teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


選句です。

 投稿者:苑を  投稿日:2017年 1月24日(火)21時58分43秒
  ○冬晴へ金刀比羅宮の旗なびき
階段の下から見上げる感じでしょうか。

○内密と言はれし後の冬の空
なんだかなーな冬の空。

○ドカドカと地下足袋の来て狸汁
いくつもの足が見えますね。

○性格の地が出てしまふ探梅行
なんだかわかる気が。

○地下足袋のままで繰り出す夜のネオン
仕事系か祭系か、粋がりがちと可笑し。

○地図上にない島にある大枯野
人はいない。

○タカガ襖一枚に若冲の鶏を飼ふ
カタカナ表記か゛よくわからないけど、若冲の鶏は確かに飼えます。

○鶏と親しくなれず冬の庭
なれないのよね。鶏らしい。

○鶏肉の皮から焼きし寒の入
ぱりばりと寒は相性がいい。

○五重塔内部よりみる冬景色
景色、ですね。

○吊橋の向ふから来る雪女
来そう。

○底冷えのそこから右へ三軒目
はい。三軒目。ほどよい距離。

○日脚伸ぶ何度も渡る同じ河
河となれば島から本島へとかかなァ。

○白梅や風弱くなる強くなる
まだ冷たい。
 
 

選句しました

 投稿者:らくだ  投稿日:2017年 1月24日(火)17時14分59秒
  ◎黄金比さぐつてゐたり雪達磨
 雪だるまの黄金比、なるほど。きれいに見える比率ってあるんでしょう。ほどほどで手を打たないとしもやけになっちゃう。

◎日比谷まで海なりし夜の猫の恋
 家康が生きていた頃ともなると、猫にとっては今とは大違いだろうなぁ。

◎タカヤマは遠いから都内で悴む
 雪国の人には申し訳ないくらいですが^^;都内でも悴めます。

◎りつぱな木の葉髪採用内定です
 あはは、こんな会社あったら面白い。

◎内耳から少し鯨となりて浮く
 クジラの声の音源なんか聞いていたら、そういう幻想に入れそう。しばし時間と重力から開放されて。

◎たかが緋寒桜の分際で地を独占
 そんな~!きれいと言って見てくれるひともいますから^^;

◎ドカドカと地下足袋の来て狸汁
 仕事終わって温まるべぇ、というほのぼの感とも、早く食わせろという殺気立った雰囲気とも。

◎土地勘のなくて寒紅梅の下
 迷っちゃってしばし梅を見る。知らないなりに歩いていけばどこかには着くでしょう。

◎タカガ襖一枚に若冲の鶏を飼ふ
 いや~、豪勢な「たかが」ですね。

◎風見鶏ふつと止まりて雪もよひ
 こういう時の雪は積もるのです。

◎むねふかくつちかいしこといててふに
 蝶だから、きれいに昇華したと読むべきなのかもしれませんが、培ったあげく凝り固まって怨念的方面にいった気がする「いててふ」。

◎ルンルンのとある日森のなか羆
 あはは、羆でこういう句もありなんですね。タイムリーに一票。

◎吊橋の向ふから来る雪女
 これは怖い。

◎北窓を開き指差確認す
 これから来る春に向かって、という明るい感じがして好き。


久しぶりに参加させて頂きました。ありがとうございました。
俳句筋がなくなってしまったのでまた一から筋トレします。
 

選句しました。

 投稿者:百花  投稿日:2017年 1月24日(火)13時19分55秒
  〇黄金比さぐつてゐたり雪達磨
お父さんに教えられて、ちょっと下がって探る子。

〇冬晴へ金刀比羅宮の旗なびき
きもちよさそう。行きたいなあ。

〇内耳から少し鯨となりて浮く
眩暈でしょうか。

〇内密と言はれし後の冬の空
どうも後味の悪いお話のようです。うしろに手が回りませんように。

〇ドカドカと地下足袋の来て狸汁
ドガならぬ地下足袋のおっさん達が集まって狸汁。

〇折り返し地点明るき冬菜畑
ポール一本その他ナシ。

〇地図上にない島にある大枯野
脳内大枯野。

〇地吹雪にひとかたまりの村消ゆる
一吹きにひとたまりもなく消える過疎の村。どきどきさせます。

〇ストーブへ鶏当番群がりぬ
ストーブのある学校。懐かしい。

〇タカガ襖一枚に若冲の鶏を飼ふ
私も飼ってみたい。

〇風見鶏ふつと止まりて雪もよひ
いいですね、雪催い。

〇寒柝の音のまだらよ猫眠る
そう言えばまだらですね。

〇巻き戻すひとつの言葉夜の雪
夜じゅう巻き戻している。雪で音の無い夜。

〇白梅や風弱くなる強くなる
そんな季節ですね。暖かいだけじゃなく。
 

選句

 投稿者:海太  投稿日:2017年 1月24日(火)13時19分3秒
編集済
  ◯鴨の群に白鳥混じる黄金比
芹沢鴨+鴨居羊子+三鴨絵里子vs白鳥久美子。

◯待春や四人の比丘尼一人はバイ
八百比丘尼+歌比丘尼+屁負比丘尼vs壇蜜。

◯超ミニにマント比律賓パブの路地
山本リンダvsスッパマン=ビンボー・ダナオ。

◯点と線比べるやうに冬景色
高峰三枝子vs加藤嘉。

◯日暮れれば比丘尼を脱いで雪女
小川真由美vs岸恵子。

◯地図上にない島にある大枯野
玉乃島vs安芸乃島。

◯地吹雪にひとかたまりの村消ゆる
八つ墓村vs南馬宿村。

◯風見鶏ふつと止まりて雪もよひ
小早川秀秋vs筒井順慶vs中曽根康弘。

◯六個入り鶏卵パック春立ちぬ
板東英二vs友加里vパックン。

◯ルンルンのとある日森のなか羆
林真理子vsパーマ大佐。

◯仰ぎ見る曙杉の枯姿
曙太郎vs杉良太郎。

◯五重塔内部よりみる冬景色
幸田露伴vs石川さゆり。

◯指揮棒のひとりひとりへ日脚伸ぶ
小澤征爾vs佐々淳行。

◯日脚伸ぶ何度も渡る同じ河
船頭vs三途の川の罪人。
 

選句しました。

 投稿者:月犬  投稿日:2017年 1月24日(火)11時00分8秒
  なにやら、カタカナ多いなあ。

◯ハハが海鼠チチと心臓比べたら
 よく分からぬ。分からぬ句は採る。面白いしね。

◯超ミニにマント比律賓パブの路地
 フィリッピンパブ大好きな友人がいたが、今どうしていることやら。

◯冬晴へ金刀比羅宮の旗なびき
 抜けるような青空が目に浮かびます。

◯タカヤマは遠いから都内で悴む
 案外近いかも、タカヤマは。寒いので外出したくない言い訳ね。

◯内耳から少し鯨となりて浮く
 シュルレアリズム、よろしいかと。好きな句。

◯折り返し地点明るき冬菜畑
 マラソンでしょうか。ようやく折り返し地点まで来たという安堵感?

◯地図上にない島にある大枯野
 脳内にある島の枯野でしょうね。

◯タカガ襖一枚に若冲の鶏を飼ふ
 カタカナにする必要があるのかなあと思いつつ、いい句ですね。

◯歩きつヽ鳴きつヽ鶏は冬日喰む
 たしかにね。いつか見た光景。

◯六個入り鶏卵パック春立ちぬ
 あの、グレーの少し暖かそうな鶏卵パックね。透明じゃないやつ。

◯寒柝の音のまだらよ猫眠る
 しあわせな猫であるなあ。

◯巻き戻すひとつの言葉夜の雪
 「巻き戻すひとつの言葉」に激しく感応してしまった。「夜の雪」もグー。

◯春隣しとしと雨が降つてます
 雨にも暖かさが戻ってきたような感じ。

◯白梅や風弱くなる強くなる
 ようやく開いた白梅。風の強弱に一喜一憂する作者の優しさ。
 

選句

 投稿者:朝比古  投稿日:2017年 1月24日(火)06時48分54秒
  ☆黄金比さぐつてゐたり雪達磨
 こだわりの雪達磨。

☆点と線比べるやうに冬景色
 荒涼。

☆タカヤマは遠いから都内で悴む
 飛騨を思っているのか、高山君を慮っているのか。

☆内密と言はれし後の冬の空
 ちょっとした違和を抱えさせられる。

☆性格の地が出てしまふ探梅行
 慎重派か積極派か。

☆折り返し地点明るき冬菜畑
 ちょっとほっとする。

☆地吹雪にひとかたまりの村消ゆる
 しばらくあってまた現れる。

☆ストーブへ鶏当番群がりぬ
 鶏の世話、意外と重労働。

☆鶏と親しくなれず冬の庭
 いつか〆められちゃうから。

☆鶏肉の皮から焼きし寒の入
 外はパリッと中はジューシーって、もう慣用的表現。

☆熱湯へ鶏たつぷりや寒気団
 参鶏湯だろうか。

☆風見鶏ふつと止まりて雪もよひ
 意志あるように。

☆ルンルンのとある日森のなか羆
 ルンルンってすでに死後感横溢。

☆底冷えのそこから右へ三軒目
 三軒目になにがあるのだろうか。

 

比内地鶏句会・投句一覧

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 1月23日(月)23時58分52秒
  たいへんお待たせ致しました。申し訳ありません。
投句一覧です。

【比】
きれは鳰の笛按摩笛と比較して
ハハが海鼠チチと心臓比べたら
黄金比さぐつてゐたり雪達磨
鴨の群に白鳥混じる黄金比
重ね着が比翼仕立に見える人
身長を比べし柱春を待つ
待春や四人の比丘尼一人はバイ
竹馬のたけを幾つも比べてけり
超ミニにマント比律賓パブの路地
点と線比べるやうに冬景色
冬晴へ金刀比羅宮の旗なびき
日比谷まで海なりし夜の猫の恋
日暮れれば比丘尼を脱いで雪女
比較的しづかに過ぎし女正月
比律賓の人と見てゐる浮寝鳥

