。

○貝寄風や計器の針が落ち着かぬ
風のせいでもないと思うのですが。

○透明な計量カップ春の風邪
透明は使いやすい。春の風邪とよい距離感。

○まだ早いいやもう遅いクロッカス
確かに今が盛りというのがわかりにくい。

○霾るや半音上げて歌ふ歌詞
私は下げるばかりですが。
 

レンタル掲示板
/46