teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


選句しました。

 投稿者:洋子  投稿日:2018年 3月27日(火)21時39分18秒
  ○とつとつと暗渠を辿り沈丁花
 暗渠同好会。

○暗算のあらら蛙の目借り時
 あらら。呑気感エレガント。

○春陰に暗記したものみな落とす
 誰か拾うかもね。

○翼去る巣箱に暗闇を残し
 空っぽの巣箱。

○「花吹雪でしたね」トしばらく号泣
  号泣は唐突です。

○号令を聞かぬペンギン春の雲
 挙動不審ペンギン。

○資料1 クビアカツヤカミキリ幼虫によるサクラ被害
 首が赤くてツヤツヤしてるカミキリムシの存在が可笑しい。

○春うれひ資料の隅のドラえもん
 つい落書き。

○野をゆけば紋白蝶の来る資質
 紋白蝶のこのみのタイプなんですね。

○つぎつぎと産声あがる春の産院
 なんか可笑しい。

○パンヂーがこつちを向いてゐる産院
 変な産院。

○三鬼忌の産声に歯のなかりけり
 死んでゆくときも歯がなかったり。

○産みたての卵と親と陽炎えり
 親が卵食べちゃったり。

○産休の先生に鷽鳴きにけり
 人懐っこい鷽。

○蜷の道転んで産気づいてをり
 あら。

○コーヒーメーカーの水のなくなる遅日かな
 遅日感ある。

○花の夜アルファベットのビスケット
 英字ビスケット今でもあるのかなぁ。

○兄弟の振りをしてゐる四月馬鹿
 やってれば。

○唐桃の花秒針のない時計
 なんだか針がないのがいいのかな。
 
 

選句しました

 投稿者:けんじ  投稿日:2018年 3月27日(火)21時20分29秒
編集済
  ◯てふてふの窓を飛び立つ暗殺史
唯一の目撃者は蝶、あるいは何かの化身。

◯暗号が土筆の下と言つてゐる
掘り返すとさらに謎の地図があります。

◯暗殺の計頓挫せり花吹雪
雪ならもちろん大成功。

◯号令の近づいて来る春満月
ある種の狂気。これから花見に行きます。

◯号令の飛び交ふ花見となりにけり
ちょっと迷惑。花見ぐらいゆっくりしましょうよ。

◯復号の秘密鍵ならつくしんぼ
公開鍵は桜かな。

◯資材課の花見ひつそり終はりけり
飲む人があまりいないとか。

◯車両部・資材部合同花見会
合同にしても盛り上がるとは限りませんが。

◯春うれひ資料の隅のドラえもん
子供新聞とか。

◯春の月京産大は山の上
確かに長いエスカレーターがあります。月まで届きそう。

◯身籠りし人が桜の下ゆけり
皆さんよけてあげてください。

◯揚ひばり地産地消のレストラン
高いけどうまい。でも農家もレストランもウィンウィン。

◯コーヒーメーカーの水のなくなる遅日かな
油断していると遅刻ですよ。

◯たましひのはなしなどして松のはな
信じるか信じないかは人それぞれ。

◯花の夜アルファベットのビスケット
単語になりそうでならないもどかしさ。

◯兄弟の振りをしてゐる四月馬鹿
姉弟を装う夫婦とかね。

◯紙で手を切って痛まぬ花の昼
あとでじわじわきます。結構痛い。

◯卒業に我在りと座すピアノかな
厳かに式が始まります。

◯夜桜の囁き身動きが取れぬ
人が多いからなのか、何かの呪いか。
 

今回

 投稿者:月犬  投稿日:2018年 3月27日(火)20時50分52秒
  投句者19名。集計手間取りますね。
できるだけ早く選句していただけるといいですね。
それぞれご都合おありでしょうけど、
よろしくお願いしますね。
 

選句です

 投稿者:由季  投稿日:2018年 3月27日(火)20時07分46秒
  ○暗がりを脱いだり着たり卯波かな
何やら怪しげですね。

○暗渠から暗渠へ春の雪しんしん
春の雪はしんしんかなぁ、と思いつつも暗渠で納得。

○暗幕をつま先覗き卒業期
こんなこともあったような気がします。

○桜餅の最も暗き箇所を食む
暗くて甘いところですね。

○春陰に暗記したものみな落とす
春陰には落とし穴が潜んでいるのです。

○すもも散る号泣のやう椅子がある
比喩の飛躍が面白い。

○花の昼テレビにコント55号
リアルタイムでは見ていなかった思いますが、何故かなつかしい。

○号令の飛び交ふ花見となりにけり
落ち着かない花見ですね。あんまり嬉しくないような・・。

○全員が号外を待つ飛花落花
シチュエーションの詳細は不明ですが、尋常ではない雰囲気。

○資源ごみ置き場へ桜吹雪かな
ゴミと言ってもきちんと整頓されていて。

○資材課の花見ひつそり終はりけり
控えめな方が多いのでしょうか。

○春うれひ資料の隅のドラえもん
手作り感満載。

○配られて使はぬ資料鳥雲に
あるあるですね。

○エンゼル・フィッシュ楽器のやうに産むらしい
不思議で少し怖い。

○花冷えや建替を待つ旧産院
重々しい建物なのでしょう。

○桜咲く世界遺産へ徒歩10分
世界遺産のありがたみがあまり感じられず可笑しい。

○花疲れフォークギターを掻き鳴らし
体は疲れていても、精神は高揚している。

○兄弟の振りをしてゐる四月馬鹿
四月馬鹿具合がちょうどよろしいかと思います。

○卒業に我在りと座すピアノかな
体育館のグランドピアノ。存在感ありますね。
 

選句しました。

 投稿者:京野さち  投稿日:2018年 3月27日(火)14時33分15秒
  〇暗がりを脱いだり着たり卯波かな
こういう視点は中々持てないですね。

〇暗算のあらら蛙の目借り時
そして目の前が真っ暗に……

〇春陰に暗記したものみな落とす
多分私は落とされる側。

〇春分の日や暗室の赤き影
妖しくも美しい。

〇夏みかん三号で終はる同人誌
去年の今頃に一号が出たんでしょうか。

〇花の昼テレビにコント55号
おそらく再放送でしょう。坂上二郎さんが亡くなられて7年になるのですね。

〇春暁の三号室からの悲鳴
春だというのに一体何が。

〇資源ごみ置き場へ桜吹雪かな
こんなところにも桜の彩りが。

〇資源ごみ名残の雪とともに捨つ
こうして捨てた資源ごみに桜吹雪が……

〇資産家の家の大きな桜かな
桜切るバカ梅切らぬバカ。この資産家は伊達に資産家やってない。

〇配られて使はぬ資料鳥雲に
あの資料もこの資料も……

〇融資なら染井吉野が散る頃に
話しているのは銀行員と……?

〇国産にこだはつてゐる木ノ芽和
そう言われれば。

〇産婦いま桜吹雪を噴き出して
お目出度さと滑稽味、そして季節感。

〇春の月京産大は山の上
「京産大」を持ってきましたか。あそこはむしろ「坂の上」って感じですが。

〇蜷の道転んで産気づいてをり
こんな時に男にできる事は、多分ない。

〇卒業の朝の口笛なのである
下五でズッコケ。

〇夜桜の囁き身動きが取れぬ
金縛りですか。

〇落第の記念号外縮刷版
そんなのを作ってる or 読んでる暇があったら……
 

選句しました。

 投稿者:あんこ  投稿日:2018年 3月26日(月)21時50分9秒
  ○暗算のあらら蛙の目借り時
しらべがいいし、楽しい。

○耳奥の暗がりほどの桜冷え
ちょっと恐いような柔らかさもある冷え。

○すもも散る号泣のやう椅子がある
わかるようなわからないよう。でも、孤独な感じがよかった。

○号令を聞かぬペンギン春の雲
それぞれ違うところ見てるんでしょうかね。春の雲がよい。

○資産家の家の大きな桜かな
家もデカくて桜もデカい。さぞかし豪奢な桜なんでしょなあ。

○資生堂パーラーへ消ゆ花衣
ここまでオシャレな取り合わせだとスマート。

○春うれひ資料の隅のドラえもん
落書きかな。ちょっと歪んだ笑顔がキュート。

○配られて使はぬ資料鳥雲に
資料ってそんな存在ですよね。

○朧夜や施錠されたる資料室
全体的に閉じたイメージが好き。

○パンヂーがこつちを向いてゐる産院
なんだかパンヂーが出産を待っているみたい。
元気な赤ちゃんの声が聞こえそう。

○花冷えや建替を待つ旧産院
古い産院が見えます。確かに花冷えで。

○コーヒーメーカーの水のなくなる遅日かな
珈琲ができたんですね。のどかな春の時間。

○花守のヘ音記号のやうな顔
ヘ音記号のやうな顔が好きです。

○兄弟の振りをしてゐる四月馬鹿
四月馬鹿が振りとややついている感じもしますが、
そんな関係が面白い感じがします。

○紙で手を切って痛まぬ花の昼
結構痛い時もありますが、この時はそうだったんでしょうね。
それとも花の昼で幻だったんでしょうか。なんだか不思議な句です。

○卒業の朝の口笛なのである
この持って回った言い方がいかにも卒業って感じで、頂いてしまいます。

○唐桃の花秒針のない時計
時がどこかへいってしまったかのよう。

○同じ曲また繰り返し花疲れ
人間だけでなく花も疲れているかのよう。

○夜桜の囁き身動きが取れぬ
夜桜の白さって結構怖いですよね。
 

選句しました

 投稿者:月犬  投稿日:2018年 3月25日(日)23時47分1秒
  ◯てふてふの窓を飛び立つ暗殺史
 蝶の明るさと暗殺の暗さの対比がいいですね。

◯暗殺の計頓挫せり花吹雪
 頓挫しましたか。まあそれはそれでよかったかと。暗殺と花吹雪そして頓挫が鈴木清順的ですね。

◯暗算のあらら蛙の目借り時
 あららが効いてます。

◯耳奥の暗がりほどの桜冷え
 耳の奥はとても暗いです。一昨年耳の奥の手術しました。医者が暗くてねえと言ってました:笑

◯大川を暗くしてゐる桜かな
 すぐ側の神田川もそうです。桜が明るいだけに川は暗くなりますね。

◯夏みかん三号で終はる同人誌
 三号まで出たならいいんじゃないですか。酸っぱい青春:笑

◯号令の近づいて来る春満月
 はい、この国はそろそろ戦争の準備に入ってますね、号令聞こえてきそうです。

◯号令を聞かぬペンギン春の雲
 はい、号令なんて聞いてはだめです。立派なペンギンだと思います。

◯資源ごみ置き場へ桜吹雪かな
 いつも本当に資源になってるのかなあと思いながら分別しています。

◯資料1 クビアカツヤカミキリ幼虫によるサクラ被害
 まったく!すごい句が登場したものですね。大好きです、この句。ただ一回だけね:笑

◯産直の幟はためく花曇
 近所の地産マルシェにも幟ありますが、これは産地直売なのでしょうね。

◯産婦いま桜吹雪を噴き出して
 おお、いきんで桜吹雪を噴き出しましたか!子供の名前は桜子、桜男?

◯春の月京産大は山の上
 そうなんですか、九産大はたしか平地にあったような。

◯蜷の道転んで産気づいてをり
 蜷の道ってふしぎな季語ですね。

◯霾れる産業道路猛進す
 なんだか、荒れていますね。メル・ギブソンが運転していそう。

◯コーヒーメーカーの水のなくなる遅日かな
 長いなあ、それが遅日感を見事に表現しているのか。うまい。

◯兄弟の振りをしてゐる四月馬鹿
 子どもの漫才でしょうか、馬鹿ですね:笑

◯紙で手を切って痛まぬ花の昼
 痛いと思うけど、痛くないわけですか、花の昼なら、可笑しい:笑

◯夜桜の囁き身動きが取れぬ
 ああ、たしかに身動き取れないっすね。よくわかります。
 

選句しました。

 投稿者:裕美  投稿日:2018年 3月25日(日)21時27分16秒
  ゆかりさん、お大事に!