【内】
シーツはためき海凍る稚内
タカヤマは遠いから都内で悴む
みかんみかん口内炎もなんのその
りつぱな木の葉髪採用内定です
猿曳のまだ町内を徘徊す
鴛鴦の妻内弁慶に添ふことも
小豆粥腸内フローラふやしたり
内勤の一日香る水仙花
内耳から少し鯨となりて浮く
内臓のやうに動きし海鼠かな
内側に曲がる癖ある氷柱かな
内側を繕うふてゐしちやんちやんこ
内密と言はれし後の冬の空
内訳を電話に問へば日脚伸ぶ
翌朝の湯湯婆の内面に迫る

【地】
「パン生地が炬燵の中にあります」と
そのへんが妙に地続きカポネの忌
たかが緋寒桜の分際で地を独占
ドカドカと地下足袋の来て狸汁
ハハ呑気チチは寒気の地に赴任
鐘冴ゆる赤の他人の一等地
性格の地が出てしまふ探梅行
折り返し地点明るき冬菜畑
地下街の春の隣の花屋かな
地下足袋のままで繰り出す夜のネオン
地図上にない島にある大枯野
地吹雪にひとかたまりの村消ゆる
土地勘のなくて寒紅梅の下
独楽回る地べたの気持ち良ささうに
綿入や隅に地下鉄案内所

【鶏】
ストーブへ鶏当番群がりぬ
タカガ襖一枚に若冲の鶏を飼ふ
ん、となる凍鶴やがて鶏口にと
怪味なる棒々鶏や御神渡
鶏と親しくなれず冬の庭
鶏口となりて霰に叩かるる
鶏団子鍋なら胸の方がいい
鶏肉の皮から焼きし寒の入
鶏卵の空き箱叩く霙かな
神鶏の尾の垂れてきし冬の雲
冬深し鳥屋の夜の鶏料理
熱湯へ鶏たつぷりや寒気団
風見鶏ふつと止まりて雪もよひ
歩きつヽ鳴きつヽ鶏は冬日喰む
六個入り鶏卵パック春立ちぬ

【当季雑詠】
ぽぽぼぽとゴム草履に素足枯木
むねふかくつちかいしこといててふに
ルンルンのとある日森のなか羆
寒柝の音のまだらよ猫眠る
巻き戻すひとつの言葉夜の雪
仰ぎ見る曙杉の枯姿
五重塔内部よりみる冬景色
指揮棒のひとりひとりへ日脚伸ぶ
春菜買ふ黒きビジネス鞄かな
春隣しとしと雨が降つてます
吊橋の向ふから来る雪女
底冷えのそこから右へ三軒目
鍋なかにジャンパー恋敵ひとり
日脚伸ぶ何度も渡る同じ河
白梅や風弱くなる強くなる
半地下のギャラリーしずか冬ざくら
北窓を開き指差確認す

(以上)

14句選(特選、逆選なし)
選句締切:1月25日(水)23時(JST)
            ↑
 ★集計の方のご負担を考慮し時間を繰り上げました。
投稿先:みしみし第二
http://6911.teacup.com/3434/bbs
(返信とかスレッドとか難しいことを考えないで、そのまま書き込んで下さい。)

題に関わらず全体から選句数分選句にてお願い致します。
★★★整理の都合上、句の順番はそのままにして下さい。★★★
(人力で集計しているので、順番を変えられるとほんとに大変なんです!!!)

ではよろしくお願い致します。
 

すみません

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 1月21日(土)20時49分2秒
  諸般の事情により締切を半日シフトします。22日正午めどでごゆるりとどうぞ。  

比内地鶏句会・ご案内

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 1月18日(水)23時45分56秒
  出題です。

【比】
【内】
【地】
【鶏】
【当季雑詠】(何句でも。無季可。他季不可)

投句締切:1月21日(土)24:00(JST)
投句宛先:掲示板http://6911.teacup.com/3434/bbs
     下の方の「管理者へメール」からお願いします。

★整理の都合上、俳句の行には俳句以外の題とか記号とか俳号とか本名とかを
 書かないで下さい。
 また、空白行や題の行を置かず出題順に左詰で列挙願います。
 メールアドレスだけだとどなたか分らないので、★タイトルに俳号とか本名とか
お書き添えください。

この句会は互選です。投句のみ、選句のみの参加はご遠慮下さい。

 よろしくどうぞ。
 

肥満解消句会・作者発表

 投稿者:百花  投稿日:2017年 1月18日(水)23時14分43秒
  肥満解消句会・作者発表です。


鉛筆を研げば寒夜の肥後守       なむ   海亜
雪しまく扉に満鉄の金釦        なむ   あせ
解熱剤坐薬仕込みて冬深し       なむ   月
寒烏消えて真白く暮れゆけり      なむ   せ
日向ぼこもしゃもしゃもしゃの犬の影  なむ   朝

風花やゆつくり錆びて肥後守      朝比古  月む亜苑け
枯色を満たして枯蟷螂となる      朝比古  海あ亜百
靴紐の解かれぬまま冬燈        朝比古  あむ
消火器の転がつてゐる枯野かな     朝比古  む百洋け
闇鍋のなにか解けてしまひけり     朝比古  ゆ
ジャンパーのパーに場末のありにけり  朝比古  海あ苑百洋

よう肥えてしづかに暮らす寒の鯉    月犬   ゆ百由せ
不機嫌な猿曳かれをり天満宮      月犬   む苑由洋
やや寒き待合室に解剖図        月犬   海ゆ百由洋
熱燗と消息通の男かな         月犬   む亜け
草食系男子としてのマスクかな     月犬   海あ亜由

肥前より逃げし地にある北颪      百花
冬浪のとどろに満つる島の闇      百花
風花や懺悔告解ひかりの中       百花
冬銀河波たかければ消ゆる佐渡     百花
薔薇の芽のうごき初めたる女正月    百花   苑由

手鞠つく「肥後どこさ」のたび失敗し  あんこ  け
「レギュラー満タン」息白くアルバイト あんこ  亜
マフラーを解けば星の引つかかる    あんこ  海朝月亜苑ゆ百由洋けせ
寒椿いつもの道の猫消えて       あんこ
また川の夢を見てゐる風邪の夜     あんこ  月む亜苑ゆ百由洋けせ

侘助や小肥りのひと伴いて       洋子   月
雪だるま円満退社してきたり      洋子   朝亜ゆ由
ふくれたる包みを解かれ冬林檎     洋子   海む
高ぶれる気配を消して冬の梅      洋子   海
ふゆ草へ犬の消息たずねけり      洋子

寒肥や年に一度の非常食        海太
寒満月新婚家庭とふ飯事        海太   百
解散か冬蝶クラブ要規制        海太
忘却すお鏡餅の消味期限        海太
痩身の竃猫肥大のハイジ        海太   月洋せ
冬帽子満開の東京ドーム        海太   あ
解剖してみても枯蟷螂で        海太   月
雪兎五臓六腑の消え加減        海太   ゆ
木の葉髪臆人生の絶対量        海太   せ
水鳥の居間寝室は蒲の中        海太

民芸館に肥桶柄杓春近し        苑を   む
怒濤いま寒満月を揺らしをり      苑を   朝
生牡蠣の夜にちぎりし解毒剤      苑を   月百せ
凍蝶の死に場所として消火栓      苑を   朝む洋けせ
眠たいね雨が霙に変はつたね      苑を   海月ゆ

毎年の獅子舞に目の肥えてきし     由季   朝せ
満面の笑みの七福詣でけり       由季   朝百
寛解と告げられてゐる竜の玉      由季   せ
消えものを贈るがよろし梅早し     由季   む亜け
荷を解くことより仕事始めかな     由季
すこし見て満足したり猿廻し      由季   海あ月苑洋け

あんたがたどこさ肥後さと薬喰     亜紀   海朝百由
満室と言はれてしまふ雪女       亜紀   月む苑ゆ由け
満期日を待つてをります福寿草     亜紀
嚏して墓穴掘りたる自句自解      亜紀
消印の有効無効寒波来る        亜紀
ドローンの捉ふる目線枯野原      亜紀
いつもとは産地の違ふ寒卵       亜紀   朝ゆ由洋け
ひたすらに目指すバス停雪が降る    亜紀   あ月ゆせ

肥えてすぐ萎えしまひし寒の餅     けんじ
満席にならぬ芝居よ毛皮脱ぐ      けんじ  洋せ
寒柝の音の静かに解かれをり      けんじ  あ
消火器の左向きなり花八手       けんじ  朝あ苑ゆ由
しばらくは炬燵の主となりにけり    けんじ  海朝あ亜苑ゆ由

庭にある肥料袋に冬ざるる       せせい  あ苑
満点は取れぬ高校生の冬        せせい
野絵は記者柚子湯の秘密を解き明かし  せせい  月洋
過去は消し過去は消せない極寒裡    せせい
遅く成る昼餉や少し雪が降り      せせい  海

人生の肥やしは有機日脚伸ぶ      ゆかり
満足に階段のある冬夕焼        ゆかり  朝
寒波来て電解コンデンサー太る     ゆかり  け
寒月や黒板消しにコール天       ゆかり  む亜苑百洋け
熱燗の淋しき湯気に咽せてをり     ゆかり  朝あむ亜苑百
 

