ごろ兵衛のへらぶなつり日記



カテゴリ:[ 趣味 ] キーワード: へらぶな ヘラブナ


30件の内、新着の記事から30件ずつ表示します。


[41] 月山池 へら日記

投稿者: ごろ兵衛 投稿日:2018年 1月15日(月)09時41分35秒   通報    編集済

1月13日(Sat)0930
天候:快晴 気温1.0℃

天気が良いので月山池に釣行。ところがサイカチ沼、月山池共に全面結氷でへら釣り不能。
驚いたことにサイカチ沼では、氷上でワカサギの穴釣りをしている人がいる。
足元の氷を割ってみると厚さは5cm程度 。まだ朝方なので氷は硬いが、次第に陽が上がると緩んでくるだろう。怖い怖い。
月山池では、2~3のヘラ釣りの人が氷割りして釣り場を作っている。釣り人根性にはすごいものがある。
管理人は陸っぱりでワカサギ釣りをしている人としばし雑談。良いときには200匹以上の釣果があると聞いてビックリ。
この状況ではへら鮒釣りはしばらくお休み。





[40] 月山池 ヘラ日記

投稿者: ごろ兵衛 投稿日:2018年 1月 7日(日)09時48分31秒   通報    編集済

1月6日(Sat)0930~1500まで
天候:晴れ後曇り後強風-後雪-後雨 気温6.0℃ 水温:2.0℃ 風:N-後S-後NE ポイント:クサリ 竿:24,21尺
エサ:グルテン
仕掛け:上針改良ヤラズ6号、ハリス0.4号35cm/下針:改良ヤラズ4号、ハリス0.4号40cm
タナ:底釣り
釣果:0枚
水位:満水 水色:普通
平成30年の初釣行。入釣場所はクサリ、0930の現着時ポイントに釣り人はゼロ。本年初釣りなので何とか型を見たい。管理人が釣り準備をしていると少し遅れて来た釣人に「何尺出すんすか?」と尋ねられた。そこで「24か27尺で底釣りをするつもり。」と返答。そしたら「27しゃく~うっ!・・・○×△?」とビックリしていた。千葉の三島湖や戸面原ダムではこの時期27、30尺は普通の長さで驚きもしない。しかしこの辺りでは24,27を出す人はほとんどおらず長い人でも21らしい。それで驚いたのだろう。厳寒期は出来るだけ水深の深いところをねらいたい。
当日は朝方晴天で暖かだったが1030頃から北風が強まり竿が風に煽られて振れなくなった。おまけに気温も下がり小雪もちらついてきた。周りの釣人は1230で全員退散。管理人も帰り支度をしようと思い、小休止しながら釣り台の上でお茶を飲んでいた。そしたら風が収まってきて日差しも出てきた。それではと竿を21尺に変え再度餌打ち開始。しかしアタリは遠くさわりらしきが1回あっただけ。結果、型を見ることが出来ず1500に納竿。
本年は初釣りから、お凸スタートとなった。
上のサイカチ沼は全面結氷で氷を割って釣りをしているらしい。釣果は不明。

小雪舞い襟首にきて「うッ冷て!」・・・・・ごろ兵衛



[39] 月山池 へら日記

投稿者: ごろ兵衛 投稿日:2017年12月23日(土)09時46分11秒   通報    編集済

12月22日(Fri)0800~1530まで
天候:晴れ後曇り 気温5.0℃ 水温:5.0℃ 風:N ポイント:クサリ 竿:27尺
エサ:グルテン
仕掛け:上針改良ヤラズ6号、ハリス0.4号35cm/下針:改良ヤラズ4号、ハリス0.4号40cm
タナ:底釣り
釣果:0枚
水位:満水 水色:澄み
おそらく今年の最終釣行。入釣場所はクサリ、0800の現着時ポイントに釣り人は誰もいない。そこで前回と同じ場所で27尺を出してみた。上部に木枝が少しさわるが何とか振れる。タナは底で1本残しの約6本。
当日は晴天で暖かおまけに風もなく冬の釣りには最適の陽気。
しかし魚のアタリは皆無に近いほど遠い。それでも納竿直前にやっと1枚針掛けしたが、残念無念バトルの途中でバラシ。
結局釣果0で1530に納竿。希望的には年内再挑戦!
上のサイカチ沼は未だ減水状況だが大曲では常連さん2名が入り、底釣り2.5本程度の棚でそれぞれ6枚、8枚の釣果だったらしい。

雪虫の飛び交う先の無信浮き・・・・・ごろ兵衛



[38] 月山池 へら日記

投稿者: ごろ兵衛 投稿日:2017年12月23日(土)09時25分15秒   通報    編集済

12月18日(Mon)0830~1500まで
天候:晴れ後曇り 気温6.0℃ 水温:7.0℃ 風:N ポイント:クサリ 竿:24尺
エサ:グルテン
仕掛け:上針改良ヤラズ6号、ハリス0.4号35cm/下針:改良ヤラズ5号、ハリス0.4号40cm
タナ:底釣り
釣果:1枚
水位:満水 水色:澄み
前回オデコだった為日和をみての釣行。入釣場所は前回と同じクサリ、0900現着でポイントに釣り人は誰も入っていない。そこで前回より少し左寄りの24尺が振れそうな場所に釣座をセット。
当日は晴天で暖かく冬の釣りにはもってこいの陽気。
しかし魚のアタリは遠く、エサ打ちから5時間後の1400頃にやっと貴重な1枚をゲット。
結局釣果はその1枚のみで1500に納竿。



[37] 月山池 ヘラ日記

投稿者: ごろ兵衛 投稿日:2017年12月12日(火)18時03分21秒   通報    編集済

12月11日(Mon)0830~1500まで
天候:晴れ後曇り 気温7.0℃ 水温:6.0℃ 風:NE強 ポイント: クサリ 竿:24,21,19尺
エサ:グルテン
仕掛け:上針改良ヤラズ6号、ハリス0.4号35cm/下針:改良ヤラズ5号、ハリス0.4号40cm
タナ:底釣り
釣果:0枚
水位:満水 水色:澄み
宮床ダムへの釣行を計画したが月山池へと予定変更。入釣場所は前回と同じクサリ。管理人が0800に現着した時には既に1名の常連さんが竿を出していた。そこで一声かけてお隣に釣座をセット。
ミオ筋に沿いの場所なので24尺竿を出してみたが根掛かりが多くすぐに21尺に変更。21尺でもやはり根掛かりが多く釣りにならない。結局19尺。
当日は寒波襲来の為1000頃から北風が強く吹出し、晴天であったが次第に白波が立ち、釣りをするには困難な状況。
それでも風の合間をみて1500までねばってみたが釣果0で終了。