○暗号が土筆の下と言つてゐる
わくわくします。

○暗殺の計頓挫せり花吹雪
史記列伝。

○暗算のあらら蛙の目借り時
できてないのだろうな。

○春陰に暗記したものみな落とす
大変です。テスト大丈夫かな。

○2号車の13のE春の海
旅の気分が感じられます。海にはテンション上がります。

○夏みかん三号で終はる同人誌
驚きなんですが、学生の頃先輩たちが作ってた同人誌が本当に『なつみかん』で、本当に3号で終わってたんです。

○号令を聞かぬペンギン春の雲
みんなでお尻ふりふり、ばらばらに。

○春暁の三号室からの悲鳴
事件の予感! それとも虫とかだったりして。

○嗚咽して号泣きみは雪解水か
こらえられなくなった。

○資材課の花見ひつそり終はりけり
おとなしい方の多い課なのでしょうか。

○資料1 クビアカツヤカミキリ幼虫によるサクラ被害
面白いー。でも桜が心配。

○春うれひ資料の隅のドラえもん
上の空ですね。

○エンゼル・フィッシュ楽器のやうに産むらしい
見たいなあ。

○三鬼忌の産声に歯のなかりけり
あかちゃん。

○蛇穴を出づとは土の蛇を産む
逆転の発想。

○揚ひばり地産地消のレストラン
野菜が多くて、こういうところで食べると気持ちが健康になる気がする。

○さえづりを溺れるやうに眠るかな
かえって心地良い音になる。

○花守のヘ音記号のやうな顔
なんとなくわかる。

○蜃気楼高層ビルも神殿も
パルテノン神殿を思い浮かべました。
 

選句しました。

 投稿者:百花  投稿日:2018年 3月25日(日)16時17分7秒
編集済
  ★ゆかりさん、ファイルよろしく。


○暗号が土筆の下と言つてゐる
 本気にしたりして。

○暗幕をつま先覗き卒業期
 小学校ね。

○春陰に暗記したものみな落とす
 夏は炎天に、秋は凩に、冬は凍土に。人生はつらいなあ。

○葉は少し暗き塩味桜餅
 暗きが苦みに通じます。

○翼去る巣箱に暗闇を残し
 おしゃれ。

○夏みかん三号で終はる同人誌
 新しい句会も三回目以降あたりが赤字に。乗り越えてね。

○号令を聞かぬペンギン春の雲
 根性があってよろしい。

○資源ごみ置き場へ桜吹雪かな
 最後のご奉公を。

○資産家の家の大きな桜かな
 枝を掃ったことの無い桜かしら。

○エンゼル・フィッシュ楽器のやうに産むらしい
 映像ほしい。

○国産にこだはつてゐる木ノ芽和
 醤油・酒・味噌・砂糖・木の芽&奥さん。

○桜咲く世界遺産へ徒歩10分
 日本ならどこでも必ず。

○産土の水の匂ひや風光る
 産土。水。風。光。しあわせ。

○揚ひばり地産地消のレストラン
 窓からの景色が見えるよう。

○蜷の道転んで産気づいてをり
 ありそうでこわい。

○さえづりを溺れるやうに眠るかな
 眠ってみたい。

○みなしごを集めるやうに花筏
 はなびらが慰め合っているみたい。

○水引の綺麗な張りも花の昼
 清楚で美しい。

○卒業の朝の口笛なのである
 意気揚々として。
 

選句しました

 投稿者:らくだ  投稿日:2018年 3月25日(日)15時39分3秒
  ◯暗号が土筆の下と言つてゐる
 かわいらしい宝探しゲームのよう。こういう場合暗号の答えと隠されたものより暗号そのものが楽しかったりする。

◯春陰に暗記したものみな落とす
 うーん、春陰、ということは、不合格だったのかな。さて、浪人するのか諦めるのか。

◯翼去る巣箱に暗闇を残し
 「翼去る」がかっこいい。たしかに、巣箱の中は暗闇だ。

◯号令を聞かぬペンギン春の雲
 水族館のペンギンショーの最後尾。そっぽ向いてもかわいい。

◯春の闇大きく低く呼ぶ屋号
 大向う。塩梅を心得ている。

◯資材課の花見ひつそり終はりけり
 資材課は、名前以外も質実剛健なんでしょうか。

◯蛇穴を出づ六桁の軍資金
 一人暮らしの軍資金ということなんでしょうが、なんだか、蛇が唐草模様の風呂敷にお金を包んで首に結わえている図が浮かんでしまい、可笑しくなりました。

◯配られて使はぬ資料鳥雲に
 そして、この資料を作らされる方は、結構な時間を費やしているんですよね。

◯野をゆけば紋白蝶の来る資質
 いいなぁ。野原と紋白蝶限定でしょうかね?多摩動物公園の昆虫館でいろんな蝶にたかられたりしたら、うらやましいなぁ。

◯朧夜や施錠されたる資料室
 朧夜だと、入れないはずの資料室に妖しいなにかがいるかもしれない。

◯国産にこだはつてゐる木ノ芽和
 そうですね、木の芽和えの素材が外国産じゃありがたみが減ります^^;

◯産みたての卵と親と陽炎えり
 鶏も産みたて卵も生暖かくて、そんな感じ。

◯さえづりを溺れるやうに眠るかな
 春の眠りはあらがえない。「溺れるように」上手い言い方。

◯たましひのはなしなどして松のはな
 渋い。常緑の松にも花が咲く時期はあるわけで。そしてたましい。ひらがな表記が上手いと思う。

◯花守のヘ音記号のやうな顔
 へのへのもへじよりはデコで、あごが細いのか?顔の表現としてヘ音記号は意外でおもしろい。しかも花守。

◯卒業に我在りと座すピアノかな
 何度も何度も卒業式を見守ってきたピアノ。たぶんヤマハかカワイ。

◯同じ曲また繰り返し花疲れ
 さくら祭りかなにかで、大きな音で流れているのか。あるいは花見客のカラオケか。どっちにしても疲れる。

◯夜桜の囁き身動きが取れぬ
 むむ、色っぽいお誘いだったのか。それとも、桜の精の金縛りか。

◯卵白の固く泡立つまで霞む
 うーむ、なんだか、絶対にメレンゲが出来上がらないイメージ。泡立てているうちに自分も霞の中に溶けていくみたい。
 

選句です。

 投稿者:なむ。  投稿日:2018年 3月25日(日)13時42分14秒
編集済
  ◎みほとりのだんだん暗く落椿
この境涯はいい。

◎暗渠から暗渠へ春の雪しんしん
地中が見えるようです。

◎暗幕をつま先覗き卒業期
そんなこともあったような気がします。

◎春陰に暗記したものみな落とす
ありゃりゃ、たいへん。

◎春分の日や暗室の赤き影
ああセーフライトね、巧い。

◎翼去る巣箱に暗闇を残し
翼去る、が巧い。

◎100号のキャンバスに落つ白椿
二科展用。

◎2号車の13のE春の海
席を探すあいだも車窓には海。日本海側な感じ。

◎号令を聞かぬペンギン春の雲
列なして勝手な方向へ移動。

◎花衣ぬいで鐘紡資生堂
脱いだら肌と化粧品だけ、エロティック。

◎資材課の花見ひつそり終はりけり
そうかも。

◎資料1 クビアカツヤカミキリ幼虫によるサクラ被害
オモロイ、ワロタ。

◎朧夜や施錠されたる資料室
普段、鍵なんか掛けてないのに、用のあるときだけ施錠してある。まったく、もう。

◎三鬼忌の産声に歯のなかりけり
最後の早生まれ。

◎産直の幟はためく花曇
見た気する。

◎さえづりを溺れるやうに眠るかな
ふむ、溺眠という新語。いや溺睡か。

◎みなしごを集めるやうに花筏
うん、これは俳句だ。

◎花の夜アルファベットのビスケット
英字ビスケット、懐かしい。

◎卒業に我在りと座すピアノかな
この人を知っています。
 

選句

 投稿者:朝比古  投稿日:2018年 3月25日(日)12時59分16秒
  ☆とつとつと暗渠を辿り沈丁花
 とつとつに暗渠らしさ横溢。

☆暗号が土筆の下と言つてゐる
 宝探し。

☆桜餅の最も暗き箇所を食む
 あそこかぁ。

☆2号車の13のE春の海
 東海道・山陽新幹線だとE席は海は見えないんだよなぁ。

☆夏みかん三号で終はる同人誌
 ふむ。そういうものかも。

☆号令の飛び交ふ花見となりにけり
 この花見、来年は参加しないな。

☆資材課の花見ひつそり終はりけり
 立つ鳥あとを濁さず。

☆春うれひ資料の隅のドラえもん
 大山のぶよさん時代。

☆配られて使はぬ資料鳥雲に
 こういうところから経費節減を。

☆野をゆけば紋白蝶の来る資質
 資質、新鮮な措辞。

☆エンゼル・フィッシュ楽器のやうに産むらしい
 こう詠われるとそう思えてくる不思議。

☆国産にこだはつてゐる木ノ芽和
 そこは拘って正解。

☆桜咲く世界遺産へ徒歩10分
 徒歩10分と書くだけでやけに俗っぽくなる。

☆揚ひばり地産地消のレストラン
 最近流行りの。味はピンきり。

☆蜷の道転んで産気づいてをり
 はやく病院へ。

☆霾れる産業道路猛進す
 京急大師線の駅を出ると、猛然と走り去るダンプ達を日がな眺めていることができる。

☆コーヒーメーカーの水のなくなる遅日かな
 すぐに足そう。

☆花守のヘ音記号のやうな顔
 ヘ音記号が解らないけれど、そういうことなのだろう。

☆卒業の朝の口笛なのである
 卒業しても自由なんてないんだけど。
 

暗号資産句会・投句一覧

 投稿者:ゆかり  投稿日:2018年 3月25日(日)11時33分26秒
  投句一覧です。
遅くなりまして申し訳ありません。
ひどい春の風邪を弾いてしまいました。

【暗】
てふてふの窓を飛び立つ暗殺史
とつとつと暗渠を辿り沈丁花
みほとりのだんだん暗く落椿
暗がりを脱いだり着たり卯波かな
暗闇に伸べし手足かきらん草
暗渠から暗渠へ春の雪しんしん
暗号が土筆の下と言つてゐる
暗殺の計頓挫せり花吹雪
暗算のあらら蛙の目借り時
暗箱を凝視す卒業生一同
暗幕をつま先覗き卒業期
牛蛙鳴いて天地の暗転す
桜餅の最も暗き箇所を食む
耳奥の暗がりほどの桜冷え
春陰に暗記したものみな落とす
春分の日や暗室の赤き影
大川を暗くしてゐる桜かな
葉は少し暗き塩味桜餅
翼去る巣箱に暗闇を残し

【号】
「花吹雪でしたね」トしばらく号泣
100号のキャンバスに落つ白椿
2号車の13のE春の海
すもも散る号泣のやう椅子がある
夏みかん三号で終はる同人誌
花の昼テレビにコント55号
号泣のあとの晴ればれ春の星
号泣のあとの静寂桜餅
号令の近づいて来る春満月
号令の飛び交ふ花見となりにけり
号令を聞かぬペンギン春の雲
十号の指輪や春の三越にて
春の闇大きく低く呼ぶ屋号
春暁の三号室からの悲鳴
全員が号外を待つ飛花落花
鷹鳩やこだま650号
鳥雲つぎの年号なんだろう
復号の秘密鍵ならつくしんぼ
嗚咽して号泣きみは雪解水か

