teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:10/87 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

2010年今年の新栗 名古屋今井総本家

 投稿者:天津甘栗袋美術館 館長  投稿日:2010年12月 3日(金)07時54分52秒
  通報
  後輩が名古屋に行くというので、
大須の天津甘栗の老舗 今井総本家へ行って
天津甘栗を買ってきてもらうようにお願いし、
届けてもらいました。

ついでに今年の新栗の状況も聞いてもらいました。
後輩が尋ねたところ、わざわざ社長さんが
店頭まで出てきて頂き説明してくれたそうです。

 社長さん曰く今年の中国の天津甘栗用の新栗は
不作年で減産状況。
しかも中国の地方都市政府系の会社が
農民の所得向上のために
高値で買い取っているそうです。
品質は、栗の粒は大きいのですが、猛暑の影響か
水分が少なく甘みがとても強く、
実が固く感じられるとのことでした。

 早速、買ってきてくれた新栗を焼いた甘栗を食べてみました。
社長さんの言われたように少し固いように思いましたが、
甘みがとても強く味が濃縮されたように思いました。

袋には 新栗 のシールが貼られていました。

東京にも天津甘栗を売る店はあるのですが、
名古屋の老舗の天津甘栗が食べたくて
大須まで行ってもらいました。
ここ今井総本家の天津甘栗には、お手ふきと
栗のつめが付いてきます。
皆さんがよく、栗をむく道具と呼んでいる物です。

 栗のつめはこの今井総本家の社長さんが
考え出した物で実用新案と商標を取得されていますが、
既に中国の悪徳業者によって
模倣され日本にも輸出されています。
税関の検査で有毒物質が検出されたとかで
輸入禁止になったことがあります。

 
 
》記事一覧表示

新着順:10/87 《前のページ | 次のページ》
/87