[36] 月山池 へら日記

投稿者: ごろ兵衛 投稿日:2017年12月 5日(火)20時02分46秒   通報    編集済

12月4日(Mon)0830~1530まで
天候:晴れ後曇り 気温7.5℃ 水温:6.0℃ 風:SE微風 ポイント: クサリ 竿:19尺
エサ:グルテン
仕掛け:上針改良ヤラズ6号、ハリス0.4号50cm/下針:改良ヤラズ5号、ハリス0.4号60cm
タナ:底釣り
釣果:3枚
水位:満水 水色:澄み
前回オデコだったので月山池へ再度のリベンジ釣行。入釣予定場所は前回と同様クサリと呼ばれるポイント。管理人が0730に現着した時には既に2名の常連さんが竿を出していた。底釣りをしていたがまだ型を見ていない様子。そこで一声かけて少し離れた場所に釣座をセット。そこはミオ筋に沿っているとのことで、水深もあり19尺竿一杯で底が取れる。当日は弱い南よりの風が吹き少し暖かい陽気。もじりは無いが何となくヘラが釣れそうな雰囲気がある。
餌打ち開始は0800期待を込めてグルテンの底釣りからスタート。
この時期すぐにあたりは出ない、しばらくは淡々とエサ打ち継続。常連さんもサワリすら出ないと言いながら淡々とエサを打ち続けている。
1030を少し過ぎた頃、管理人の浮きにやっともやもやが出始めた。喰わせのグルテンを小さめに付け、すこし待っていると半節ほどの沈みアタリ。「来たっ!」と一瞬のあわせ、竿が斜め満月にグッと止まりへらの引き込みがグッと腕にかかる。小時やり取りの後月山池初釣果の一枚は体長27cm程の綺麗なへら鮒。
その後しばらくアタリが途絶えたが、4~50分してから再度のアタリ。連続2枚を追加し午前中の釣果は3枚となった。中でも3枚目に釣れた魚は体長35cm程だったが、特に強い引き込みがありとても良い体形をしていた(写真)。その後何回かサワリとアタリがあったものの、釣果にはいたらず1530納竿とした。
午後隣に入った釣友は、底釣りで4枚連続の釣果、お見事でした。

“月山のヘラと初見え師走の日”・・・・・ごろ兵衛



[35] 宮床ダム へら日記

投稿者: ごろ兵衛 投稿日:2017年11月28日(火)19時33分34秒   通報    編集済

11月28日(Tue)0930~1500まで
天候:晴れ 気温7.2℃ 水温:10.5℃ 風:NE微風 ポイント:上流域ワンド 竿:24尺
エサ: グルテン、おかゆ、力玉、ヒゲトロ、オカメいろいろ
仕掛け:上針改良ヤラズ8号、ハリス0.6号40cm/下針:改良ヤラズ6号、ハリス0.6号60cm
タナ:底釣り 深宙、段差 4本、3本と上から下までいろいろ
釣果:0
水位:満水-50cm  水色:澄み
宮床ダム再度の釣行。前回1枚釣れたのでへら鮒がいるのは間違いない。今回は大型へらを目標に前回と同じ上流域のワンドに入釣。この場所は風が避けられるし、おまけに水深もあるので24尺竿を振ることが出来る。最初は期待を込めてグルテンの底釣りからエサ打ち開始。
なかなかさわりが出ないがしばらくは我慢して、淡々とエサ打ち継続。そこで喰わせエサをいろいろと変え様子をみるが全く浮きに変化無し。
1430を少し過ぎ2ボール目のエサを使い切る直前、前回と同様浮きに極く小さな変化あり。少し待つと半節ほどの沈みアタリ。来たっ!と一瞬思ってあわせたが、ひらひら上がってきたの前回と同様18cm程のハヤ?
その後4~5投でエサ切れ1500 納竿とした。結局へら鮒にはお目にかかれなかった。
今日はとても暖く防寒着が不要な程の陽気。さらにへら鮒が釣れたら言うことなしだがやむ得ない。

“きょうもまた浮きじっとしてうつらつら”・・・・・ごろ兵衛



[34] 月山池 へら日記

投稿者: ごろ兵衛 投稿日:2017年11月24日(金)09時59分36秒   通報    編集済

11月22日(Wed)0900~1500まで
天候:晴れ時々曇り 気温11℃ 水温:9℃ 風:NE微風 ポイント: クサリ  竿:19尺 エサ:バラケにグルテン、力玉
仕掛け:上針改良ヤラズ6号、ハリス0.4号40cm/下針:改良ヤラズ5号、ハリス0.4号60cm
タナ:底釣り
釣果:0
水位:満水  水色:澄み

 サイカチ沼が大減水の為、隣の月山池での釣りとなった。管理人は月山池では初めての釣り、というのはポイントに不案内で何処に入って良いかわからない。
そこで釣友に月山池を案内して頂きクサリと呼ばれるポイントに入る。このクサリというポイントは月山池の中でも特に人気ある場所で、何時も誰かしら入釣者がいるとのこと。
 今日も我々が到着した頃には既に先着の釣り人が3名、うち2名は既に竿を出しており1名は準備中だった。ここは数名が入ることが出来そうで、我々も先着者に一声かけて空いているところに釣座を構えた。今年は月山池に新ベラ(500kg)程を放流(11月19日)したとのことで期待を込めてのスタートだった。
 エサ打ち開始後、2時間・・・4時間・・・6時間・・・管理人の浮きには、その間さわりが2~3回あったのみ。1500まで辛抱したが、この日の釣果は0で納竿。...X〇*△?
釣友は終日で1枚の釣果(ドボン釣り)。午後から管理人の隣に入ったベテランさんは宙釣りで(タナ2.5~3本)3~4枚の釣果、放流したへら鮒が混じっていたとのこと。
まだ魚は宙釣りで釣れるようだ。
納竿後、隣のサイカチ沼を見に行った。水位は5m程減水していて、ここで釣りをするには「ちょっと…」という状況。しばらくは他の釣場への釣行となりそうだ。
残念ながら本日はオデコ、不完全燃焼で終了した。