【資】
しづけさや復活祭の資生堂
花衣ぬいで鐘紡資生堂
球根を植う脈々と資本主義
金魚買ふこのごろ資生堂パーラー
桜さくら資源大国ニッポンよ
山裾の遊糸や水資源の村
資源ごみ置き場へ桜吹雪かな
資源ごみ名残の雪とともに捨つ
資材課の花見ひつそり終はりけり
資産家の家の大きな桜かな
資生堂パーラーへ消ゆ花衣
資料1 クビアカツヤカミキリ幼虫によるサクラ被害
車両部・資材部合同花見会
蛇穴を出づ六桁の軍資金
春うれひ資料の隅のドラえもん
配られて使はぬ資料鳥雲に
野をゆけば紋白蝶の来る資質
融資なら染井吉野が散る頃に
朧夜や施錠されたる資料室

【産】
エンゼル・フィッシュ楽器のやうに産むらしい
つぎつぎと産声あがる春の産院
パンヂーがこつちを向いてゐる産院
花冷えや建替を待つ旧産院
国産にこだはつてゐる木ノ芽和
桜咲く世界遺産へ徒歩10分
三鬼忌の産声に歯のなかりけり
産みたての卵と親と陽炎えり
産休の先生に鷽鳴きにけり
産直の幟はためく花曇
産土の水の匂ひや風光る
産婦いま桜吹雪を噴き出して
蛇穴を出づとは土の蛇を産む
春の月京産大は山の上
身籠りし人が桜の下ゆけり
爺婆の背や産院の春炬燵
揚ひばり地産地消のレストラン
蜷の道転んで産気づいてをり
霾れる産業道路猛進す

【当季雑詠】
おんどりを焦らすめんどり山笑う
コーヒーメーカーの水のなくなる遅日かな
ここからが河岸段丘花あまた
さえづりを溺れるやうに眠るかな
たましひのはなしなどして松のはな
みなしごを集めるやうに花筏
花の夜アルファベットのビスケット
花三分ノートに我名書き足せる
花守のヘ音記号のやうな顔
花疲れフォークギターを掻き鳴らし
兄弟の振りをしてゐる四月馬鹿
月日貝師恩の海にさす光
紙で手を切って痛まぬ花の昼
水引の綺麗な張りも花の昼
卒業に我在りと座すピアノかな
卒業の朝の口笛なのである
唐桃の花秒針のない時計
同じ曲また繰り返し花疲れ
夜桜の囁き身動きが取れぬ
落第の記念号外縮刷版
卵白の固く泡立つまで霞む
蜃気楼高層ビルも神殿も

(以上)

19句選(特選、逆選なし)
選句締切:3月28日(水)23時(JST)

投稿先:みしみし第二
http://6911.teacup.com/3434/bbs
(返信とかスレッドとか難しいことを考えないで、そのまま書き込んで下さい。)

題に関わらず全体から選句数分選句にてお願い致します。
★整理の都合上、句の順番はそのままにして下さい。
(人力で集計しているので、順番を変えられると大変なんです!)

ではよろしくお願い致します。
 

暗号資産句会・ご案内

 投稿者:ゆかり  投稿日:2018年 3月21日(水)21時49分58秒
   出題します。

【暗】
【号】
【資】
【産】
【当季雑詠】(何句でも。無季可。他季不可)

投句締切:3月24日(土)24:00(JST)
投句宛先:掲示板http://6911.teacup.com/3434/bbs
     下の方の「管理者へメール」からお願いします。

★整理の都合上、俳句の行には俳句以外の題とか記号とか俳号とか本名とかを
 書かないで下さい。
 また、空白行や題の行を置かず出題順に左詰で列挙願います。
 メールアドレスだけだとどなたか分らないので、★タイトルに俳号とか本名とか
お書き添えください。

この句会は互選です。投句のみ、選句のみの参加はご遠慮下さい。

 よろしくどうぞ。

 

山坂達者句会・作者発表です。

 投稿者:百花  投稿日:2018年 3月21日(水)21時30分7秒
  山坂達者句会・作者発表です。
間違いありましたらご連絡ください。
早めの選句のご協力、ありがとうございました。


夕東風や山に可愛い七つの子     なむ
花虻の坂ぽこぽこと墓苑まで     なむ   月火海
上達を目指さぬ囲碁部春火鉢     なむ   ら裕ぽ亜
春炬燵曲者ぶつた俳人と       なむ   ゆ百由海
土の春ひかりと仔犬くるくるす    なむ   ゆ月亜

うららかや指で登りし地図の山    裕美   むゆ月由火ぽ海亜哲
坂道を花屑もつれ合ひながら     裕美   朝百由亜哲
同じ絵を踏み友達のやうな人     裕美   ゆら百由火哲
幸福者のみ着用可春の服       裕美   ら月由海
ぬいぐるみ足から干して囀れり    裕美   むら火ぽ洋哲

蛇穴を出るとき山はくすぐったい   ぽぽな  ゆ裕百由火
坂上る心拍数に木の芽風       ぽぽな
友達と蝶と友達と蝶と        ぽぽな  月火
参加者に風船わたす係かな      ぽぽな  朝ゆ裕百由火洋亜
永き日の岩にゴリラとゴリラの子   ぽぽな  朝月火洋海亜

山本が来て大荒れの花見かな     月犬   朝ゆら裕由火洋海
花の坂登れば海の見える街      月犬   朝亜哲
春の虹死ねばやさしい男達      月犬   朝む百由哲
そつぽ向く易者がふたり花の下    月犬   む海
春眠に来て米を研ぐ女かな      月犬   ら百由ぽ洋

ふらここに山田太郎を座らせる    らくだ  朝洋海哲
赤坂に九丁目あり暮れかぬる     らくだ  むゆ洋
切手にもたんぽぽ咲いて速達来    らくだ  むゆ百ぽ亜
春雨やいつもの角に易者居り     らくだ  月ぽ
風光る土手でドラマのロケーション  らくだ  百

針山を母の髪出づ春の暮       朝比古  むゆらぽ
梅の香のゆるゆる坂を上りきし    朝比古
速達の行き交つてゐる卒業期     朝比古
春宵のご飯を食うてゐる指揮者    朝比古  月海哲
花の夜の厨の卓に拡大鏡       朝比古  ぽ

山あれば川が気になる草の餅     海太   月火
大坂志郎大坂なおみ蝉丸忌      海太   洋
ホモだちの友達雁の別れかな     海太   洋哲
蛇穴を出るに出られぬ小心者     海太   月
元気ですおたまじゃくしの尻尾ほど  海太   朝むゆ裕亜哲

山笑ふすぐ踊る癖をやめたい     洋子   朝ら火哲
脳裏には松坂牛をみどりの日     洋子   海哲
友達の深爪ゴールデンウイーク    洋子
すもも咲き庭師の役者ゐなくなる   洋子
ねこやなぎ呪文のやうにほぐれだす  洋子

空といふ明るき鏡山笑ふ       百花   哲
薔薇の芽や田園調布の坂あるく    百花   海
トモダチが友達になり卒業す     百花
卓上に置いて貧者の春灯       百花   ら月洋
岩塩の産地カタカナ鳥曇       百花   む火ぽ洋

山手線一周すれば桜咲く       亜紀   海
遅き日の坂本君と漫画本       亜紀   洋海
達人の名言集やしやぼん玉      亜紀   ぽ
偽善者となるやならずや山笑ふ    亜紀
八十八夜ポテトチップの袋開け    亜紀
石鹸の泡のつんつん木の芽風     亜紀
二段目の抽斗にあり春の星      亜紀
ヴァセリンをすり込む春の夜の習ひ  亜紀   裕月

山岳ガイド年齢不詳風光る      由季   む
初音聞く坂の途中で二度目聞く    由季   むらぽ
花辛夷嘉門達夫が町に来る      由季   朝
春光の部外者として競り市に     由季   裕ぽ
春愁バケツいつぱい貝の殻      由季   朝百亜
花蘇枋四方から鳴るクラクション   由季   亜

山笑ふ口内炎に舌の触る       哲哉   亜
坂おほき街を柳のたなびきぬ     哲哉
達人となるまで石鹸玉を割る     哲哉   ゆ裕由
主催者はこびと春の夜のままごと   哲哉   裕
春三日月とは瞳孔の縮む音      哲哉   ら

代々の蝶休みたる山の門       火尖   ゆら裕百由
白藤や水伸びてくる坂の駅      火尖
速達の包冷たし夜半の春       火尖   む裕洋亜
大忍者図鑑の中の花吹雪       火尖   むゆ裕月ぽ
割れし声に何度も混ざり芽吹く如し  火尖

たくさんの色を用ゐて山笑ふ     ゆかり  朝裕由
昨日よりなだらかにして春の坂    ゆかり  ら百
上達の感じられない蜷の道      ゆかり  月
お主とか拙者とか云ひ卒業す     ゆかり  朝裕百由火ぽ洋海亜
春風やユンボを横に地鎮祭      ゆかり  朝むら百火哲
 

選句です。

 投稿者:哲哉  投稿日:2018年 3月21日(水)19時48分35秒
  ◯うららかや指で登りし地図の山
ああ、今あの地図で見てたあの辺だ!という感じ。

◯ふらここに山田太郎を座らせる
記入例で見がちな人。


◯空といふ明るき鏡山笑ふ
底抜けに明るい春の空。


◯山笑ふすぐ踊る癖をやめたい
僕ですね。やめられないです。

◯花の坂登れば海の見える街
花の坂、が良きですね。視界が広がります。

◯坂道を花屑もつれ合ひながら
こちらは、花屑をよく見ています。

◯脳裏には松坂牛をみどりの日
色の対比が鮮やか。今夜はステーキだ。

◯ホモだちの友達雁の別れかな
じわじわきます。

◯春の虹死ねばやさしい男達
遺産目当てか、最低。

◯同じ絵を踏み友達のやうな人
この二人、隠れクリスチャンだったりして。

◯春宵のご飯を食うてゐる指揮者
指揮者だって腹は減る。

◯ぬいぐるみ足から干して囀れり
プーさん。

◯元気ですおたまじゃくしの尻尾ほど
いつかなくなりますね。

◯春風やユンボを横に地鎮祭
文明を感じます。
 

選句です

 投稿者:亜紀  投稿日:2018年 3月21日(水)15時50分52秒
  ○うららかや指で登りし地図の山
まずは地図上で予行演習。

○山笑ふ口内炎に舌の触る
芽吹き時、気になりますね。

○花の坂登れば海の見える街
花の坂を下り海岸線歩く。

○坂道を花屑もつれ合ひながら
風に散った花屑が舞う様が見えます。

○上達を目指さぬ囲碁部春火鉢
ひたすら楽しむ部活です。

○切手にもたんぽぽ咲いて速達来
速達を開封するのが待ち遠しい。

○速達の包冷たし夜半の春
夜半の春のひんやり感が伝わる。

○お主とか拙者とか云ひ卒業す
ふざけ合う仲間とのかけがえのない時間。

○参加者に風船わたす係かな
とりどりの色が会場に広がって。

○永き日の岩にゴリラとゴリラの子
だんだんゴリラとゴリラの子が岩と同化していくように。

○花蘇枋四方から鳴るクラクション
四方からとはまた姦しい。

○元気ですおたまじゃくしの尻尾ほど
元気ハツラツです!