選句します

 投稿者:せせい  投稿日:2017年 1月18日(水)22時57分37秒
  ◯よう肥えてしづかに暮らす寒の鯉
季語は「寒の鯉」。鯉の静謐。一幅の絵のような。
◯痩身の竃猫肥大のハイジ
季語は「竈猫」。ハイジと猫との対比。かじけ猫は痩せているのか。
◯毎年の獅子舞に目の肥えてきし
季語は「獅子舞」。目が肥えて一家事できる。
◯雪しまく扉に満鉄の金釦
季語は「雪しまく」。満鉄と言えば日本の軍国史ともつながる。嘗ての栄光。
◯満席にならぬ芝居よ毛皮脱ぐ
季語は「毛皮」。満席に成らぬもどかしかそれとも気楽さか。
◯マフラーを解けば星の引つかかる
季語は「マフラー」。デザインの星か。それとも。イメージが広がります。
◯寛解と告げられてゐる竜の玉
季語は「竜の玉」。癌の治療でしょうか、植物の象徴性を思いました。
◯生牡蠣の夜にちぎりし解毒剤
季語は「牡蛎」。「解毒剤」と言う表現に心惹かれました。
◯寒烏消えて真白く暮れゆけり
季語は「寒烏」。カラスの黒。それが消えて真白と言う表現に文学性を感じました。
◯凍蝶の死に場所として消火栓
季語は「凍蝶」。「消火栓」に魅力を感じました。死に場所として。
◯ひたすらに目指すバス停雪が降る
季語は「雪降る」。雪中行軍と言う感じですね。
◯また川の夢を見てゐる風邪の夜
季語は「風邪」。川の夢が癒やす風邪。
◯木の葉髪臆人生の絶対量
季語は「木の葉髪」。慨嘆の原因は人生の絶対量。何か木枯らしが吹いて来るような。
 

選句しました

 投稿者:けんじ  投稿日:2017年 1月18日(水)21時11分18秒
  ◯手鞠つく「肥後どこさ」のたび失敗し
足が上手く上がらないんです。悪夢再び。

◯風花やゆつくり錆びて肥後守
長年使った歴史を感じます。

◯すこし見て満足したり猿廻し
長く見ているとすこし悲しくなります。

◯満室と言はれてしまふ雪女
たまには暖をとりたかったのです。ふふふ。

◯マフラーを解けば星の引つかかる
持ち帰れないので空に返してあげましょう。

◯寒波来て電解コンデンサー太る
アンプとかマザーボードとか。取り換え時です。

◯寒月や黒板消しにコール天
再利用として最適。

◯消えものを贈るがよろし梅早し
無難なところです。

◯消火器の転がつてゐる枯野かな
使用後なのか。

◯凍蝶の死に場所として消火栓
せめて暖かそうなところで。実際は冷たいですが。

◯熱燗と消息通の男かな
こういう人います。時に役にたちます。

◯いつもとは産地の違ふ寒卵
ちょっと高めとかビタミンが入っているとか。

◯また川の夢を見てゐる風邪の夜
十分水分を取りましょう。
 

選句しました。

 投稿者:洋子  投稿日:2017年 1月18日(水)12時58分43秒
  ◯痩身の竃猫肥大のハイジ

ハイジ村に妙におおきなハイジ居ます。へんなハイジ。

◯すこし見て満足したり猿廻し

そうね。

◯不機嫌な猿曳かれをり天満宮

もしかして意にそぐわない仕事なのかも。

◯満席にならぬ芝居よ毛皮脱ぐ

さむそう。でもやるさ。

◯マフラーを解けば星の引つかかる

山のてっぺんかしら。降るような星空。

◯やや寒き待合室に解剖図

さいきん解剖図見かけないです。

◯野絵は記者柚子湯の秘密を解き明かし

この記者のひと鼻がピクピクしてそう。

◯寒月や黒板消しにコール天

そうコール天。

◯消火器の転がつてゐる枯野かな

印象的な赤いろ。

◯凍蝶の死に場所として消火栓

やっぱりそこ選んだのね。

◯いつもとは産地の違ふ寒卵

ちょっと奮発。

◯ジャンパーのパーに場末のありにけり

アホちゃいまんねんパーでんねん!

◯また川の夢を見てゐる風邪の夜

「川のむこうがわへ行ったら帰ってこれない」と言われる。
信じるか信じないかはあなたしだいです。
 

選句しました

 投稿者:由季  投稿日:2017年 1月17日(火)23時28分34秒
  ○あんたがたどこさ肥後さと薬喰
リズムをうまく使っている。

○よう肥えてしづかに暮らす寒の鯉
ほんまやね。

○雪だるま円満退社してきたり
雪だるまのように静かで穏やかな人なのでしょう。

○不機嫌な猿曳かれをり天満宮
よく怒ってますよね。

○満室と言はれてしまふ雪女
雪女でもそんなことがある。

○マフラーを解けば星の引つかかる
良い感じに詩的。

○やや寒き待合室に解剖図
確かにやや寒いイメージがあります。

○消火器の左向きなり花八手
消火器にも向きがあるんですね、

○いつもとは産地の違ふ寒卵
いろいろ試してみる。

○しばらくは炬燵の主となりにけり
主という意識がいいいですね。

○また川の夢を見てゐる風邪の夜
川というのがなんとも絶妙。

○草食系男子としてのマスクかな
似合います。

○薔薇の芽のうごき初めたる女正月
本当はもう少し遅いかもしれないけれど、準備はしている。
 

選句しました。

 投稿者:百花  投稿日:2017年 1月17日(火)23時08分14秒
  〇あんたがたどこさ肥後さと薬喰
あ、呼んでください。

〇よう肥えてしづかに暮らす寒の鯉
いいな、鯉は肥えてもいびられないし。

〇寒満月新婚家庭とふ飯事
寒満月だから晩婚かしら。ままごとのような飯事。

〇枯色を満たして枯蟷螂となる
ほんとに枯色はどの草も同じ色。

〇満面の笑みの七福詣でけり
見ているこちらも笑みます。

〇マフラーを解けば星の引つかかる
楽しい。牽牛星だったりして?

〇やや寒き待合室に解剖図
解剖図ですか。廊下の防火扉の脇に胎児のアルコール漬けが積んであったことも。

〇生牡蠣の夜にちぎりし解毒剤
生牡蠣。ドキドキですね。一度あたるともう食べられない。

〇寒月や黒板消しにコール天
懐かしきコール天。拭いた後はなんとなく月の濃淡に似た白で。

〇消火器の転がつてゐる枯野かな
うちの古いのも転がしたい。

〇ジャンパーのパーに場末のありにけり
場末ってそんな感じなのと納得させられる年代。

〇また川の夢を見てゐる風邪の夜
また?・・続きをみるのも楽しいですね。

〇熱燗の淋しき湯気に咽せてをり
吸入器。。
 

選句です

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 1月17日(火)22時36分37秒
  ○よう肥えてしづかに暮らす寒の鯉
 「寒の鯉」から「暮らす」はなかなか出てこないような気がします。

○雪だるま円満退社してきたり
 円満退社なのかなあ。雪だるまに不平不満が充満しているような気もします。

○満室と言はれてしまふ雪女
 素人のところに行かない雪女がいけないような気がします。

○マフラーを解けば星の引つかかる
 豪快ですね。

○やや寒き待合室に解剖図
 解剖図とか経絡図はついじっと見てしまいますよね。

○消火器の左向きなり花八手
 花八手がどんでもなく効いていて、左向きがどういうことなのか混乱してくらくらします。

○雪兎五臓六腑の消え加減
 五臓六腑が消えるってどういうことだろう。でもって、それと雪兎の距離感は…。五臓六腑が消えれば煩悩がなくなるような気がする。

○いつもとは産地の違ふ寒卵
 効能がありそうですね。

○しばらくは炬燵の主となりにけり
 留守番でしょうか。

○ひたすらに目指すバス停雪が降る
 これ、バスがバス停を目指しているんじゃなくて、人がバス停を目指しているんですよね。

○また川の夢を見てゐる風邪の夜
 きっと幸福とか不幸とか何も関係ない、ただ川の夢なのでしょう。

○闇鍋のなにか解けてしまひけり
 具がほどけたんじゃなくて、なにか悟りのような気がします。

○眠たいね雨が霙に変はつたね
 寝るな、眠ったら死ぬぞ~、ピシピシピシッ

 

