teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


今年も新島プチ遠征!

 投稿者:楽釣翁  投稿日:2017年 5月16日(火)17時04分58秒
  今年の新島では、着いた当日の午後に、シマアジではなく、アカイカ釣りをやりました。
参加者は、会長、越後師、本職師、体力師、平目師、若葉師、K崎さん、某の8人です。
昔、大原でやった事があるけど、長くやっていませんでしたし、島での釣りは初めての
経験ですから、少し心配でしたね。
結果的には、皆さんポチポチ釣れましたから、良かったですね。
ただ、釣れる期間は短いらしく、又、来年(釣れる保証は無いが)という事になります。
アカイカ初めての宴会会長は、何と17杯も釣っちゃいました。

翌日は大雨と大風という事で、元気なメンバーだけ、4人が出船!
イサキとヒメダイを釣ってきました。
でもって、風雨を避けて、早々に逃げ帰ってきました。

 
 

フグ&ヒラメ

 投稿者:楽釣翁  投稿日:2017年 5月 4日(木)15時25分58秒
  5/2は、孝栄丸にて、友人と二人でフグ釣りでした。
前日は、仙人のジーサンが30尾近く釣ったというのに、今日は潮が流れず、
おまけに暗い潮で、フグの食気は最低です。
毎度の置き竿で頑張った(?)のですが、13尾でオシマイでした。
でも、竿頭が16尾ですから、置き竿も馬鹿にしたもんじゃありませんね。

翌日は、長福丸でヒラメ釣り。
最近、大判がよく出ているので、期待しましたが、2キロ位のが1枚でした。
これで今季の大原のフグとヒラメは終了です。
これからは、根魚がメインでしょうなあ...
 

ヤリイカ

 投稿者:楽釣翁  投稿日:2017年 4月24日(月)14時27分11秒
  4/20、越後のオトーサンと二人で、飯岡の幸丸にてヤリイカ釣りをしてきました。
1日中サバが元気で、仕掛が、中々底まで落ちませんでしたが、無事に落ちたら乗りがあり、
結構多点掛けも多かったです。

サバ子に好かれてしまった越後師を尻目に、某は何と30杯も釣ってしまったのであります。
イカオヤジと、日頃から呼ばれている越後師は、26杯で敢え無くダウン!
イカ下手な某ですが、やる時はやるのであ~る...ワッハッハッ!

 

トラフグ!

 投稿者:楽釣翁  投稿日:2017年 4月 6日(木)18時44分34秒
  4月5日は、鴨居の一郎丸へ、トラ退治に行ってきました。
昨年から釣れだした(発見した?)東京湾のトラフグですが、昨年は遅れを取ってしまい、
残念賞に終わりました。

今回は、少し釣り方も判ってきて、何とか小型を2尾ゲッチュしてきました。
もう少しすると、大きいのも入ってくるという事ですから、後、1、2回は行きたいな。
しかし、東京湾でトラフグが釣れるとは、以前は思いもしませんでしたねえ...
まあ、釣り物が増えることはうれしいのですが。
 

カマス、撃沈されました!

 投稿者:楽釣翁  投稿日:2017年 3月31日(金)19時33分47秒
  3/28に、茅ヶ崎にカマス釣りに単独釣行...
改良した「カマスのカットウ仕掛」を忍ばせ、今日は爆釣の筈でしたが、何故かはワカランが、
シッカリと撃沈されてきました。(涙)
だって、全くの低活性なんだもん...

まあ、カマス君にも食気の無い時はあるようで、今日は、まったく当たりが有りませんでした。
最後まで頑張りましたが、3尾でオシマイ! (ガックシ!)
と言う事で、手も足も出ない1日でしたね~
カマス君、次回の釣行時には、全員逮捕しまっせ! 覚悟していなはれ!
 