○春愁バケツいつぱい貝の殻
あっけらかんと貝塚に。

○土の春ひかりと仔犬くるくるす
光と遊ぶ仔犬が可愛い。
 

選句

 投稿者:海太  投稿日:2018年 3月21日(水)10時23分7秒
  ◯うららかや指で登りし地図の山
山本リンダ。

◯ふらここに山田太郎を座らせる
五月みどり。

◯山手線一周すれば桜咲く
三遊亭歌奴

◯山本が来て大荒れの花見かな
山本長五郎。

◯花虻の坂ぽこぽこと墓苑まで
せんちゃん+小野まじめ。

◯遅き日の坂本君と漫画本
佐野菜見。

◯脳裏には松坂牛をみどりの日
大輔vs五月+小松+畠山+伊藤+田代+五嶋

◯薔薇の芽や田園調布の坂あるく
星セント・ルイス。

◯お主とか拙者とか云ひ卒業す
高橋英樹。

◯そつぽ向く易者がふたり花の下
易断vs忠夫。

◯幸福者のみ着用可春の服
宮沢りえ。

◯春宵のご飯を食うてゐる指揮者
羽田健太郎。

◯春炬燵曲者ぶつた俳人と
山頭火vs放哉。

◯永き日の岩にゴリラとゴリラの子
原西孝幸+ゴリラの子。
 

選句しました。

 投稿者:洋子  投稿日:2018年 3月21日(水)09時41分0秒
  ○ふらここに山田太郎を座らせる
 あの新聞配達の少年かしら。

○山本が来て大荒れの花見かな
 あの山本さんですね。

○赤坂に九丁目あり暮れかぬる
 九丁目って赤坂っぽい。

○大坂志郎大坂なおみ蝉丸忌
 蝉丸さん坊主めくりでも活躍。

○遅き日の坂本君と漫画本
 坂本くん今どうしてるかな随分会ってないなぁ。

○ホモだちの友達雁の別れかな
 とっぽい。

○速達の包冷たし夜半の春
 気になる包み。

○お主とか拙者とか云ひ卒業す
 チャンバラ少年でしょうか。

○参加者に風船わたす係かな
 この人きっとニコリともしません。

○卓上に置いて貧者の春灯
 なんだか渋いですね。

○ぬいぐるみ足から干して囀れり
 でも目はぱっちり。

○永き日の岩にゴリラとゴリラの子
 こないだ多摩動物園でじゃれあってた。

○岩塩の産地カタカナ鳥曇
 確かに岩塩ってカタカナ。カタカナ。

○春眠に来て米を研ぐ女かな
 ちょっと怖い。なんだなんだ。
 

選句です

 投稿者:ぽぽな  投稿日:2018年 3月21日(水)07時16分3秒
  ○うららかや指で登りし地図の山
週末の登山の相談かもしれませんね。良いお天気になりますよ。

○針山を母の髪出づ春の暮
母の存在はいたるところにありますね。母恋句として題材が新鮮でした。

○初音聞く坂の途中で二度目聞く
いいですねー。

○上達を目指さぬ囲碁部春火鉢
このゆるさがいいです。一生の友として心地よく。

○切手にもたんぽぽ咲いて速達来
「も」で春になりましたね。あの切手ですね。

○達人の名言集やしやぼん玉
言葉に励まされることあります。しゃぼん玉も程よく上向きでいいですね。

○お主とか拙者とか云ひ卒業す
これは楽しい。時代劇好きなダチ。

○春雨やいつもの角に易者居り
雰囲気あります。

○春光の部外者として競り市に
築地に行った時こんな気持ちでした。

○大忍者図鑑の中の花吹雪
本当にあるかどうかわかりませんが目に浮かぶようです。

○ぬいぐるみ足から干して囀れり
耳が垂れます。

○花の夜の厨の卓に拡大鏡
作り方を見るのに必須!

○岩塩の産地カタカナ鳥曇
産地は外国。日本にはないのかな。

○春眠に来て米を研ぐ女かな
いろいろ想像できて面白いですね。

ありがとうございました。

http://www.facebook.com/PoponaTsukino

 

選句しました

 投稿者:火尖  投稿日:2018年 3月21日(水)06時56分34秒
  ○うららかや指で登りし地図の山
うららかの音に引かれてなだらかな印象の山を想像。

○山あれば川が気になる草の餅
気持ちがふいっと川の方へ

○山笑ふすぐ踊る癖をやめたい
多分無理。句からして踊りだしてる

○山本が来て大荒れの花見かな
山本でありつつも特定の個人ではなく、他者的な何かを提示する作りになっている。その無味無臭な「山本」に性格と動きをつける大荒れの花見のうまさ。

○蛇穴を出るとき山はくすぐったい
山としての肉体感覚

○花虻の坂ぽこぽこと墓苑まで
暢気で気怠い

○同じ絵を踏み友達のやうな人
曖昧に続く関係

○友達と蝶と友達と蝶と
混じりっけなしの戯れ

○お主とか拙者とか云ひ卒業す
お主は得難い友であった…

○参加者に風船わたす係かな
親近感

○ぬいぐるみ足から干して囀れり
上五中七下五それぞれ違った表情を見せながら連動し揺さぶってくる

○永き日の岩にゴリラとゴリラの子
この句は私にはできない位置からゴリラを見てると思う。

○岩塩の産地カタカナ鳥曇
なんとなく硬そうな地名。

○春風やユンボを横に地鎮祭
ユンボも春風も大っきくていいねえ。
 

選句です

 投稿者:由季  投稿日:2018年 3月20日(火)20時18分39秒
  ○うららかや指で登りし地図の山
これは楽ですね。うららか。

○たくさんの色を用ゐて山笑ふ
淡色がたくさん使われています。

○山本が来て大荒れの花見かな
こういう山本さんはいそう。

○蛇穴を出るとき山はくすぐったい
くすぐったいから笑うのか。

○代々の蝶休みたる山の門
代々の、という捉えかたが面白いです。

○坂道を花屑もつれ合ひながら
一週間後の景。

○春の虹死ねばやさしい男達
男に限らず。

○達人となるまで石鹸玉を割る
カンフーのポーズで。

○同じ絵を踏み友達のやうな人
なんだか微妙な関係ですね。

○お主とか拙者とか云ひ卒業す
今でもこんなオタクの子いるのかな。

○幸福者のみ着用可春の服
ぎこちない言い方がほんのり可笑しい。

○参加者に風船わたす係かな
子供の参加者が多いイベント。

○春炬燵曲者ぶつた俳人と
セルフプロデュースの時代ですから。

○春眠に来て米を研ぐ女かな
願望か、ストーカーか。
 

選句しました

 投稿者:月犬  投稿日:2018年 3月19日(月)12時42分10秒
  ◯うららかや指で登りし地図の山
 地図だけを見ていた山にやっと行けたのね。よかった。

◯山あれば川が気になる草の餅
 渓流とか滝とか、たしかに気になります。

◯花虻の坂ぽこぽこと墓苑まで
 ぽこぽこがいいですね。

◯上達の感じられない蜷の道
 修行がたりぬな。

◯友達と蝶と友達と蝶と
 念仏でしょうか。

◯幸福者のみ着用可春の服
 そんな服あるんですか。私はダメね。

◯蛇穴を出るに出られぬ小心者
 しっかりしろよ、まったく。

◯春雨やいつもの角に易者居り
 う~む、なんで春雨なのかなあ。

◯春宵のご飯を食うてゐる指揮者
 指揮者だってご飯たべます。

◯大忍者図鑑の中の花吹雪
 大をもってきたところがグー。子ども相手のおおげさなタイトル、花吹雪もよいね。

◯卓上に置いて貧者の春灯
 ああ、私の春の灯。

◯ヴァセリンをすり込む春の夜の習ひ
 怪しいなあ:笑。レナード・コーエンの歌思い出した。

◯永き日の岩にゴリラとゴリラの子
 パンダの子じゃないところがいいです。

◯土の春ひかりと仔犬くるくるす
 くるくるします。
 

選句しました

 投稿者:百花  投稿日:2018年 3月18日(日)22時54分13秒
  ★ゆかりさん、ファイルよろしく。

○蛇穴を出るとき山はくすぐったい
 土竜が出る時も。

○代々の蝶休みたる山の門
 寺に古くからある木に代々卵を産み付けて。同じ木から代々同じ模様の蝶が生まれる。

○坂道を花屑もつれ合ひながら
 登っていく、ということもありますね。

○昨日よりなだらかにして春の坂
 昨日はお疲れだったのね。

○春の虹死ねばやさしい男達
 良かったことばかり思い出されるの?

○切手にもたんぽぽ咲いて速達来
 10円切手・・。

○同じ絵を踏み友達のやうな人
 やうな人・効いてます。

○お主とか拙者とか云ひ卒業す
 仲良しネ。

○参加者に風船わたす係かな
 年齢気になります。

○春炬燵曲者ぶつた俳人と
 大物にはなれないけれど、曲者なら? 残念。ぶった、と見破られている。

○春愁バケツいつぱい貝の殻
 貝ではなく、貝の殻!

○春風やユンボを横に地鎮祭
 良い組み合わせ。

○春眠に来て米を研ぐ女かな
 開運! その女性を逃がさないように!

○風光る土手でドラマのロケーション
 「青い山脈」?
 

選句しました。

 投稿者:裕美  投稿日:2018年 3月18日(日)15時55分24秒
  ○たくさんの色を用ゐて山笑ふ
花も咲くし。葉っぱはいろんな緑色だし。

○山本が来て大荒れの花見かな
山本は酒乱なのかなあ。

○蛇穴を出るとき山はくすぐったい
いろんなところがにょろにょろ、むずむず。

○代々の蝶休みたる山の門
少し暗くて休みやすいのかもしれない。それにしても代々とは、うまい。

○上達を目指さぬ囲碁部春火鉢
この囲碁部、集まってマンガとかゲームとかやっていそう。

○速達の包冷たし夜半の春
春といってもまだ寒い日もありますもんね。

○達人となるまで石鹸玉を割る
達人ともなれば、もうできた瞬間即破壊ですよ。

○お主とか拙者とか云ひ卒業す
オタクの子たちなのかな。

○参加者に風船わたす係かな
よく渡されます。うちはまだ1歳の子がかじって割ってしまうので、なるべくもらわないです。

○主催者はこびと春の夜のままごと
小人役がいるのかな? こどもたちの遊びはいつも突拍子がない。

○春光の部外者として競り市に
写真いっぱい撮っていそうだな~。

○大忍者図鑑の中の花吹雪
これは夜の花吹雪だろうな。

○ヴァセリンをすり込む春の夜の習ひ
ヴァセリンも冬より柔らかくなって。

○元気ですおたまじゃくしの尻尾ほど
くねくね動くけど小さい。本当に元気なのかなあ。
 

選句です

 投稿者:らくだ  投稿日:2018年 3月18日(日)14時44分4秒
  ◯山笑ふすぐ踊る癖をやめたい
 いやー、止めなくていいと思います。多分それで周りが助かることも多い気がする。

◯山本が来て大荒れの花見かな
 ヤバそうだから誘わなかったのに、招かれざる客に限ってやってくる。

◯針山を母の髪出づ春の暮
 昔の針山はそうでした。子供の頃はちょっと怖かった。春の暮がぼんやりといろんなこと思い出している感じで、ちょっとせつない。

◯代々の蝶休みたる山の門
 お寺さんだからか、なにか、蝶にもちょうどいい地点というのがあるのかも。

◯昨日よりなだらかにして春の坂
 一日一日、日が長くなり、なだらかさが増すような気もしてきます。

◯初音聞く坂の途中で二度目聞く
 今年は遅くて、先日ようやく初音を聞きました。うぐいすの声は、何度でも思わず耳をやってしまいます。繰り返しが、待っていた感満載で微笑ましい。

◯上達を目指さぬ囲碁部春火鉢
 のんびりでいいですね。試合とか大会とか関係ない弱小部なんでしょうか。春火鉢のそっけない感じが囲碁と合っている気がします。

◯同じ絵を踏み友達のやうな人
 本心の深いところではよく分からない、みたいな、不穏な雰囲気。絵踏だからよけいに。

◯幸福者のみ着用可春の服
 ということは、主体は今幸せじゃないから自分は不可、と思っているんでしょうか。鬱々としていると、春の色が辛くなることもあるかも。

◯卓上に置いて貧者の春灯
 ろうそくでしょうか。時期的に震災に思いを馳せますが、料金滞納で電気が止まっているとしたら、なんか清貧ぽい詠みぶりが逆に可笑しい。という読みは不謹慎なのかな?