選句です。

 投稿者:苑を  投稿日:2017年 1月17日(火)21時42分34秒
  ○庭にある肥料袋に冬ざるる
肥料袋に、「の」ではなくて「に」。いいです。

○風花やゆつくり錆びて肥後守
甘いと言えば甘いですが、いいじゃないですか。

○すこし見て満足したり猿廻し
納得。ずっと見ていたのは私ですが。

○不機嫌な猿曳かれをり天満宮
ほんとはやりたくないんだろうなといつも思います。

○満室と言はれてしまふ雪女
「しまふ」が味わい。

○マフラーを解けば星の引つかかる
満天の星なんでしょう。

○寒月や黒板消しにコール天
しみじみ。

○消火器の左向きなり花八手
花八手の乾き具合がよい感じ。

○しばらくは炬燵の主となりにけり
ほんと主ですね。

○ジャンパーのパーに場末のありにけり
場末にジャンパーはよく似合う。

○また川の夢を見てゐる風邪の夜
いつも同じ川の夢を見るのですね。

○熱燗の淋しき湯気に咽せてをり
淋しいと思えばとても淋しいものですね。

○薔薇の芽のうごき初めたる女正月
華やぐというのはいいものです。
 

選句しました

 投稿者:亜紀  投稿日:2017年 1月17日(火)21時36分43秒
  〇鉛筆を研げば寒夜の肥後守
手で削る、」あの感じがいいんです。

〇風花やゆつくり錆びて肥後守
あの懐かしき、肥後守。

〇「レギュラー満タン」息白くアルバイト
珍しくセルフじゃなかった。

〇枯色を満たして枯蟷螂となる
確かなる枯色。

〇雪だるま円満退社してきたり
退職金もたっぷりと。

〇マフラーを解けば星の引つかかる
どんだけ~。星がいっぱいです。

〇寒月や黒板消しにコール天
手触りのよきコール天。

〇消えものを贈るがよろし梅早し
消費されてなんぼです。

〇熱燗と消息通の男かな
お酒がすすめば口もなめらか。

〇しばらくは炬燵の主となりにけり
いやぁ、至福の時間。

〇また川の夢を見てゐる風邪の夜
何故だかいつも同じ夢を。

〇草食系男子としてのマスクかな
必須アイテムとしてのマスク。

〇熱燗の淋しき湯気に咽せてをり
あまりにも熱すぎて。
 

選句です。

 投稿者:なむ。  投稿日:2017年 1月17日(火)16時54分43秒
  ◎風花やゆつくり錆びて肥後守
古い筆箱のなか。

◎民芸館に肥桶柄杓春近し
民芸館あるある。

◎不機嫌な猿曳かれをり天満宮
不機嫌なとき、人も猿も可哀想。

◎満室と言はれてしまふ雪女
言われるだろうな。

◎ふくれたる包みを解かれ冬林檎
実感あり。

◎靴紐の解かれぬまま冬燈
急いで脱いだ靴。

◎寒月や黒板消しにコール天
巧い。

◎消えものを贈るがよろし梅早し
変な食器とか花瓶じゃないほうがいい。酒とか粕漬とかは偉い。

◎消火器の転がつてゐる枯野かな
あの赤。

◎凍蝶の死に場所として消火栓
ありそう。

◎熱燗と消息通の男かな
この男と雪の京都で呑みました。

◎また川の夢を見てゐる風邪の夜
辛そう。

◎熱燗の淋しき湯気に咽せてをり
うん咽る。強烈な酒の匂い。
 

選句しましたよ

 投稿者:月犬  投稿日:2017年 1月16日(月)23時04分43秒
  ◯痩身の竃猫肥大のハイジ
 とても可笑しい。

◯風花やゆつくり錆びて肥後守
 肥後守、歳がわかるね:笑

◯侘助や小肥りのひと伴いて
 伴ってるのかあ、小肥りを。よろしいかと。

◯すこし見て満足したり猿廻し
 そう、全部は見ないね、私も。最後にお猿さんがザルもってお金集めるのは嫌。

◯満室と言はれてしまふ雪女
 あらら、可哀想。

◯マフラーを解けば星の引つかかる
 ちょっとおおげさだけど、いいなあ。

◯解熱剤坐薬仕込みて冬深し
 あちゃ~、これはすごいね:笑

◯解剖してみても枯蟷螂で
 解剖すんなよ、ったく!

◯生牡蠣の夜にちぎりし解毒剤
 こらこら:笑。数十年前牡蠣にあたって死にそうになりました。

◯野絵は記者柚子湯の秘密を解き明かし
 なに言ってんだかよく分からないけど面白いなあ。

◯ひたすらに目指すバス停雪が降る
 あ~、大変なのよねえ、転んだりしないように気を付けてくださいな。

◯また川の夢を見てゐる風邪の夜
 川の夢って、きっと見る人と、見ない人に分かれると思う、私はよく見る。不幸な人だと思う:笑

◯眠たいね雨が霙に変はつたね
 こんな感じ私は好きだなあ。
 

選句しました。

 投稿者:あんこ  投稿日:2017年 1月16日(月)21時10分7秒
  〇庭にある肥料袋に冬ざるる
景の描き方が自然。

〇すこし見て満足したり猿廻し
猿廻しってそういうものかも。

〇枯色を満たして枯蟷螂となる
枯のリフレインで色がさらに見えてきます。

〇雪しまく扉に満鉄の金釦
渋い。歴史を感じる。

〇冬帽子満開の東京ドーム
人満員ではなく、冬帽子が満開というのが活気と盛り上がりを感じる。
東京ドームもいい。

〇寒柝の音の静かに解かれをり
寒柝の音の静けさと寂しさが表現されている。

〇靴紐の解かれぬまま冬燈
解かれぬままどうしたんだろう。冬燈で物語の1シーンのよう。

〇消火器の左向きなり花八手
ホースの位置から? 季語がいい。

〇しばらくは炬燵の主となりにけり
そのままのようで、なんとも味わいがあるのは「主」が適切だからでしょう。

〇ジャンパーのパーに場末のありにけり
ジャンパーのパー。そして場末。ぐぐっとくる。

〇ひたすらに目指すバス停雪が降る
どんどん降る雪が感じられる。

〇草食系男子としてのマスクかな
草食系男子とマスクの合わせ方、いい!

〇熱燗の淋しき湯気に咽せてをり
演歌のような世界。
 

選句

 投稿者:朝比古  投稿日:2017年 1月15日(日)08時07分14秒
  ☆あんたがたどこさ肥後さと薬喰
 船場山の狸だろうか。

☆毎年の獅子舞に目の肥えてきし
 獅子舞がきちんと来てくれる土地柄、うらやましい。

☆雪だるま円満退社してきたり
 円満、これ大事。

☆怒濤いま寒満月を揺らしをり
 ダイナミックなメルヘン。

☆満足に階段のある冬夕焼
 満足にという把握がいい。

☆満面の笑みの七福詣でけり
 神様は笑ってなきゃね。

☆マフラーを解けば星の引つかかる
 ほどよき甘さ。

☆消火器の左向きなり花八手
 右利き用。

☆凍蝶の死に場所として消火栓
 有機と無機。

☆いつもとは産地の違ふ寒卵
 生産者の方の顔がラベルに。

☆しばらくは炬燵の主となりにけり
 なかなかやめられない。

☆日向ぼこもしゃもしゃもしゃの犬の影
 癒し効果抜群。

☆熱燗の淋しき湯気に咽せてをり
 淋しき湯気、言い得て妙。
 

選句

 投稿者:海太  投稿日:2017年 1月15日(日)07時12分41秒
  ◯あんたがたどこさ肥後さと薬喰
加藤清正→水前寺清子→八代亜紀→石川さゆり。

◯鉛筆を研げば寒夜の肥後守
松平容保。

◯すこし見て満足したり猿廻し
村崎太郎。

◯枯色を満たして枯蟷螂となる
マツコデラックス。

◯ふくれたる包みを解かれ冬林檎
椎名冬林檎。

◯マフラーを解けば星の引つかかる
アントニオ猪木。

◯やや寒き待合室に解剖図
杉田蛋白。

◯高ぶれる気配を消して冬の梅
コフユウメ太夫。

◯しばらくは炬燵の主となりにけり
タマ。

◯ジャンパーのパーに場末のありにけり
伴淳三郎。

◯草食系男子としてのマスクかな
三浦春馬vs佐山聡。

◯遅く成る昼餉や少し雪が降り
アダモ。

◯眠たいね雨が霙に変はつたね
山下達郎。
 

肥満解消句会・投句一覧

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 1月15日(日)00時31分36秒
  投句一覧です。

【肥】
あんたがたどこさ肥後さと薬喰
よう肥えてしづかに暮らす寒の鯉
鉛筆を研げば寒夜の肥後守
寒肥や年に一度の非常食
手鞠つく「肥後どこさ」のたび失敗し
人生の肥やしは有機日脚伸ぶ
痩身の竃猫肥大のハイジ
庭にある肥料袋に冬ざるる
肥えてすぐ萎えしまひし寒の餅
肥前より逃げし地にある北颪
風花やゆつくり錆びて肥後守
毎年の獅子舞に目の肥えてきし
民芸館に肥桶柄杓春近し
侘助や小肥りのひと伴いて

【満】
「レギュラー満タン」息白くアルバイト
すこし見て満足したり猿廻し
寒満月新婚家庭とふ飯事
枯色を満たして枯蟷螂となる
雪しまく扉に満鉄の金釦
雪だるま円満退社してきたり
怒濤いま寒満月を揺らしをり
冬帽子満開の東京ドーム
冬浪のとどろに満つる島の闇
不機嫌な猿曳かれをり天満宮
満期日を待つてをります福寿草
満室と言はれてしまふ雪女
満席にならぬ芝居よ毛皮脱ぐ
満足に階段のある冬夕焼
満点は取れぬ高校生の冬
満面の笑みの七福詣でけり

【解】
ふくれたる包みを解かれ冬林檎
マフラーを解けば星の引つかかる
やや寒き待合室に解剖図
荷を解くことより仕事始めかな
解散か冬蝶クラブ要規制
解熱剤坐薬仕込みて冬深し
解剖してみても枯蟷螂で
寒波来て電解コンデンサー太る
寒柝の音の静かに解かれをり
寛解と告げられてゐる竜の玉
靴紐の解かれぬまま冬燈
生牡蠣の夜にちぎりし解毒剤
風花や懺悔告解ひかりの中
野絵は記者柚子湯の秘密を解き明かし
嚏して墓穴掘りたる自句自解

【消】
過去は消し過去は消せない極寒裡
寒烏消えて真白く暮れゆけり
寒月や黒板消しにコール天
寒椿いつもの道の猫消えて
高ぶれる気配を消して冬の梅
消えものを贈るがよろし梅早し
消印の有効無効寒波来る
消火器の左向きなり花八手
消火器の転がつてゐる枯野かな
雪兎五臓六腑の消え加減
冬銀河波たかければ消ゆる佐渡
凍蝶の死に場所として消火栓
熱燗と消息通の男かな
忘却すお鏡餅の消味期限

【当季雑詠】
いつもとは産地の違ふ寒卵
しばらくは炬燵の主となりにけり
ジャンパーのパーに場末のありにけり
ドローンの捉ふる目線枯野原
ひたすらに目指すバス停雪が降る
ふゆ草へ犬の消息たずねけり
また川の夢を見てゐる風邪の夜
闇鍋のなにか解けてしまひけり
水鳥の居間寝室は蒲の中
草食系男子としてのマスクかな
遅く成る昼餉や少し雪が降り
日向ぼこもしゃもしゃもしゃの犬の影
熱燗の淋しき湯気に咽せてをり
眠たいね雨が霙に変はつたね
木の葉髪臆人生の絶対量
薔薇の芽のうごき初めたる女正月

(以上)

13句選(特選、逆選なし)
選句締切:1月18日(水)23時(JST)
            ↑
 ★集計の方のご負担を考慮し時間を繰り上げました。
投稿先:みしみし第二
http://6911.teacup.com/3434/bbs
(返信とかスレッドとか難しいことを考えないで、そのまま書き込んで下さい。)

題に関わらず全体から選句数分選句にてお願い致します。
★★★整理の都合上、句の順番はそのままにして下さい。★★★
(人力で集計しているので、順番を変えられるとほんとに大変なんです!!!)