”へら鮒のあたりまだかと浮きに聞き”・・・・・ごろ兵衛



[33] 宮床ダム へら日記

投稿者: ごろ兵衛 投稿日:2017年11月23日(木)19時59分16秒   通報    編集済

11月21日(Tue)1030~1600まで
天候:晴れ時々曇り 気温14℃ 水温:10℃ 風:朝NE強風、午後弱風 ポイント:ダム上流域ワンド  竿:21,24尺 エサ:バラケにグルテン
仕掛け:上針改良ヤラズ8号、ハリス0.6号40cm/下針:改良ヤラズ6号、ハリス0.6号60cm
タナ:底釣り
釣果:27cm 1枚
水位:満水-50cm  水色:澄み
宮床ダム、大型へら鮒の棲むダム湖として、知る人ぞ知る野釣場。釣れるへら鮒の半分は、40cmに近いと評判。過去50cmには届かないまでも、それに近い型物が数多く出ているとのこと。へら鮒以外は虹鱒、ワカサギそしてお決まりのBB他が釣れるらしい。
このダムは近年へら鮒放流は行っていないとのこと。しかし運が良ければ大型地ベラにお目にかかれるかも知れない。
宮城の釣場に不案内の管理人は、釣友に宮床ダムの釣場案内と試し釣りをお願いした。
管理事務所前駐車場に0930に待合せ、釣友の車で各ポイントを見てまわる。中でもここは良さそうだという場所はいくつか目星を立てておき、次に来たときの参考にする。
当日は寒波襲来で北風が強く、巡回中は試し釣りの竿が出せるかどうか心配していた。しかし上流側には風が避けられるところが何箇所かあり心配無用とのこと。案内された場所は風が避けられる静かなワンドで、水深もあり長竿も振れる。ここなら十分と早速釣り座を設定する。試し釣り最初は21尺竿の底釣りから、期待を込めてエサ打ち開始。
しかし2時間ほどしてもさわりが出ない。そこで24尺竿に変更し同様にエサ打ち。
いい加減エサ打ちを続けていると「今日は駄目かなァ~?」とふっと思ったりする。
ところがその矢先、浮きに極く小さな変化が現れた。「オャッ!」と思い少し待っていると半節ほどの沈みアタリ。期待のあわせに針掛かりしてきたは15cm程のハヤ?(だと思う…)
しばらくしてまた同じあたり・・・釣れたのはやはりハヤ…○×△!!。まっ、本命ではないがハヤで両目が開いた訳で、この寒さで魚が釣れたことがうれしい。
ハヤがいるならヘラがいても不思議はない。そう思いながら次ぎはヘラが来ます様にと餌打ち継続。
5~10分位経った頃か、浮きに変化がありそっと誘いを入れ少し待つ。すると先程と似たような沈みのチョンアタリだが少し力強い! 浮きの変化に腕がすぐに反応するとぐぐっとした引き込みがあり「ンッ…ニジマスか?」・・・×○△??
ところが、上がって来た魚を見ると「ヘラだっ!ヘラっ!」ヘラ鮒が掛かった。 釣れるとは思っていなかったので玉網、針外しも不用意のまま。手前に寄せて素手で針を外そうとしたら下顎への針掛り。何とスレで宮床ダムでの初へら鮒が釣れた。
釣れたへら鮒は体長27cm程の綺麗な体色をしており、腹側は少し紅みがある。釣友は「無放流なので小型へらはこのダムで自然繁殖したヘラ鮒でしょう。」と言っていた。まさしく「宮床地ベラ!」
 その後アタリは途切れ1530 までで納竿とした。“自然繁殖のへら鮒“何と良い響きか…。
今年はここの釣りはこれが最後になると思うが、寒波襲来の中快く宮床ダムのポイントを案内して頂いた釣友に感謝。来年再度来ることにしてダムを後にした。

“自然繁殖 地のへらの腹 色紅く”・・・・・ごろ兵衛



[32] 山形  前川ダムへら日記

投稿者: ごろ兵衛 投稿日:2017年11月18日(土)10時10分50秒   通報    編集済

11月13日(Mon)  0630~1530まで
天候: 晴れ 気温3℃  水温:12℃ 風: S ポイント: フロート辺り 竿: 24尺 エサ: 両ダンゴ グルテン オカメ ヒゲトロその他いろいろ 仕掛: 上針改良ヤラズ7号、ハリス0.4号 15cm/下針改良ヤラズ5号、ハリス0.4号 60cm タナ : 天天
釣果 : 25~37cm 11枚 水位 : 5m減水 水色 : ちょっと濁りあり

 遠征釣行の疲れが抜けたので、上山市前川ダムへの釣行を計画。自宅から前川ダムまでの距離は片道100km、車で約2時間の距離。仙台港ICから山田ICまでと笹谷ICから関沢IC間は有料道路を利用。
寝不足で帰路100kmの運転はきつい。早めに現着し車中泊した方が帰りが楽,2200自宅を出る。0010前川ダム到着。空は満天の星空でカシオペアがくっきり、その先の北極星も良く見える。
早朝氷点下まで気温が下がったが、敷きマット2枚、厚手毛布、3シーズンシュラフで快適に眠ることが出来た。
 日の出時刻は0607一時から比べると随分と遅くなった。釣友も既に到着していて少し明るくなったころ釣り準備にとりかかる。今日の入釣ポイントはいつものフロート脇北側。弱い北よりの風が吹きフロートが南に大きく湾曲している。南風に変る予報なのでいずれ北に寄ってくる。
 釣り開始は0700頃、水面は靄がたっている。竿は24尺タナは天天、エサは上下針にバラケエサを大きめにつけて釣り開始。お隣の釣友は前回の釣行で30枚の大釣り、今日の竿も同じ長さの11尺で餌打ち開始から20~30分で早くも1枚目をゲット調子は良好。管理人は2倍以上の竿と深タナの釣りでひたすらバラケを打ち続ける。周囲にモジリはあるが浮きに変化はない。エサ打ち開始から2時間を過ぎた頃やっとさわりが出る。そこで喰わせをグルテンに変え送り込み。浮きなじみの後小さなツンあたり、やっと1枚目をゲット。今日はアタリが小さい。針掛かりした後の引き込みも幾分弱く糸鳴りも無い。それでも尺上の魚が上がってきた。秋から冬へ徐々に水温が低下してゆく。へら鮒の活性も下がってきているのだろう。
 その後ポツポツと釣れ、納竿の1530迄11枚の釣果。20枚位は釣れるだろうと期待していたが見事に外れ。それでも晩秋の青空の下で、へら鮒釣りを楽しめたことに十分満足した釣行となった。