◯ぬいぐるみ足から干して囀れり
 干した人がさえずっているみたいだなぁ、と思ううちに、つば九郎が自分のきぐるみを洗濯しているの図を連想して可笑しくなったので一票。

◯春三日月とは瞳孔の縮む音
 ニャ~っていう音じゃないでしょうか。

◯春風やユンボを横に地鎮祭
 春のうららの景。このユンボは軽トラに乗るくらいちっちゃいかわいいやつだと思います。

◯春眠に来て米を研ぐ女かな
 春の朝なんだから明るいし、世話焼きでいい人に決まっているのに、なんだか「研ぐ」という字面の効果か、ホラーっぽく感じてしまった。
 

選句です

 投稿者:ゆかり  投稿日:2018年 3月18日(日)14時16分34秒
  ○うららかや指で登りし地図の山
 「指で登りし」は過去だから、地図上を指でたどってまで思っていた、あの山に今まさに来ているのだ、なんとうららかなことだ、という感慨なのでしょう。

○山本が来て大荒れの花見かな
 その山本さん、心当たりがあります。

○蛇穴を出るとき山はくすぐったい
 エッチだなあ…。あちこちからいっせいに蛇が出るので山が笑うのですね。

○針山を母の髪出づ春の暮
 針を全部はずしてみるとふかふかのところに髪がからまっていて、「あの頃はまだ母さんも髪が黒かったんだねえ」などと回想しているのでしょうか。春暮感があります。

○代々の蝶休みたる山の門
 いいなあ。歴史を感じます。

○赤坂に九丁目あり暮れかぬる
 検索すると<北海道帯広市には「西19条南42丁目」という町名がある。これが現在、丁目の数字の最大である>とあります。認識を新たにしました。

○切手にもたんぽぽ咲いて速達来
 いいですね。

○達人となるまで石鹸玉を割る
 手で割ると思うと間抜けですが、竹刀とかバットで割るところを想像すると、スポ根漫画にそんなのがありそうです。星飛雄馬ならボールを投げて命中させるかも知れません。

○同じ絵を踏み友達のやうな人
 キリシタン弾圧の踏み絵とか蝋石の落書きとか、読者によって思い浮かべるものがまるで違い、「友達のやうな人」というのがまた友達ではないと言っているわけで、難しい句ですね。ずかずかと近づいてくる人を思い浮かべました。

○参加者に風船わたす係かな
 出たな、風船シリーズ。「風船を配る即戦力の我」と同じ作者なのか、抗争勃発なのか。

○春炬燵曲者ぶつた俳人と
 わざわざ話を難しくする俳人っていますよね。

○大忍者図鑑の中の花吹雪
 花遁の術か…。

○元気ですおたまじゃくしの尻尾ほど
 やがてなくなるわけですね。

○土の春ひかりと仔犬くるくるす
 「土の春」という措辞、初めて見たかも知れません。
 

選句です。

 投稿者:なむ。  投稿日:2018年 3月18日(日)13時53分35秒
  ◎うららかや指で登りし地図の山
2万5千分の1。等高線を指でなぞる。

◎山岳ガイド年齢不詳風光る
これでもかというぐらいの日焼け。

◎針山を母の髪出づ春の暮
針の滑りは髪でとる。

◎初音聞く坂の途中で二度目聞く
よきかな。

◎赤坂に九丁目あり暮れかぬる
乃木坂のほうか。

◎春の虹死ねばやさしい男達
反省します。

◎切手にもたんぽぽ咲いて速達来
あるね。

◎速達の包冷たし夜半の春
ドキッとします。

◎そつぽ向く易者がふたり花の下
仲が悪いんだろうなあ。

◎大忍者図鑑の中の花吹雪
大の字で笑わされました。

◎ぬいぐるみ足から干して囀れり
洗うとなるとたいへん。

◎岩塩の産地カタカナ鳥曇
ヒマラヤンブラックソルトとか、ケウラとか。

◎元気ですおたまじゃくしの尻尾ほど
のそりゃ相当元気だ。

◎春風やユンボを横に地鎮祭
ユンボの上にも四天王幡。
 

選句

 投稿者:朝比古  投稿日:2018年 3月18日(日)05時24分34秒
  ☆たくさんの色を用ゐて山笑ふ
 呵々大笑。

☆ふらここに山田太郎を座らせる
 ?僕のあだなを知ってるかい…って古いな。

☆山笑ふすぐ踊る癖をやめたい
 やめなくてもイイと思う。

☆山本が来て大荒れの花見かな
 酒乱。

☆花の坂登れば海の見える街
 こういう街に住みたい。

☆坂道を花屑もつれ合ひながら
 よろしき風合い。

☆花辛夷嘉門達夫が町に来る
 ほどよき人選。

☆春の虹死ねばやさしい男達
 本当は死ぬ前からやさしいのだけれど。

☆お主とか拙者とか云ひ卒業す
 演劇部だろうか。

☆参加者に風船わたす係かな
 すこし腰を屈めて。

☆永き日の岩にゴリラとゴリラの子
 岩が即物的でイイね。

☆元気ですおたまじゃくしの尻尾ほど
 それはご同慶の限り。

☆春愁バケツいつぱい貝の殻
 演芸用だろうか装飾品用だろうか。

☆春風やユンボを横に地鎮祭
 直会の後すぐに着工。
 

山坂達者句会・投句一覧

 投稿者:ゆかり  投稿日:2018年 3月18日(日)00時29分1秒
  投句一覧です。

【山】
うららかや指で登りし地図の山
たくさんの色を用ゐて山笑ふ
ふらここに山田太郎を座らせる
空といふ明るき鏡山笑ふ
山あれば川が気になる草の餅
山岳ガイド年齢不詳風光る
山手線一周すれば桜咲く
山笑ふすぐ踊る癖をやめたい
山笑ふ口内炎に舌の触る
山本が来て大荒れの花見かな
蛇穴を出るとき山はくすぐったい
針山を母の髪出づ春の暮
代々の蝶休みたる山の門
夕東風や山に可愛い七つの子

【坂】
花の坂登れば海の見える街
花虻の坂ぽこぽこと墓苑まで
坂おほき街を柳のたなびきぬ
坂上る心拍数に木の芽風
坂道を花屑もつれ合ひながら
昨日よりなだらかにして春の坂
初音聞く坂の途中で二度目聞く
赤坂に九丁目あり暮れかぬる
大坂志郎大坂なおみ蝉丸忌
遅き日の坂本君と漫画本
脳裏には松坂牛をみどりの日
梅の香のゆるゆる坂を上りきし
白藤や水伸びてくる坂の駅
薔薇の芽や田園調布の坂あるく

【達】
トモダチが友達になり卒業す
ホモだちの友達雁の別れかな
花辛夷嘉門達夫が町に来る
春の虹死ねばやさしい男達
上達の感じられない蜷の道
上達を目指さぬ囲碁部春火鉢
切手にもたんぽぽ咲いて速達来
速達の行き交つてゐる卒業期
速達の包冷たし夜半の春
達人となるまで石鹸玉を割る
達人の名言集やしやぼん玉
同じ絵を踏み友達のやうな人
友達と蝶と友達と蝶と
友達の深爪ゴールデンウイーク

【者】
お主とか拙者とか云ひ卒業す
すもも咲き庭師の役者ゐなくなる
そつぽ向く易者がふたり花の下
偽善者となるやならずや山笑ふ
幸福者のみ着用可春の服
参加者に風船わたす係かな
蛇穴を出るに出られぬ小心者
主催者はこびと春の夜のままごと
春雨やいつもの角に易者居り
春光の部外者として競り市に
春宵のご飯を食うてゐる指揮者
春炬燵曲者ぶつた俳人と
大忍者図鑑の中の花吹雪
卓上に置いて貧者の春灯

【当季雑詠】
ヴァセリンをすり込む春の夜の習ひ
ぬいぐるみ足から干して囀れり
ねこやなぎ呪文のやうにほぐれだす
永き日の岩にゴリラとゴリラの子
花の夜の厨の卓に拡大鏡
花蘇枋四方から鳴るクラクション
割れし声に何度も混ざり芽吹く如し
岩塩の産地カタカナ鳥曇
元気ですおたまじゃくしの尻尾ほど
春三日月とは瞳孔の縮む音
春愁バケツいつぱい貝の殻
春風やユンボを横に地鎮祭
春眠に来て米を研ぐ女かな
石鹸の泡のつんつん木の芽風
土の春ひかりと仔犬くるくるす
二段目の抽斗にあり春の星
八十八夜ポテトチップの袋開け
風光る土手でドラマのロケーション

(以上)

14句選(特選、逆選なし)
選句締切:3月21日(水)23時(JST)

投稿先:みしみし第二
http://6911.teacup.com/3434/bbs
(返信とかスレッドとか難しいことを考えないで、そのまま書き込んで下さい。)

題に関わらず全体から選句数分選句にてお願い致します。
★整理の都合上、句の順番はそのままにして下さい。
(人力で集計しているので、順番を変えられると大変なんです!)

ではよろしくお願い致します。
 

山坂達者句会・ご案内

 投稿者:ゆかり  投稿日:2018年 3月15日(木)12時52分12秒
  出題します。
【山】
【坂】
【達】
【者】
【当季雑詠】(何句でも。無季可。他季不可)

投句締切:3月17日(土)24:00(JST)
投句宛先:掲示板http://6911.teacup.com/3434/bbs
     下の方の「管理者へメール」からお願いします。

★整理の都合上、俳句の行には俳句以外の題とか記号とか俳号とか本名とかを
 書かないで下さい。
 また、空白行や題の行を置かず出題順に左詰で列挙願います。
 メールアドレスだけだとどなたか分らないので、★タイトルに俳号とか本名とか
お書き添えください。

この句会は互選です。投句のみ、選句のみの参加はご遠慮下さい。

 よろしくどうぞ。
 

失礼しました!