ではよろしくお願い致します。
 

肥満解消句会・ご案内

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 1月11日(水)23時38分38秒
  101回目の出題です。

【肥】
【満】
【解】
【消】
【当季雑詠】(何句でも。無季可。他季不可)

投句締切:1月14日(土)24:00(JST)
投句宛先:掲示板http://6911.teacup.com/3434/bbs
     下の方の「管理者へメール」からお願いします。

★整理の都合上、俳句の行には俳句以外の題とか記号とか俳号とか本名とかを
 書かないで下さい。
 また、空白行や題の行を置かず出題順に左詰で列挙願います。
 メールアドレスだけだとどなたか分らないので、★タイトルに俳号とか本名とか
お書き添えください。

この句会は互選です。投句のみ、選句のみの参加はご遠慮下さい。

 よろしくどうぞ。
 

書記座像句会結果発表

 投稿者:月犬  投稿日:2017年 1月11日(水)23時21分50秒
  みしみし第二、100回書記座像句会結果発表です。
よくもまあ、100回も続きましたね:笑
200回目指してみなさまよろしくお願いします。
間違いありましたら、ご一報ください。
ちょっと寝ぼけていますので、間違いがありそうです。


気が重いひとつは書初めの名入れ    なむ  け
寒紅の澄みて博覧強記女子       なむ  洋百せ
お尻分半分空けて仏の座        なむ
寝正月かつて現像てふ奇習       なむ  海
注射器を踏む音響く織田作忌      なむ  月海せ

祝福や愛の一字を書初に        海太
第三者に見らるる覚悟初日記      海太  け
百歳が真中に座せる初写真       海太  朝苑由亜
回春や裸像をめぐる旅始        海太  月ゆ
みさはじめ。と書きたる子ども手帳かな 海太  朝ゆ百
しつかりとした伊勢海老と記すのみ   海太  洋
みんなして一列に座す初湯かな     海太  月む苑由洋あ亜
しげしげと見るダヴィテ像初夢の    海太  由
句を一つ携へて行く新年会       海太
会つてみたらいい人ね、と初電話    海太  月苑由あ亜け

秘書が来て年賀を言ひて帰りけり    苑を  ゆ由洋あ亜け
記者団に囲まれてゐる御慶かな     苑を  ゆ由百亜
座蒲団を枕に三が日終はる       苑を  む洋百せ
初明り暖炉の上の麗子像        苑を  月由
人日の吹きつさらしの社かな      苑を  む百

長い手紙書き終へ窓に枇杷の花     月犬  あ
梟のホウと鳴きたる結婚記念日     月犬  朝海洋あ亜
アメリカや銃座に冬の薔薇置かれ    月犬  せ
骨肉は寒し木彫りの磔刑像       月犬
指先の凍える聖母マリアかな      月犬  朝あ百

古書店に地下鉄のザジ冬すみれ     洋子  むゆ由
ガリバーの旅行記さがす三日かな    洋子  月苑由あ亜
雪目して魚座と魚座なかよかり     洋子  ゆ海
抱へたる偶像といふ淑気かな      洋子
人日の資生堂パーラーで無口      洋子  朝亜

書ききれぬ賀状を年が明けてから    百花  せ
寒やレ点ばかりの本人記入欄      百花  海
嫁入の緞子座布団お正月        百花
十二年ぶりの御像を年迎ふ       百花
古希の酒二日三日を寝正月       百花

書き癖の斜め斜めや初日記       亜紀  月苑海百
干支一字書き入れてゐる賀春かな    亜紀  百け
去年今年預金通帳記帳せり       亜紀  ゆ
雪しんしん座敷童の居ぬ座敷      亜紀  月む苑け
絨毯を踏み歴代の肖像画        亜紀  月むゆ海由あけ
初富士や江戸川を行く総武線      亜紀  朝む苑
うたた寝の毛布を歩きゆく肉球     亜紀  朝む苑ゆ洋あけ

書き上げて窓に映れる雪女       あんこ ゆ由
冬の空電光掲示板の記録        あんこ
正座して御降の音に気づきをり     あんこ 朝百せ
悴みて映像課題撮つてゐる       あんこ けせ
底冷えのスーパーボール散らばつて   あんこ け

梟と見つめ合ひたる書記座像      由季  月
探梅の記憶の坂にゆきあたる      由季  月む苑ゆあ亜
車座に二人増えたり小正月       由季  苑洋あ亜
鑑真和上像の身代はり去年今年     由季
考へて三行書きぬ初日記        由季  あ百け

書きかけの手紙のやうに冬木の芽    けんじ 月む海洋亜
記憶から消えてしまひし冬の蜂     けんじ 海
座高なら負けぬ算段枯蟷螂       けんじ 海
実像と虚像のあはひ雪催        けんじ 月
セーターの毛玉次々取られをり     けんじ 朝洋

よろしき字書けさうに伊勢海老の髭   朝比古 むせ
記憶してすぐに忘れし冬の蝿      朝比古 由けせ
椅子に置く小さき座布団事務始     朝比古 苑由洋百け
胸像の胸板厚し冬木立         朝比古 苑ゆ百亜せ
冬萌の着工を待つ現場かな       朝比古

読書して極寒耐える資としたり     せせい
記述する悪魔の事績寒の入り      せせい
座しながら念力楽し寒の入り      せせい ゆ
暖房や銅像の如く書を閲し       せせい
冬林檎創世記より真白なり       せせい あ

やはらかき書体を選ぶ初便り      ゆかり 朝む苑海洋亜
坂上二郎のやうに飛びます初記憶    ゆかり 朝海洋せ
小寒や黒き親子のゐる便座       ゆかり
衛星の画像に青き初御空        ゆかり 朝せ
スクラムの日向と日陰押し合へり    ゆかり 朝む海百せ
 

選句します

 投稿者:せせい  投稿日:2017年 1月11日(水)22時54分21秒
  ◯よろしき字書けさうに伊勢海老の髭
季語は「伊勢海老」。吉兆の余寒に胸は震える。
◯書ききれぬ賀状を年が明けてから
季語は「賀状書く」。怠惰なのも年末年始は許されるような。
◯寒紅の澄みて博覧強記女子
季語は「寒紅」。女子力とはまた違ったような具体的長所。
◯記憶してすぐに忘れし冬の蝿
季語は「冬の蠅」。記憶力減退の原因の蠅。
◯坂上二郎のやうに飛びます初記憶
季語は「初記憶」。欽ちゃんとのコンビを思い出します。
◯アメリカや銃座に冬の薔薇置かれ
季語は「冬の薔薇」。アメリカナイズされた図。
◯座蒲団を枕に三が日終はる
季語は「三が日」。座布団が枕では笑点の夢でも見えそうで。
◯正座して御降の音に気づきをり
季語は「御降」。天気模様が気に成り出す。
◯衛星の画像に青き初御空
季語は「初御空」。衛星放送に見入る。
◯胸像の胸板厚し冬木立
季語は「冬木立」。大隈公とか伊藤公とか誰の胸像だろうと想像をたくましくしました。
◯悴みて映像課題撮つてゐる
季語は「悴み」。冬でも課題が待って居る。
◯スクラムの日向と日陰押し合へり
季語は「ラグビー」。激しい試合だったのでしょう。
◯注射器を踏む音響く織田作忌
季語は「織田作忌」。小説家の神髄が伝わって来ます。難波の文人。
 