春のフグ&ヒラメ釣行記

 投稿者:宴会の釣師  投稿日:2017年 3月20日(月)11時33分42秒
  3月18日、19日でフグ&ヒラメ釣行を敢行しましたので報告します。
18日は最近フグが好調の大原港の孝栄丸にお世話になりました。
今回は体力の釣師さんと右舷ミヨシに陣取りました。
この日は昨日までの時化のためウネリが残っていましたが徐々に凪いできました。
ポイント到着後、最初に私に明確なアタリがあり、大暴れする魚をあげてみるとこれが立派な25cm程のハナダイでした。なんと口いっぱいにアオヤギを頬張りカットウ針もシッカリ口に刺さっていました。
その後、ポツポツ良型のショウサイがあがり始め、日が昇った終盤は入れ掛りもあり、結果、二人それぞれ20cm級が20尾ほど釣れ、十分なお土産になりました。
夜は楽釣翁さんや越後の釣師さん行きつけの『おかだや』さんで旬のカツオや地物のタコをつまみに美味しい地酒をいただき、大満足で初日を終えました。
19日は楽釣翁さん、不撓の釣師さん、久々登場の食気の釣師さん、会社先輩のYさん、Aさんを迎えて総勢7名で長福丸に乗船です。
昨日よりさらに凪いだ海は絶好の釣り日和となりましたが、肝心の潮が流れず風も無いため横流しも微動状態と、かなり苦戦を強いられました。そんな中、食気さんがキロ強を釣り上げ、続いて不撓さんがソゲ、楽釣翁さんには良型のガンゾウが来ましたが私のイワシはかじられる事もなく上がって来ます。それでも活きのいいイワシを投入し続け、入れ直しで底からオモリを上げようとしたところでガツンとしたアタリが来て上がった来たのはキロ半の美味しそうなヒラメさんでした。
その後不撓さんにはキロ級の立派なマゴチ、楽釣翁さんにもヒラメがあがり納竿となりました。右舷に陣取った体力さんは良型のヒラメをお隣とのオマツリのため水面下リリースとなったりYさんにはマトウダイ、Aさんの下にはヒラメが不在でした。Yさんは今年ご息女が大学入学でお祝いの鯛やヒラメの舞い踊りの予定でしたが褐色のマトウダイのみでした…ので昨日の秀麗なハナダイがお祝いとして贈呈されました。
今回はすっかり春めいた大原で楽しい二日間を過ごしました。これからは釣物も変わって来ますのでまた次回のターゲットを選定したいと思います。
 

オニ退治 & フグ退治

 投稿者:楽釣翁  投稿日:2017年 3月13日(月)08時50分25秒
  3/9は、孝栄丸にてオニ退治をしてきました。
ヒラメのオトーサン、越後のオトーサンとの3人であります。
風も穏やかで、晴れて凪という申し分のない状況でしたが、潮が全く流れませんでした。
それでも、オニカサゴの当たりはポツリポツリとあり、全員が2尾を確保し、ユメカサゴや
ウスメバル等も釣れ、ノンビリと楽しく釣っていられました。

翌日は、フグ釣りでした。
仙人、K崎さん、K村さんという仲間も参加し、太東沖へ...
潮は今日も流れませんが、何故かフグの食気は最高です!
第一投目から当たりが出続け、皆さん好調でした。
しかし、中々手が合わず、餌がどんどん盗られてしまいます。
何と、餌を4パックも使いましたが、釣れたのは48尾で、恥ずかしい次第です。
越後師は定量達成し、「フグ開眼!」と騒いでいましたが、次回の釣行時には、
開眼していなかった事に気づくでしょう。 ワッハッハッ!

まあ、たまにはこんな良い釣りもあるという事です。

 

カマスのカットウ釣り

 投稿者:楽釣翁  投稿日:2017年 2月17日(金)20時24分52秒
  2/14(火)は、越後のオトーサンと茅ヶ崎港へカマス釣りに行ってきました。
カマスを狙っての釣行は今回が初めて、おまけに胴付のサビキ仕掛ではなく、何とまあ、
カットウ仕掛で釣る(掛ける)らしいです。
この釣法は、ここ2年程前から相模湾で流行り出したそうで、手が合うと60~70尾
という数が釣れるそうです。

とは言え、全くの初めての釣り方であり、まあ、今回は調査という事で参戦しました。
岸から程近い釣り場ですが、水深は200m以上あります。
船長に指示されたタナ(30m位の幅)を上から落としこんでいきます。掛からなければ、
今度はそれなりのスピードで巻き上げます(勿論、電動でっせ)。
これの繰り返しなんですが、オモリが150号という事もあり、立ちっぱなしでの釣りは
結構疲れますね。


カマス(アカカマス)の方は、ポツポツと掛ってきますが、仕掛の何かが合っていないん
でしょう、爆釣という感じではありませんでした。
でも、カマスが掛かると、ガクガクした当たりが出て、それなりに面白いですな。
でまあ、ギャンバッた越後師が15尾、手抜きの某が8尾で今回はオシマイとなりました。

仕掛や誘いの改善点もいくつか判ったので、次回は目標を20尾でやってみようかな...
 