 投稿者:裕美  投稿日:2018年 3月15日(木)04時29分43秒
  「触」の句、投句し忘れてしまっていました。
次から気をつけます…
 

一触即発句会

 投稿者:月犬  投稿日:2018年 3月14日(水)22時01分44秒
  集計です。間違いありましたらご一報ください。

百聞も一見もなく亀鳴けり      なむ  百洋
八重咲きの椿触れれば落椿      なむ
おしやべりを怒られて即つくしんぼ  なむ  ら火あ由
人呼んで彼岸太郎と発します     なむ  朝ゆ
リア王の扮装で来て虻の昼      なむ  百ら哲あ洋ゆ

指先にのせる一滴の春月       ぽぽな あ
蝶と蝶触れて離れて観世音      ぽぽな む百月苑亜あ
即席のラーメン軽い春愁       ぽぽな む海
発熱の予感モンシロチョウ匂う    ぽぽな む裕苑哲亞海ゆ
春の月沈没船の夢の中        ぽぽな 月ゆ

春一番カラーコーンを積み重ね    朝比古 亞あけ
犬ふぐり犬のふぐりの触れてをり   朝比古 む百月洋ゆ
幾度も「即ち」と言ひ卒業す     朝比古 火あ洋けゆ
彼方より発破の音や雪解山      朝比古 ぽ
猫の恋余罪追及するごとし      朝比古 裕

噂では一人死にたる野焼かな     月犬  火け
梅の夜や引鉄に指触れている     月犬  裕洋
即答は控へよ朧の夜である      月犬  ら亜哲海洋け
奇声だけ発して戻る恋の猫      月犬  ら裕哲洋け
いちまいの薄氷として終はりけり   月犬  む百ら亜

一言の翼となりて初桜        裕美  朝哲海
朧月即席麺ふやける匂ひ       裕美
発声練習沈丁花どこかで開く     裕美  あ海洋
苗札の少し後ろに反り返る      裕美  朝ら火苑亜哲亞洋

夏みかん一箱しづこならどうする   海太  百裕月火苑亞ゆ
外に出よ触るるばかりに春電車    海太
三寒を射る即席ラーメンの緒     海太
亀鳴くやサウス・ポーチン発電所   海太  火苑亜亞
発毛を促すやうな蝌蚪の紐      海太  朝ら月火亜由ゆ

一面に見たくない顔つちふるよ    らくだ 月火海け
てのひらの触れる記憶や春の昼    らくだ 苑ぽ
チューリップ発売開始即売切     らくだ 火苑
舌の絵と発音記号さえずれり     らくだ むぽ洋
韋駄天の集う場所なり芝を焼く    らくだ

逃げ水の一つ目小僧ゆるんでる    洋子  ぽ
蛙の目借り時みみに触れこゑに触れ  洋子
田螺鳴く即席ラーメンほぼ空つぽ   洋子
鳥雲に入る足足足足を発掘      洋子
エイプリールフール白い箱のはなし  洋子  裕苑亜哲ぽけ

のどけしや画面一杯にひふみん    苑を  む百ら裕火亜由ゆ
アネモネや耳を触つて眠る癖     苑を  む百ら亜哲由ぽ洋ゆ
古書骨董即売会つちふれり      苑を  月ぽ
危機一髪薔薇の芽にある発火点    苑を  月亞け
チューリップ畑記憶喪失になる    苑を  ら月あ洋

一塊の雲流れ着く紫雲英かな     哲哉  朝裕苑亞海
春の月鎖骨に触るる犬の舌      哲哉  朝むあ由ゆ
湯に躍る即席麺と朧夜と       哲哉  あ
雪虫に挑発されてゐるらしく     哲哉  朝
眠れずの夜を侵しゆく黄水仙     哲哉  月亞由

木の芽時一気にあおる鉄の鍋     亞子  月亜洋
触診に桃の匂いの来ていたり     亞子  む百裕哲洋ゆ
不意に終わる即興劇や春の夜     亞子  朝亜哲あ由ぽけ
発条抜けてシャープペンシルただの棒 亞子  裕哲由海ぽ
夕東風や主人だけ知る種麹      亞子  裕ゆ

一番で忘れし校歌花ミモザ      あんこ 裕亞由海ぽけゆ
蟻穴を出づ触覚の痛さうに      あんこ 月亞け
即興の歌口づさみ豆の花       あんこ 朝むら火苑亜由海ぽ
踏青や発掘の穴とほく見え      あんこ け
石段の鉤のかたちよ桃の花      あんこ

囀りが家の周りを一巡す       けんじ 朝裕苑亜あ由ぽ洋
一向に進まぬ会議帰る雁       けんじ 海
地虫出づまづ触角の摘まれり     けんじ 月
特大の即席ラーメン春の水      けんじ
発言の所在は末黒の芒        けんじ あ海
懐かしき本の漫画化鳥雲       けんじ

春の夜の一案としてあみだくじ    亜紀  朝むら裕火由洋
佐保姫の触るれば目覚めゆく大和   亜紀  む百
永き日や即席麺に湯を注ぎ      亜紀  朝苑あけ
難解な発音記号つちふれり      亜紀  月あけ
蟻穴を出づるや保育園の庭      亜紀  朝む苑由洋
しばらくはふらここにゐる現在地   亜紀  む百ら火あ由洋ゆ
負け試合より帰り来し春コート    亜紀  朝火苑哲亞あ由
駅からの道を確かむ桜東風      亜紀  百苑ぽ
原石は未だ原石風光る        亜紀  百

一命はたんぽぽの上に宿りたる    百花  月海
合コンの触媒としてレタス食む    百花  火け
即物はボタン具象は穴よ春爛漫    百花  亞海
竜天に発車時刻の正確さ       百花  朝
中空に魔女が船置く春の海      百花  らゆ

梅林の古き一樹に会ひに来し     由季  朝百ら哲ぽ
蟻穴を出て触角の落ち着かず     由季  百亞け
春の虹即インスタにあふれたり    由季  ぽ
かたばみの咲いてロケット発射場   由季  月火苑哲亞
シンバルの一音響く春の星      由季  苑哲ぽ
発音を真似る口元チューリップ    由季  朝百火亜亞あ海ぽけゆ

チューリップ日本一となりにけり   火尖
空き部屋のパネルに触れて暖かし   火尖
風船を配る即戦力の我        火尖  裕亜亞由ゆ
揮発せぬやうにと言はれ青き踏む   火尖  む百ら亜由
乗継ぎのバス停春の時雨かな     火尖  む百裕亞

一発が欲しいと云はれ石鹸玉     ゆかり むら亜哲由海
からめあふ触手と触手春の星     ゆかり 裕哲
冴返る即席めんのぐらぐらと     ゆかり
発射するものがないので春眠す    ゆかり 月海
一輪車の少女に春の手足かな     ゆかり 朝ら裕月火苑亜哲亞海ぽけ
 

選句です

 投稿者:ゆかり  投稿日:2018年 3月14日(水)21時27分13秒
  ○のどけしや画面一杯にひふみん
 半年くらい前に観た歌謡番組、伊藤咲子が古い歌を歌うバックで、来賓席のひふみんが両手にひまわりを持ってリズムに合わせ左右に振っていたその映像が記憶にずっと残り困っています。あんなに本来の業績とは別のところで絵になる人ってあんまりいないんじゃないかなあ。そう、「のどけしや」なのです。

○一番で忘れし校歌花ミモザ
 小学校、中学、高校、大学と行くにつれ、あとの方ほど校歌を思い出せないですよね。「花ミモザ」といえば卒業式の練習の頃を思い出しているのでしょうか。

○夏みかん一箱しづこならどうする
 「夏みかん酢っぱしいまさら純潔など 鈴木しづ子」を踏まえているわけですね。確かに原句は一箱をまったくイメージし得ないところで成り立っているので、可笑しさが後を引きますね。

○アネモネや耳を触つて眠る癖
 季語が恋愛初期を感じさせますね。

○犬ふぐり犬のふぐりの触れてをり
 まったくもう、牧野富太郎博士ったらとんでもない命名をしたんだから…。

○春の月鎖骨に触るる犬の舌
 私は犬を飼ったことがないのですが(というかテレビのオバQで犬が恐いという感情を刷り込まれた世代です)、その触感を想像します。

○触診に桃の匂いの来ていたり
 お、共感覚俳句ですね。

○幾度も「即ち」と言ひ卒業す
 黒歴史を感じます。

○風船を配る即戦力の我
 ブラックだなあ。

○人呼んで彼岸太郎と発します
 お彼岸限定なのですね。

○発熱の予感モンシロチョウ匂う
 ううう、気色悪いです。

○しばらくはふらここにゐる現在地
 あんまりずっといるとスマホに自宅として登録されてしまいます。「現在地」がなんともそういうテクノロジーの怖さを感じさせる言葉です。

○リア王の扮装で来て虻の昼
 「虻の昼」がいいですね。野外でいったいなにをやっているのだか。

○春の月沈没船の夢の中
 「春の月」が、そこで切れるのだか夢の中のものなのだか曖昧な作りなのがいいですね。

○中空に魔女が船置く春の海
 恐いよ~。

○発音を真似る口元チューリップ
 句を読んで、自分の口で確かめてしまいました。

○発毛を促すやうな蝌蚪の紐
 量だけはありますからね。

○夕東風や主人だけ知る種麹
 企業秘密なのでしょう。
 

選句しました

 投稿者:けんじ  投稿日:2018年 3月14日(水)21時14分24秒
  ○一番で忘れし校歌花ミモザ
吹奏楽部だと一番も知りません。

○一面に見たくない顔つちふるよ
新聞の一面と解釈しました。時事ネタ?

○一輪車の少女に春の手足かな
どこまでも自由自在に。

○噂では一人死にたる野焼かな
どこまでも他人事、という風刺でしょうか。

○春一番カラーコーンを積み重ね
1つでは心もとなくとも重ねれば無敵。そうでもないか。

○蟻穴を出づ触覚の痛さうに
全身の痛点をやられました。産道を抜けたのかも。

○蟻穴を出て触角の落ち着かず
とりあえず前方注意。

○合コンの触媒としてレタス食む
じつはこのレタスは僕が育てました、とかで話が盛り上がったりして。

○永き日や即席麺に湯を注ぎ
でもたった3分で出来ちゃいます。ゆっくり食べましょう。

○幾度も「即ち」と言ひ卒業す
卒業後はほとんど使わないかも。

○即答は控へよ朧の夜である
空気読んでくださいね。

○不意に終わる即興劇や春の夜
春は気まぐれ、飽きるのも早い。

○危機一髪薔薇の芽にある発火点
トラップが多すぎます。

○奇声だけ発して戻る恋の猫
不完全燃焼ですな。

○踏青や発掘の穴とほく見え
発掘が終わったら元の野に戻してください。

○難解な発音記号つちふれり
電子辞書に発音してもらいましょう。

○エイプリールフール白い箱のはなし
まともに話を聞いて良いのやら。

○発音を真似る口元チューリップ
チューリップの花壇があったら文章になってるかも。
 

選句しました。

 投稿者:洋子  投稿日:2018年 3月14日(水)13時14分53秒
  ○春の夜の一案としてあみだくじ
 あみだくじのあの図いいなぁ。

○百聞も一見もなく亀鳴けり
 しのごの言うな。かな。

○木の芽時一気にあおる鉄の鍋
 チャーハンかな?

○囀りが家の周りを一巡す
 ちかごろ目白もひよも来てる。

○アネモネや耳を触つて眠る癖
 スイート。

○犬ふぐり犬のふぐりの触れてをり
 なんか犬楽しそう。

○触診に桃の匂いの来ていたり
 白衣の清潔な看護婦さんいそう。

○梅の夜や引鉄に指触れている
 地雷踏んじゃいそう。

○幾度も「即ち」と言ひ卒業す
 白黒つけたい人なのね。

○即答は控へよ朧の夜である
 大人になるとね。そうかも。

○奇声だけ発して戻る恋の猫
 とぼけた猫。

○舌の絵と発音記号さえずれり
 あの舌の絵いろんなものに見えてくる。

○発声練習沈丁花どこかで開く
 集中してないね。

○しばらくはふらここにゐる現在地
 現地情報確認。

○チューリップ畑記憶喪失になる
 夥しいチューリップ見たら記憶をなくしそう。

○リア王の扮装で来て虻の昼
 次は虻が狙ってる。

○蟻穴を出づるや保育園の庭
 きょとんとしてる蟻。

○苗札の少し後ろに反り返る
 で?っていう余韻。
 

選句です

 投稿者:ぽぽな  投稿日:2018年 3月14日(水)10時01分46秒
  ○シンバルの一音響く春の星
おもちゃのシンバルっぽい。

○一番で忘れし校歌花ミモザ
校歌感あります。

○一輪車の少女に春の手足かな
春の手足で決まり!