選句しました

 投稿者:けんじ  投稿日:2017年 1月11日(水)21時30分33秒
  100回達成おめでとうございます。
これからも末永くよろしくお願いします。

◯干支一字書き入れてゐる賀春かな
達筆だったらカッコいいですが。

◯気が重いひとつは書初めの名入れ
たしかに結構苦手です。

◯秘書が来て年賀を言ひて帰りけり
もちろん手土産も持参。

◯記憶してすぐに忘れし冬の蝿
人生この繰り返しです。

◯第三者に見らるる覚悟初日記
内容をだいぶ盛ってます。

◯椅子に置く小さき座布団事務始
椅子が大きいのかお尻が小さいのか。

◯雪しんしん座敷童の居ぬ座敷
いつか戻ってくるといいですね。

◯悴みて映像課題撮つてゐる
でもいい作品が出来そう。

◯絨毯を踏み歴代の肖像画
ダウントンアビーとか。

◯うたた寝の毛布を歩きゆく肉球
そのうち顔の上に乗ったりもします。

◯会つてみたらいい人ね、と初電話
紹介してよかったです。

◯考へて三行書きぬ初日記
あとから二行削ります。

◯底冷えのスーパーボール散らばつて
少し寒さが和らぎます。
 

選句です。

 投稿者:亜紀  投稿日:2017年 1月11日(水)17時29分58秒
  2017/01/11(水) 13:21

みしみし句会、第百回、おめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

○やはらかき書体を選ぶ初便り
優しげな雰囲気感。

○書きかけの手紙のやうに冬木の芽
書きかけ、で納得感。

○秘書が来て年賀を言ひて帰りけり
事務的、ばりばり感。

○ガリバーの旅行記さがす三日かな
正月休み残り少ない感。

○記者団に囲まれてゐる御慶かな
いかにも芸能人感。

○探梅の記憶の坂にゆきあたる
想い出の糸口感。

○梟のホウと鳴きたる結婚記念日
感心しつつ溜息感。

○みんなして一列に座す初湯かな
親戚一同一体感。

○車座に二人増えたり小正月
いつのまにやら不思議感。

○百歳が真中に座せる初写真
一族集合写真のボスのお出まし感。

○胸像の胸板厚し冬木立
キャンパスに建っています感。

○会つてみたらいい人ね、と初電話
会う前はどうだったのかしら感。

○人日の資生堂パーラーで無口
おひとり様スイーツ満喫感。
 

選句しました。

 投稿者:百花  投稿日:2017年 1月11日(水)00時06分45秒
  祝100回! 本年もよろしくお願いします。

〇みさはじめ。と書きたる子ども手帳かな
ひらがなで書いてあるのが良いですね。

〇干支一字書き入れてゐる賀春かな
毎年大きく入れて。

〇書き癖の斜め斜めや初日記
どちら側に下がっているのかしら。

〇寒紅の澄みて博覧強記女子
ほんとの寒紅ではなさそうだけど、女性活躍は博覧強記から。

〇記者団に囲まれてゐる御慶かな
なんだか問題がありそうな御慶。。

〇椅子に置く小さき座布団事務始
新年の新調座布団。

〇座蒲団を枕に三が日終はる
羨ましい。これは男性ですね。

〇正座して御降の音に気づきをり
木造家屋の妙味。和服でしょうね。

〇胸像の胸板厚し冬木立
どなただろう。胸像なので必然的に下がどっしり。

〇スクラムの日向と日陰押し合へり
そんな場所になることありますね。

〇考へて三行書きぬ初日記
何も書かない訳にはいかず。

〇指先の凍える聖母マリアかな
親指の聖母。

〇人日の吹きつさらしの社かな
三が日はどうやら人出がありましたが人日となるともう・・。
 

選句しやした。

 投稿者:あんこ  投稿日:2017年 1月10日(火)21時08分16秒
  祝・100回★ いつもありがとうございます&これからもよろしくお願いします☆

○長い手紙書き終へ窓に枇杷の花
何かほっとした気持ちを枇杷の花から感じます。

○秘書が来て年賀を言ひて帰りけり
それだけをいう、事務的だけど女っぽい声が聞こえてきます。

○ガリバーの旅行記さがす三日かな
三日がいい。まだ休みなんだけど現実も入ってくるとき、
ガリバー旅行記はよい。

○探梅の記憶の坂にゆきあたる
香りとともに蘇る記憶でしょうか。

○梟のホウと鳴きたる結婚記念日
なんだかしっくり、ほっこり。
結婚記念日という意外な言葉が意外に効いている。

○みんなして一列に座す初湯かな
一列に座っているで、正月の湯の気持ちよさが感じられます。

○車座に二人増えたり小正月
小正月が二人と合っている。

○絨毯を踏み歴代の肖像画
どこの名家だろう。

○うたた寝の毛布を歩きゆく肉球
肉球の主はマルちんみたいな、スコティッシュフォールド?
http://comip.jp/nekoyoko/mangas/7

○会つてみたらいい人ね、と初電話
案外そんなもんです。シンプルだけど、初電話、いいな。

○考へて三行書きぬ初日記
これも三行が初日記っぽい。

○指先の凍える聖母マリアかな
マリアの聖性が凍えるで増していると思います。

○冬林檎創世記より真白なり
アダムとイブの禁断の果実。真白なり、で
その後の人類のことまで示唆しているみたいな感じがいい。
 

選句しました。

 投稿者:洋子  投稿日:2017年 1月10日(火)17時30分28秒
  ◯やはらかき書体を選ぶ初便り

もらった方はほっこりします。

◯書きかけの手紙のやうに冬木の芽

冬木の芽が長い手紙の含蓄のようです。

◯秘書が来て年賀を言ひて帰りけり

この素っ気ない秘書!いい味だしてる。セリフも棒読みですねきっと。

◯しつかりとした伊勢海老と記すのみ

お礼状でしょうか?簡素ですてき。

◯寒紅の澄みて博覧強記女子

きっと美少女だしお話をうっとりと聞き入ってしまいますね。

◯坂上二郎のやうに飛びます初記憶

トビマス!トビマス!トビマス!トビマス!

◯梟のホウと鳴きたる結婚記念日

もう40年たつんだね。ホーウ。

◯みんなして一列に座す初湯かな

足湯でしょうか。楽しそう。

◯椅子に置く小さき座布団事務始

ひそやかでけなげな佇まい。小さい座布団!仕事してます。

◯座蒲団を枕に三が日終はる

お笑いばっかり見てました。

◯車座に二人増えたり小正月

人がふえるとやっぱりじんわりうれしい。

◯うたた寝の毛布を歩きゆく肉球

猫はもううたた寝にあきちゃったんでしょうか。

◯セーターの毛玉次々取られをり

毛玉とってる人と取られている人のカンケイがあたたかい。
 

選句です

 投稿者:由季  投稿日:2017年 1月10日(火)16時00分12秒
  ○古書店に地下鉄のザジ冬すみれ
パリの古書店でしょうか。

○書き上げて窓に映れる雪女
何を書いたかわからないところが怖いです。

○秘書が来て年賀を言ひて帰りけり
自分の秘書でも面白いなと思いました。

○ガリバーの旅行記さがす三日かな
三日くらいになると、そういうものが読みたくなるかもしれません。

○記憶してすぐに忘れし冬の蝿
蜂の句と並んでいて、どちらも味わいがありました。

○記者団に囲まれてゐる御慶かな
今年もバタバタした一年になりそう。

○みんなして一列に座す初湯かな
温泉でしょうか、いいお正月ですね。

○椅子に置く小さき座布団事務始
カスタマイズして少しでも居心地よく。

○百歳が真中に座せる初写真
何重にもおめでたい感じがします。

○しげしげと見るダヴィテ像初夢の
現実ならばチラ見?

○初明り暖炉の上の麗子像
存在感がありすぎます。

○絨毯を踏み歴代の肖像画
ありそうですね。全体的に重厚なかんじ。

○会つてみたらいい人ね、と初電話
良い台詞を見つけましたね。

100回おめでとうございます。
ゆかりさん、取りまとめの月犬さん百花さん、いつもありがとうございます。
 

ひゃあ

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 1月10日(火)01時10分43秒
   海太さんの選句が折句になっている…。恐れ入ります。  

選句

 投稿者:海太  投稿日:2017年 1月 9日(月)20時59分26秒
  ◯やはらかき書体を選ぶ初便り
みた目の美しさ。

◯書きかけの手紙のやうに冬木の芽
しり切れとんぼ。

◯書き癖の斜め斜めや初日記
みた目の醜さ。

◯寒やレ点ばかりの本人記入欄
しっかりと確認。

◯記憶から消えてしまひし冬の蜂
百足は残る。

◯坂上二郎のやうに飛びます初記憶
回転回転また回転。

◯梟のホウと鳴きたる結婚記念日
ゆめも希望も。

◯座高なら負けぬ算段枯蟷螂
かれ蟷螂でなくても。

◯雪目して魚座と魚座なかよかり
り屈じゃなくって。

◯寝正月かつて現像てふ奇習
さりにし青春。

◯絨毯を踏み歴代の肖像画
ん・ん・ん・誰だ?

◯スクラムの日向と日陰押し合へり
感じちゃう・・。

◯注射器を踏む音響く織田作忌
謝国権性生活の知恵。
 

選句です

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 1月 9日(月)12時54分41秒
  ○みさはじめ。と書きたる子ども手帳かな
 ひらがな表記、句点付きの「みさはじめ。」がいいですね。

○古書店に地下鉄のザジ冬すみれ
 『地下鉄のザジ』、知りませんでした。知らなかったけど、なんだかすごく古書店にあって欲しい本です。

○書き上げて窓に映れる雪女
 怖いよう…。

○秘書が来て年賀を言ひて帰りけり
 まあ、ご本人はお忙しいのでしょう。

○記者団に囲まれてゐる御慶かな
 小池百合子でしょうか。

○去年今年預金通帳記帳せり
 貫くゼロに近きもの。

○探梅の記憶の坂にゆきあたる
 なんかね、あるのですよ。どこだかまったく失念しているのに夢に何度も出てくる妙にリアルな梅林が。作者もきっとそうなのです。

○座しながら念力楽し寒の入り
 空中浮遊でしょうか。くくく。

○雪目して魚座と魚座なかよかり
 魚座と魚座ってなにかいわれがあるのでしょうか。知らないけど、句の世界、すごくピースフルな感じがします。

○回春や裸像をめぐる旅始
 回春に精を出して下さい。

○胸像の胸板厚し冬木立
 厚い、確かに厚い。肺病やみのような人でも厚い気がする。まあ、薄かったらひっくり返っちゃうのかも知れないけど…。

○絨毯を踏み歴代の肖像画
 絨毯を踏み、がいいですね。社長室でしょうか。

○うたた寝の毛布を歩きゆく肉球
 いいですね。こういう暮らし。

 