“あたり待つへら浮き波にゆらゆらと”・・・・・ごろ兵衛



[31] 西湖 へら日記

投稿者: ごろ兵衛 投稿日:2017年11月14日(火)20時42分47秒   通報    編集済

11月3日(Fri)0630~1600まで
天候:晴れ 気温19℃ 水温:15℃ 風:朝SE微風 ポイント:石切 たぬき横 竿:21尺
エサ:両ダンゴ グルテンセット
仕掛け:上針改良ヤラズ7号、ハリス0.4号40cm/下針:改良ヤラズ5号、ハリス0.4号60cm
タナ:天天
釣果:30~39.5cm 24枚
水位:満水  水色:澄み(ちょっと濁り)
管理人の人生69歳スタートの日、朝空を見ると雲に陽が当り赤く光っていて晴天になりそうだ。湖面には靄が発生、朝日が山の中腹まで当たり紅葉と相まって見事なモルゲンロート。宿の女将さんに朝食用のおにぎり弁当を作って頂いたのでバックに入れる。今日は祭日とあって釣り客は9名程。そのうちの3名はヒメマス釣りで他はへら鮒釣り。
0630サイレンが鳴って皆同時に出船。管理人はリベンジを期し、再度昨日午後入った「たぬき横」のポイントに入る。他の釣り人も各々のポイントにボートを固定している。
湖の中ほどはシーズン始めとあってか、多数のヒメマス釣りボートが釣糸を垂れている。ヘラブナ釣りより数は多いようだ。
0715釣り開始。まずは21尺、棚は天天、餌は両ダンゴでスタート。上下針にバラケを付け第1投。昨日このポイントで数が出ているので期待がこもる。今日は4、5投目でさわりがあり、すぐ後のツンで本日1枚目のへらが釣れる。調子が良さそうで安心する。
その後中だるみはあったもののポツポツと釣れ、釣果は昨日の2倍の24枚。1600の終了時刻で納竿、何とかリベンジが成功となった。宿に戻ると今日は全般的の食い渋り、釣果は平均10枚程度。管理人が幸運にも釣り宿の竿頭だった。
今年は西湖での釣りはこれが最後。来年またお世話になることをお願いして宿を後にした。

“来年もまた会おうぜとへらに言い”・・・・・ごろ兵衛



[30] 西湖 へら日記

投稿者: ごろ兵衛 投稿日:2017年11月11日(土)17時00分14秒   通報    編集済

H29.11.2(Thu) 0630am~1530pmまで
天候:晴れ 気温15℃ 水温:15℃ 風:朝SE微風 午後NEやや強し ポイント:屏風岩 午後たぬき横 竿:24、21尺 エサ:両団子
仕掛け:上針改良ヤラズ6号、ハリス0.4号40cm/下針:改良ヤラズ5号、ハリス0.4号60cm
タナ:天天
釣果:30~36cm 12枚
水位:満水  水色:澄み(少し濁りあり)
千葉三島湖からゆっくり西湖まで移動。途中休憩やら食事やら仮眠したりして2330に釣り宿青木ヶ原さんに到着。全天の星空その中月が高く蒼々と輝きやけに空が明るい。月明かりで自分の影がくっきりとできる。外は意外と寒くない。缶ビールを一つ飲んで、車泊用のシュラフに包って寝れば快適だろう。
翌朝0500に目覚めた。日の出は0607まだ外は真っ暗で見通しが利かない。0530になると薄闇の向こうに見覚えのある山の端が黒々浮かんでくる。釣り宿青木ヶ原さん開店の時刻。同釣り宿さんは西湖石切の釣りに大変便利な立地にある。早速店内に入ると奥様が笑顔で迎えてくれた。出船は0630まだ時間があり温かいコーヒーを飲みながらしばし雑談。湖面の様子を見ると水面がうっすらともやって、その上に朝日が当った紅葉の山々が見える。見事な景観にしばし見とれていた。今日このようなところで釣りが出来ることに思わず感謝。

 0600になると他のご常連も逐次到着、管理人を含めて今日のへら鮒釣り客は4名。皆それぞれ釣り道具を車から降ろし運搬用の軽トラの荷台に乗せる。釣り宿青木ヶ原さんの店から船着場までは結構な坂道があり、自分で道具を運ぶにはそこを何回か往復しなければならない。若い時分ならともかく今ではちょっと…。そこで荷物を運んでくれるサービスはまことに有り難い。
船着場に行ってみると湖は満水状態でボートはかなり上まで引上げられている。先日の台風で急に水位が上昇したとのこと。
 0630何処かの釣り船店から出船時刻を知らせるサイレンが鳴った。管理人は店のご主人に手伝っていただき出船、目指すは石切仮面岩で台風前までは好釣果だったポイント。他の3人はまだ店の中でゆっくりしている。ボートを漕いで石切に行くと、水位上昇の為夏に来て覚えていた景色とまったく違う。仮面岩が何処だかわからない、見当をつけて大きい岩にボートを固定。釣り準備をしていると、先ほどの常連さん達が手前50m程に並んで入釣した。
管理人は釣り準備が整った後、昨夜買った朝昼用の菓子パンをかじりながらしばし周囲の景色に見とれていた。いよいよ本日の釣り開始。竿24尺、棚はいつもの通り天天、餌は両ダンゴ。
鏡面のような水面にスっと立つ浮トップを見ていると、自然とゆったりとした気分になる。これでへらが適当に釣れてくれれば御の字。
 ところが餌打ち2時間過ぎてもそれらしいさわりが無い、3時間経っても浮きに変化が出ない。
「おかしいな?」と思いながらもばらけを打ち続ける。1000過ぎ、やっと浮きに変化が出る。へらが寄ってきたのか?半信半疑で喰わせを柔らかく小さめにして送り込み。浮きがなじみ、じっと静止しているときに小さなツン当り。「あっ!・・・空振り」次は上下の針に喰わせを付け再度の送り込み。浮きなじみの後ゆっくりと上がってくる、そこで明確なツンあたり!「待ってましたっ!」と瞬時のあわせに竿がビシッと斜め満月に止まる。「来たっ!」ググーッっと穂持ちまで引込まれる。引き耐えたあと小時バトル。上がってきたのは35cmの色の黒い西湖へら。8月以来のご対面。その後またすぐに1枚を追釣する。気合が乗ってきた矢先正面から風が吹き始め急に強くなった。スターンから飛沫が入り、竿が竿受けから落ちてしまうほど、竿を21尺に変えてみたが思うようにゆかない。風が治まるまでこのまま休憩することにした。

 1200になると船宿のご主人さんがボートで様子を見にやって来た。釣況を尋ねられ2枚と答えると、ここは仮面岩のポイントではなく屏風岩。仮面岩は常連さんが入っている辺りで、既に良い人は20枚以上の釣果を上げている。このポイントは今時期は釣れないから場所を変えた方が良いとのこと。
「えぇーっ、なっ、なんと場所を間違えたーっ!」・・・X△◎※?
直ちに移動の準備をし、ご主人の後について「たぬき横」のポイントに移る。移動中ボートから見ると先の常連さん達は今も竿を絞っている。
たぬき横でも竿21尺、棚は天天、餌は両ダンゴと先程と同じ仕掛けで再スタート。
管理人は1530までにさらに10枚を釣り合計12枚で納竿。この日先の常連さんは45枚をトップにいずれも30枚以上釣果。・・・X◎△?? 「ウーンっ」何とも無念!
まっ、それでも今日は西湖の「黒べら」に再会出来、強烈な引込みを12回も堪能できたので良しとすべし。