○逃げ水の一つ目小僧ゆるんでる
言葉の関節が緩んだ感じが逃げ水っぽい。

○梅林の古き一樹に会ひに来し
やっと会えたね。

○囀りが家の周りを一巡す
自然のサラウンドスピーカーがベストですね。

○アネモネや耳を触つて眠る癖
それを知ることのできる間柄。

○てのひらの触れる記憶や春の昼
皮膚の記憶は言葉になる前感あり。

○古書骨董即売会つちふれり
つちふる感満載。

○春の虹即インスタにあふれたり
時宜の句。

○即興の歌口づさみ豆の花
いいね。

○不意に終わる即興劇や春の夜
その余韻が味わい深いですね。

○舌の絵と発音記号さえずれり
映像出ました!

○発条抜けてシャープペンシルただの棒
棒の種類思った。おかしい。

○彼方より発破の音や雪解山
映画で見たよう。

○エイプリールフール白い箱のはなし
象徴的ドラマ感濃厚。

○駅からの道を確かむ桜東風
旅の趣。いいですね。

○発音を真似る口元チューリップ
可愛いですね。

ありがとうございました。

http://www.facebook.com/PoponaTsukino

 

選句

 投稿者:海太  投稿日:2018年 3月14日(水)05時08分39秒
  ◯一塊の雲流れ着く紫雲英かな
一介の雲助。

◯一言の翼となりて初桜
人ごとの桜。

◯一向に進まぬ会議帰る雁
IKKOの雁。

◯一発が欲しいと云はれ石鹸玉
一髪の謂れ。

◯一番で忘れし校歌花ミモザ
ニチバンのエロミモザ。

◯一命はたんぽぽの上に宿りたる
一名のボボ。

◯一面に見たくない顔つちふるよ
イケメンの拓。

◯一輪車の少女に春の手足かな
一厘の波留。

◯即興の歌口づさみ豆の花
卒倒の与太。

◯即席のラーメン軽い春愁
足跡のオーメン。

◯即答は控へよ朧の夜である
続投の控え。

◯即物はボタン具象は穴よ春爛漫
俗物のアンポンタン。

◯発言の所在は末黒の芒
八軒の鈴木。

◯発射するものがないので春眠す
覇者の寸民。

◯発条抜けてシャープペンシルただの棒
発情の欲棒。

◯発声練習沈丁花どこかで開く
ハッセーのシクラメン。

◯発熱の予感モンシロチョウ匂う
初音のミク。

◯発音を真似る口元チューリップ
嘉葎雄の元兄。
 

選句しました

 投稿者:由季  投稿日:2018年 3月13日(火)22時12分10秒
  ○のどけしや画面一杯にひふみん
「ひふみん」の音も春っぽい。

○一発が欲しいと云はれ石鹸玉
狙って一発が出るものでもないし、困ります。

○一番で忘れし校歌花ミモザ
一番覚えていれば良いほうです。

○春の夜の一案としてあみだくじ
一案の苦し紛れな感じがいいですね。

○囀りが家の周りを一巡す
そうそう、囀りながら移動するのです。

○アネモネや耳を触つて眠る癖
ライナスの毛布のように安心。

○春の月鎖骨に触るる犬の舌
あたたかく湿った感じが春の夜に合う。

○おしやべりを怒られて即つくしんぼ
ちょっと可愛すぎるけれど許しましょう。

○即興の歌口づさみ豆の花
豆の花のひらひらが即興と通じる。

○不意に終わる即興劇や春の夜
きっと始まりも終わりも唐突なのでしょう。

○風船を配る即戦力の我
自らを即戦力とアピールしなければならない状況がツライ。

○揮発せぬやうにと言はれ青き踏む
青という字が上手く使われています。

○発条抜けてシャープペンシルただの棒
あの、どうしようもない感じ、わかります。無季ですが春っぽいかも?

○しばらくはふらここにゐる現在地
ふらここの揺れを感じます。現在地とあえて言いなおした所が新鮮。

○蟻穴を出づるや保育園の庭
蟻にとっては、災難以外の何物でもない。

○発毛を促すやうな蝌蚪の紐
なんでもそう思えるんですね。あまり気にしないほうがいいですよ。

○負け試合より帰り来し春コート
コートをひるがえしても、カッコがつかない。

○眠れずの夜を侵しゆく黄水仙
詠み振りがなんだかうつくしい。
 

選句しました。

 投稿者:あんこ  投稿日:2018年 3月13日(火)17時22分36秒
  ○指先にのせる一滴の春月
春月の柔らかい光を感じます。

○春一番カラーコーンを積み重ね
春は工事が多く、重量感と風の強さが響き合っています。

○囀りが家の周りを一巡す
零れては鳴いて。賑やかな春。

○春の月鎖骨に触るる犬の舌
ご主人にじゃれているんでしょうね。優しいシーン。

○蝶と蝶触れて離れて観世音
観世音への飛び方がいい。

○おしやべりを怒られて即つくしんぼ
たちまちシーンと。

○永き日や即席麺に湯を注ぎ
土曜日の昼。のんびり。

○幾度も「即ち」と言ひ卒業す
校長先生の話でも代表の言葉でも、臨場感あり。

○湯に躍る即席麺と朧夜と
夜食でしょうか。

○不意に終わる即興劇や春の夜
アングラっぽい。

○難解な発音記号つちふれり
不思議な記号ありますよね。つちふれりで、地球以外の言葉のようです。

○発言の所在は末黒の芒
政治家のよう。何もかも埋没。

○発声練習沈丁花どこかで開く
強い香りが届いて、揃った声がよく合う。

○しばらくはふらここにゐる現在地
スマホの画面から現実のシーンに瞬時に移るような不思議な魅力。

○チューリップ畑記憶喪失になる
チューリップ畑がいい。

○リア王の扮装で来て虻の昼
べったり濃いメイクしていそう。刺されてしまったのか。

○発音を真似る口元チューリップ
英会話サークルが浮かびました。口元の動きとチューリップがいいです。

○負け試合より帰り来し春コート
色々と想像してしまいます。
 

選句です。

 投稿者:亞子  投稿日:2018年 3月13日(火)15時37分27秒
  ◯一塊の雲流れ着く紫雲英かな
紫雲英野の広さ。

◯一番で忘れし校歌花ミモザ
二番は出ませんねなかなか。

◯一輪車の少女に春の手足かな
フレッシュな素肌感が伝わる。

◯夏みかん一箱しづこならどうする
どうしましょう。

◯春一番カラーコーンを積み重ね
生真面目な作業服の男が浮かぶ。

◯蟻穴を出づ触覚の痛さうに
そうだ。痛そう。

◯蟻穴を出て触角の落ち着かず
そうだ。ういういしい。

◯即物はボタン具象は穴よ春爛漫
よくわからないが、言い得て妙感あり。

◯風船を配る即戦力の我
なにごとも自覚は大事。

◯かたばみの咲いてロケット発射場
郊外のひろびろ田園感がロケットを輝かせる。

◯危機一髪薔薇の芽にある発火点
真っ赤に燃え咲くというわけ。危機一髪がおもしろい。

◯亀鳴くやサウス・ポーチン発電所
架空の発電所(ですよね?)と亀のすっとぼけた距離がいい。

◯発熱の予感モンシロチョウ匂う
蝶は案外熱っぽいんです。

◯乗継ぎのバス停春の時雨かな
おおごとでない春の感じ。

◯発音を真似る口元チューリップ
UとOの音の連打がいい。

◯苗札の少し後ろに反り返る
小学校の校庭の隅。

◯負け試合より帰り来し春コート
さらりと、それほど落ち込んでない。

◯眠れずの夜を侵しゆく黄水仙
上五中七のダラダラ感が不眠を表す。
フィニッシュが華麗。
 

選句です。

 投稿者:哲哉  投稿日:2018年 3月13日(火)04時05分19秒
  ○シンバルの一音響く春の星
その余韻の中に輝きあり。

○一言の翼となりて初桜
君がそう言ってくれるだけで僕は空も飛べる。

○一発が欲しいと云はれ石鹸玉
そんなこと言われても・・・。

○一輪車の少女に春の手足かな
細くて白く、あどけない手足。

○梅林の古き一樹に会ひに来し
梅の木にも大人とこどもがいます。

○アネモネや耳を触つて眠る癖
指摘されると照れてしまう。

○からめあふ触手と触手春の星
クラゲでしょうか。イソギンチャクかな。

○触診に桃の匂いの来ていたり
花の方の桃ですね。触診、くすぐったくて少しどきどきしてしまいます。

○即答は控へよ朧の夜である
ご、ごめんなさい。と言ってしまう説得力。

○不意に終わる即興劇や春の夜
エチュードはぬるっと終わるもの。大体どちらかが言葉を続けられなくなります。

○かたばみの咲いてロケット発射場
宇宙へのロマン。かたばみが星に見えます。

○奇声だけ発して戻る恋の猫
嫌われちゃったかな。

○発条抜けてシャープペンシルただの棒
僕の筆箱の中身が一瞬にしてすべてただの棒になっちゃった。

○発熱の予感モンシロチョウ匂う
熱が出るときって感覚がすごく鋭敏になるかすごく鈍るかどちらかですよね。あれ、何なんでしょう。モンシロチョウの匂い、新鮮。

○エイプリールフール白い箱のはなし
たぶん、信じてもらえない。

○リア王の扮装で来て虻の昼
リア王、シェークスピアもびっくりのシュールな喚起力。

○苗札の少し後ろに反り返る
観察眼に脱帽。

○負け試合より帰り来し春コート
かける言葉を選びます。
 

選句追加

 投稿者:苑を  投稿日:2018年 3月12日(月)22時20分42秒
  すみません17句になってます。1句追加です。

○苗札の少し後ろに反り返る
読むのに丁度いい反り。
 

選句です。

 投稿者:亜紀  投稿日:2018年 3月12日(月)21時39分36秒
  ○のどけしや画面一杯にひふみん
笑顔にほのぼの。

○一発が欲しいと云はれ石鹸玉
そういわれてもねぇ、しゃぼん玉吹いてから考えよ。

○一輪車の少女に春の手足かな
春の手足がのびやか。

○木の芽時一気にあおる鉄の鍋
勢いがあって美味しそうな匂いがしてくる。

○囀りが家の周りを一巡す
良き処にお住まいですね。

○アネモネや耳を触つて眠る癖
安眠できそうやなぁ。

○蝶と蝶触れて離れて観世音
いかにも春の昼の静かな景。

○即興の歌口づさみ豆の花
豆の花の庶民的な感じが良きかな。

○即答は控へよ朧の夜である
後で後悔しないように、慌てない慌てない。

○不意に終わる即興劇や春の夜
ぷっつん感が春なのだ。

○風船を配る即戦力の我
必要とされているって凄い。

○揮発せぬやうにと言はれ青き踏む
揮発せぬやうに、が良く出ました~。

○亀鳴くやサウス・ポーチン発電所
音の響きが妙に決まっている。

○いちまいの薄氷として終はりけり
それもまたありでせう。

○エイプリールフール白い箱のはなし
白い、が象徴的。

○発音を真似る口元チューリップ
可愛い。

○発毛を促すやうな蝌蚪の紐
まずはアプローチから。

○苗札の少し後ろに反り返る
もう芽が出てきそうな気配。
 

選句です。

 投稿者:苑を  投稿日:2018年 3月12日(月)20時49分3秒
  ○シンバルの一音響く春の星
類句はあるかもだけれど春星の瞬きが見えます。

○一塊の雲流れ着く紫雲英かな
紫雲英田が広がってくる。

○一輪車の少女に春の手足
そうだね。

○夏みかん一箱しづこならどうする
しづこ、平仮名表記も含めよい選択。

○囀りが家の周りを一巡す
一羽が飛べばみんな飛ぶ。

○てのひらの触れる記憶や春の昼
春の昼が幼かった子供とかを思わせる。

○蝶と蝶触れて離れて観世音
見たことのある光景。

○チューリップ発売開始即売切
チューリップを売ったわれではないですよね。

○永き日や即席麺に湯を注ぎ
食事時間ではないときなのかな。

○即興の歌口づさみ豆の花
自分だけのなんかいいことあった日かも。

○かたばみの咲いてロケット発射場
かたばみ咲いていそう。

○亀鳴くやサウス・ポーチン発電所
ここも亀が鳴きそう。

○発熱の予感モンシロチョウ匂う
匂うのよ発熱の前は。

○エイプリールフール白い箱のはなし
このエイプリールフール句の取り合わせは凄くいい。

○駅からの道を確かむ桜東風
桜東風がまさに華があってよい日っぽい。

○穴を出づるや保育園の庭
よいところに出ましたね。蟻さん(だと勝手に思う)。

○試合より帰り来し春コート
応援に行ってきた感じ。
 

選句しました

 投稿者:火尖  投稿日:2018年 3月12日(月)02時25分54秒
  ○のどけしや画面一杯にひふみん
ひふみんの音は任天堂のゲーム「ピクミン」にも通じ読み手の心裡に働きかける。