選句です。

 投稿者:苑を  投稿日:2017年 1月 8日(日)20時39分37秒
  ○やはらかき書体を選ぶ初便り
穏やかな年明け。

○書き癖の斜め斜めや初日記
あ、私もです。手書き日記はずいぶん昔だけど、癖はそのまま。

○ガリバーの旅行記さがす三日かな
ガリバー「の」にちと無理はあるけど、三日がなんともよいのです。

○探梅の記憶の坂にゆきあたる
よいですね。空気の温度も丁度よし。

○みんなして一列に座す初湯かな
銭湯ですかね。湯気もほっこり。

○椅子に置く小さき座布団事務始
そうです。そうです。

○車座に二人増えたり小正月
和気藹々。

○雪しんしん座敷童の居ぬ座敷
ほんとうに静か。

○百歳が真中に座せる初写真
最近は珍しくなくなってますね。

○胸像の胸板厚し冬木立
クラーク博士とか。学校の並木っぽい。

○うたた寝の毛布を歩きゆく肉球
わかるー。

○会つてみたらいい人ね、と初電話
さい先よし。

○初富士や江戸川を行く総武線
これは見えます。
 

選句です。

 投稿者:なむ。  投稿日:2017年 1月 8日(日)14時27分23秒
  ◎やはらかき書体を選ぶ初便り
草書がよろしいが読めない字が出てきます。

◎よろしき字書けさうに伊勢海老の髭
うむ、アヴァンギャルドな字が書けそう。

◎古書店に地下鉄のザジ冬すみれ
うん、いた、見た。こないだ神保町の一誠堂書店にザジいた。

◎書きかけの手紙のやうに冬木の芽
巧い直喩。

◎探梅の記憶の坂にゆきあたる
そういう坂をみんなひとつかふたつ持っています。

◎みんなして一列に座す初湯かな
面白い。船橋ヘルスセンター感あり。

◎座蒲団を枕に三が日終はる
共感。

◎雪しんしん座敷童の居ぬ座敷
いい座敷だなあ。こんな家に住みたい。

◎絨毯を踏み歴代の肖像画
迎賓館。

◎うたた寝の毛布を歩きゆく肉球
寝れば猫来る。よきかな。

◎スクラムの日向と日陰押し合へり
巧い。

◎初富士や江戸川を行く総武線
総武線感あり。

◎人日の吹きつさらしの社かな
あそこのお稲荷さん。
 

選句しました

 投稿者:月犬  投稿日:2017年 1月 8日(日)11時12分55秒
  ◯書きかけの手紙のやうに冬木の芽
 何かが芽生えそうな予感の手紙だろうか。

◯書き癖の斜め斜めや初日記
 一応他人が見るものではなし、悪筆でもいいかと。

◯梟と見つめ合ひたる書記座像
 お題そのままもってきましたね:笑。でもあの書記座像を見ているとたしかにそんな感じ。

◯ガリバーの旅行記さがす三日かな
 あら、急に読み返したくなったわけね。見つかるといいですね。

◯探梅の記憶の坂にゆきあたる
 あ、そういうことありますね。既視感。

◯みんなして一列に座す初湯かな
 銭湯の洗い場ね。私は三日に銭湯に行ってきました。温泉にはいけないもので。

◯雪しんしん座敷童の居ぬ座敷
 ああ、座敷童子に去られた家、没落の始まり。

◯回春や裸像をめぐる旅始
 回春かあ、ここでは年が改まるという意味にとっておきましょう。

◯実像と虚像のあはひ雪催
 あいまいなままでよかろうかと。雪催ならなおさらそんな感じね。

◯初明り暖炉の上の麗子像
 なにやら重厚な感じ。

◯絨毯を踏み歴代の肖像画
 これもまた重厚な。

◯会つてみたらいい人ね、と初電話
 小津の映画で原節子がいいそうな台詞。

◯注射器を踏む音響く織田作忌
 う~む、作り事めいて劇的。それがよいのか悪いのか、評価の分かれるところやね。
 

選句

 投稿者:朝比古  投稿日:2017年 1月 8日(日)09時06分43秒
  ☆みさはじめ。と書きたる子ども手帳かな
 子供のまじめな面持ちが見えてくる。

☆やはらかき書体を選ぶ初便り
 書き分けできるのが羨ましい。

☆坂上二郎のやうに飛びます初記憶
 二郎さん、希代の芸人と思う。

☆梟のホウと鳴きたる結婚記念日
 ほう。

☆正座して御降の音に気づきをり
 端正な面持ちがイイ。

☆百歳が真中に座せる初写真
 めでたいやぁね。

☆衛星の画像に青き初御空
 地球は今でも青かった。

☆うたた寝の毛布を歩きゆく肉球
 肉球、気持ちよさそう。

☆スクラムの日向と日陰押し合へり
 俳句的視点のよろしさ。

☆セーターの毛玉次々取られをり
 カタルシス。

☆指先の凍える聖母マリアかな
 マリア像、なんとなく薄幸そう。

☆初富士や江戸川を行く総武線
 小岩を過ぎたあたり。

☆人日の資生堂パーラーで無口
 注文決めるまで、じっとメニューを見ている感じ。
 

書記座像句会・投句一覧

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 1月 8日(日)00時15分1秒
  投句一覧です。じつは「みしみし第二」に移転後、第百回目なのです。
皆様、ありがとうございます。

【書】
みさはじめ。と書きたる子ども手帳かな
やはらかき書体を選ぶ初便り
よろしき字書けさうに伊勢海老の髭
干支一字書き入れてゐる賀春かな
気が重いひとつは書初めの名入れ
古書店に地下鉄のザジ冬すみれ
祝福や愛の一字を書初に
書きかけの手紙のやうに冬木の芽
書ききれぬ賀状を年が明けてから
書き上げて窓に映れる雪女
書き癖の斜め斜めや初日記
長い手紙書き終へ窓に枇杷の花
読書して極寒耐える資としたり
秘書が来て年賀を言ひて帰りけり
梟と見つめ合ひたる書記座像

【記】
ガリバーの旅行記さがす三日かな
しつかりとした伊勢海老と記すのみ
寒やレ点ばかりの本人記入欄
寒紅の澄みて博覧強記女子
記憶から消えてしまひし冬の蜂
記憶してすぐに忘れし冬の蝿
記者団に囲まれてゐる御慶かな
記述する悪魔の事績寒の入り
去年今年預金通帳記帳せり
坂上二郎のやうに飛びます初記憶
第三者に見らるる覚悟初日記
探梅の記憶の坂にゆきあたる
冬の空電光掲示板の記録
梟のホウと鳴きたる結婚記念日

【座】
アメリカや銃座に冬の薔薇置かれ
お尻分半分空けて仏の座
みんなして一列に座す初湯かな
椅子に置く小さき座布団事務始
嫁入の緞子座布団お正月
座しながら念力楽し寒の入り
座蒲団を枕に三が日終はる
座高なら負けぬ算段枯蟷螂
車座に二人増えたり小正月
小寒や黒き親子のゐる便座
正座して御降の音に気づきをり
雪しんしん座敷童の居ぬ座敷
雪目して魚座と魚座なかよかり
百歳が真中に座せる初写真

【像】
しげしげと見るダヴィテ像初夢の
衛星の画像に青き初御空
回春や裸像をめぐる旅始
鑑真和上像の身代はり去年今年
胸像の胸板厚し冬木立
骨肉は寒し木彫りの磔刑像
実像と虚像のあはひ雪催
十二年ぶりの御像を年迎ふ
初明り暖炉の上の麗子像
寝正月かつて現像てふ奇習
暖房や銅像の如く書を閲し
抱へたる偶像といふ淑気かな
悴みて映像課題撮つてゐる
絨毯を踏み歴代の肖像画

【当季雑詠】
うたた寝の毛布を歩きゆく肉球
スクラムの日向と日陰押し合へり
セーターの毛玉次々取られをり
会つてみたらいい人ね、と初電話
句を一つ携へて行く新年会
古希の酒二日三日を寝正月
考へて三行書きぬ初日記
指先の凍える聖母マリアかな
初富士や江戸川を行く総武線
人日の資生堂パーラーで無口
人日の吹きつさらしの社かな
注射器を踏む音響く織田作忌
底冷えのスーパーボール散らばつて
冬萌の着工を待つ現場かな
冬林檎創世記より真白なり

(以上)

13句選(特選、逆選なし)
選句締切:1月11日(水)23時(JST)
            ↑
 ★集計の方のご負担を考慮し時間を繰り上げました。
投稿先:みしみし第二
http://6911.teacup.com/3434/bbs
(返信とかスレッドとか難しいことを考えないで、そのまま書き込んで下さい。)

題に関わらず全体から選句数分選句にてお願い致します。
★★★整理の都合上、句の順番はそのままにして下さい。★★★
(人力で集計しているので、順番を変えられるとほんとに大変なんです!!!)

ではよろしくお願い致します。
 

書記座像句会・ご案内

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 1月 4日(水)22時26分30秒
  出題です。

【書】
【記】
【座】
【像】
【当季雑詠】(何句でも。無季可。他季不可)

投句締切:1月7日(土)24:00(JST)
投句宛先:掲示板http://6911.teacup.com/3434/bbs
     下の方の「管理者へメール」からお願いします。

★整理の都合上、俳句の行には俳句以外の題とか記号とか俳号とか本名とかを
 書かないで下さい。
 また、空白行や題の行を置かず出題順に左詰で列挙願います。
 メールアドレスだけだとどなたか分らないので、★タイトルに俳号とか本名とか
お書き添えください。

この句会は互選です。投句のみ、選句のみの参加はご遠慮下さい。

 よろしくどうぞ。
 

反骨精神句会結果発表

 投稿者:月犬  投稿日:2017年 1月 4日(水)18時17分42秒
  早めの選句ありがとうございました。
反骨精神句会結果です。間違いありましたらご一報ください。

反物のざくざく裁たれ冬深む     朝比古 むゆ亜由洋
あばら骨見えたる山の眠りけり    朝比古 け
無精髯ながなが摩り小晦日      朝比古 け
神奈川を抜けて静岡冬の海      朝比古 海
弟の指突つ込みし蜜柑かな      朝比古 む

海老反りにこらへる橋や大晦日    なむ  あ
粕汁や小骨の多い姉戻る       なむ  ゆ亜洋け
出不精の猫と年越し雲呑麺      なむ  ゆ亜洋
淑気かな神棚におくワンカップ    なむ  あ
グロンサン内服液を屠蘇とする    なむ  海ゆあ