“あさ靄に僅かに見える浮きトップ”・・・・・ごろ兵衛

 



[29] 千葉 房総三島湖へら日記

投稿者: ごろ兵衛 投稿日:2017年11月10日(金)20時59分10秒   通報    編集済

H29.11.1(Wed) 0830am~1400pmまで
天候:晴れ 気温16℃ 水温:14℃ 風:朝SE微風 1000頃NE強風 ポイント:広瀬Aロープ奥 竿:21尺 エサ:両団子
仕掛け:上針改良ヤラズ7号、ハリス0.4号40cm/下針:改良ヤラズ5号、ハリス0.4号60cm
タナ:天天
釣果:34cm 1枚
水位:満水  水色:濁り多し 午後水流発生浮遊物多し 風強く浮き立たず

11月から三島湖の出船時刻は0630戻りは1600。管理人は朝ゆっくり他の釣り人の様子をみた後場所を決める。昨日のCロープ浅場の釣果は例会優勝者で5枚とのこと。水濁りの影響からか芳しくなかったようだ。しかし今日も浅場Cロープに釣り人が多く入っている。深場の方は昨日管理人が入ったポイントより少し奥に2名、既に餌を打っているがまだ型は見ていない様子。水濁りと浮遊物は今日も同様。もじりは浅場深場共に頻繁に出てどちらも同程度。それではと昨日と同じAロープの深場ポイントに入釣する。
餌打ち開始は0830、気温16℃、水温14℃昨日より少し低いが風も穏やか。(写①)竿は21尺、棚は天天、餌は両ダンゴ。今日も昨日と同様さわりが出るまで少し時間がかかると思い、ゆっくりとバラケを打っていた。すると5~6投目で何にかがさわった。そこで食わせを小さめにつけ、期待いっぱいの送り込み。餌落ち直前にツッと小さなあたり。「おっ」と合わせた直後、グーッと強烈な引きこみにビックリ仰天。慌てて握りを持ち直し三島へらとのバトルを再開。ゆっくりと上がってきたのは33cmの綺麗なへら鮒。(写②)今日は調子が良さそうだと一人満足。

 ところが状況が穏やかだったのはこの2~3時間だけ、その後天候が急変、風がNEに変り徐々強くなって気温も下がってきた。ダムの放流量を増したのか水流も出てきた。1300頃になるとさらに風は吹き上がり、ボートは左右に揺れ浮きは斜め立ち。おまけにごみが次ぎつぎに流れてくる。「木枯らしピューピュー」ではとても釣りにならない。残念だがここで納竿、三島湖での釣りを終了した。
結局本日の釣果は「33cm X 1枚」昨日と合わせて合計8枚。“おでこ”無く不思議に納得した釣りであった。

 納竿後ISI釣り船店さんのご主人に、他3湖(亀山湖、豊英湖、戸面原湖)の状況を確認して頂いた。それによると何処も水濁りとごみで釣り可能場所が限られ、良くて4~5枚程度。何とも言えないが現状での好釣果は難しいだろうとのこと。
“さーて、困った!” 計画通り他3湖をおでこ覚悟で廻るか…ウーン…それとも何処か他に行くか…X※△?。
現在1600今なら何処にでも行ける。横利根か西湖か精進か・・・X※?
「よしっ、西湖に行こう!」 西湖は濁りに強くおまけに数も出ている。ゆっくり行っても2100には西湖に着く、0530までたっぷり6時間以上は眠れる。急遽計画変更11月2日、3日と西湖で釣りをすることにした。
 予定が決まれば後は行動するのみ。ISIさんにその旨を話し、ご自宅に訪い女将さんに40数年ぶりのご挨拶を済ませ西湖に出発した。

“流れ葉を避けた向うにもじりあり”・・・・・ごろ兵衛



[28] 千葉 房総三島湖へら日記

投稿者: ごろ兵衛 投稿日:2017年11月 8日(水)10時54分47秒   通報    編集済

H29.10.31(Tue) 0730am~1530pmまで
天候:晴れ 気温17℃ 水温:16℃ 風:S微風 ポイント:広瀬Aロープ奥 竿:21,16尺 エサ:両団子
仕掛け:上針改良ヤラズ7号、ハリス0.4号40cm/下針:改良ヤラズ5号、ハリス0.4号60cm
タナ:天天
釣果:33~39.5cm 7枚
水位:満水  水色:濁り多し 浮遊物多し

人生60歳代最終年のスタートに千葉房総4湖(三島湖・豊英湖・戸面原ダム・亀山湖)への遠征釣行を計画した。出発は台風22号が行き過ぎるのを待って10月30日(月)、千葉での別件所用を片付けその足で三島湖に直行する。当日は三島湖到着が遅くなるので車中泊。途中のコンビニで食料を買い込み三島湖への到着が2400。三島湖10月の出船時刻は0600なので5時間ほど睡眠をとることが出来る。
 三島湖の定宿はISI釣り船店さんで、管理人が20代の頃へら鮒釣りを覚え、釣研会に入り頻繁に通い学んだところ。先代の親父さんと女将さんには大変お世話になった。
ISI釣り船店さんは奥米橋のたもとにあり広瀬川での釣りに利便がある。広瀬川にはABCの3本のロープが張られ深場から浅場まで幅広い釣が楽しめる。
 朝まだ暗い0500に現主人の息子さんが来て店の電気を点灯し開店。息子さんとは初対面だったが顔つきといい身体つきといい先代にうり二つで一目でそれと分る。話し方も何となく先代に似ている。挨拶の後釣り場状況を確認すると、台風の影響で水濁りと浮遊物が多く釣りが出来る範囲が限られていいる。それでも浅場の底釣りで何枚か出ているとのこと。すこし明るくなり見通しが利くようになると湖面のあちこちでへら鮒のもじりが見える。何となく釣果が期待出来そうな雰囲気なので少し安心。
出船時刻の0600になると合図のサイレンが鳴り、各船宿から釣り人達が各々のポイントに向けボートを漕ぎ出して行く。管理人は明日も三島湖で釣りをするので皆が出払った後、空いているところに入釣するつもり。出船した釣り人が一通りポイントに落ち着くのを見ると、やはり浅場に多く入っている。反対側の深場の方を見るともじりはあるが誰も釣り人がいない。そこで迷わず深場のAロープ奥に入る事を決めた。Aロープ奥は30尺竿でも底がとれない為宙釣りになる。水温を計ると朝0700の時点で16℃、この水温なら宙釣りで充分にへらは釣れると判断した。0730開始の第一投、竿は21尺、棚は天天両ダンゴのわくわくスタート。ボートの周囲には浮遊物が浮いている(写真①)が頻繁にもじりがあるので、次第に期待と気持ちが高揚する。
ところが餌打ち1時間が経ってもてもさわりが出ない??もじりは相変わらずあり魚がいる事は確実なのだが※・・・.「ウーン?…?」棚が合ってないのか、あるいはエサが合わないのか、徐々に頭の中が混乱し始めてきた…X・△・※・?。
そんなことを思い始めた矢先、浮きに少しもやもやが出始め、へらが寄って来た良い雰囲気になる。
そこで下針の喰わせに少し粘りを加え、気持ち小さめにセットしてそっと送り込む。餌と錘が水面に落ち浮きが道糸に引かれスっと立つ、なじみはトップ3節、その後ゆっくりと浮き上がってくる。
途中で誘いをかるくひとつ入れる。直後、2節ほどの明確なツンあたり。「待ってましたッ。」と瞬時のあわせ、竿が斜め満月にピシッと止まりキューンと糸鳴り。続く強烈な引き込みに腕を一杯に伸ばし身体を前のめりにしてじっと引き耐える。思わず「デカッ!」とひとり言。ハリスは0.4号強引に引上げることが出来ない。しばらくは魚とのバトル(写真②)、玉網取りしたのは紛れも無く「三島湖へら」39.5cmの良型。(写真③)その後さらに3枚を追釣、様子見に出した16尺でも3枚追加し合計7枚、初日は1530納竿とした。今日は40数年ぶり「三島湖へら」とのスリルあるバトルを充分に楽しんだ1日となった。