○一面に見たくない顔つちふるよ
重ね塗りするようにどんよりとした季語を持ってきて、本当に見たくないんだなって。

○一輪車の少女に春の手足かな
いい。

○噂では一人死にたる野焼かな
噂で終わらせる腹積もりなのか、野焼きの臭いがすごい。

○夏みかん一箱しづこならどうする
戸惑うだろうか。いまさらとか言わず戸惑ってほしい気がする。

○春の夜の一案としてあみだくじ
一案としてという遠慮とか、それがあみだくじであるところとか、そういうことで生まれる空気が、これこそ春の夜だと思わせる。

○合コンの触媒としてレタス食む
重要な役ではあるが、願ってのものではない。レタスを処理して皿を空け注文と会話を促す。

○おしやべりを怒られて即つくしんぼ
即つくしんぼの音の良さと、それが怒られてそうなったというコミカルさと

○チューリップ発売開始即売切
チューリップの一物の句として読む。その方が面白い。

○幾度も「即ち」と言ひ卒業す
ちょっと気取ったところが可笑しい

○即興の歌口づさみ豆の花
豆の花が奏功

○かたばみの咲いてロケット発射場
辺鄙だけど開けたところにある発射場。かたばみが眩しい。

○亀鳴くやサウス・ポーチン発電所
何となく東アジア感漂う架空地名(多分)が不思議な味を出している。

○しばらくはふらここにゐる現在地
簡単に自分の現在地が分かる時代の俯瞰の視点。

○発音を真似る口元チューリップ
唇を突き出して舌を歯の裏に当ててとか言われても分からないし苦手でしたが、チューリップもってくるのはうまい。

○発毛を促すやうな蝌蚪の紐
目から入って毛根に働きかけるような効果が確認されました。

○苗札の少し後ろに反り返る
それにしてもこの句の佇まいが、少し後ろに反り返る苗札をよく表している。

○負け試合より帰り来し春コート
肩を落とした様子と、春コートの明るく軽やかな感じがちぐはぐで面白い。
 

選句しました

 投稿者:月犬  投稿日:2018年 3月11日(日)19時43分28秒
  ゆかりさん、ファイルよろしくお願いします。

◯一命はたんぽぽの上に宿りたる
 そうですか、一命ですか。たいへん重い言葉だと思う。

◯一面に見たくない顔つちふるよ
 そんなときはさっさとかえればいいと思う。

◯一輪車の少女に春の手足かな
 春の手足がすごくいいと思う。

◯夏みかん一箱しづこならどうする
 どうすると言われてもしづこ困っちゃうと思う。

◯木の芽時一気にあおる鉄の鍋
 ちょっといっちゃった人ではないかと思う。

◯蟻穴を出づ触覚の痛さうに
 ほんとに痛そうだと思う。

◯犬ふぐり犬のふぐりの触れてをり
 すこし恥ずかしいと思う。

◯地虫出づまづ触角の摘まれり
 地虫かわいそうだと思う。

◯蝶と蝶触れて離れて観世音
 観世音きっと嬉しいのだと思う。

◯古書骨董即売会つちふれり
 どのみち埃だらけだと思う。

◯かたばみの咲いてロケット発射場
 打ち上げ失敗だと思う。

◯危機一髪薔薇の芽にある発火点
 触らないほうがいいと思う。

◯難解な発音記号つちふれり
 もうなにがなんだか分からなくなっているのだと思う。

◯発射するものがないので春眠す
 もうおしまいなのだと思う。

◯チューリップ畑記憶喪失になる
 あ、ここにも行っちゃった人がいると思う。

◯春の月沈没船の夢の中
 空母レキシントンのことだと思う。

◯発毛を促すやうな蝌蚪の紐
 促しても生えてこないと思う。

◯眠れずの夜を侵しゆく黄水仙
 眠れずの夜ってちょっと不思議な言い方だと思う。
 

選句しました。

 投稿者:裕美  投稿日:2018年 3月11日(日)16時19分11秒
  ○のどけしや画面一杯にひふみん
ひふみんの存在、かわいくてずるいと思うんです。

〇一塊の雲流れ着く紫雲英かな
小さなころ見た風景。最近はレンゲを見ません。

○一番で忘れし校歌花ミモザ
一番すら覚えていなかったりも。ミモザがぼんやりとしていていいです。

○一輪車の少女に春の手足かな
伸びやかで元気いっぱいなのでしょう。噂では一人死にたる野焼かな

○夏みかん一箱しづこならどうする
しづこ、誰なんだ。

〇春の夜の一案としてあみだくじ
ゆっくりとした時間。

〇囀りが家の周りを一巡す
鳴きながら飛んでいたのかな。

○からめあふ触手と触手春の星
イソギンチャク辺りかなあと思いました。空の星と海底の対比。

○触診に桃の匂いの来ていたり
いい匂いのお医者さん、いそうですね。
でも確かにこの桃は果実の匂いな気がする。

○梅の夜や引鉄に指触れている
和風ハードボイルドな世界。

○風船を配る即戦力の我
今はまだ雌伏の時。頑張れ!

〇奇声だけ発して戻る恋の猫
どうやら不首尾に終わったらしい。これからよく聞こえる時期ですね。

○発条抜けてシャープペンシルただの棒
ふふふとなってしまいました。確かに。

○発熱の予感モンシロチョウ匂う
匂うが面白いです。予兆ってありますよね。

○エイプリールフール白い箱のはなし
なんだろう。どんな話だろう。とても引かれます。

〇乗継ぎのバス停春の時雨かな
みんな小さな屋根の下に。

〇猫の恋余罪追及するごとし
めちゃくちゃ責めてますよね、あの声。

〇夕東風や主人だけ知る種麹
個人的には秘伝の味とか、使いつぎ足されているものにちょっと得体のしれない怖さを感じる。
 

選句しました

 投稿者:らくだ  投稿日:2018年 3月11日(日)14時53分7秒
  ◯のどけしや画面一杯にひふみん
 いつも笑っている印象のこの人はたしかにのどか。

◯一発が欲しいと云はれ石鹸玉
 期待に答えられたのかどうか。ものすごく大きなやつが出来たかも。

◯一輪車の少女に春の手足かな
 一輪車と少女が合体することで、手足が「春の手足」になります。

◯春の夜の一案としてあみだくじ
 適当さがいいのか。一本まちがえてもおぼろのせいにしたりして。

◯梅林の古き一樹に会ひに来し
 梅の木の病気があって心配でもありますが、毎年会いに来る老樹というのはあると思う。

◯アネモネや耳を触つて眠る癖
 アネモネと耳が呼応してとても春っぽい。そして、眠りに入る癖として耳というのは意外とリアルな気がします。

◯おしやべりを怒られて即つくしんぼ
 てへ。つくしんぼのおかげでさほど深刻でなく、おちゃめな感じがします。

◯即興の歌口づさみ豆の花
 この即興歌もきっと豆の花みたいに軽快でかわいいんでしょう。

◯即答は控へよ朧の夜である
 なるほど。もったいぶるのでなく、ぼんやり感というかまったり感?が必要なのでは。

◯奇声だけ発して戻る恋の猫
 まあ、できればファイトせずに済めば苦労はないですから^^;とはいえ、やっぱり負けたってことかしらん?

◯揮発せぬやうにと言はれ青き踏む
 すてきだ。注意しないと揮発してしまうなんてまさに春。

◯いちまいの薄氷として終はりけり
 それでもいつかとけてしまう春の終わりのせつなさ。

◯しばらくはふらここにゐる現在地
 浮遊感。しばらくののちは、風まかせ。そして誰もそのさきをしらない。

◯チューリップ畑記憶喪失になる
 そうなったら楽かなぁと思うこともあります。チューリップが明るくてカラフルだから、一瞬飛んでしまっただけでしょう。

◯リア王の扮装で来て虻の昼
 なんだか偉そうなのに滑稽な感じが好き。句としては、扮装をしているのは人なんでしょうが、虻のもこもこのところと羽がマントのように見えなくもない。

◯中空に魔女が船置く春の海
 厳しい冬が終わったから、魔女も一息入れているところでしょうか。

◯発毛を促すやうな蝌蚪の紐
 あのうにゅうにゅした動きはたしかにそんな感じ。

◯苗札の少し後ろに反り返る
 見やすいように、という作業した人の人となりが出ています。


久しぶりに参加させていただきました。ありがとうございました。
 

選句しました。

 投稿者:百花  投稿日:2018年 3月11日(日)10時55分26秒
  ○のどけしや画面一杯にひふみん
 鼻の穴の白髪が気になる~。

○夏みかん一箱しづこならどうする
 ほんと、どうするかしら。

○梅林の古き一樹に会ひに来し
 思い出が沢山ありそう。

○百聞も一見もなく亀鳴けり
 この開き直りがいいな。

○アネモネや耳を触つて眠る癖
 むにゃむにゃ・・・・

○蟻穴を出て触角の落ち着かず
 発見!

○犬ふぐり犬のふぐりの触れてをり
 即物描写?

○佐保姫の触るれば目覚めゆく大和
 沈んだ大和を目覚めさせてください。

○触診に桃の匂いの来ていたり
 この句、果実の桃と思う。

○蝶と蝶触れて離れて観世音
 なむなむ。

○揮発せぬやうにと言はれ青き踏む
 揮発しそうな人って、もしかして精神を病んでいる?

○いちまいの薄氷として終はりけり
 とてもいいけど、他人のことよね?

○しばらくはふらここにゐる現在地
 久しく乗っていないぶらんこ。乗りたくなりました。

○リア王の扮装で来て虻の昼
 そういえば、虻ってそんな色合い。

○駅からの道を確かむ桜東風
 ゆるゆると歩いてみたい景色です。

○原石は未だ原石風光る
 そう、これからが私の人生です、って。頑張れ!!

○乗継ぎのバス停春の時雨かな
 濡れてよし。

○発音を真似る口元チューリップ
 幼児の英語教室。かわいい。
 

レンタル掲示板
/65