久々のオニカサゴ釣行

 投稿者:宴会の釣師  投稿日:2017年 2月 5日(日)16時27分53秒
編集済
  2月4日(土)に無限さんとオニカサゴ退治に行って来ました。
今回は1ヶ月前からオニカサゴ船を出すと大宣伝した長福丸さんに乗ることにし、餌用のサバにも期待満々でいたところ、前日に長福丸の若女将から連絡があり、ナント、エンジンの調子が悪いので出られましぇーんと言う驚き&悲しい知らせがありました。仕方なく寒いのでこのまま釣行中止…とは当然ならず、即、力漁丸に切り替えました。どうやら他の長福丸予約者も同じ行動をとったらしく、力漁丸は時ならぬ長福丸特需のおかげでオニカサゴ船を二艘出すことになりました。
力漁丸では教育的指導が激しい親父船長が旧船を担当し、温厚な息子船長が大きい新船だったため、我々は迷わず息子船長にお世話になりました(^ ^)
am5:00に港を出た船は約1時間かけて最初の餌用サバのポイントに到着です。早速フラッシャーサビキを80m地点に下ろしたところ一発でサバ5尾が一荷で釣れてきました。ほとんどがゴマサバでしたが中には美味しそうな脂の乗った良型のマサバがあがり良いお土産になりました。
その後、サバ釣りは早々に切り上げ本命のオニカサゴポイントに移動し、鬼退治を開始しました。最初に私にズシリとしたアタリがあり最初のアタリということもあり持ち竿でゆっくり上げてみると5kg級の見事なツノザメくんでした。。期待して見ていた船長からは静かに「糸切れ」という的確なご指示をいただき、ただでさえ怖い目をしたツノザメくんはもっと怖い目をしながら海底に戻って行きました。
開始から1時間ほどした時、無限さんにキロ級のオニが上がりました。この日の潮の流れは緩慢でアタリも多くは出ませんでしたがその後私にキロ級が2尾、無限さんにも1尾と、ぽつぽつオケに赤色のトゲトゲくんが溜まって行きました。その後またまた良型のツノザメくんに体力を消耗させられた私は、次のアタリが来ても持ち竿の気力が失せ置き竿であげて来たところ、これが本日最大の1.5kgのオニくんでした。最後に私にキロ弱が来て本日の鬼退治は終了となりました。今回は久々の根魚でしたが誘いや合わせのタイミング等、このターゲットの魅力を再認識できました。帰宅してからは、夜は鬼の刺身、翌朝はあら汁に舌鼓を打ちました。今晩は出汁を効かしたしゃぶしゃぶでいただこうと思います。
みなさま、まだまだ寒い日が続きそうですが、是非、高級食材をゲットしにフィールドに繰り出しましょう!

http://

 

初釣り

 投稿者:楽釣翁  投稿日:2017年 1月21日(土)13時02分3秒
  少し遅くなってしまいましたが、19日が今年の初釣りでした。
越後のオトーサンと大原、孝栄丸に行ってきました。
初日はヒラメ狙いでしたが、最初にガンガン引きで釣れてきたのは、70センチ以上ある良型のサワラ君でした(釣れてくれたらと期待していましたので、嬉しい1尾でしたね)。
こりゃあ、今日はいいかもと思いましたが、某のイワシ君は、食べられるのが嫌なようで、ヒラメ君は齧るどころか舐めにも来てくれません。
反して、越後師は好調で、3枚ゲッチュしました...隣の船長と某の二人は、かすりもしないというのにねえ。
ヒラメはホンマに運でっせ...

越後師は午後船にも乗り、1つテンヤマダイで、小型ですが13枚も逮捕し、コバタも2尾釣ったようです(ホンマに元気で上手ですなあ)。

翌20日はフグでしたが、これまた激渋の日に当たってしまったようで、毎回アオヤギ餌が減らずに戻ってきます。
あまりの食いの悪さに、直ぐに飽きてしまい、毎度の置き竿でやっていましたが、置き竿釣法が効果的(?)だったようで、8尾も釣れちゃいました!
越後のオトーサンが5尾で、4人乗っての竿頭になっちゃいました...カナワンねえ。

次回は、必ずリベンジしなくちゃ!

1)まな板(60Cm幅)に乗せられたサワラ君
2)フグの途中経過(型はまあまあ)
 

レンタル掲示板
/42