“竿先でもじるだけかよ君たちは”・・・・・ ごろ兵衛



[27] 山形 前川ダムへら日記

投稿者: ごろ兵衛 投稿日:2017年10月19日(木)20時04分29秒   通報    編集済

H29.10.17(Tue) 0600am~1530pmまで
天候:晴れ 気温17℃ 水温:18℃ 風:SE微風 ポイント:フロート辺り 竿:終日27尺 エサ:両団子/力玉/オカメいろいろ
仕掛け:上針改良ヤラズ9号、ハリス0.6号20cm/下針:改良ヤラズ5号、ハリス0.4号60cm
タナ:天天
釣果:27~35cm 9枚
水位:満水から12m減水 水色:澄み
今回も入釣場所は前回と同様フロートの辺り。朝方の湖面は微風状態。前回の好釣果を得て今日も27尺を出す。0630am上下針にバラケを付け期待を込めてエサ打ち開始。しかし昨日今年一番の冷え込みがあったせいか前回のような明確なあたりがなかなか出ない。もやもやとさわりはあるのだがツンが出ない。(まっ、へぼ釣り師だから何とも仕方ないが…)。餌打ちを始めてから2.5時間後の0930やっとそれらしきツンあたりが出た。しかし残念ながらが空振り。それではと下針のダンゴを軟らかめにして再投入。浮きなじみからの餌落ち直前、ズドンと消し込みのあたり。待ってましたとあわせの後、竿が途中でズシッと止まり続いてピーンと糸鳴り、同時にググーと穂持ちまで水中に持っていかれる強烈な引込み。これだっ!これっ!だからへらぶな釣りはやめられない。しばらくして本日お初に上がってきたヘラは軽く尺オーバー34cmの良型。今日のヘラは餌追いが渋く連続でのあたりが出ない。管理人は1530納竿までにやっと9枚の釣果。お隣の地元の常連さんは流石に19尺天天で20枚以上釣っていた。同行の釣友は39.8cmの良型を頭に13枚の釣果。しかし今日も深場へらの強烈な引き込みを充分に堪能した1日となった。



[26] 山形 前川ダムへら日記

投稿者: ごろ兵衛 投稿日:2017年10月15日(日)18時01分11秒   通報

H29.10.14(Sat) 0600am~1530pmまで
天候:くもり時々晴れ 気温17℃ 水温:19℃ 風:SE微風 ポイント:フロート辺り 竿:終日27尺 エサ:両団子/力玉/オカメいろいろ
仕掛け:上針改良ヤラズ9号、ハリス0.6号20cm/下針:改良ヤラズ5号、ハリス0.4号60cm
タナ:天天
釣果:30~39cm 36枚
水位:満水から10m減水 水色:澄み
今回も入釣場所は前回と同様フロートの辺り。朝方の湖面は微風状態。自身の持つ最長竿27尺を出して0630am上下針にバラケのエサ打ち開始。エサ打ち5投目浮きにさわりが出る。6投目浮きなじみ直後ドーンと消し込みのあたり。びっくりあわせの後ピーンという糸鳴り、同時にググーと穂持ちまで水中に持っていかれる強烈な引込み。竿尻を両手に持ち身体を前のめりにしてじっと引き耐える。しばらくして本日最初に上がってきたヘラは軽く尺オーバー35cmの良型。今日は餌の配合のテストでこの分ではうまくゆきそうだ。その後も順調に釣れ続き途中の中だるみはあったものの1530納竿までに36枚の釣果。 今日の釣行も充分にへらぶな釣りを堪能した1日となった。



[25] 山形 前川ダムへら日記

投稿者: ごろ兵衛 投稿日:2017年10月 4日(水)17時49分8秒   通報    編集済

H29.10.3(Tue) 0600am~1530pmまで
天候:くもり時々晴れ 気温26℃ 水温:20℃ 風:SE3~6m ポイント:フロート辺り 竿:終日24尺 エサ:両団子/力玉/オカメいろいろ
仕掛け:上針改良ヤラズ9号、ハリス0.6号20cm/下針:改良ヤラズ5号、ハリス0.4号60cm
タナ:天天
釣果:30~42cm 31枚
水位:満水から6m減水 水色:澄み
深棚から元気の良いヘラの引き込みを期待しての釣行。今回も入釣場所は前回と同様フロートの辺り。朝方の湖面は微風状態。0630amに上下針にバラケのエサ打ち開始。エサ打ち直後の2投目浮きがなじむかなじまない間にドンッと消しこむ鋭いあたり。間髪のあわせにピーンという糸鳴り、同時にググーと穂持ちまで水中に持っていかれる強烈な引込み。竿尻を片手に持ち身体を前のめりにしてじっと引き耐える。しばらくして本日最初に上がってきたヘラは軽く尺オーバーの良型。今日もまた調子が良さそうだ。その後も順調に釣れ続き途中の中だるみはあったものの1530納竿までに31枚の釣果。 前回もそうだったが今回も釣れるへらはコンディョンの良い型物ばかりで最大42cm(写真)。あわせ後の超強烈な引込みと取込むまでのファイト何ともいい。お隣の釣友も18尺竿の天天でヘラの引込みに耐えながら20枚以上の釣果。今回の釣行も充分にへらぶな釣りを堪能した1日となった。