反省も後悔もなき海鼠かな      月犬
傀儡師の妻は骨折してをりぬ     月犬  朝海由洋あ
寒さうな妖精ならば連れ帰る     月犬  海由あ
田遊びに野蛮な神も交じりをり    月犬  む海ゆ
湯豆腐を食ふてそわそわしてをりぬ  月犬  け

裏白は反るし干柿傾くし       由季  月
冬の夜のダンスの背骨やはらかに   由季  朝月ゆ亜
翻訳の精度あやしき三が日      由季  亜け
除夜の湯を神めく人と共にせり    由季  ゆ
密柑山大型犬が下りてくる      由季  朝月海ゆ亜洋
大年の海賊の旗揺れつづく      由季  朝亜

反動で迎へてゐたり去年今年     けんじ
肋骨の強き伸縮初茜         けんじ
超精密乾湿度計鏡餅         けんじ
初凪や神様の小さな寝息       けんじ 朝む由あ
ゆく年もくる年もなく初句会     けんじ 月亜由あ

年明くる反町駅を過ぎてより     あんこ
ストールの朱より鎖骨あらはるる   あんこ 朝月ゆ由洋
紙漉きし後の水より精霊が      あんこ 海
風邪声の出雲神話を語りそむ     あんこ 亜
大みそか眉動かして合唱す      あんこ 月む海亜由洋け

外套の胸反らしをりホテルマン    亜紀  朝むあ
透き通る傘の骨格冬銀河       亜紀  朝む洋
精鋭の中にぽつんと冬の蝿      亜紀  朝月海ゆけ
精一杯笑ひこらへて年暮るる     亜紀  月由
行く年の明治神宮大鳥居       亜紀  む
空白の時間を埋めて賀状書く     亜紀
長椅子の毛布に寄りて来るチワワ   亜紀

初夢のきみと反対向きに行く     海太  むあ
骨ある人肉ある人と姫初め      海太  月
精を出せ金は出さぬと三が日     海太
神つてる否鬼つてる除夜の鐘     海太  洋

極月の反応のないものばかり     洋子  由け
冬靄へ甲骨文字の蒐集家       洋子
つる草の眼科へ通ふ精神医      洋子
神経を尖らせてゐる海鼠かな     洋子  朝由け
鬼太郎の髪の暴れて神楽月      洋子

ほんたうの伊勢海老ならばまづ反らぬ ゆかり
肋骨は虫の名残や初茜        ゆかり
精力も精神力も白朮火かな      ゆかり
東雲を七福神の帆走す        ゆかり 月
初夢に福原愛が出て困る       ゆかり む海洋あけ
 

選句しました

 投稿者:けんじ  投稿日:2017年 1月 4日(水)17時57分3秒
  ○極月の反応のないものばかり
正月明けには元に戻るでしょう。

○あばら骨見えたる山の眠りけり
雲や雪のない山はこんな感じ。

○粕汁や小骨の多い姉戻る
小言が多いのでしょうか。

○精鋭の中にぽつんと冬の蝿
気合いでは負けません。

○翻訳の精度あやしき三が日
この時期に翻訳を頼む方の責任ではないかと。

○無精髯ながなが摩り小晦日
そろそろ限界です。いっそイメチェンでダンディーに。

○神経を尖らせてゐる海鼠かな
掴むとすごく暴れるとか。あるいは何か出しそう。

○初夢に福原愛が出て困る
隠れファンなのか。本当はうれしいのでは。

○大みそか眉動かして合唱す
顔全体をつかって表現します。

○湯豆腐を食ふてそわそわしてをりぬ
誰かが肉を買ってくるとか。
 

選句しました。

 投稿者:あんこ  投稿日:2017年 1月 4日(水)17時36分50秒
  今年もよろしくお願いいたします★

○海老反りにこらへる橋や大晦日
橋の湾曲の表現として面白いし、大晦日感があります。

○外套の胸反らしをりホテルマン
反らしているわけではないんでしょうけど、姿勢がよすぎて
そう見えるんでしょうね。仕事ぶりが想像できる。

○初夢のきみと反対向きに行く
なんだか青春。

○傀儡師の妻は骨折してをりぬ
なぜかわからないけど魅力的なのは、
たぶん傀儡師という季語が成功しているからでしょうね。

○寒さうな妖精ならば連れ帰る
おとぎ話っぽいですが、甘さをそう感じないのは、
寒という季語が上手に働いているからかも。

○淑気かな神棚におくワンカップ
なんだか淑気って感じ。ワンカップがいい。

○初凪や神様の小さな寝息
ああ、あれは神様の小さな寝息なのか。表現がすき。

○グロンサン内服液を屠蘇とする
今年も本気で呑んでいこう!

○ゆく年もくる年もなく初句会
わー、いかにも句会の本質!

○初夢に福原愛が出て困る
愛ちゃんも人妻ですしねえ。
 

選句しました。

 投稿者:洋子  投稿日:2017年 1月 4日(水)16時14分50秒
  ◯反物のざくざく裁たれ冬深む

なんか怖いような気もするけど。

◯ストールの朱より鎖骨あらはるる

ちゃんと計算してるね。

◯透き通る傘の骨格冬銀河

三日月と金星がくっきり見えました。

◯粕汁や小骨の多い姉戻る

やっかいそうな姉。

◯傀儡師の妻は骨折してをりぬ

人形の関節みたいで骨折がきいてる。

◯出不精の猫と年越し雲呑麺

いいお正月。

◯神つてる否鬼つてる除夜の鐘

去年は随分鬼ってた。

◯初夢に福原愛が出て困る

困ってる風情がなんとも可笑しい。

◯大みそか眉動かして合唱す

真面目が可笑しい。

◯密柑山大型犬が下りてくる

密柑山があったかそう。
 

選句しました

 投稿者:由季  投稿日:2017年 1月 4日(水)00時33分53秒
  ○極月の反応のないものばかり
周りが賑やかな中で無反応なのが面白いように思います。

○反物のざくざく裁たれ冬深む
ざくざく裁つかな?と疑問に思いつつも冬らしい気がしました。

○ストールの朱より鎖骨あらはるる
確信犯ですね。

○傀儡師の妻は骨折してをりぬ
何で妻が出てくるのか。唐突ではあるけれどどこか傀儡とつながるような。

○寒さうな妖精ならば連れ帰る
猫などもすぐ連れ帰ってしまうタイプですね。

○精一杯笑ひこらへて年暮るる
よい年の暮のすごし方ですね。

○初凪や神様の小さな寝息
神様自体も小さいのだと思います。

○神経を尖らせてゐる海鼠かな
尖らせても身体は軟体の哀しさ。

○ゆく年もくる年もなく初句会
この句会への挨拶でしょうか。

○大みそか眉動かして合唱す
顔が見えました。
 

選句しました

 投稿者:亜紀  投稿日:2017年 1月 3日(火)21時44分54秒
  〇反物のざくざく裁たれ冬深む
ざくざくで鋏の音が聞こえて来るようだ。

〇冬の夜のダンスの背骨やはらかに
土屋太鳳ちゃんのしなやかなダンスを思い出します。

〇粕汁や小骨の多い姉戻る
小骨が一捻り。

〇出不精の猫と年越し雲呑麺
飼い主が似たのね。

〇翻訳の精度あやしき三が日
いつもと違う感じ。

〇風邪声の出雲神話を語りそむ
鼻声もまた良し。

〇ゆく年もくる年もなく初句会
何はなくても句会。

〇大みそか眉動かして合唱す
熱唱の表情をよく見ている。

〇大年の海賊の旗揺れつづく
進行形の読みに臨場感。

〇密柑山大型犬が下りてくる
シュッとした犬なのでしょうね。
 

選句です

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 1月 3日(火)14時14分6秒
  ○反物のざくざく裁たれ冬深む
 火の気がない仕事場のような気がします。

○ストールの朱より鎖骨あらはるる
 もちろん肌に浮き出た鎖骨だとは思いますが、白骨だと怖いです。

○冬の夜のダンスの背骨やはらかに
 頸椎の何番とかそういうのの連続が描く曲線が、着衣から大きく露出した背中に浮かぶ訳ですね。

○粕汁や小骨の多い姉戻る
 めんどくさそうな姉ですね。「粕汁や」がすばらしいです。

○出不精の猫と年越し雲呑麺
 出不精なのが猫のようにも読めるように書いてあるゆるさがいいですね。雲呑麺に実感があります。

○精鋭の中にぽつんと冬の蝿
 「冬の蠅」が謙遜だとしたら、ちょっといやったらしいです。

○除夜の湯を神めく人と共にせり
 この私と入浴しても欲情しない異性、という意味なのでしょうか。除夜には白鳥とかいろんなものが湯につかります。

○田遊びに野蛮な神も交じりをり
 八百万の神ですから野蛮なのもいます。

○グロンサン内服液を屠蘇とする
 屠蘇器でだせば大抵のものは大丈夫。わかりゃしない。

○密柑山大型犬が下りてくる
 「大型犬」というざっくりした言い方がいいですね。俳句やってると犬の名前とか植物の名前とか博士みたいに出してくる人がたまにいるけど、いいんです、大型犬で…。
 

選句

 投稿者:海太  投稿日:2017年 1月 3日(火)11時40分39秒
  ◯傀儡師の妻は骨折してをりぬ
波紋孫及。

◯寒さうな妖精ならば連れ帰る
乱獲無用。

◯紙漉きし後の水より精霊が
万物皆霊。

◯精鋭の中にぽつんと冬の蝿
丈夫一弱。

◯神奈川を抜けて静岡冬の海
一景広重。

◯田遊びに野蛮な神も交じりをり
寸神分鬼。

◯グロンサン内服液を屠蘇とする
先先不安。

◯初夢に福原愛が出て困る
はよいけ。

◯大みそか眉動かして合唱す
黄色口角。

◯密柑山大型犬が下りてくる
泉向直行。

 

レンタル掲示板
/46