[24] 宮城サイカチ沼へら日記

投稿者: ごろ兵衛 投稿日:2017年 9月30日(土)12時13分37秒   通報

H29.9.29(Fri) 0730am~1500pmまで
天候:晴れ 気温25℃ 風NW4~8m ポイント大曲の手前辺り 竿14尺 エサは両団子/力玉セット/オカメいろいろ
仕掛け:上針改良ヤラズ6号、ハリス0.6号20cm/下針:改良ヤラズ5号、ハリス0.4号60cm
タナ:天天
釣果:35~40cm 12枚
水位:満水 水色:雨後の薄にごり
釣り始めに水温を計ったら昨日の豪雨の為か低い。タナを天天にセット。案の定食い渋りでなかなかあたりが出ない。1230pmまでやっと8枚の釣果。以後1500pmまで4枚を追釣して納竿。
本日釣れた魚は全て35cmオーバー最大40cm。
あわせ後の糸鳴りと強烈な突っ込み、良型へらの引きを十分に堪能した。



[23] 山形 前川ダムへら日記

投稿者: ごろ兵衛 投稿日:2017年 9月25日(月)17時23分1秒   通報    編集済

H29.9.22(Fri) 0530am~1600pmまで
天候:晴れ 気温26℃ 水温:22℃ 風:SE1~3m ポイント:フロート辺り 竿:午前中24尺 午後21尺 エサは両団子/力玉/オカメいろいろ
仕掛け:上針改良ヤラズ8号、ハリス0.6号20cm/下針:改良ヤラズ5号、ハリス0.4号60cm
タナ:24尺天天 21尺4本半
釣果:27~40cm 28枚
水位:満水から2m減水 水色:澄み
前回のこの前川ダムの釣行で良い釣りが出来たこともあり再度挑戦。今回も入釣場所は前回と同様にフロートの辺りに釣座をセット。朝方の湖面は無風濃霧状態。それでも僅かに見える浮きを頼りに上下針にバラケを付けエサ打ち開始。濃霧の切れ目からボヤーっと見える浮きが20分位してようやく変化を見せはじめてきた。そこで下針の食わせエサを力玉に変更。直後の1投目浮きがなじむかなじまない間にドンッと消しこむ鋭いあたり。間髪のあわせと同時にググーと穂持ちまで水中に引込まれる強烈な突っ込みと糸鳴り。24尺の竿尻グリップを両手で持ちじっと引き耐える。しばらくして本日最初に上がってきたヘラは軽く尺オーバーの良型(写真)。今日も調子が良さそうだ。その後はぽつぽつと順調に釣れ続き途中の中だるみはあったものの1330pmまでに20枚の釣果。遅いお弁当を食べて竿を21尺に変更し同じく棚は深宙、さらに8枚を追釣したところで1600pm納竿とした。
前回もそうだったがこのダム湖の深棚で釣れるへらはコンディョンの良い27cm~最大40cm(半分は尺上へら)。あわせ後の超強烈な突っ込みと取込むまでのファイト何ともいい。周囲の釣り人は数釣り好みなのか15~17尺竿で棚1.5~2本位で調整する人が多く数も出ていた。当方は深棚嗜好、数より釣味を求めるタイプ。今回の釣行も充分にへらぶな釣りを堪能した1日となった。
隣に入った地元の常連さんは竿17尺で1.5~3本の棚の両ダンゴで40枚以上の釣果を上げていた。



[21] 宮城サイカチ沼へら日記

投稿者: ごろ兵衛 投稿日:2017年 9月 9日(土)22時18分36秒   通報    編集済

H29.9.8(Fri) 0630am~1600pmまで
天候:曇りのち晴れ 気温28℃ 風NW3~6m ポイント大曲の手前辺り 竿1100amまで14尺 以後17尺 エサは両団子/力玉セット/オカメいろいろ
仕掛け:上針改良ヤラズ6号、ハリス0.6号20cm/下針:改良ヤラズ5号、ハリス0.4号60cm
タナ:14尺は天天 17尺は底釣り
釣果:30~40cm 18枚
水位:満水 水色:雨後の薄にごり
釣り始めに水温を計ったら何時もより4.0℃ほど低い。 迷わずタナを天天にセット。しかし食い渋りでなかなかあたりが出ない。1100までやっと6枚の釣果。以後は竿を17尺に変更しての底釣り。これが正解で納竿まで12枚を追釣。
底で釣れる魚は全て35cmオーバー最大40cm。
あわせ後の強烈な突っ込みと良型へらの引きを十分に堪能した。
この釣り場は時々大きさ70cm程の紅白の緋鯉がエサねだりにやって来る。今日はさらに1mオーバーの真鯉もやって来てしばらく釣座の周りを悠々と泳いでいた。



[20] 山形 前川ダムへら日記

投稿者: ごろ兵衛 投稿日:2017年 9月 5日(火)16時57分51秒   通報

H29.9.4(Mon) 0530am~1700pmまで
天候:晴れ 気温27℃ 風:SW1~3m ポイント:フロート辺り 竿:午前中24尺 午後21尺 エサは両団子/力玉セット/オカメいろいろ
仕掛け:上針改良ヤラズ6号、ハリス0.6号20cm/下針:改良ヤラズ5号、ハリス0.4号60cm
タナ:終日深宙
釣果:27~40cm 43枚
水位:満水 水色:澄み
初めての山形前川ダムへの釣行。満水で何処に入って良いかポイントが解からず当てずっぽうでフロートの辺りに釣座をセットした。
さすかはダム湖のへらぶなで釣れる魚は全てコンディョンの良い27cm~最大40cm(半分は尺上へら)であわせ後の超強烈な突っ込みと、取込むまでのファイトがいい。時間が経つのも忘れ、1700pmまで充分にへら釣り堪能した1日となった。
午後お隣に入った地元の常連さんも17尺の深宙で20枚以上の釣果を上げていた。



[19] 宮城サイカチ沼へら日記

投稿者: ごろ兵衛 投稿日:2017年 8月26日(土)22時08分59秒   通報    編集済

H29.8.23(Wed) 0630am~1500pmまで
天候:曇り時々晴れ 気温30℃ 風SW 1~3m ポイント大曲の手前辺り 竿16尺 エサは両団子/力玉セット/オカメいろいろ
仕掛け:上針改良ヤラズ6号、ハリス0.6号20cm/下針:改良ヤラズ5号、ハリス0.4号60cm
タナ:終日天天
釣果:32~39cm 23枚
水位:満水 水色:雨後の薄にごり
終日天天。釣れる魚は全てコンディションの良い30cmオーバー最大39cm。
あわせ後の強烈な突っ込みと良型へらの引きを十分に堪能した。
後ろで見ていた人から、浅棚ならもっと数が出るとアドバイスを頂いたが、当方数釣りより「じっくりとその1枚」を深棚から釣りたい為終日天天で通す。



[17] 宮城サイカチ沼へら日記

投稿者: ごろ兵衛 投稿日:2017年 8月22日(火)21時01分20秒   通報

H29.8.18(Fri) 0630am~1200pmまで
天候:雨時々曇り 気温25℃ 風SW 3~5m ポイント:大曲の手前辺り 竿14尺 エサは両団子/力玉セット/オカメいろいろ
仕掛け:上針改良ヤラズ6号、ハリス0.6号20cm/下針:改良ヤラズ5号、ハリス0.4号は60cm
タナ:終日天天
釣果:32~39cm 20枚
水位:満水 水色:薄にごり
エサ打ちから15分位で1匹目、その後1時間に3から5枚程度とコンスタントに釣れる。
釣れるる魚は全てコンディションの良い30cmオーバー最大39cmが2枚入った。
あわせ後のへらの強烈な突っ込みがいい。今日はちょっとよそ見した間に竿を引き込まれてしまった。よって1200で終了。竿はサイカチ沼漁協のSさんに助けていただき無事に回収できました。



[16] 宮城サイカチ沼へら日記

投稿者: ごろ兵衛 投稿日:2017年 8月18日(金)22時29分57秒   通報

H29.8.14(Mon) 0530am~1600pmまで
天候:雨時々曇り 気温27℃ 風SW 3~5m ポイント大曲の手前辺り 竿16尺 エサは両団子/力玉セット/オカメいろいろ
仕掛け:上針改良ヤラズ6号、ハリス0.6号20cm/下針:改良ヤラズ5号、ハリス0.4号は60cm
タナ:終日天天
釣果:32~40cm 21枚
水位:満水 水色:雨後の薄にごり
終日天天。釣れる魚は全てコンディションの良い30cmオーバー最大40cm。
あわせ後の強烈な突っ込みでハリスが切れが4回、ハリスを0.5号に太くするとあたりが遠くなる為終日0.4号
で通した。
午後お隣に入った名人は、あっという間に10枚以上の釣果。脱帽です…



[15] 富士五湖 西湖へら日記

投稿者: ごろ兵衛 投稿日:2017年 8月18日(金)22時27分29秒   通報    編集済

H29.8.4(Fri) 0500am~1700pmまで
天候:晴れ時々曇り 気温27℃ 風:朝のうち無風午後SE4~6m ポイント:石切たぬき横 竿24尺
エサは両団子/オカメ
仕掛け:上針改良ヤラズ6号、ハリス0.6号40cm/下針:改良ヤラズ6号、ハリス0.6号60cm
タナ:天天  釣果:30~40cm 25枚
水位:減水3m 水色:澄み
えさ打込み3投目からあたりが出て一枚目が釣れたのは5投目、根がかりと間違うほどの強烈な引き込み。一日中ボツボツと釣れる。
長竿使用で深場からの良型へらの引込みを十分に堪能できた一日。



[14] 宮城サイカチ沼へら日記

投稿者: ごろ兵衛 投稿日:2017年 8月18日(金)22時23分46秒   通報    編集済

H29.7.28(Fri) 0600am~1500pmまで
天候:晴れ時々曇り 気温30℃ 風SW 4~6m ポイント大曲手前辺り 竿16尺 エサは両団子/力玉セット/オカメ/その他いろいろ
仕掛け:上針改良ヤラズ6号、ハリス0.6号20cm/下針:改良ヤラズ5号、ハリス0.4号最初は60cmからスタート後40cmまで
タナ:天天
釣果:28~35cm 20枚
水位:満水 水色:澄み
えさ打込み当初はブルーギルがうるさい。そのうちにへらが寄って来て釣れはじめる



[13] 宮城サイカチ沼へら日記

投稿者: ごろ兵衛 投稿日:2017年 8月18日(金)22時20分39秒   通報    編集済

H29.7.21(Fri) 0700am~1500pmまで
天候:晴れ時々曇り 気温29℃ 風SW 4~6m ポイント大曲手前辺り 竿16尺 エサは両団子/グルテン/力玉セット/その他いろいろ
仕掛け:上針改良ヤラズ6号、ハリス0.6号20cm/下針:改良ヤラズ5号、ハリス0.4号最初は60cmからスタート後40cmまで
タナ:天天
釣果:28~35cm 15枚
水位:満水 水色:澄み
えさ打込み当初はブルーギルがうるさい。そのうちにへらが寄って来て釣れはじめる



[12] 宮城サイカチ沼へら日記

投稿者: ごろ兵衛 投稿日:2017年 8月18日(金)22時17分40秒   通報    編集済

H29.7.14(Fri) 0700am~1500pmまで
天候:曇り 気温28℃ 風SW 3~6m ポイント大曲手前辺り 竿17尺 エサは両団子/力玉/その他いろいろ
仕掛け:上針改良ヤラズ6号、ハリス0.6号20cm/下針:改良ヤラズ5号、ハリス0.4号最初は40cmからスタート後60cmまで
タナ:天天
釣果:28~35cm 18枚
水位:満水 水色:澄み
えさ打込初めはブルーギルがうるさい。そのうちにへらが寄って来て釣れはじめる。



[11] 宮城サイカチ沼へら日記

投稿者: ごろ兵衛 投稿日:2017年 8月18日(金)22時06分57秒   通報    編集済

H29.6.26(Mon) 0600am~1500pmまで
天候:曇り 気温26℃ 風SW 4~6m ポイント大曲手前辺り 竿17尺 エサは両団子
仕掛け:上針改良ヤラズ6号、ハリス0.6号20cm/下針:改良ヤラズ5号、ハリス0.4号最初は40cmからスタート後60cmまで
タナ:天天
釣果:28~35cm 16枚
水位:満水 水色:澄み
えさ打込初めはブルーギルがうるさい。そのうちにへらが寄って来て釣れはじめる.



[10] 宮城サイカチ沼へら日記

投稿者: ごろ兵衛 投稿日:2017年 8月18日(金)22時02分37秒   通報    編集済

H29.6.16(Fri) 0600am~1500pmまで
天候:晴れ時々曇り 気温24℃ 風SW 3~5m ポイント大曲り 竿14尺 エサは両団子と力玉セット
仕掛け:上針改良ヤラズ7号、ハリス0.6号20cm/下針:改良ヤラズ5号、ハリス0.4号最初は60cmからスタート後40cmまで
タナ:天天
釣果:28~39cm 36枚
水位:満水 水色:澄み
打込み当初はブルーギルの猛攻で浮きがなじまず。そのうちにへらが寄って来てコンスタントに釣れはじめる。タナが深いほど魚の型が良く35cmオーバーが続いて釣れた。


レンタル掲示板
30件の内、新着の記事から30件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.